化学肥料・化成肥料

化成肥料の「8-8-8」とは

8-8-8化成肥料のパッケージ化学肥料・化成肥料

市販されている化成肥料のパッケージを見てみると「8-8-8」のように、数字が大きく記載されている場合があります。これらの数字は何を表しているのでしょうか?

この記事では、化成肥料の「8-8-8」の数字の意味や実際に含まれる各要素の含有量などについて解説します。

スポンサーリンク

「8-8-8」の数字の意味

化成肥料のパッケージなどに記載されている「8-8-8」の数字は、それぞれ窒素(N)、リン酸(P)、カリウム(K)の含有保証成分の割合(保証成分量)を示しています。

「8-8-8」の場合は、その肥料の正味重量に対して、窒素(N)が8%、リン酸(P)が8%、カリウム(K)が8%、それぞれ含まれているということになります。ここで一点注意が必要な点として、「kg(キログラム)」ではなく、「%(パーセント)」で表記されるということを覚えておきましょう。

実際の窒素、リン酸、カリウムの含有重量を知りたい場合にはどのように計算すればよいでしょうか?

例えば、「N-P-K:8-8-8」の肥料10kgを畑に散布するとします。その場合、以下の計算式で各要素の含有量を計算できます。

「8-8-8」化成肥料10kgの各要素の含有量計算方法

10kg×0.08(8%)=0.8kg

よって、「N-P-K:8-8-8」の肥料10kgを畑に散布すると、窒素・リン酸・カリウムそれぞれを0.8kgずつ補給したことになります。

パッケージや保証表に記載されている保証成分量について

パッケージや保証票に記載されている保証成分量は、あくまで含有される成分の最低量を示しています(15 肥料取締法について – 農林水産省)。よって、それ以上の成分が含まれる場合もあります。しかし、基本的には大きな誤差はないためそこまで厳密に考える必要はなく、施肥・栽培の計画などに用いて良いでしょう。

プロ農家など、精緻な栽培を目指す方は、保管している肥料の種類によっては都度分析を行って実際の成分量を確認する必要があります。

スポンサーリンク

そもそも化成肥料とは?

化成肥料は、化学肥料に含まれるものということがわかりましたが、それでは具体的にはどのようなものを化成肥料と呼ぶのでしょうか。

主要な三大栄養素とされる窒素・りん酸・カリウム(加里)のうち2つ以上を含むものを「複合肥料」と呼びます。「化成肥料」は、その「複合肥料」に含まれるものを言います

定義としては、「数種類の肥料に何らかの化学的工程を加えて製造された肥料」が化成肥料です。化成肥料は粒状や固形(ペレット、ブリケット)になっているものが多いです。

なぜ「8-8-8」の配合なのか

それではなぜ、「8-8-8」という配合の化成肥料があるのでしょうか?主に、以下の特徴から、「8-8-8」の肥料が使われています。

  • 窒素、リン酸、カリウムをバランス良く配合しているため、野菜や花など幅広い種類の作物に施用しやすいです。
  • 各要素の含有量が少ないため、濃度障害なども起きにくく、初心者でも扱いやすいです。
  • 14-14-14」などの高度化成肥料と比較した場合、各要素の含有量が少ないため、手で撒いたりしたときの多少の斑などは気にしなくても問題にならない。

生産するためのコストや作業時間を削減し、効率化したいと考える農家にとっては、「14-14-14」のような高度化成肥料は必要不可欠です。

「8-8-8」の化成肥料のデメリット

但し、「8-8-8」のような普通化成肥料を使う場合には、以下のようなデメリットも必要です。

  • 「14-14-14」などの高度化成肥料と比較して、コストが高くなります。例えば、畑に窒素、リン酸、カリウムをそれぞれ1.4kg補給したい場合、「14-14-14」の肥料の場合は10kgで済みますが、「7-7-7」の肥料の場合は20kg必要となります。
編集さん
編集さん

初心者の方は、「7-7-7」や「8-8-8」などの普通化成肥料を使いましょう。

「8-8-8」の化成肥料の使い方

「8-8-8」の化成肥料は、最も一般的な化成肥料と言っても過言ではありません。窒素、リン酸、カリウムがバランス良く含まれているため、適用できる作物の範囲を広いです。また、成分量が少ないため、安心して使用することができます。

化成肥料8-8-8 5kg
ガーデニングどっとコム
¥ 920(2023/01/26 09:14時点)

例えば、こちらの化成肥料の場合は、下記の栽培方法に対して、施肥がしやすいそうです。元肥追肥どちらもで使用することができます。

  • 菜園
  • 花壇
  • コンテナ
  • プランター、鉢

元肥、追肥時の施用量など詳しい使い方は、各肥料のパッケージやパンフレット記載の方法に従うと良いでしょう。

「8-8-8」と「14-14-14」の違い

よく見かける成分量として、「14-14-14」の化成肥料もあるのではないでしょうか?

「8-8-8」と「14-14-14」の化成肥料の違いは、単純に窒素(N)、リン酸(P)、カリウム(K)の保証成分量の違いです。「8-8-8」は、「14-14-14」の約半分程度の含有量ということが言えます。

要素
(肥料正味量10kg)
「8−8−8」
の化成肥料
「14−14−14」
の化成肥料
窒素(N)0.8kg1.4kg
リン酸(P)0.8kg1.4kg
カリウム(K)0.8kg1.4kg
「8-8-8」と「14-14-14」の化成肥料の含有量の違い(10kgの肥料の場合)

「8-8-8」の肥料を使うか、「14-14-14」の肥料と使うかは、散布する範囲(面積)や育てる作物、熟練度などによって、異なります。また、形状や材質によっても、肥料と使い分けたほうが良いです。

家庭菜園など初心者は「8-8-8」を使うほうが無難でしょう。各肥料メーカーは、野菜や花など幅広く施用できる肥料として「8-8-8」の化成肥料を多く販売しています。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました