コーヒーかす肥料の使い方

コーヒー豆を煎り、コーヒー粉にしたもの有機肥料(有機質肥料)

コーヒーを淹れた後のコーヒーがら(殻)は、さまざまに有効活用できることが広く知られています。日常生活においては、玄関に置くことで虫よけや猫よけに利用できたり、冷蔵庫に設置することで活性炭のように脱臭効果を発揮したりします。他方、農業分野においては、コーヒーかす肥料にすることができます。SDGsへの取り組みが求められる昨今にあっては、ただ捨てるだけでなく是非とも有効活用したいものです。

この記事では、コーヒーかす肥料の有効な使い方やコーヒーかすの肥料以外の使い方もあわせて説明していきます。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

コーヒーかすは肥料として使えるけど、注意が必要

実はコーヒーかすは、米ぬかや堆肥などとともに「特殊肥料」に指定されています。特殊肥料とは、肥料成分の含有量以外の価値をもつ、農家にとっては昔ながらの肥料のことです。

コーヒーかすは有機質で土壌の物理性を向上させることなどが知られており、通気性、排水性、透水性、保水性などを向上させることができます。それにともない、土壌中のミミズなどの小動物、センチュウなどの微生物の多様性も高まり、病害虫(病気と害虫)の発生も抑制されることが期待できます。土壌中の生物多様性を保つことは、作物の連作障害を防ぐ面からも重要な意味をもちます。このように、特殊肥料は土質や地力を増進できるため、土壌改良資材としての働きがあることも広く知られています。

なお、コーヒーかすを有効活用しようとする取り組みは、数多く報告されています。その中には、雑草防除や防虫効果といった魅力的な報告もあります。ただし、コーヒーかすを肥料として利用したい場合には、そのまま土に撒いてはいけませんので、とりわけ家庭菜園やガーデニングでは注意が必要です。

編集さん
編集さん

コーヒーかすを直接土壌に使うと、他の未分解有機物と同じように、窒素の急激な有機化が起こって窒素飢餓を引き起こしたり、カフェインによる発芽阻害といった、成長不良を招く危険性がありますよ!

一方で、家庭でコーヒーかす肥料をつくる方法はコンポストを利用するほか、たとえば以下のような作り方があります。

  1. ドリップ等、使用済みのコーヒーがら(出がらし)は水分を含んでいるので、ベランダなど外で天日干し、電子レンジ、フライパンによる加熱などの方法により乾燥させる
  2. 箱状に組み立てた段ボールを容器とし、その底に新聞紙を敷く(バケツでもOKですが、紙材質のものの方が効果的です)
  3. 新聞紙の上に、腐葉土と米ぬかを入れ、乾燥させ終えたコーヒーがら(出がらし)と必要に応じてアロマオイルを加える
  4. 段ボールの蓋を閉じ、タオルもしくは布で覆う
  5. 雨のあたらない風通しのよい場所に置く(風通しを保つため地面から離して設置する)
  6. できるだけ毎日段ボールを振り、中身をかき混ぜることで空気を取り込む(コーヒーがらを追加で足すことも可能)
  7. 発酵が進むと熱が発生し温度が上昇するので、段ボールから温かみが感じられるようになる
  8. 目安として3か月程度経過すると、コーヒーかす肥料が完成

その他、コーヒーかすを発酵、熟成させて肥料を作る方法は下記に詳しく説明しているので参考にして見てください。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

コーヒーかす肥料の使い方

コーヒーかすは肥料として利用する場合、上記で説明した通り、そのまま土壌に撒くのではなく発酵させてから使います。

発酵させる方法は、コーヒーかす単品で発酵させる方法と、バークや米ぬか、鶏糞などと配合して堆肥化させる方法があります。家庭菜園ではなく、大規模に使う場合は、バーク等と混ぜて発酵させる方法が、通気性や分解が早くなるので断然おすすめです。

発酵したコーヒーかす肥料の使い方としては、発酵、熟成させたコーヒーかすを土壌に撒いたり、土壌に混ぜ込んだりします。堆肥にかき混ぜて有機肥料として利用することもおすすめです。

発酵させた有機質肥料(ぼかし肥料)そのものの使い方、作り方は下記を参考にしてください。

速効性の肥料として使える!ぼかし肥料の使い方
ぼかし肥料とは、油かすや米ぬかなど複数の有機質資材を配合させたものに籾殻や土を加えて発酵させた肥料のことを指します。この記事では「ぼかし肥料」の概要、特徴と効果、ぼかし肥料の使い方を詳しく紹介します。
生ゴミぼかし肥料も作れる!EMボカシの使い方
EMボカシとは、米ぬかや油かす、魚かすなどの有機物資材にEMを混ぜて発酵させた肥料のことを指します。この記事ではEMを使った「EMボカシ」の概要と特徴、EMボカシの施肥方法、EM生ゴミぼかし肥料の作り方、EMボカシ浸出液の作り方・使い方など幅広く解説します。
畑の肥料として使える!EMボカシの概要と作り方
EMボカシとは、米ぬかや油かす、魚かすなどの有機物資材にEMを混ぜて発酵させた肥料のことを指します。この記事ではEMを使った「EMボカシ」の概要と特徴、「EMボカシⅠ型」「EMボカシⅡ型」の作り方を解説します。
生ゴミを肥料に!生ゴミぼかし肥料の作り方
実は、家庭でも生ゴミを肥料・堆肥として再生する方法があります。ゴミの減量に繋がるだけではなく、庭やベランダなど家庭菜園で使用する肥料として再活用できるため、とても経済的な取り組みです。この記事では、生ゴミぼかし肥料の作り方について、手順を詳しく解説します。
生ゴミを肥料に!生ゴミから作る肥料・堆肥(コンポスト)について
この記事では、生ゴミを肥料・堆肥にする方法、詳しい手順について解説します。 生ゴミから堆肥とぼかし肥料が作れる 肥料・堆肥を作るときに使用できる生ゴミの種類 生ゴミ堆肥・生ゴミぼかし肥料を作るコツ 生ゴミ堆肥の作り方 ...
よくわかる!ぼかし肥料の特徴、種類と作り方
ぼかし肥料とは、油かすや米ぬかなど複数の有機質資材を配合させたものに籾殻や土を加えて発酵させた肥料のことを指します。この記事では「ぼかし肥料」の概要、特徴と効果、ぼかし肥料の作り方を詳しく紹介します。
よくわかる!籾殻ぼかし肥料の特徴と作り方
ぼかし肥料とは、油かすや米ぬかなど複数の有機質資材を配合させたものに籾殻や土を加えて発酵させた肥料のことを指します。この記事では、籾殻を使ったぼかし肥料、籾殻ぼかし肥料について、その特徴と作り方を詳しく紹介します。

市販されているコーヒーかす肥料

コーヒーがらを乾かして発酵させコーヒーかす肥料をつくるのは、手間に感じる人もいるでしょう。そうした人には、まずは市販されているコーヒーかす肥料を使ってみることをおすすめします。完成したコーヒーかす肥料を見ることで自らつくる場合のイメージも湧きやすくなるとともに、作物や植物に施用した場合の効果を試すこともできます。

土のリサイクル材コーヒーの恵み

プロトリーフが販売する堆肥です。コーヒーかす、もみがらが材料で、さらに菌根菌も配合しています。土の物理性、微生物相を改善し、病害虫にも強い環境をつくります。動物性堆肥と異なり、臭いも気になりません。使い方は簡単で、用土に対して1~2割程度混ぜ込めばOKです。材料はすべて有機物なので、安心して使用できます。

プロトリーフ 土のリサイクル材コーヒーの恵み 5L|ガーデニング園芸用品 園芸用品 土壌改良材 改良材 小袋
DCMオンライン
¥ 748(2022/02/02 19:36時点)

コーヒー豆からできたかるーいたい肥

ホームセンターのナフコブランドで販売されている堆肥です。コーヒーかす、もみがらといった食品由来の材料を使用しています。植物性堆肥なので悪臭を回避でき、プランター、花壇、庭、畑など場所を選ばず使えます。腐葉土と同じように混ぜ込み、土づくりに利用します。全体を混ぜ合わせると、軽い用土が出来上がります。

珈琲ハイバイオ

タカショーが販売する土壌改良資材です。成分含有量は、N(窒素)-P(リン酸)-K(加里)=3.70-0.29-0.61となっています。その他、腐植酸、炭素、カルシウムマグネシウム、鉄、亜鉛なども含まれていますが、肥料ではなく土壌改良資材として捉えるようにしましょう。用土に対し、草花では2%、野菜では5%程度の割合で混ぜ、別途20%程度の堆肥を加える使用法が推奨されています。珈琲ハイバイオが有用微生物の定着を促すことで、連作障害の防止、開花や収穫量の向上が期待されます。

タカショー 『4個セット価格』 CHB-12 珈琲ハイバイオ1.2L
ホームセンターバロー 楽天市場店
¥ 3,753(2022/02/02 20:58時点)

その他のコーヒーかすの利用法

コーヒーかす(出がらし)は肥料として利用する他に、下記のような様々な利用法があります。廃棄してしまうにはもったいないですよ。

厩舎の脱臭に使う

コーヒーかすは、炭やゼオライトのように無数の小さな穴がある多孔質(気孔が多い)で、弱酸性でフェノール基をもつ化合物を含むため、牛糞鶏糞といった動物性堆肥の悪臭物質(アンモニア臭)を吸着し、消臭、脱臭する効果があります。その効果は、脱臭効果として市販されている活性炭よりも消臭効果が高いと言われています。

雑草の発芽、生長を抑制する

未発酵のコーヒーかすは、他の未分解の有機物と同様に窒素の急速な有機化が起こる性質があり、窒素飢餓をもたらして、植物の成長を阻害します。

また、コーヒー豆には大量のポリフェノール物質(主にクロロゲン酸)とカフェインが含まれており、コーヒーかすにもそれらの物質が微量ながら残っています。ポリフェノール物質とカフェインの成分は植物の生育阻害を起こす可能性があるので、植物の生長を阻害して、雑草を伸びにくくする効果が期待できます。

防虫、虫除け効果がある

また、コーヒーかすから作成した堆肥が、キタネグサレセンチュウ被害を抑制する傾向が見出された、とする研究結果もでています。また、ネコブセンチュウが多発しているハウスでコーヒーかすとEMボカシ(この場合は10aあたり「コーヒーかす」1t(1000㎏)、EMボカシ300㎏)を散布した結果、ネコブセンチュウの防除にかなりの成果があったという報告もなされています。

オカラ・コーヒー粕堆肥によるネグサレセンチュウ被害の抑制

猫、ナメクジを忌避する

さらに、猫やナメクジ、カタツムリは地面にあるコーヒー粉、かすを嫌って除けると言われています。

この他、染料として染め物に使ったりと、本当にいろんな活用方法があるのです。

(参考)ぼかし肥料の使い方

ぼかし肥料は、元肥追肥として使用することできます。ただし、ぼかし肥料は速効性を兼ね備えているとともに窒素も多く含まれているため、使い方には注意が必要です。効かせすぎると樹勢が強くなりすぎたり、病害虫による被害を受けやすくなったりします。

私の印象ですが、速効性があるので、追肥として使用するほうが栽培しやすいかもしれません。元肥として使用して定植後に樹勢が強くなりすぎてしまう方を多く見てきました。

また、ぼかし肥料は、原材料によって成分が異なります。そのため、一概に「どの程度散布すればいいか」ということが言えません。含まれている成分と土壌、作物の様子を見ながら、少量から施していくと良いでしょう。

また、ぼかし肥料は、原材料によって成分が異なります。そのため、一概に「どの程度散布すればいいか」ということが言えません。含まれている成分と土壌、作物の様子を見ながら、少量から施していくと良いでしょう。

元肥として使用する

安全をみて、植え付けの2週間前に土に混ぜ合わせて使用するほうが良いでしょう。先述した通り、有機物資材の微生物による発酵によって、有害物質などによる障害が発生しやすくなるリスクがあります。

特に幼苗や発芽したばかりの植物の根は障害に弱いため、リスクを下げるために2週間以上前から散布し、混合しておくことがおすすめです。

追肥として使用する

追肥として使用する場合は、1ヶ月に1回程度、土壌に散布します。散布量は、樹勢やぼかし肥料の成分含有量によって調整しましょう。

乾燥したぼかし肥料は、土の上に散布すると風で飛びやすいので、散布後に軽く土と混ぜ合わせるか、水を含ませて塊として置き肥のように使うと良いでしょう。

液体肥料(液肥)として使用する

ぼかし肥料を水に溶いて、上澄み液を液体肥料(液肥)として使用することも可能です。ぼかし肥料を水に溶いて3日程度放置し、上澄み液を採取します。その上澄み液を希釈し、ジョウロなどで灌水と同時に施肥をします。

発酵促進剤として使用する

完成したぼかし肥料は、新たにぼかし肥料、堆肥を作るときの発酵促進剤として使用することも可能です。例えば、生ゴミや落ち葉をコンポストに入れ、そこにぼかし肥料を混ぜ込むことで発酵を促進できます。

ぼかし肥料の詳しい使い方

ぼかし肥料の詳しい使い方については、下記の記事にまとめていますので参考にしてください。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

有機肥料(有機質肥料)肥料肥料の種類
スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました