これでわかる!有機肥料・有機質肥料の基本と使い方

元肥には有機肥料が良いのか、化成肥料がいいのか。有機肥料
堆肥の画像です。
有機肥料知りたい種類肥料
スポンサーリンク

有機肥料(有機質肥料)とは

有機肥料(有機質肥料)とは、動植物由来(油粕や米ぬかなど植物性の有機物、鶏糞魚粉、骨粉などの動物性の有機物)の原料を使って作られている肥料を指します。表示された成分以外にも生育に必要な成分(動植物由来のアミノ酸など)が含まれていることもあります。有機肥料は、有機物を土壌微生物が分解することで、植物が吸収できる養分に変化します。そのため、肥料の効き始めがやや遅く、肥効が長く続きやすい肥料が多いです(緩効性肥料、遅効性肥料)。

また、有機肥料は動植物由来の原料を使用しているため、臭いが気になるものもあります。高温処理したり、化成肥料混ぜ合わせることで、臭いが軽減された有機肥料もありますので、その製品の特性をよく確認しましょう。

天然素材を使用した成分が多い有機肥料は、素材から臭いが発生したり、 細かい虫が寄ってくることがあります。室内での使用やベランダ栽培にはあまり向きません。

スポンサーリンク

有機肥料(有機質肥料)の種類

有機肥料(有機質肥料)には、含まれている成分や性質、状態によって、呼び名がつけられています。

ここでは、主な有機肥料の種類について解説します。

厳密には、肥料は肥料取締法で分類が細かく決まっています。有機物で構成されている肥料には大きく「普通肥料の有機質肥料」、「特殊肥料」に分けられますが、ここでは栽培における肥料の特性を解説するため、どちらも「有機肥料(有機質肥料)」としてお話します。

動物性有機肥料

魚かす、骨粉、堆肥などの動物性の有機物を利用した肥料です。魚かすや骨粉は、一般的に窒素が含有されており、元肥追肥に使用されることが多いです。また堆肥は、土壌の物理性の改善に役立つため、元肥として施されることが多く土作りに適しています。

植物性有機肥料

油かす、米ぬか、草木灰、グアノなどの植物性の有機物を利用した肥料です。油かすは窒素成分が多く含まれているため、化成肥料やグアノや骨粉などリン酸質肥料と合わせて元肥として施されることが多いです。

有機配合肥料

有機配合肥料とは、単に「配合肥料」とも呼ばれる複合肥料の一種です。配合肥料は、目的に合わせて窒素質肥料、リン酸質肥料、カリ(カリウム)質肥料を組み合わせて混合した肥料です。様々な有機肥料を混ぜ合わせたり、有機肥料を化学肥料に混ぜ合わせたりして作られます。販売されている配合肥料の多くは、油かすや骨粉など有機質肥料をベースとし、一部無機質肥料(化学肥料)を混合することが多いため、有機配合肥料と呼ばれることが多いです。

有機配合肥料の特徴は、速効性の肥料と緩効性・遅効性の有機質肥料を組み合わせることで、肥料の効き始めが早く、肥効(肥料の効き目)が長く持続することです。有機質が含まれているので、化成肥料単独の肥料よりも肥料焼けがしにくく、土壌の物理性の改善にも繋がります。

有機配合肥料は、元肥追肥にも使用することができます。ただし、その配合の割合や窒素、リン酸、カリウム(加里)の含有量によってどちらに適しているかが変わってきますので、その製品の特性を調べることが必要です。

有機配合肥料の詳しい説明は、下の記事をご覧ください。

有機化成肥料

有機化成肥料とは、化成肥料に油かすや魚かすなどの有機質を配合した肥料のことを指します。化成肥料を含んだ有機配合肥料を分かりやすく「有機化成肥料」と名付けているのだと思います。有機化成肥料は、上記で説明したとおり、化成肥料の速効性と有機質肥料の緩効性、遅効性を両方兼ね備えることで、元肥にも追肥にも使用できる肥料となっています。また、有機質肥料だけでは補うことができない養分を化成肥料で補うことによって、植物にバランスよく養分を吸わせることができます。

有機液体肥料と有機固形肥料

有機液体肥料

液体肥料は、その製造や性質、品質の保証の観点から化成肥料であることがほとんどです。有機液体肥料とは、化学成分を配合した化成肥料ではなく砂糖を搾り取ったあとのサトウキビを発酵させて作るなど動植物を原料とした液体肥料です。

有機液体肥料は、

  • 砂糖を搾り取ったあとのサトウキビを発酵させて作る
  • 海藻や独自の酵素などを組み合わせて作る

など、製品によって様々な原料で作られています。

有機液体肥料のメリットとしては、

  • 野菜、果物の食味(味)の向上につながる可能性がある
  • 花弁類の色つやを良くするグリシン、グルタミン酸、ロイシンなどのアミノ酸が豊富である
  • 化学肥料を使わないため、有機栽培や有機JAS認定の栽培ができる

などがあります。デメリットとしては、臭いが強いものも多いため庭や室内での使用は難しいという点です。

根強い人気がある商品として万田発酵の「万田アミノアルファプラス」という液体肥料があります。万田酵素は皆さん聞き覚えのある商品名だと思いますが、「万田アミノアルファプラス」はその万田酵素を開発する過程で培ったノウハウを活かして製造されたものになります。果実類、根菜類、穀類、海藻類など数十種類の植物性原材料を使用した液体肥料で、生育の促進、増収・品質向上に繋がるそうです。

【肥料】【送料無料】植物本来の生命力を引き出す!万田アミノアルファ00ml万田酵素アミノアルファ 1L 【ガーデニング 活性剤 液肥 肥料 液体肥料
アウトドア専門店【ソトアソビ】
有機液体肥料は水耕栽培に使える?

水耕栽培には使用できないことがほとんどですので、必ずその製品の使い方を調べましょう。

有機固形肥料

有機固形肥料と呼ばれているものは、有機質肥料であり、かつ固形化された肥料のことを指していると思われます。このあたりの呼び方は大変曖昧であるため、どのような肥料の性質なのかはそれぞれの製品のラベルなどをよく読んだほうがよいでしょう。

固形化された有機肥料とすると、一般的に以下のような特徴、使い方への考え方があります。

  • 骨粉や油かすなどの有機質を混ぜて成分調整し固形化した肥料である。
  • 粒状、粉状の有機質肥料は油かすや魚粉などの有機質肥料を細かな粉に粉砕したり、それを成形した肥料である。
  • 有機質のため、緩効性肥料、遅効性肥料に分類でき、ゆっくり持続的に肥効が持続する。
  • 元肥に使用することで持続的な肥効が期待できるが、効き始めが遅いため追肥には適していない。

また、有機固形肥料の中には「有機ペレット肥料」と呼ばれるものもあります。ペレット肥料とは、均一で散布ムラの少ないようにペレット状に加工した肥料のことを指します。有機ペレット肥料は、有機質を含みながらも成形されているため、通常の有機質肥料よりも散布がしやすく、機械などでの散布も可能です。

有機JAS肥料とは

有機JAS肥料とは、有機JAS規格に適合した肥料です。

有機JASとは、農林水産省が有機野菜と認める唯一の規格で、JAS法に基づき定められています。スーパーなどで販売されている農産物や加工品を「有機」や「オーガニック」と表示して販売するためには、「有機JAS認証事業者」にならなければならないのです。有機栽培の農家は、化学的処理がされた肥料、農薬などは使用せずに有機JASの認証を受けた上で、ようやく有機野菜として販売が可能なのです。

先述したとおり、有機JASが定められていますが、栽培のために使用される資材(肥料など)も認定が必要となります。有機JAS資材評価協議会が、「有機JAS規格」「有機農産物のJAS規格別表等資材の適合性判断基準及び手順書」に基づき適合性評価を行い、認定されたものが有機JAS認定資材(肥料)となるのです。

=>無農薬野菜の無料お試し定期コース

有機肥料の使い方の基本

使い方

有機肥料は、液体肥料・固形肥料、有機化成肥料など様々な種類があります。それぞれ先述したとおり特徴があるため、使用用途に合わせて選ぶことが大切です。

有機肥料を選ぶ際の基本的な考え方を以下に説明します。

  • 有機肥料は、緩効性、遅効性の肥料である。
  • 元肥、追肥どちらにも使用できるが、その性質、成分によってどちらに適しているかが異なる。
  • 有機化成肥料は、速効性の化成肥料と緩効性・遅効性の有機質肥料を組み合わせたもので、効き始めが早く肥効が持続しやすい。
  • 有機液体肥料は速効性で持続がしにくく、有機固形肥料は緩効性・遅効性で肥効が持続しやすい。

有機肥料を散布する際は、その肥料の状態によって散布方法が異なります。必ず、その商品のラベルをよく読み、散布方法を確認しましょう。

  • 有機液体肥料の場合は、必要に応じて希釈して土壌や葉面に散布します。
  • 有機固形肥料の場合は、土壌に混ぜ込んだり、散布したりします。

プロ農家の場合、肥料を散布するときにはブロードキャスター(肥料散布機)をトラクターに装着して使用しますが、有機肥料に特化した有機肥料散布機というものもあります。

元肥として

元肥として適している有機肥料は、緩効性・遅効性の固形肥料です。窒素、リン酸、カリウム(加里)などがバランス良く含まれるように配合して土壌に混ぜ込むことで効果が発揮されます。

プロ農家であれば、土壌診断などを実施し、残肥やC/N比などの分析をした上で組み合わせることが重要ですが、家庭菜園や市民農園では油かすとリン酸質の有機肥料を混ぜ込むと良いでしょう。手間なく、手軽に有機肥料を使用したい場合は、有機質と化成肥料の良さを両方兼ね備えた有機化成肥料を使用することをおすすめします。

具体的には、堆肥や米ぬか、魚かす、油かすベースの肥料がおすすめです。

追肥として

基本的に有機肥料は追肥に向きません。なぜなら、有機肥料は土壌に施されたあとに微生物による分解を経て植物に吸収されるため、化成肥料と比べて肥料の効き目が遅いためです。また、微生物による分解はその時の気候によっても変動するため、いつ頃から肥料が効き始めるのかを予測することが難しいです。そのため、植物の樹勢を管理しやすいのは化成肥料となります。

しかし、「有機肥料を使ってはいけない」というわけではありません。有機肥料には上記のような特性があることを理解して使用すれば問題ないのです。追肥として適している有機肥料は、緩効性の固形肥料もしくは液体肥料です。液体肥料は、比較的速効性があるため追肥としてはとても有効ですが、肥効が1週間程度しか持続しないものが多いため、継続的に施肥をする必要があります。緩効性の有機化成肥料などと合わせて、使用することをおすすめします。

また、肥料の効き始めが遅いので少し早めに追肥を施し始めたほうが良いでしょう。

成分別の有機肥料

窒素肥料

窒素(N)は、肥料の三大要素の一つで植物の生育に最も大きく影響する要素です。光合成に必要な葉緑素、植物の体を形作るタンパク質など、植物が成長する上で重要な働きをする物質となります。窒素肥料は「葉肥(はごえ)」とも呼ばれ、生育の初期に効果的であり、茎と葉の生長に大きく影響します。

窒素が多く含まれた有機質肥料としては油かすや魚かすなどがあります。窒素分を補いたい場合に参考にしてください。ただし、窒素分は植物の生理障害を起こしやすいので施肥量と散布時期には要注意です。

リン酸肥料

リン酸(P)は、肥料の三大要素の一つで植物の遺伝情報の伝達やタンパク質の合成などを担う核酸の重要な構成成分となります。施肥を考える上では、「実肥」と呼ばれ、開花・結実を促すためにリン酸が必要となります。また、植物全体の生育や分げつ、枝分かれ、根の伸長など様々な要素に関わっています。

リン酸に特化した有機肥料を「有機リン酸肥料」と呼ぶこともあります。リン酸が多く含まれた有機質肥料には、骨粉、バットグアノなどがあります。

カリウム肥料(カリ肥料)

カリウム(K、加里)は、肥料の三大要素の一つで植物体内でカリウムイオンとして存在しています。カリウムイオンは葉で作られた炭水化物を根に送り、根の発育を促したり、植物を丈夫にして病気などに対する抵抗力を高める働きがあります。そのため、カリウムは「根肥」と呼ばれます。

カリウムが多く含まれた有機質肥料には、草木灰などがあります。

代表的な肥料の三大要素の成分比のイメージ

代表的な有機肥料について、三大要素がどのような配分で含まれているのかをイメージした表を作りました。肥料選びの参考にしてください。実際の成分比は製品によって異なるため、ラベルに記載されているN-P-K(窒素-リン酸-カリウム)を確認しましょう。

肥料N
(窒素)
P
(リン酸)
K
(カリウム)
肥効のタイプ
油かす(油粕)緩効性
魚かす(魚滓)緩効性・遅効性
(但し窒素分は速効性が高い)
発酵鶏糞速効性
骨粉緩効性
米ぬか(米糠)遅効性
バットグアノ緩効性
草木灰速効性

ケイ酸肥料

ケイ酸は、主に水稲栽培において重要視されている成分で茎や葉を丈夫にし、稲の倒伏を軽減したり、根を強くしてくれます。特にケイ酸カリ(カリウム)は水稲栽培ではよく使用されています。

稲作においても有機栽培の取り組みが行われており、有機JASに適合した肥料もあります。

栽培方法・作物別の有機肥料

有機肥料は、様々な栽培方法や作物に対応しており、幅広く使うことができるとても便利な肥料です。栽培方法・作物別に有機肥料の特徴と使い方を解説します。

水耕栽培用の有機肥料

液体肥料は、その製造や性質、品質の保証の観点から化成肥料であることがほとんどですが、動植物を原料とした有機肥料の液体肥料も存在します。このような有機液体肥料は、残念ながら水耕栽培には適さないものがほとんどです。なぜなら、有機質肥料は成分が外的要因によって変化しやすく、常に同じ肥効にするのは難しいためです。また、有機質が含まれていることから藻が繁殖したり、成分が沈殿するなど培養液が汚れる可能性が高まります。

どうしても有機肥料を使用したい場合は、水耕栽培にも使用できるものを選びましょう。水耕栽培にも使用できる肥料としては「BIO BIZZ(バイオビズ)」や「バイオゴールドオリジナル」があります。

バイオゴールドオリジナルは、バイオゴールドの独自製法 純菌発酵によりたっぷりと時間をかけ熟成した究極の天然有機肥料であり、様々な野菜に使用することができます。有機肥料ながら発酵させることによって、速効性を高め追肥としても役立つ肥料になっているものと考えられます。

【肥料】【送料無料】植物本来の生命力を引き出す!万田アミノアルファ00ml万田酵素アミノアルファ 1L 【ガーデニング 活性剤 液肥 肥料 液体肥料
アウトドア専門店【ソトアソビ】

芝生・芝用の有機肥料

芝の生育にも有機肥料は有効です。100%有機肥料のものと、化成肥料に有機質を混ぜ込んだ有機化成肥料のものがあります。

100%有機肥料のものとしては、日清ガーデンメイトの「日清ガーデンメイト 100%有機 芝生の肥料」がおすすめです。有機質100%なので肥料やけしにくく、木酢入りなのでブラウンパッチなど病気になりにくい丈夫な芝生を育てます。

また、有機質入りの化成肥料としてはハイポネックスの「芝生の肥料」やマイガーデンの「芝生の肥料」、FIELDWOODSの「芝生の肥料」がおすすめです。どれもバランス良く肥料成分が含まれています。

有機質入り肥料は、ニオイが強いものもあります。使用にあたっては周囲に迷惑がかからないように配慮しましょう。特に住宅街や人が集まる場所などは注意しましょう。

野菜栽培用の有機肥料

野菜栽培に使用できる有機肥料は、たくさんの種類があります。前提として、元肥には緩効性・遅効性の有機肥料、追肥には緩効性・速効性の有機質入り化成肥料、液体肥料がおすすめです。今回は、たくさんある有機肥料の中から簡単に使える肥料を紹介します。

有機100%の有機肥料としておすすめの商品は前述した「バイオゴールドオリジナル」や「万田アミノアルファプラス」、東商の「有機100%野菜の肥料」、自然応用科学の「おいしい野菜の肥料」をおすすめします。「バイオゴールドオリジナル」は臭いも控えめなのでプランターや鉢植えの栽培にも適しています。どの肥料も有機100%のため、肥料焼けがしづらいです。また、トマトやナス、キュウリやホウレンソウなど様々な野菜栽培に使用することができます。固形肥料は基本的には元肥として土に混ぜ込んで使用します。追肥として使用できる固形肥料もあるので、商品の特性をよく調べましょう。

追肥としておすすめの固形有機肥料は、住友化学園芸の「マイガーデンベジフル」です。窒素、リン酸、カリウム(加里)がバランス良く含まれており、トマトやピーマン、イチゴ、ナス、キュウリなど様々な野菜に使用することができます。また、緩効性肥料であり、元肥にも追肥にも使用できます。

バラ用の有機肥料

バラ栽培にも可能な限り有機肥料(有機質肥料)を使いたいという方もいらっしゃると思います。実はバラの肥料には有機質を配合して肥効が長く続く肥料がいくつか存在します。元肥追肥どちらにも使用することができますが、有機肥料を元肥で使用し、固形もしくは液体の化成肥料を追肥で使用することで生育のコントロールがしやすくなると思います。

有機質入りの肥料としては上記で紹介した「バイオゴールド」のほかに、花ごころの「バラの肥料」「特選有機 濃いバラの肥料」「特選有機バラのたい肥」、ハイポネックスの「バラ専用肥料」がおすすめです。

田んぼで使える有機肥料

稲作においても有機栽培の取り組みが行われており、有機JASに適合した肥料もあります。花巻酵素の「水稲用ユキパー」は有機JASにも適合しており、稲作に必要な窒素、リン酸成分を十分に含んだ有機肥料となっています。

また近年、水田のケイ酸不足が指摘されていますが、ケイ酸を補うための有機肥料もあります。「水稲用シリカ21」は特別栽培米にも使用することができます。

【送料無料】 農場用園芸用ソフトシリカ(20kg)[有機 肥料 シリカ]
プロ農業 家庭菜園のお店 井手商会

化成肥料をうまく使う

有機質肥料のみだと、土壌の養分のバランスが崩れ植物がうまく育たなくなる場合があります。そのようなときには速効性の化成肥料と組み合わせましょう。有機野菜として販売する等、どうしても有機質肥料でなければならないという制限がない限り、化成肥料を適正量、適正な時期で使用することで、花付きや実付きが良くなったり、収穫量が増えたりします。

化成肥料は薬品のように危険なものなの?

「化成肥料」はその名前から植物や環境、人体に強く影響を及ぼすイメージが付いている場合がありますが、それは全くの誤解です。

一番重要なのは「肥料」を必要な量だけ施すということです。適正量の使用であれば「化成肥料」「有機質肥料」など、どの肥料でも問題は発生しません。逆に化学肥料でなくても適正な使用方法ができていない場合は植物や人体に大きな影響があります。

肥料だけではなく一般流通されている農業用の資材はすべて適正に使用すれば問題が起こらないようになっています。

有機肥料のおすすめ商品一覧

上記の栽培方法・作物別におすすめした商品以外のおすすめ商品を紹介します。

有機化成肥料8-9-8

窒素8%、リン酸9%、カリ8%とバランス良く三大要素が含まれた有機質入り化成肥料です。有機成分は35%含まれており、アミノ酸が作物を美味しくしたり、花の色を鮮やかにしたりしてくれます。

有機一発肥料

「元肥として土に混ぜるだけで追肥がいらない」とうたっている住化農業資材が販売している肥料のシリーズです。有機化成肥料に被覆肥料を組み合わせて、作物の生育に合わせ必要なときに必要な量だけ肥料成分が溶け出す仕組みとなっています。有機一発肥料には用途別に下記のものが販売されています。

  • 果菜類用
  • タマネギ・ネギ類用
  • 葉菜類用
  • 根菜・豆類用
  • ゴーヤー用
  • 草花類用

有機肥料の購入方法

店舗での購入

上記で紹介した有機肥料は、一般的な大規模ホームセンターでも販売されています。ただし、作物に特化した専門肥料はコメリなど、農業・園芸に特化したホームセンターにしかない場合があります。

また、ダイソーにも有機肥料が販売されていることがありますが、取り扱いのない店舗も多いようなので注意が必要です。

通販で購入する

店舗で実物をみて購入することも良いことですが、「その店舗での取り扱いがない」ことや「そもそもその商品がホームセンターなどの小売店で販売されていない」ことも多いです。時間とお金を節約するため、積極的に通販(インターネットショッピング)を利用しましょう。今ではAmazonや楽天市場など様々なECサイトで農業・園芸用品が取り扱われています。店舗よりも安く購入できる場合も多いですので、一度のぞいてみましょう。

肥料は効果的に使用しましょう

普通肥料に含まれる肥料(化成肥料や有機質肥料など)も適切に使用することで、その効果が表れます。栽培する作物や栽培方法に合わせて、必要な肥料の選択と施肥の方法を調べましょう。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました