ナス栽培の肥料の基本とやり方

ナスの露地栽培をしている様子です。畝にはマルチを張っています。作物
作物知りたい肥料

ナス栽培において、仕立て(整枝)、摘果などとともに重要となってくるのは施肥(元肥追肥)です。施肥がしっかりと管理され、適切に行われると病害虫にも強くなり、綺麗で美味しいナスを収穫することができます。

ナス栽培における病害虫の管理や手入れ方法と合わせて、肥料のやり方も理解しておきましょう。

この記事では、ナス栽培に向いている肥料の種類や肥料のやり方、品種別、栽培方法別の肥料の違いなどをわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

ナスに適した肥料とは

作物・植物の栽培における肥料の種類は、大きく以下のとおりに分けることができます。

この記事ではナス栽培向けの肥料の中で、液体肥料、固形肥料に注目して解説します。ナスには、長ナスや卵形ナス、白ナス、米ナスなど品種がありますが、基本的な肥料・施肥の考え方は同じです。

ただし、品種によっては過剰な養分を嫌うものもありますので、品種のパンフレットに掲載されている育て方などを参考にしてください。

ナスの養分吸収特性と施肥のポイント

ナスの養分吸収量は、以下の通りとなっており、窒素リン酸・カリウムが万遍なく吸収されることがわかります。また、カルシウムマグネシウムの吸収量もそれなりにあり、欠乏症を起こさないように土作り・追肥が必要なことがわかります。

成分吸収量(kg/a)窒素リン酸カリウム(加里)カルシウムマグネシウム
ナス1.810.422.791.010.12

出典:農林水産省 都道府県施肥基準等 5.野菜の養分吸収量(PDF)

ナスは吸肥力が強く、肥料が不足してくると収穫量(収量)が著しく下がります。逆に窒素過剰の場合、過繁茂(葉が茂りすぎる)の状態となり病害虫の被害や生長への影響が大きくなるので、追肥は一度に多くやるのではなく、細かな頻度で少量ずつ与えるほうが良いです(農林水産省 都道府県施肥基準等 4. 作物の栄養整理と養分吸収(PDF))。

また、実をたくさん着け始める収穫盛期から苦土欠乏(マグネシウム欠乏)が生じやすくなるため、カリウムの多施用に気をつけましょう(カリウムがマグネシウム欠乏を助長します)。

本来、施肥量は前作の状況(植物がどのように育ったか、どのくらいの肥料を散布したか)や土壌の性質を考えて計算する必要があります。「その土地で育てたことがない」、「ナスは初めて」という場合には、まずは基本にならって、一般的な栽培方法の施肥量をベースに考えると良いでしょう

プランターやポットなどは用土を使って栽培しますが、適切な養分が常に供給されていないと正常に育ちません。培養土に元肥が含まれている場合は、そのまま定植(植え付け)して、実をつけ始めたころから追肥を開始しましょう。培養土に元肥が含まれていない場合は、別途元肥を施す必要があります。

ナス栽培における施肥の考え方で大事なポイントをまとめました。

ナス栽培の施肥に関するポイント
  • 長期にわたって栽培するので、連続的な肥効が必要
  • 元肥だけではなく追肥にも重点をおく。追肥は栽培期間中、一定間隔で連続的に施す必要がある。もしくは効果が長続きするもの(緩効性肥料など)を適した時期に使う。
  • 栄養生長過多(窒素過剰などにより、植物体自身の成長が促進される)状態では、花や実を付けづらい状況になりやすい(着果不良、結実しない)。
  • 窒素過剰のときは、過繁茂(葉が茂りすぎ)になったり葉が大きくなったり、葉の色が濃くなる。茎葉に異変を感じたら、施肥量を減らす。
  • 花の異常で窒素の過不足を観察することができる。短花柱花になっている場合は肥料不足、花の色が濃すぎる場合は肥料過剰である(→理想的な花の形「長花柱花」)。
  • ナスは栄養素過剰、欠乏がわかりやすい植物であり、追肥でコントロール可能である。
  • 肥料過剰のときは、土壌水分を少なくすることで肥料の吸収を抑えることができるが、水分不足による生理障害(石ナス・ボケナス(つやなし果))が起きやすくなるので注意する。
  • 収穫盛期から苦土欠乏が生じやすくなるので、カリウムの多施用は控える。
  • リン酸の多施用は、果実の品質低下を招くので控える。

