作物別の肥料のやり方の基本・おすすめ商品まとめ

作物別に肥料を探す

果菜類・根菜類・葉菜類などの野菜類におすすめの肥料のやり方

果菜類におすすめの肥料は、窒素リン酸カリウムがバランス良く含まれていて、かつ二次要素(多量要素)、微量要素を含んだものです。果菜類は、他の作物に比べて養分の必要量が多いですので、肥料切れにならないように元肥追肥をしっかりと行なっていきます。

根菜類、葉菜類に関しては、元肥だけで収穫まで生育、栽培することもできます。葉菜類は窒素分が不足したりするため、収穫までに2〜3回程度追肥を施したりもします。

作物ごとに肥料のやり方などは異なるので、下記リンクから目的の作物を検索してみてください。

果樹類におすすめの肥料のやり方

果樹については、元肥(春肥)、追肥(夏肥)、お礼肥、冬肥など、果菜類などとは異なる肥料のやり方、時期となります。基本的には、2〜3ヶ月おきに固形肥料を施したりしますが、ベランダにてポットなどで栽培している場合には液体肥料も有効です。

肥料のやりすぎにも注意が必要です。肥料をやりすぎると「肥料やけ」が起こり、根が傷み、最悪の場合、枯れてしまいます。

果樹の種類によっても、おすすめの肥料ややり方が異なる場合があるので、下記リンクから目的の作物を検索してみてください。

芝生におすすめの肥料のやり方

実は、芝にも肥料が必要です。きれいな芝を維持、管理するためにも肥料は適切な時期に、適切な量をやることが必要です。芝には、芝専用の肥料も多く販売されているので、そのような肥料を使用すると大きな問題は起きないです(含有されている成分を確認しても、芝に必要なものがしっかりと含まれています)。

芝生の肥料のやり方は、高麗芝・西洋芝などの種類によっても大きく異なるため、注意してください。

観葉植物・庭木・花・多肉植物などにおすすめの肥料のやり方

観葉植物、庭木、花、多肉植物などにも肥料は必要です。果菜類ほど神経質に考える必要はありませんが、決まった時期に適量を施すと長くきれいな状態を保つことができるでしょう。

果樹同様、肥料やけしやすい植物が多いので、肥料のやりすぎには十分に注意が必要です。

植物の種類によって、おすすめの肥料ややり方が異なりますので、下記リンクから目的の植物を検索してみてください。

作物ごとに肥料は違うものを使ったほうが良いか?

「作物ごとに異なる肥料を使わなければならない」といったことは全くありません。基本的に、植物の生育には窒素(チッソ)、リン酸(リンサン)、カリウム(加里)の三要素が必要となります。他に、二次要素(多量要素)、微量要素などの養分が必要になります。

必要量はそれぞれの作物(植物)によって異なるため、注意が必要です。「バラ専用」や「芝専用」のようなその作物(植物)専用の肥料として販売されているものは、上記の三要素の含まれている肥料分のバランスや微量要素、二次要素の含有量がその作物(植物)に適したものとなっています。

そのため、もし肥料の選び方などで不安を感じる方は、その作物(植物)専用の肥料を購入して使ってみることをおすすめします。

「作物別の肥料」のおすすめ記事一覧

米ぬか肥料

ジャガイモに米ぬか肥料は使えるか

果樹類の肥料

柿に米ぬか肥料は使えるか

油かす肥料

クリスマスローズ 油かす肥料の使い方

果樹類の肥料

柿(カキ)に油かす肥料は使えるか

カボチャ肥料

カボチャの肥料 おすすめ肥料と与え方のポイント

作物別の肥料

カサブランカの肥料の与え方 時期やおすすめの肥料

バラ肥料

ミニバラの肥料時期

バラ肥料

有機肥料で育てるバラ おすすめの肥料や与え方のポイント

バラ肥料

バラの肥料 油かす肥料の使い方

野菜類の肥料

プランターで育てるミニトマト 肥料の種類とやり方

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。
タイトルとURLをコピーしました