速効性の肥料として使える!ぼかし肥料の使い方

ぼかし肥料の使い方に関する記事のバナーです。有機肥料
有機肥料知りたい種類肥料

作物を健全に育てるためには日頃の手入れとともに肥料も重要です。肥料で土壌に養分を与えることによって、作物の成長を促し収穫量を増やしたり、より品質の高い作物を栽培することができます。

近年では、有機栽培が見直され注目を集めています。有機栽培は、有機肥料有機質肥料)を使用して栽培しますが、有機肥料(有機質肥料)は緩効性肥料遅効性肥料と呼ばれ、肥効(肥料の効果)が出るのが遅いというデメリットがあります。そのデメリットを補うために使用される肥料として、有機質を発酵させ速効性を備えた「ぼかし肥料」があります。

この記事では「ぼかし肥料」の概要、特徴と効果、ぼかし肥料の作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

ぼかし肥料(ボカシ肥料)とは?その特徴と効果

ぼかし肥料とは

ぼかし肥料とは、油かすや米ぬかなど複数の有機質資材を配合させたものに籾殻や土を加えて発酵させた肥料のことを指します。有機質を土などで肥料分を薄めて肥効を「ぼかす」ことから、ぼかし肥料という名前がついたと言われています

ぼかし肥料は、昔の農家では自分たちで独自で作っていましたが、化学肥料が発明されて窒素リン酸、カリウム(加里)などの養分が手軽に補えるようになったことから、製造、使用されることも少なくなりました。しかし、近年は可能な限り化学肥料を使わない栽培方法(特別栽培や有機栽培)が人気となり、再び「ぼかし肥料」に注目が集まっています

ぼかし肥料は発酵させることにより、有機肥料(有機質肥料)に比べて植物が吸収することができるアンモニア態窒素、硝酸態窒素に無機化されるため、施してからすぐに肥料が効き始める速効性が備わっています。緩効性、遅効性という有機肥料の特長に、速効性を併せ持つことによって、より使い方の幅が広がる肥料となっています。

また、自分でぼかし肥料を作ることもできます。正直、良質なぼかし肥料を作るのは結構難しく手間のかかる作業なので、家庭菜園や園芸などで有機栽培に挑戦されたいという方は購入されることをおすすめします。

ぼかし肥料の特徴・効果・メリット

ぼかし肥料の特徴と効果、メリットについては、以下のことが言えます。

  • 原料に有機質資材を使用することで、窒素・リン酸・カリウム(カリ)の三大要素を補うだけではなく、二次要素(多量要素)や微量要素、アミノ酸などの補給効果も期待できる。
  • 有機質資材を発酵させることで、効き目がすぐに現れやすい緩効性、遅効性という有機肥料の特長と化学肥料と同じような速効性を併せ持つことによって、追肥として使える
  • 有機質資材を微生物が分解するときに起こる発熱や有害物質による影響のリスクを小さくできる。
  • 土壌の物理性や生物性が改善できる。
  • 有機質肥料(堆肥など)の場合、植え付けや播種(種まき)の2週間以上前に混ぜ込んで微生物による分解が必要だが、発酵済みのぼかし肥料はすでに分解が進んでいるため、熟成済みの場合は散布してからすぐに植え付けや播種ができる
  • 化学肥料(化成肥料)ではないので、有機肥料を使った栽培に向いている。

有機質資材(堆肥やその他有機質肥料)は、一般的に微生物に分解される事によって植物が吸収されやすい状態に変化し、栄養分として取り込まれます。

微生物による分解は、その有機質資材の性質によりますが時間がかかるため、植物に吸収されるまでに時間がかかります。また使用方法によっては、微生物が分解をする際に発生する熱や有害物質によって、根が傷んでしまう可能性もあります。

ぼかし肥料は、発酵させることにより、有機肥料(有機質肥料)に比べて植物が吸収することができるアンモニア態窒素、硝酸態窒素に無機化されるため、施してからすぐに肥料が効き始める速効性が備わっています。緩効性、遅効性という有機肥料の特長に、速効性を併せ持つことによって、より使い方の幅が広がる肥料となっています。

また、すでにある程度発酵が進んでいるため、微生物の分解による影響を少なくできます。微生物が住み着いていることと、有機物資材を使用しているということから、土壌の物理性(団粒構造)や生物製の改善の効果も期待できるでしょう。

ぼかし肥料の成分

ぼかし肥料の成分は、その原材料の性質や配合量によって変わってきます。ぼかし肥料に使える原材料は、有機物であれば基本的には使用することができます。実際には米ぬかや魚粉(魚粕、魚かす)、油かすなど動植物性の有機物資材を使って、ぼかし肥料を作ることが多いです。

窒素、リン酸、カリウム(加里)がバランス良く含まれたぼかし肥料を作るためには、複数の有機物資材を組み合わせて発酵させます。一般的に油かす類などの植物質肥料はリン酸が少なく、魚かすや魚粉などの動物質肥料はカリウム(加里)が少ないため、油かす類と魚かすなどを混ぜ合わせて、ぼかし肥料を作るとバランスの良い肥料ができます。

ただし、カリウム(加里)はぼかし肥料では補いづらい成分となるため、不足分は草木灰や硫酸カリウムなどの資材を一緒に使用すると良いでしょう。

販売されているぼかし肥料の成分比は、N-P-K=4-4-2、N-P-K=5-4-1に近いことが多いです。

スポンサーリンク

ぼかし肥料の材料

ぼかし肥料は、その原材料となる有機物資材によって成分比が変わってきます

ぼかし肥料の原料に向いている主な有機物資材の成分をまとめてみましたので、参考にしてください(製品によって、成分比が異なる場合がありますので注意してください)。

肥料名商品例N(窒素)P(リン酸)K(カリウム)
菜種油かす521
大豆油かす711
魚かす5〜75〜7
米ぬか251
乾燥鶏糞253
骨粉416
貝化石(カキ殻石灰)

ぼかし肥料の使用にあたっても、原材料に何を使ったか、何を使って作られたかを知っておくことが重要です。

スポンサーリンク

ぼかし肥料(ボカシ肥料)の種類とその特徴

家庭菜園や農園にて実際に使用されることが多いぼかし肥料を3つ取り上げます。

EMぼかし肥料

EMボカシとは、米ぬかや油かす、魚かすなどの有機物資材にEMを混ぜて発酵させた肥料のことを指します。そもそもEMとは、Effective Microorganisms(有用微生物郡)のことを指し、特殊な一つの菌ということではありません。EMは、乳酸菌や酵母、光合成細菌など、私たちの日常のどこにでもいる人間にとって良い働きをしている微生物の集まりのことを指します。

EMボカシは、有機物資材にEMを混ぜて「密閉状態」を保ちながら発酵させます。密閉状態で発酵させることを嫌気性発酵とも呼びます。嫌気性で発酵させることがEMぼかし肥料と他のぼかし肥料との大きな違いです。

EMボカシの成分比は主原料の配合によって異なりますが、N-P-K=5-3-2くらいのものが多いです。EMぼかし肥料は自分で作ることもできますが、信頼のできるショップから購入することもできます。

編集さん
編集さん

下の記事にEMぼかし肥料の作り方、使い方、購入方法をまとめていますので、ぜひご覧ください。生ゴミを堆肥化する方法もまとめています!

米ぬかぼかし肥料

米ぬかぼかし肥料とは、米ぬかを主原料としたぼかし肥料です。植物を育てるために必要な三大要素である窒素、リン酸、カリウム(加里)をバランス良く含ませるために、米ぬかの他に油かす、魚粉やカキ殻石灰などを配合し発酵させます。カキ殻石灰などを使用することでカルシウムやミネラル分やアミノ酸などを多く含み、野菜などの栽培においては食味や品質の向上にもつながります。

米ぬかは、リン酸が豊富に含まれている有機物資材で入手もしやすいため、ぼかし肥料の原材料としては人気のものとなります。

米ぬかぼかし肥料の成分比は原材料の配合によって異なりますが、米ぬかを主成分とした場合は窒素成分が少し抑えられたものが多いです(N-P-K=3-5-2など)。

米ぬかぼかし肥料を作る際の発酵のさせ方は、「好気性発酵」「嫌気性発酵」の2種類があります。

籾殻ぼかし肥料

籾殻ぼかし肥料とは、籾殻(もみがら)を主原料としたぼかし肥料です。籾殻は、ケイ酸と微量要素を含んだ有機物資材ですが、C/N比(炭素率)が高いため、逆に土壌の窒素成分を消費してしまうなどのデメリットがあります。そこで、籾殻を他の有機物資材と合わせて発酵させることで、C/N比(炭素率)を下げるとともに、土質の改良、土壌の養分を補えるようにしたものが、籾殻ぼかし肥料です。

籾殻自体は、窒素、リン酸、カリウム(加里)が低いため、籾殻単体で発酵させることはほとんどなく、米ぬかや牛糞、豚糞、生ごみ、オカラなどと混ぜて発酵させます。

籾殻ぼかし肥料を作る際の発酵のさせ方は、「好気性発酵」「嫌気性発酵」の2種類があります。

上記の他にも、原材料や作り方が異なるぼかし肥料がいくつかあります。

ぼかし肥料の作り方

ぼかし肥料の作り方は、原材料や発酵の仕方、発酵に使う菌の種類によって、細かな違いがあります。ぼかし肥料の製造は、感覚的に行われる部分も多いです。例えば、発酵が進んでいるか、終わったか、成功したかなどを判断するためには、見た目(白カビの生え具合など)や匂いの情報が大事になってきます。

下記の記事にて、米ぬかぼかし肥料や籾殻ぼかし肥料、EMぼかし肥料の作り方を詳しく解説していますのでご自身で作製する際に参考にしてください。

ぼかし肥料の使い方

ぼかし肥料は、元肥追肥として使用することできます。ただし、ぼかし肥料は速効性を兼ね備えているとともに窒素も多く含まれているため、使い方には注意が必要です。効かせすぎると樹勢が強くなりすぎたり、病害虫による被害を受けやすくなったりします。

私の印象ですが、速効性があるので、追肥として使用するほうが栽培しやすいかもしれません。元肥として使用して定植後に樹勢が強くなりすぎてしまう方を多く見てきました。

また、ぼかし肥料は、原材料によって成分が異なります。そのため、一概に「どの程度散布すればいいか」ということが言えません。含まれている成分と土壌、作物の様子を見ながら、少量から施していくと良いでしょう。

ぼかし肥料の肥効の現れ方

ぼかし肥料は、先述したとおり速効性があります。夏場だと、ぼかし肥料を施用してから数日以内に肥効が出始めます。気温・地温によって肥効が現れるまでの日数は異なり、一般的に気温・地温が高いほうが早めに肥効が出始めます。

化学肥料、ぼかし肥料、魚かす、油かすの肥効の違いを表したイメージ図です。

夏だと2週間くらい、春・秋だと3週間くらいでぼかし肥料に含まれる窒素成分の半分程度は放出されると考えられます。この窒素分は速やかに作物が吸収利用できる窒素になります。有機質資材の場合は発酵・分解に時間がかかりますが、ぼかし肥料は有機質の一部がすでに発酵分解済みであるので、すぐに吸収されるというわけです。

ぼかし肥料のすごいところは、速効性に加えて肥効が長続きするという点もあります。ぼかし肥料に含まれている有機質資材が土壌に散布されたあとも分解・発酵されていきますので、窒素成分が長く放出されます。加えて、土壌の中の有機物も無機化する作用があるでしょう。

元肥としてぼかし肥料を使う場合

畑に元肥として施肥する場合、他の肥料を施用するときと同様のやり方で施肥します。以下に、やり方の手順例を説明します。使用するぼかし肥料の成分含有量によって量は異なりますので注意してください。

  1. 10㎡当たり2kg〜3kg程度、土壌に散布する(基本的に少なめで)。
  2. 土壌の表層(10cm〜20cm程度)を耕し、ぼかし肥料と土を混ぜ合わせる。
  3. 土に散水をし、水を含ませる。
  4. 2週間程度おいてから、播種、定植を行う。

ぼかし肥料の施用だけでは、土作り(土壌の改良や栄養分の補給)はできません。堆肥など他の有機質資材や化学肥料、微生物資材と合わせて施用するなど、効果的な方法を考えて施用しましょう。

特に幼苗や発芽したばかりの植物の根は障害に弱いため、リスクを下げるために2週間以上前から散布し、混合しておくことがおすすめです。特に幼苗や発芽したばかりの植物の根は障害に弱いため、リスクを下げるために2週間以上前から散布し、混合しておくことがおすすめです。

ただし、熟成させた完熟のぼかし肥料はそのようなことが少ないので散布後すぐに植え付け、播種でも問題は起きづらいです。

追肥としてぼかし肥料を使う場合

追肥として使用する場合は、1ヶ月に1回程度、土壌に散布します。散布量は、樹勢やぼかし肥料の成分含有量によって調整しましょう。土の表面にパラッと撒く程度でも十分に効果が出ます。

乾燥したぼかし肥料は、土の上に散布すると風で飛びやすいので、散布後に軽く土と混ぜ合わせるか、水を含ませて塊として置き肥のように使うと良いでしょう。散布する場所は、株元ではなく畝の肩など株元から少し離れたところにしましょう。

ぼかし肥料をプランターに使う場合

ぼかし肥料は、プランター栽培でも使用できます。プランターで使用するときには、下記のように施用すると良いでしょう。

プランターにおけるぼかし肥料の使い方を示したイラストです。
  1. 底に鹿沼土もしくは赤玉土を2cm〜3cm程度入れる
  2. その上に腐葉土などの用土を1cm程度かぶせる
  3. その上にぼかし肥料を2cm〜3cm程度入れる
  4. その上に土を2cm〜3cm程度かぶせる
  5. ビニールで覆うなどして適度に水分を保ちながら、2週間〜1ヶ月程度そのまま放置し、その後苗の植え付け、種の播種を行う

ぼかし肥料を有機質資材に混ぜてさらにぼかし肥料を作る

出来上がったぼかし肥料は、ほかの有機物資材に混ぜ込むことによって発酵促進剤の役割を果たします。出来上がったぼかし肥料には、微生物が多く存在していますので、有機物の分解・発酵・熟成に大いに寄与すると考えられます。

浸出液を作って、灌水と一緒に施用する

ぼかし肥料を追肥的に施用する方法として、ぼかし肥料の浸出液を液体肥料液肥)として供給する方法があります。浸出液とは、ぼかし肥料を水に浸け込むことで得られる液体のことです。それを灌水チューブやジョーロ、動力噴霧器などで供給します。

EMボカシの例となりますが、下記の記事に浸出液の作り方・使い方の例を掲載していますので参考にしてください。

ぼかし肥料を購入する!作物別ぼかし肥料の選び方

ぼかし肥料は、様々な作物、植物に施すことができます。上で説明した米ぬかぼかし肥料やEMぼかし肥料は、畑や水田などで実際に使用することができます。

販売されているぼかし肥料も同様で幅広い作物に使用することができますが、「ある作物に更に効果的とされている専用のぼかし肥料」のようなものもあります。今回は、野菜用のぼかし肥料とバラ用のぼかし肥料について紹介します。

野菜全般のぼかし肥料

ぼかし肥料は、野菜栽培では元肥としても追肥としても使用することができます。しかし、ぼかし肥料は速効性を兼ね備えているとともに窒素も多く含まれているため、使い方には注意が必要です。

野菜栽培におすすめのぼかし肥料は3つあります。どの肥料も使いやすいので、有機栽培を始めてみたいという方におすすめです。

バラのぼかし肥料

バラ用のぼかし肥料としては、バラ専門店として老舗のザ・ローズショップが開発した「バラ専用 ぼかし肥料」がおすすめです。ぼかし肥料で期待できる効果は、次の3点です。

  1. バラの根張りを良くして、丈夫に育てる
  2. バラの花付き、色が良くする
  3. バラが丈夫になるので、病害虫の被害が軽減される

ぼかし肥料の購入

「ぼかし肥料を作るのはちょっと…」という方は、販売されているぼかし肥料を購入して使ってみると良いでしょう。ぼかし肥料を作るのは、場所や時間、手間がかかるうえに失敗する場合もあるため、なかなか勇気が入ります。まずは、市販のぼかし肥料を購入してみて、ぼかし肥料の手触りや使用したときの効果などを確かめてみると良いと思います。

ぼかし肥料は、一般的なホームセンターでも多く販売されています。ネット通販にも多くの商品が出品されているので確認してみてください。一番大事なことは「栽培する作物にあった成分がそのぼかし肥料に含まれているか」であるため、含有している成分を確認して購入してください。

この記事を書いた人
農家web編集部

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。
皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web