ちなみにナスだけではないですが、地温(土壌中の温度)によってもこれらの養分の吸収効率が変わるので、季節によっての違いもあります。それはまた別の機会に・・・

編集さん
編集さん
ナスの長花柱花を示したイラストです。葯(雄しべ)より柱頭(雌しべ)が長いことが特徴で、健全な育成を表す指標となります。

状態の良いときは、上記のように花が「長花柱花」となっています。逆に、柱頭(雌しべ)が葯(雄しべ)に隠れているようであれば、肥料不足が疑われるので速効性の肥料を施しましょう

ナス栽培向けの固形肥料

固形肥料とは、粉状、粒状、錠剤など固形の状態となった肥料のことです。固形肥料は、その形状や原料の性質、肥効(肥料の効き方)の種類によって、呼び名が変わることがあります。

ナス栽培向けの固形肥料は、その性質や含まれている成分によって、元肥に適しているか追肥に適しているかが変わってきます。基本的な考え方は以下のとおりです。肥料を選ぶときの一つの目安にしてください。肥料のラベルなどに適した使用方法が記載されているので、必ず確認しましょう。

固形肥料の選び方のポイント
  • 化成肥料は速効性もしくは緩効性であるため、元肥、追肥の両方に向いている。
  • 化成肥料に有機質を混ぜ込んだ有機配合肥料は、速効性と緩効性を両方備えているので元肥でも追肥でも使われやすい。
  • 有機肥料は緩効性もしくは遅効性であるため、元肥に向いている。ただし、有機肥料には「ぼかし肥料」のようにすでに有機物の分解を進めて速効性の性質を持たせたものもあるので要注意。

化成肥料

化学肥料とは、化学的に合成、あるいは天然産の原料を化学的に加工して作った肥料です。有機肥料(有機質肥料)は動植物質を原料とした肥料(堆肥や米ぬか、骨粉など)です。

化学肥料は大きく2つに分けることができます。

  1. 「単肥(たんぴ)」:無機養分一つのみを保証する肥料
  2. 「複合肥料」:窒素、りん酸、カリウム(加里)のうち二つ以上の成分を保証する肥料

化成肥料は、「複合肥料」に含まれます。

ナス栽培においては、化成肥料を元肥・追肥どちらにも使用できます。

元肥の場合は有機肥料など肥効が長く続くものと一緒に混ぜ込むか、緩効性の化成肥料を使います。

追肥の場合、すぐに効かせたいときは速効性の肥料を、肥効を長続きさせたい場合は緩効性の肥料を使います。緩効性の固形肥料を散布して、草勢を見ながら液体肥料を使うのも一つの手です。

また、ナス栽培においてはカルシウム・マグネシウムも三大栄養素(窒素・リン酸・カリウム)に並んで大事な栄養素となります。元肥として苦土石灰などをしっかり混ぜ込んでおくことが必要です。

有機肥料

有機固形肥料と呼ばれているものは、有機質肥料であり、かつ固形化された肥料のことを指していると思われます。このあたりの呼び方は大変曖昧であるため、どのような肥料の性質なのかはそれぞれの製品のラベルなどをよく読んだほうがよいでしょう。

固形化された有機肥料とすると、一般的に以下のような特徴、使い方への考え方があります。

  • 骨粉や油かすなどの有機質を混ぜて成分調整し固形化した肥料である。
  • 粒状、粉状の有機質肥料は油かすや魚粉などの有機質肥料を細かな粉に粉砕したり、それを成形した肥料である。
  • 有機質のため、緩効性肥料、遅効性肥料に分類でき、ゆっくり持続的に肥効が持続する。
  • 元肥に使用することで持続的な肥効が期待できるが、効き始めが遅いため追肥には適していない。

ナス栽培には、様々な有機肥料が使えます。堆肥や油かすはよく使われる肥料だと思います。私がよく使うのは、堆肥(牛糞もしくは鶏糞)と油かすです。

有機肥料は、緩効性肥料もしくは遅効性肥料なので肥料の効果が現れるまで時間がかかります。土作りに使用するときには使用時期と使用量に注意しましょう。

天然素材を使用した成分が多い有機肥料は、素材から臭いが発生したり、 細かい虫が寄ってくることがあります。室内での使用やベランダ栽培にはあまり向きません。

ナス栽培向けの液体肥料

液体肥料とは、液肥(えきひ)とも呼ばれ、液状になった液体の肥料のことを言います。液体肥料は、用土に混ぜ込んで元肥として使用することはほとんどなく、追肥として使用することを主としています。液体肥料には

  1. そのまま希釈せずに使用するタイプ(ストレートタイプ)
  2. 定められた希釈率で液肥を薄めるタイプ

の2タイプがありますので、その製品の使い方をよく読みましょう。希釈した液体肥料は土壌に散布します。

また、液体肥料は速効性(効き目がすぐに出やすい)タイプのものが多いため、前述したとおり追肥としての使用がおすすめです。

液肥は葉面散布できる?

液体肥料(液肥)は土壌散布用に製造、販売されているものが多く、基本的には葉面散布(植物の葉にかける)の方法では施肥ができません。葉面散布が可能かどうかは製品によって異なりますので必ずラベルをよく読みましょう。

ナス栽培においては、液体肥料は家庭菜園でもプロ農家の栽培でもよく使います。

家庭菜園では追肥としてハイポネックスの「ハイポネックス原液」などを使用します。液体肥料は、速効性なので肥料はすぐに効き始め、1週間〜10日前後で肥料の効果がほぼなくなります。そのため、1週間に1回程度の頻度で追肥が必要になります。

私のおすすめの使い方は、緩効性の固形肥料と合わせて使う方法です。緩効性の固形肥料を2週間〜3週間に1回程度散布し、株が弱ってきたら速効性の液体肥料で補うといった方法が手間もかからないのでおすすめです。ベランダ栽培ができるプランターやポットの場合は、液体肥料の追肥を定期的に施すだけでも良いでしょう。

プロ農家の場合は、N-P-Kと微量要素がバランス良く含まれた資材と硝酸カルシウムを組み合わせて液肥を供給することが多いです。

スポンサーリンク

ナス栽培における肥料をやる時期とやり方

肥料のやる時期は大きく2つあります。ここで説明するのは、一般的なナスの露地栽培ですので、栽培する土地や品種によって異なりますので育て方などを調べて年間のスケジュールや肥料のやり方を決めましょう。プランターやポット栽培の場合は用土を使うとすぐに植え付けができる場合もありますので、販売されている資材と肥料を確認してください。

  1. 元肥:苗を定植(植え付け)する3週間前くらいから(土作りのときに行う)
  2. 追肥:生育期(定植3週間後から、2週間〜3週間に1回程度の頻度(固形肥料の場合))
時期時期適している肥効タイプ肥料の例やり方
元肥植え付ける3週間前くらい緩効性肥料・遅効性肥料固形肥料

・苦土石灰
・堆肥
緩効性化成肥料(N-P-K=8-8-8)
・リン酸肥料
など
苦土石灰を苗を植え付ける3週間前くらいに散布し、一度耕うんします。1〜2週間前には、堆肥や化成肥料、リン酸肥料などを混ぜ込んでおきましょう。そのあとに畝を立てます。
畝に溝を掘り、そこに元肥を入れ込んでおくのもおすすめです(待ち肥)。
追肥生育期緩効性肥料・速効性肥料液体肥料・固形肥料

・緩効性、速効性化成肥料
・油かす
など
植え付け(定植)約3週間後に1回目の追肥を行います。株元から10cm程度離れたところに散布します。
2回目からは、15〜20日に1回くらいの頻度で追肥を行います
液体肥料のみの追肥の場合は、1週間〜10日に1回程度の施肥が必要です。

元肥のやり方について、詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

ナス栽培の具体的な追肥のスケジュールの例は、以下のとおりです。

追肥の一例
  • 第1回追肥
    植え付け(定植)約3週間後に1回目の追肥を行います。株元から10cm程度離れたところに散布します。マルチをしている場合には、マルチに穴を空けるか、マルチをまくって散布しましょう。
    肥料(全種類施用)施用目安量(1株当たり)
    化成肥料約15g程度
  • 第2回以降の追肥
    2回目からは、15〜20日に1回くらいの頻度で追肥を行います。畝の肩辺りに万遍なく散布するようにしましょう。マルチをしている場合には、マルチをまくって散布しましょう。
    肥料(全種類施用)施用目安量(1株当たり)
    油かす約50g程度
    化成肥料約30g程度

グラムの目安は、下記を参考にしてください。

種類大さじ1杯小さじ1杯一握り
堆肥約100g
化成肥料約15g約5g約30g
苦土石灰約20g約8g約40g
油かす約20g約8g約40g
草木灰約30g

ナスの追肥のやり方について、詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

栽培方法別の肥料とそのやり方

ナスは、いろいろな栽培方法で育てることができます。栽培方法によって、適している肥料の材質やタイプが異なってきますので、各栽培方法でおすすめの肥料とそのやり方を紹介します。

家庭菜園・畑

おすすめ商品

家庭菜園、畑でも上記で紹介した錠剤肥料や液体肥料などは使えますが、コストパフォーマンスを考えると大きめの袋肥料を購入されることをおすすめします。私がおすすめする肥料の商品をご紹介します。

基本的に果菜類用の複合肥料であれば、栄養分がバランス良く含まれているので問題ありません。トマト用などとうたっている肥料も同様です。

肥料のやり方(例)

家庭菜園、畑における露地栽培の施肥例については、「ナス栽培における肥料をやる時期とやり方」に記載していますので、参考にしてください。また、ナスの栽培については、下記の記事を参考にしてください。

プランター・鉢植え(ポット)

プランター・鉢植え(ポット)でナスを栽培する場合には、錠剤型の固形肥料、もしくは液体肥料がおすすめです。また、植え付けする前の準備として、用土を用意する必要がありますが、果菜類用の用土もありますので紹介します。

ナス栽培用の用土のおすすめ商品

プランターや鉢の底に石(鉢底石)を敷き、用土をそのまま入れます。プランターを使わずに袋のまま植えられるかわいい培養土もあります。培養土には肥料も混ぜ込んであるものもあり、肥料がいらない場合もあります。

粉末肥料のおすすめ商品

粉末肥料は、用土に混ぜ込んだり、追肥として使うことができます。基本的には畑と同様に三大栄養素がバランス良く含まれた化成肥料、有機化成肥料を使用すれば問題ありません。「果菜類用」や「トマト用」などと記載されているものは間違いないでしょう。

少量で使えるナス専用肥料というものもあります。

錠剤肥料のおすすめ商品

プランターには錠剤肥料がおすすめです。置くだけで約1ヶ月〜2ヶ月、肥効が持続します。窒素、リン酸、カリウムのほかにカルシウムや微量要素(マグネシウムなど)も含まれているので手軽に追肥ができます。錠剤肥料はあくまで追肥用で、元肥は別途化成肥料や有機肥料を用土に混ぜ込む必要がありますのでご注意ください(肥料が含まれている用土を使う場合には不要です)。

錠剤ではありませんが、元肥には「マグァンプK」がおすすめです。カリウムが多く含まれていて根張りを良くしてくれます。

液体肥料のおすすめ商品

液体肥料は追肥として使用することができ、潅水(水やり)と同時に与えることができるのでプランターやポット栽培には便利です。中でも「ハイポネックス原液」は養分がバランス良く含まれており、人気があるのでおすすめです。

肥料のやり方(例)

プランター栽培への一番ラクで簡単な施肥のやり方を紹介します。あくまで、一例ですので用土の状態や植物の状態(苗や茎葉の様子)などに合わせて、施肥をしてください。

ナスのプランター栽培の場合の施肥のやり方(液体肥料を使用した例)
  • 元肥
    野菜用の培養土を購入する

    野菜用の培養土を購入して、苗を定植(植え付け)しましょう。野菜用の培養土には、あらかじめ野菜類の栽培に適したバランスで緩効性肥料が含まれています。それらを使用することが最も簡単な用土の準備となります。

    2作目や肥料が含まれていない用土を使用する場合には、元肥が必要です。用土の再生材とともに「マグァンプK」などの緩効性肥料を混ぜ込みましょう。

  • 追肥
    ハイポネックス原液を1週間に1回程度施す

    プランター栽培の場合は、潅水(水やり)も定期的に必要となります。そのため、水やりが必要となったら、ハイポネックス原液を薄めて希釈液を作り、水やりと同時に施肥をしましょう。一週間に1回程度の頻度で十分です。

    但し、水やりが必要のないとき(雨続きなど)には、無理に施肥をする必要はありません。また、茎葉の様子(茎の太さや葉の茂り)や花の形をみて、施肥過剰の可能性があるときは、水やりのみ実施しましょう。

水耕栽培

おすすめ商品

ナスは、水耕栽培で育てることもできます。家庭用の栽培では、ホームハイポニカがポピュラーです。ホームハイポニカで水耕栽培される場合は、ホームハイポニカ用の肥料を使用するのがベストです。

水耕栽培キット ホームハイポニカ601 ハイポニカ肥料付 【あす楽】
水耕栽培専門店のエコゲリラ
ハイポニカ 500mL 液肥 A・B液2本組 ホームハイポニカ 水耕栽培に 【あす楽】
水耕栽培専門店のエコゲリラ

肥料のやり方(例)

水耕栽培での一番ラクで簡単な施肥のやり方を紹介します。あくまで、一例ですので用土の状態や植物の状態(苗や茎葉の様子)などに合わせて、施肥をしてください。

ナス肥料 水耕栽培の場合の施肥のやり方(例)
  • 元肥
    不要

    水耕栽培の場合、元肥という概念がありません。種から育てる場合は、本葉が展開するまでは水のみで生長します。

  • 追肥
    ハイポニカやハイポネックス微粉を使って培養液を作る

    水耕栽培の場合、一週間に1回程度の水(培養液)の取り替えが必要となります。新しく培養液を作るときに、「ハイポニカ」や「ハイポネックス微粉」を溶かします。

    培養液の濃度は、使用する肥料によって異なりますので、ラベルを読んで適した濃度の培養液を作るようにしましょう。また、茎葉の様子(茎の太さや葉の茂り)をみて、太すぎたり葉が茂りすぎたりしている場合には、施肥過剰の可能性があるので、培養液濃度を薄くしましょう。

ナスの水耕栽培のやり方

ナスの水耕栽培について、詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

(準備中)

ナスの肥料 その他のおすすめ商品一覧

バイオゴールド

天然有機100%のバイオゴールドというシリーズの肥料も野菜栽培向けに大変人気です。下の記事にバイオゴールドについて、購入方法や使い方を書いていますので一度ご覧ください。

万田酵素の肥料

根強い人気がある商品として万田発酵の「万田アミノアルファプラス」という液体肥料があります。万田酵素は皆さん聞き覚えのある商品名だと思いますが、「万田アミノアルファプラス」はその万田酵素を開発する過程で培ったノウハウを活かして製造されたものになります。果実類、根菜類、穀類、海藻類など数十種類の植物性原材料を使用した液体肥料で、生育の促進、増収・品質向上に繋がるそうです。

【肥料】【送料無料】植物本来の生命力を引き出す!万田アミノアルファ00ml万田酵素アミノアルファ 1L 【ガーデニング 活性剤 液肥 肥料 液体肥料
アウトドア専門店【ソトアソビ】
有機液体肥料は水耕栽培に使える?

水耕栽培には使用できないことがほとんどですので、必ずその製品の使い方を調べましょう。

マイガーデン

園芸用の肥料として人気のシリーズに住友化学園芸の「マイガーデン」があります。下の記事にマイガーデンについて詳しく解説していますので適している肥料があったら試してみてください。

その他には?

化成肥料や有機肥料についての基本とおすすめの商品を紹介していますのでぜひ参考にしてください。

肥料の購入方法

店舗で購入する

上記で紹介した液体肥料や固体肥料は、一般的な大規模ホームセンターでも販売されています。ただし、特化した専門肥料はコメリなど、農業・園芸に特化したホームセンターにしかない場合があります。

また、ダイソーにも液体肥料が販売されていることがありますが、取り扱いのない店舗も多いようなので注意が必要です。

通販で購入する

店舗で実物をみて購入することも良いことですが、「その店舗での取り扱いがない」ことや「そもそもその商品がホームセンターなどの小売店で販売されていない」ことも多いです。時間とお金を節約するため、積極的に通販(インターネットショッピング)を利用しましょう。今ではAmazonや楽天市場など様々なECサイトで農業・園芸用品が取り扱われています。店舗よりも安く購入できる場合も多いですので、一度のぞいてみましょう。

ナス栽培の記事一覧

珍しい白いナス!白ナスの基礎知識と栽培方法の基本
「ナスは紫色」というのが常識ですが、実は紫色以外のナスも実在します。その中でもひときわ目立つものとして、白いナス「白ナス」があります。白ナスは、その見た目の奇抜さだけではなく、熱を入れるとトロトロになる食感も人気の理由です。この記事では、通常のナスと白ナスの基礎知識、栽培方法のポイントについて解説します。
ベランダでも栽培できる!ナスのプランター栽培の基本
キュウリは、家庭菜園では、地植えの露地栽培が一般的な栽培方法ですが、実はベランダでも十分に栽培することができます。ベランダの場合は、手入れ作業も頻繁にしやすいため、地植え栽培に比べて気軽に栽培できます。この記事では、ナスの基礎知識やプランターで簡単に栽培する方法、重要事項、注意点などについて解説します。
簡単診断!ナスの肥料不足と肥料過多の見分け方と対処法
ナスは、肥料を贅沢吸収(いわゆる肥料食い)すると言われますが、肥料を与えれば与えるほど生長が良くなるというわけではありません。逆に、少なすぎると花や果実が着かないだけではなく、植物体自体が枯れてしまいます。この記事では、ナス栽培における肥料過多・肥料不足について、見分け方、考えられる原因と対処方法を解説します。
ナス栽培の肥料の基本とやり方
ナス栽培において、仕立て(整枝)、摘果などとともに重要となってくるのは施肥(元肥・追肥)です。施肥がしっかりと管理され、適切に行われると病害虫にも強くなり、綺麗で美味しいナスを収穫することができます。この記事では、ナス栽培に向いている肥料の種類や肥料のやり方、栽培方法別の肥料の違いなどをわかりやすく説明します。
ナス栽培における簡単、丈夫な支柱の立て方
ナスなど果菜類の栽培で重要になってくる要素として、「丈夫な支柱をしっかり立てられるか」があります。ナスは長期間栽培しますし、果実の重さもあることから、支柱を立てて植物をしっかり支える必要があります。この記事では、簡単で丈夫な支柱の立て方について解説します。
ナス(茄子)の育て方・栽培方法の基本
ナスは、家庭菜園の栽培作物としても、トマトやキュウリなどと並んで人気の作物です。露地栽培でも比較的簡単に育てられることから、畑やプランター、鉢植えなどで気軽に栽培に挑戦することができます。この記事では、ナスの基本知識や家庭菜園などで使える栽培方法の基本、重要事項、注意点について解説します。
ナス栽培のための土作り、畝立て、マルチ張り
ナスなど果菜類の栽培で重要になってくるのは畑の土作りです。ナスを丈夫に育て、たくさんの果実を収穫できるようにしっかりと土作りをしましょう。この記事では、ナス栽培における土作りからマルチ張り、畝立てまでの流れを紹介します。
これでわかる!ナスの植え付け(定植)の方法
ナスの植え付け(定植)の方法を詳しく説明します。ナスの植え付けはポイントを抑えておけば何も怖くありません。時期と準備、方法をしっかりと理解して苗を植え付けましょう。やってはいけない注意点も記載しています。
ナスの種まきと育苗の方法
ナスの種まき(播種)と育苗の方法について説明します。ナスは種子から育てることもできますし、ホームセンターで苗を購入することも可能です。種まきの方法は2つあり、それぞれの作業手順を記載しています。またホームセンターでの苗の選び方、そのあとの育苗の方法まで記載しています。
執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました