魚粉肥料とは?作り方やおすすめ商品をご紹介!

有機肥料
有機肥料知りたい種類肥料
スポンサーリンク

食品や飼料として魚粉を認知している人も少なくないと思いますが、実は肥料としての魚粉もメジャーな存在です。植物性有機質肥料の代表格が油粕、草木灰、米ぬか、落ち葉(腐植や腐葉土)、緑肥であるならば、動物性有機質肥料の代表格は、魚粉、骨粉、鶏糞、カキガラ、カニガラといっても過言ではありません。対象も野菜、果樹、庭木、盆栽、観葉植物など幅広く利用できる便利な資材です。

この記事では、魚粉肥料の作り方やおすすめ商品をご紹介します。

魚粉肥料とは

生の魚を乾燥させて粉末にしたものが魚粉です。それを肥料として用います。魚粉肥料は、動物性有機質肥料の代表格です。化成肥料と異なり有機質肥料(有機肥料)なので、肥料成分の補給にとどまらず、土壌改良の効果も期待できます。

有機物が有用な菌などの微生物の餌となることで、微生物の活性が高まり、団粒構造が促進されます。団粒構造が形成された土壌は、保水性、透水性、排水性が良好で、作物の増収や品質向上につながります。さらに、微生物による発酵(醗酵)などで地力の高まった土壌では、病害虫の発生が少ないため、農薬(殺菌剤や殺虫剤)の散布を抑えられるという利点もあります。

魚粉は、家畜や養魚用の飼料としても利用されています。植物の栽培に際しては、肥料用の魚粉を用いるようにしましょう。

魚粉は、肥料取締法の定めにより、普通肥料に分類されています。一方、魚粕は特殊肥料に分類されています。特殊肥料とは、普通肥料と異なり登録義務がない、昔ながらの肥料のことです。米ぬか、肉粕、カニガラ、草木灰、グアノ、堆肥(牛ふん、鶏ふん、馬ふん等)のように肥料含有量のみに依存せずその価値が認められ、農林水産大臣により指定されています。

魚粕は特殊肥料に分類されていますが、パウダー状の細かい粉末になると魚粉として普通肥料に分類されます。両者の線引きは、見た目で原料を判断できるか否かです。米ぬか(脱脂ぬか)、肉粕(肉骨粉)、カニガラ(カニガラ粉末)などでも同様です。

魚粉肥料の成分

魚のタンパク質や骨に由来する成分が豊富に含まれています。その栄養成分のバランスもさることながら、同じ動物性有機質肥料である骨粉やカニガラと比べて、速効である点も特徴です。作物のうま味や甘味を向上させるために、トマトをはじめとする果菜類などの野菜や果樹の栽培で利用されることが多いです。加里(カリウム)がほとんど含まれていないので、根に効かせたくないような場合にも向いています。また、カルシウムマグネシウムなどのミネラルの補給にも適しています。

窒素(チッソ)

製品によって異なりますが、7~10%ほどの窒素(チッソ)を含んでいます。窒素は、「葉肥」ともよばれるように、植物の葉や茎を大きくして色を濃くする肥料です。

リン酸(リンサン)

製品によって異なりますが、4~9%ほどのリン酸リンサン)を含んでいます。リン酸は、「花肥」や「実肥」とよばれるように、植物の花付きや果実の結実をよくする肥料です。

アミノ酸

魚粉にはアミノ酸が豊富に含まれています。植物は多量要素や微量要素のほかにも、アミノ酸を直接吸収することができます。直接吸収されるアミノ酸は、そのままの形で代謝に利用されたり、タンパク質に合成されたりすることで、植物体の健全な生育につながっていると考えられています。

その他の有機質肥料(有機肥料)の成分については、下の記事を参考にしてください。

魚粉肥料の作り方

まず、原料となるイワシ、カツオ、マグロなど生魚を煮沸します。その後、水分や油脂を搾る過程を経て(この時搾った油が魚油です)、乾燥、粉砕したものが魚粕です。これを肥料として用いたものが魚粕肥料で、特殊肥料として分類されています。魚粕をさらに細かくパウダー状にしたものが魚粉です。これを肥料として用いたものが魚粉肥料で、普通肥料として分類されています。

魚粕や魚粉を独自に大量入手するのは簡単ではないので、魚粉肥料の愛用者のほとんどは、製品として販売されているものを利用しています。

魚粉肥料の使い方

魚粉肥料は、元肥としても追肥としても使用することができます。

基本的な使い方としては、土に撒けばOKですが、液肥と異なり鳥や虫の被害を受けることがあるため、これを回避するためにも土壌や用土と混ぜることが望ましいです。もし土が酸性になることが気になる場合には、草木灰や石灰を施すことでアルカリ性へと寄せるようにしましょう。

元肥の場合は、定植をする2週間くらい前の土作りのときに土壌や用土と混ぜてなじませると良いでしょう。追肥の場合は、畝間や株間に溝を掘ってそこに魚粉肥料を散布し、土で埋めると良いでしょう。

使用目安量は、各商品のラベルに記載されているとおりに使用すると大きな問題は起きないでしょう。

また、油粕や堆肥(牛ふん、鶏ふん、馬ふん等)などと混ぜ発酵(醗酵)させることで、ぼかし肥料ボカシ肥料)として利用している人もいるようです。

おすすめの魚粉肥料

魚粉肥料を選ぶ際のポイントは、容量、形状、他の成分が配合されているか等です。用途に応じて選ぶことになりますが、他の成分が配合されていないシンプルな製品の方が安価です。ここでは実績のあるおすすめの商品をご紹介します。

魚かす粉末 20kg

1袋20kg入りの大容量なので、プロ用もしくは業務用といえるでしょう。過剰な加工がされていないことで、価格が抑えられているのも嬉しいポイントです。穴や溝を掘り、粉末を散布することで各種栄養成分が供給されます(元肥としても追肥としても施用できます)。また、土壌環境が改善されると、農薬(殺菌剤や殺虫剤)を散布しての病害防除が少なくて済むという利点もあります。

魚粉 肥料 果樹 肥料 果樹の肥料 花木の肥料 園芸 肥料 20kg
PocketCompany 楽天市場店

臭いを抑えた魚粉 1kg

東商が販売する魚粉肥料です。1kgの手軽な容量で、家庭菜園や小規模菜園などにもぴったりです。魚粉のほか、臭い軽減のため茶粕、ミネラル補給のため海藻が配合されています。有機100%で、良質な天然アミノ酸が含まれています。顆粒(細かい粒もしくはペレット)タイプなので、撒きやすいです。臭いが抑えられているので、庭木、盆栽、観葉植物などにも利用しやすいです。

基本肥料シリーズ 魚粉 500g

花ごころが販売する魚粉肥料です。500gの手軽な容量で、家庭菜園や小規模菜園などにもぴったりです。花ごころは、多くの肥料製品や培養土製品を展開する会社です。同社製品のファンも少なくないと思いますので、シリーズとして使ってみるのもよいかもしれません。鉢、プランター、花壇ごとの使い方であったり、元肥や追肥ごとの使い方であったりも分かりやすく説明されています。

日清ガーデンメイト 魚粉+骨粉+油かす

日清ガーデンメイトが販売する魚粉・骨粉・油かすを理想の配合でブレンドした100%有機肥料です。魚粉・骨粉入りのため、花つきや実つきが良くなります。容量も1kgからと少なく、保存に便利なチャック付のため、家庭菜園で使用するにはぴったりの肥料です。

魚粉肥料を購入したいときには?

ホームセンターなど店舗で購入する

上記で紹介した肥料は、コメリなどのホームセンターでも販売されています。また、ダイソーなどの100円均一でも販売されていることがありますが、取り扱いのない店舗も多いようなので注意が必要です。

通販で購入する

店舗で実物をみて購入することも良いことですが、「その店舗での取り扱いがない」ことや「そもそもその商品がホームセンターなどの小売店で販売されていない」ことも多いです。時間とお金を節約するため、積極的に通販(インターネットショッピング)を利用しましょう。今ではAmazonや楽天市場など様々なECサイトで農業・園芸用品が取り扱われています。店舗よりも安く購入できる場合も多いですので、一度のぞいてみましょう。

この記事を書いた人
農家web編集部

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。
皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web