ナスの種まきと育苗の方法

ナスの植え付け後、支柱に誘引している様子です。ナス
ナス基本果菜類栽培

ナスの種まき(播種)と育苗の方法について、解説します。

スポンサーリンク

ナスの種まき(播種)方法

種まきの方法は大きく2つあります。

  1. ポットに種まきをする
  2. 育苗箱に種まきをする

栽培する苗の数や条件に合わせて選択しましょう。また、ナスの種子は「嫌光性種子けんこうせいしゅし」と呼ばれ、光に当たると発芽が抑制される種子のため下の手順の通り、覆土をしましょう。

ポットに種まきをする場合

  1. 12cmポット(4号ポット)に指で深さ1cm程度の穴をあける。
    トマトの種まき(播種)
  2. 3粒〜4粒ほど種を播く。
  3. 上から5mmほど覆土する。
  4. 土全体が湿って色が変わるくらいまで水やりをする。

育苗箱に種まきをする場合

  1. 育苗箱に培養土を入れる。条間8cm程度空けるように、深さ1cmほどの溝を作る。
    育苗箱にナスの種を蒔いたイラストです。
  2. 溝に5mm間隔くらいで種を播く(条播き)。
  3. 上から5mmほど覆土し軽く手で抑える。
  4. 土全体が湿って色が変わるくらいまで水やりをする。

発芽適温は25℃〜30℃です。ポットの場合も、育苗箱の場合も適温となるように工夫をしましょう。播種から発芽まで、概ね5日〜7日程度かかります。

ナスの発芽を促すには?発芽に必要なことは「保温」

ナスの発芽を促すためにいちばん重要な要素は「保温」です。

ナスの育苗箱を保温するためにトンネルで覆ったイラストです。
「保温」のポイント

ナスの発芽適温は25℃〜30℃、育苗適温は15℃〜30℃です。

暖かい時期であれば自然に発芽しますが、栽培に合わせて2月から3月に種まき(播種)をする場合はなかなか発芽しづらいと思われます。そのような場合にはヒーター内蔵の発芽育苗器「菜・友・器」などを購入すると便利です。

セルトレイや育苗箱などに種まき(播種)をして、発芽育苗器にセットすることで最適な温度に保ってくれます。発芽もきれいに揃えることができます!

また、発芽育苗期の温度管理には、トンネルや苗キャップ(ホットキャップ)などを使用し、それでも温度が足りないときには農電マットを購入することをおすすめします。

スポンサーリンク

ナスの育苗方法

発芽したあとは「間引き」や「移植(鉢上げ)」などの作業を行い、苗を育てていきます(育苗)。

育苗期間の温度管理はおおむね、15℃〜30℃です。育苗の際には、栽培中の生育適温よりも少し高めを保ちます。日中は28℃〜30℃前後で管理します。夜間は15℃〜23℃前後で管理すると良いでしょう。

育苗においては、昼夜の温度変化を生長に合わせて広げていきます。苗を周りの環境(気温、湿度)に合わせていくイメージとなります(順化)。そのため、発芽から一週間が経過した頃から、少しずつ外気と同じ気温に合わせていくと良いでしょう。

また、水やりは発芽後2〜3日は乾燥に注意しながら頻繁に行い、少しずつ頻度や量を減らして培地表面が少し乾いているくらいの環境に慣れさせていきましょう。

苗の間引きと移植

ポットに種まきをした場合

  1. 一番目の本葉が出始めた頃に間引きをします。12cmポット(4号鉢)に2本程度の苗を残すようにしましょう。
  2. 二番目の本葉が出始めた頃にさらに間引きします。12cmポット(4号鉢)に1本の苗を残すようにしましょう。
  3. 4番目から5番目の本葉が出始めた頃にさらに大きなポットへ移植して育苗します。15cmのポット(5号鉢)を用意し培養土を敷き詰め、移植しましょう。

育苗箱に種まきをした場合

  1. 一番目の本葉が出始めた頃に間引きをします。苗の間隔が2cm程度、空くように間引きをしましょう。
  2. 二番目の本葉が出始めた頃にさらに間引きをします。15cm(5号鉢)ポットを用意し培養土を敷き詰め、1つのポットに対して1本の苗を移植します。
間引き・移植のポイント

間引き・移植をするときには極力、根を傷めないように気をつけましょう。間引きをするときに根を痛めてしまいそうであれば、間引きの対象となる苗をハサミなどで切ってしまっても大丈夫です。

また、移植をしたあとは必ず一度水やりをたっぷりしましょう。土がよく馴染み、根が張りやすくなります(活着が進む、根張りが良くなるなどとも言います)。

編集さん
編集さん

購入した苗も、小鉢(3号ポットくらい)に植わっていることが多いので、4号以上のポットに移植して育苗適期になるまで育てましょう。

育苗期間中の水やりと肥料

育苗期間中の水やりは必須です。ただし、水やりをしすぎると軟弱な苗となってしまい、その後の生育に影響が及びます。そのため、土の表面が乾いている、もしくは日照りが強くなりそうなときに朝1回、たっぷりと水やりをしましょう。昼に確認をして土の表面が乾いているようであれば追加で水やりをしても大丈夫です。

育苗期間中の施肥(肥料やり)は肥料入りの育苗培養土であれば必要ありません。もし肥料成分が含まれていない培養土を使用している場合には本葉6枚くらいのときから週1回程度、液体肥料を薄くかけると良いでしょう。また、本葉が黄色くなってきている場合には窒素成分が不足していると思われますので、同様に施肥すると良いでしょう。

ナスの水やりと施肥のポイント
  • 水やりはしっかりとする、ただしやり過ぎないようにしましょう。
  • 施肥はほんの少しで十分です。窒素成分が与えすぎると花や実が付きづらい苗になってしまうの注意しましょう。

種まきからは難しい、そのようなときには苗を購入しましょう

種まきの時期を過ぎてしまったり、病気に強い健康な苗を手軽に手に入れたい場合はホームセンターや園芸店で購入することをおすすめします。ホームセンターや園芸店には様々な品種の苗が取り揃えられていますので、どの品種を育てようかと楽しみながら選択すると良いと思います。

ホームセンターで販売されているナスの苗の様子です。

病気に強いナスの接木苗

ナスの接ぎ木苗の画像です。

ナスの苗には大きく「実生苗」と「接木苗」という種類があります。「実生苗」は種苗会社・種苗店が種子から育てた苗、「接木苗」は、種苗会社・種苗店が丈夫で病気に強い台木(根になる部分)に、優秀な品種の苗を接いだ(繋ぎ合わせるイメージ)ものです。では、「実生苗」と「接木苗」のどちらを選べば良いのか、それぞれの特徴を見てましょう。

苗の種類価格収穫量病気への強さ(耐病性)連作障害の起こりやすさ
実生苗安い少ない比較的強いあり
接木苗高い多い比較的弱いほぼ無し
「実生苗」と「接木苗」の特徴

上の表から初心者の方には、価格は少し高いですが病気に強く連作障害が起こりづらい「接木苗」をおすすめします。逆にナス栽培や育苗に慣れていて少しでもコストを抑えたいという方は「実生苗」で問題ないでしょう。

編集さん
編集さん

接木苗は自力でも作ることができます。台木と穂木をそれぞれ育苗し、適切なタイミングで接ぐことで接木苗となります。接木苗を作ることは、労力がかかること、接ぐのが難しい(技術や道具が必要)ことから、農家以外の方にはあまりおすすめできません。もちろん、挑戦してみるのはアリです!

ナスの苗の選び方

ホームセンターなどで苗を購入する場合、どのようなポイントに気をつけるべきでしょうか。良い苗を見極めるポイントは主に7点あります。

  1. 節と節の間が詰まっていてしっかりしている
  2. 茎が太く、緑色が濃い
  3. 葉が厚く、緑色が濃い
  4. 病害虫の被害に遭っていない(葉に穴などが空いていない)
  5. 一番花(苗の下の方に咲く一番目の花)が咲く直前、もしくは咲き始めている(一般的な家庭菜園で苗を購入する場合)
  6. 二葉が付いている
  7. 小さな苗は避ける
もし若苗しかなかったら・・・

上のポイントに当てはまる苗がない場合もあります。ホームセンターなどで販売されている苗は一番花が付いているものは少なく、それよりも若い苗(若苗)が販売されていることがほとんどです。

若苗は9cmポットに植えられていて本葉が5から6枚程度のものも多いです。その場合には若苗をそのまま植えつけ(定植)せずに、本葉が8枚程度になるまで育苗することをおすすめします(あくまでおすすめなので、若苗をそのまま植え付けても栽培はできます)。

若苗をそのまま植えつけてしまうと吸肥力が強くなり、樹ボケ(苗が強くなりすぎて茂りすぎてしまう)して花落ちや実の付きづらいナスになってしまいます。育苗の方法は「2. ナスの育苗方法」を参考にしてください。

いつまで育苗する?植えつけの時期

本葉7枚から8枚になったころが植えつけのタイミングです。その頃には一番花(初めて咲く花)が咲いていると思います。植え付けの方法など、栽培の流れは下記の記事を参考にしてください。

ナス栽培の記事一覧

珍しい白いナス!白ナスの基礎知識と栽培方法の基本
「ナスは紫色」というのが常識ですが、実は紫色以外のナスも実在します。その中でもひときわ目立つものとして、白いナス「白ナス」があります。白ナスは、その見た目の奇抜さだけではなく、熱を入れるとトロトロになる食感も人気の理由です。この記事では、通常のナスと白ナスの基礎知識、栽培方法のポイントについて解説します。
ベランダでも栽培できる!ナスのプランター栽培の基本
キュウリは、家庭菜園では、地植えの露地栽培が一般的な栽培方法ですが、実はベランダでも十分に栽培することができます。ベランダの場合は、手入れ作業も頻繁にしやすいため、地植え栽培に比べて気軽に栽培できます。この記事では、ナスの基礎知識やプランターで簡単に栽培する方法、重要事項、注意点などについて解説します。
簡単診断!ナスの肥料不足と肥料過多の見分け方と対処法
ナスは、肥料を贅沢吸収(いわゆる肥料食い)すると言われますが、肥料を与えれば与えるほど生長が良くなるというわけではありません。逆に、少なすぎると花や果実が着かないだけではなく、植物体自体が枯れてしまいます。この記事では、ナス栽培における肥料過多・肥料不足について、見分け方、考えられる原因と対処方法を解説します。
ナス栽培の肥料の基本とやり方
ナス栽培において、仕立て(整枝)、摘果などとともに重要となってくるのは施肥(元肥・追肥)です。施肥がしっかりと管理され、適切に行われると病害虫にも強くなり、綺麗で美味しいナスを収穫することができます。この記事では、ナス栽培に向いている肥料の種類や肥料のやり方、栽培方法別の肥料の違いなどをわかりやすく説明します。
ナス栽培における簡単、丈夫な支柱の立て方
ナスなど果菜類の栽培で重要になってくる要素として、「丈夫な支柱をしっかり立てられるか」があります。ナスは長期間栽培しますし、果実の重さもあることから、支柱を立てて植物をしっかり支える必要があります。この記事では、簡単で丈夫な支柱の立て方について解説します。
ナス(茄子)の育て方・栽培方法の基本
ナスは、家庭菜園の栽培作物としても、トマトやキュウリなどと並んで人気の作物です。露地栽培でも比較的簡単に育てられることから、畑やプランター、鉢植えなどで気軽に栽培に挑戦することができます。この記事では、ナスの基本知識や家庭菜園などで使える栽培方法の基本、重要事項、注意点について解説します。
ナス栽培のための土作り、畝立て、マルチ張り
ナスなど果菜類の栽培で重要になってくるのは畑の土作りです。ナスを丈夫に育て、たくさんの果実を収穫できるようにしっかりと土作りをしましょう。この記事では、ナス栽培における土作りからマルチ張り、畝立てまでの流れを紹介します。
これでわかる!ナスの植え付け(定植)の方法
ナスの植え付け(定植)の方法を詳しく説明します。ナスの植え付けはポイントを抑えておけば何も怖くありません。時期と準備、方法をしっかりと理解して苗を植え付けましょう。やってはいけない注意点も記載しています。
ナスの種まきと育苗の方法
ナスの種まき(播種)と育苗の方法について説明します。ナスは種子から育てることもできますし、ホームセンターで苗を購入することも可能です。種まきの方法は2つあり、それぞれの作業手順を記載しています。またホームセンターでの苗の選び方、そのあとの育苗の方法まで記載しています。
執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました