米ぬかぼかし肥料の基本と特徴

ぼかし肥料

ぼかし肥料とは、油かすや米ぬか、籾殻(もみ殻)、鶏糞(鶏ふん)など複数の有機質資材を配合させたものに土(土着菌)や発酵促進剤などを加えて、発酵させた肥料のことを指します。昔は有機質を土などで肥料分を薄めて肥効を「ぼかす」としていたことから、ぼかし肥料という名前がついたと言われています。

ぼかし肥料は、どのような有機質資材を原材料として使っているかによって、種類(呼ばれ方)が異なります。「米ぬかぼかし肥料」とは、米ぬかを主原料として作ったぼかし肥料を指します。

この記事では、米ぬかぼかし肥料の基本と特徴について紹介します。

スポンサーリンク

ぼかし肥料とは

ぼかし肥料とは、油かすや米ぬか、籾殻(もみ殻)、鶏糞(鶏ふん)など複数の有機質資材を配合させたものに土(土着菌)や発酵促進剤などを加えて、発酵させた肥料のことを指します。昔は有機質を土などで肥料分を薄めて肥効を「ぼかす」としていたことから、ぼかし肥料という名前がついたと言われています。

ぼかし肥料は、昔の農家では自分たちで独自で作っていましたが、化学肥料が発明されて窒素リン酸、カリウム(加里)などの養分が手軽に補えるようになったことから、製造、使用されることも少なくなりました。しかし、近年は可能な限り化学肥料を使わない栽培方法(特別栽培や有機栽培)が人気となり、再び「ぼかし肥料」に注目が集まっています

発酵させることにより、有機肥料(有機質肥料)に比べて植物が吸収することができるアンモニア態窒素、硝酸態窒素に無機化されるため、施してからすぐに肥料が効き始める速効性が備わっています。緩効性、遅効性という有機肥料の特長に、速効性を併せ持つことによって、より使い方の幅が広がる肥料となっています。

また、自分でぼかし肥料を作ることもできます。正直、良質なぼかし肥料を作るのは結構難しく手間のかかる作業なので、家庭菜園や園芸などで有機栽培に挑戦されたいという方は購入されることをおすすめします。

スポンサーリンク

米ぬかとは

米ぬかの画像です。
米ぬかの画像

米ぬかは、精米するときに玄米の表面が削られて粉状になったものを指します。精米の際に削り取られる外皮の部分を有機(有機物)肥料として利用できます。リン酸が多く含まれ、糖分やタンパク質も含まれているため、有用な土壌微生物の働きを活性化させる効果もあります。

米ぬかは脂質を多く含み,炭素に対する窒素の含有率比,C/N比が高いため、土壌中での分解が相対的に遅いので、そのまま使用するよりもぼかし肥料の原材料として使用するのが一般的かと思います。

米ぬかはコイン精米機やJAのライスセンターでもらえることもありますし、資材として販売されていることもあります。

米ぬかぼかし肥料の概要

米ぬかぼかし肥料とは、米ぬかを主原料としたぼかし肥料です。植物を育てるために必要な三大要素である窒素、リン酸、カリウム(加里)をバランス良く含ませるために、米ぬかの他に油かす、魚粉カキ殻石灰などを配合し発酵させます。カキ殻石灰などを使用することでカルシウムやミネラル分やアミノ酸などを多く含み、野菜などの栽培においては食味や品質の向上にもつながります。

米ぬかは、リン酸が豊富に含まれている有機物資材で入手もしやすいため、ぼかし肥料の原材料としては人気のものとなります。

米ぬかぼかし肥料の成分比は原材料の配合によって異なりますが、米ぬかを主成分とした場合は窒素成分が少し抑えられたものが多いです(N-P-K=3-5-2など)。

米ぬかぼかし肥料を作る際の発酵のさせ方は、「好気性発酵」「嫌気性発酵」の2種類があります。

ぼかし肥料の作り方の基本についてはこちら

(準備中)

米ぬかぼかし肥料の特徴

米ぬかぼかし肥料の特徴は、以下のものが挙げられます。

  • 米ぬかは比較的安価(むしろコイン精米機などで無償で手に入る)であるため、材料費を安く抑えることができる。
  • 米ぬかを主原料にすることで、リン酸の含有割合が大きいぼかし肥料に仕上がる。
  • 米ぬかは本来C/N比(炭素率)が高い有機物であるため、そのまま使用すると窒素飢餓や有害ガスの発生など心配されるが、ぼかし肥料にすることでその心配を取り除ける。また、緩行性の肥料としての持続的な効果を期待できる。

米ぬか、米ぬかぼかし肥料はどこで手に入るか?

「米ぬかぼかし肥料」として市販されているものは少ないかもしれませんが、市販されているぼかし肥料にはよく米ぬかが含まれています。

また、米ぬか自体は、下記の場所で無償で手に入れられることが多いです。

  • コイン精米機
  • 産地直売所や米農家の直売所

販売されているものを使いたいということであれば、市販品を購入することもできます。

【送料無料】米ぬか/肥料用 5kg[米糠、ぬか、ヌカ、EM菌、肥料 堆肥、等販売]
ほんだ農場楽天市場店
¥ 2,100(2022/08/01 13:02時点)

米ぬかぼかし肥料を作る前に用意したいもの

ぼかし肥料を作るにあたって、原材料や発酵菌などが必要になることはすでにお分かりいただけたと思いますが、その他にも必要なものがあります。下記を例に、ぼかし肥料づくりの準備をしてください。

  • スコップ、移植ゴテなど
  • ビニールシート(原材料と発酵菌の混合などに使用)
  • 衣装ケース、発泡スチロール、ジップロック、ビニール袋など(限られたスペースで発酵を進める場合)

上記のものに加えて、pH計やEC計などがあると、発酵の目安や含有されている養分濃度の確認ができるので便利です。

米ぬかぼかし肥料の作り方

米ぬかぼかし肥料は、好気性発酵でも嫌気性発酵でも作ることができます。どちらが良いか?という議論はよくあるのですが、難しい化学の話となるため今回は省略します。

嫌気性発酵でも好気性発酵でも得られる肥効(肥料の効果、養分)はほぼ同じです。今回は、好気性発酵の場合では必要となる切り返しなどの作業が不要で手間がかからず、効率よく微生物を増やすことができるEM菌を使った嫌気性発酵での作り方を紹介します

米ぬかぼかし肥料を作るときに用意するもの

米ぬかぼかし肥料の原材料例

材料使用割合(米ぬかを100%としたとき)
米ぬか100%10kg
油かす約30〜40%3.5kg
貝化石(カキ殻石灰)約30〜40%3kg
米ぬかぼかし肥料の原材料例

米ぬかぼかし肥料のその他材料

材料使用割合例(原材料合計16.5kgの場合)
原材料合計量の約10〜20%1.65〜3.3L
発酵促進剤
(例:コーランネオ
原材料合計量の約20%約300g
米ぬかぼかし肥料のその他材料
発酵促進剤コーランネオ1kg(園芸用品 農業資材 家庭菜園 農業用品 園芸 農業 資材 ガーデニング用品 ガーデニング 農業用 農業道具 園芸用 園芸用具 園芸道具 日本農業システム楽天市場店 園芸資材 農作業 農業用資材 グッズ)
日本農業システム楽天市場店
¥ 680(2022/08/01 15:19時点)
米ぬかを使ったぼかし肥料の作り方手順(嫌気性発酵の場合)
  • 手順1
    米ぬかなど原材料と水の混ぜ合わせ

    米ぬかなど原材料と水を混ぜ合わせます。

    米ぬかぼかし肥料を作る手順を示したイラストです。手順1:米ぬかや貝化石、魚かすなど原材料と発酵促進剤をブルーシートの上でよくかき混ぜます。
    米ぬかぼかし肥料を作る手順を示したイラストです。手順2:水をジョウロなどで注ぎながらかき混ぜます。
    1. まず最初に米ぬかなどの原材料と発酵促進剤をビニールシートなどの上に広げます。
    2. その上から水をジョウロなどで加えながら、水分が均等になるように混ぜ合わせます。
    3. 水分量は混ぜ合わせながら加減をします。目安は混ぜ合わせた材料を強く握るとだんご状になり、軽い力で崩れるくらいが良いです。水のあげすぎには要注意です。
    水分が多すぎるかも…と感じたときは

    米ぬかなど乾燥しているものを追加して、水分量を調整します。

  • 手順2
    容器への格納

    混ぜ合わせた米ぬか等を厚手のビニール袋や発泡スチロールの箱、フタのできるプラスチック箱、バケツなどの容器に入れ、口をしっかりと閉め、密閉状態にします。

    嫌気性発酵をするため必ず空気に触れないように密閉してください。量が少ない場合はジップロックなどで作られる方もいるようです。

    しっかりと密閉し、可能な限り空気に触れさせないようにすることが成功のコツです。また、密閉前には可能な限り空気を抜きましょう。

  • 手順3
    保管・発酵

    平均気温の積算温度(作った日から日平均の気温を足し算した数値)が600℃以上(平均気温を20℃と考えると30日前後)になると発酵期間終了の目安です。一般的に発酵期間は長ければ長いほどよいと言われています。

  • 手順4
    完成の確認

    ぼかし肥料完成の判定基準としては下記2点があります。腐敗臭がした場合や青カビで埋め尽くされてしまった場合は密閉度が悪かったりして失敗した可能性があるので土壌に埋め戻すか、一部を使って再度発酵させましょう。

    1. pH(酸性度)が5以下になった
    2. 甘酸っぱい匂いがする
  • 手順5
    保管

    保管は密閉したそのままの状態を保ち続けます(嫌気性発酵の場合は、一度でも開けてしまうと空気に触れてしまうため保管が難しくなります)。1日の温度変化が少ない暗いところで保管してください。

    長期に渡って使用し続けたい場合というときには、風の通しの良い日陰に完成したぼかし肥料を広げて乾燥させましょう。乾燥させると微生物による発酵も止まり保存が可能となります。乾燥させたものは袋に入れるなどして保管しましょう。但し、肥効の低下やカビの発生などのリスクがありますので、半年以内に使い切ることをおすすめします。

    ぼかし肥料を乾燥させるときには塊をなるべく砕きましょう。乾燥が不十分だと、カビや虫が発生しやすくなります。

ぼかし肥料に白カビや青カビ、黒カビなど様々なカビが生えることがあります。「カビが生えてしまったから、このぼかし肥料は使えない」と思いがちですが、そのようなことはありません。

白カビは好気性菌といって無害なカビや放線菌であることがほとんどなので全く問題ありません。青カビや黒カビは、水分を含ませすぎたり、密閉度が悪く外から空気や水が触れてしまったりすると繁殖しやすいです。

これらの菌は大量に発生していなければ問題ありませんが、覆い尽くされている場合には失敗となりますので、カビが生えているところを除いて、再度発酵に挑戦してみるのも一つです。

一番大事なのは発酵が進んでいるかどうかで、その判断基準はやはり匂いということになります。

ぼかし肥料の作り方の基本についてはこちら

(準備中)

その他のぼかし肥料

米ぬかぼかし肥料のほかにも、○○ぼかし肥料と呼ばれているものがあります。

先述したとおり、ぼかし肥料は使用される原材料や微生物(発酵促進剤)によって、種類(呼ばれ方)が異なります。一般的には、下記の種類が主流であると考えられます。

種類(呼ばれ方)概要
EMぼかし肥料EMを使用して発酵させたぼかし肥料
米ぬかぼかし肥料米ぬかを主原料としたぼかし肥料
籾殻ぼかし肥料籾殻(もみ殻)を主原料としたぼかし肥料
生ゴミぼかし肥料生ゴミを主原料としたぼかし肥料
ぼかし肥料の種類(呼ばれ方)と概要

それぞれ原材料などによって、保証成分量や特徴が異なるので、いろいろ調べてみると面白いと思います。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

ぼかし肥料
スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました