EMを使って生ゴミもぼかし肥料へ!EMぼかし肥料の概要と作り方

有機肥料
有機肥料知りたい種類肥料
スポンサーリンク

近年では、有機栽培が見直され注目を集めています。有機栽培では有機肥料(有機質肥料)を使用して栽培しますが、有機肥料有機質肥料)は緩効性肥料、遅効性肥料と呼ばれ、肥効(肥料の効果)が出るのが遅いというデメリットがあります。そのデメリットを補うために使用される肥料として、有機質を発酵させ速効性を備えた「ぼかし肥料」があります。

この記事ではEMを使った「EMぼかし肥料」の概要と特徴、「EMぼかし肥料」の作り方、使い方を解説します。

ぼかし肥料とは

ぼかし肥料とは、油かすや米ぬかなど複数の有機質資材を配合させたものに籾殻や土を加えて発酵させた肥料のことを指します。有機質を土などで肥料分を薄めて肥効を「ぼかす」ことから、ぼかし肥料という名前がついたと言われています。

ぼかし肥料は、昔の農家では自分たちで独自で作っていましたが、化学肥料が発明されて窒素リン酸、カリウム(加里)などの養分が手軽に補えるようになったことから、製造、使用されることも少なくなりました。しかし、近年は可能な限り化学肥料を使わない栽培方法(特別栽培や有機栽培)が人気となり、再び「ぼかし肥料」に注目が集まっています。

ぼかし肥料は発酵させることにより、有機肥料(有機質肥料)に比べて植物が吸収することができるアンモニア態窒素、硝酸態窒素に無機化されるため、施してからすぐに肥料が効き始める速効性が備わっています。緩効性、遅効性という有機肥料の特長に、速効性を併せ持つことによって、より使い方の幅が広がる肥料となっています。

ぼかし肥料は、自分で作ることも販売されているものを購入することもできます。正直、良質なぼかし肥料を作るのは結構難しく手間のかかる作業なので、家庭菜園や園芸などで有機栽培に挑戦されたいという方は購入されることをおすすめします。

EMぼかし肥料とは

EMぼかし肥料とは、米ぬかや油かす、魚かすなどの有機物資材にEMを混ぜて発酵させた肥料のことを指します。そもそもEMとは、Effective Microorganisms(有用微生物郡)のことを指し、特殊な一つの菌ということではありません。EMは、乳酸菌や酵母、光合成細菌など、私たちの日常のどこにでもいる人間にとって良い働きをしている微生物の集まりのことを指します。

EMぼかし肥料は、有機物資材にEMを混ぜて「密閉状態」を保ちながら発酵させます。密閉状態で発酵させることを嫌気性発酵とも呼びます。嫌気性で発酵させることがEMぼかし肥料と他のぼかし肥料との大きな違いです。

EMぼかし肥料の成分比は主原料の配合によって異なりますが、N-P-K=5-3-2くらいのものが多いです。EMぼかし肥料は自分で作ることもできますが、信頼のできるショップから購入することもできます。

EMぼかし肥料のメリット

EMぼかし肥料の最大のメリットは、EMを増殖させたぼかしを土に混ぜ込むことで、EMがその土壌に定着してくれることです。普通のぼかし肥料とは違い、EMぼかし肥料はEMで発酵させるため、有機物資材の分解が進むだけではなくEMも増殖し、その密度を高めてくれます。

EMぼかし肥料のメリットは、大きく3つあります。

  1. EMぼかし肥料の製造過程でEMが増殖し、その密度を高めることができ、土に混ぜ込むとその土壌にEMが定着しやすい。
  2. EMぼかし肥料を土に混ぜ込むことで、EMを増殖させるための基質も土に定着するため、土壌に混ぜ込まれたあとでもEMが繁殖する。
  3. EMぼかし肥料はEMによって有機物資材が分解され、植物体に取り込まれやすい無機質窒素(アンモニア態窒素や硝酸態窒素)が生成されているため速効性が備わっている。

また、EMを籾殻と一緒に生ゴミや残渣に混ぜ込んだり、EMぼかし肥料を生ゴミや残渣(植物の手入れで出てきたゴミ)と混ぜることで、生ゴミなども一緒に分解されて、そのまま肥料として使うことができます。

EMぼかし肥料の作り方

先述したとおり、EMぼかし肥料は米ぬかなどの有機物資材を原料に作る方法と生ゴミなどを原料に作る方法などがあります。今回は代表的な例を紹介します。

  • EMボカシⅠ型:米ぬかにEMを混ぜて発酵させたもの
  • EMボカシⅡ型:米ぬかや油かす、魚かすなどとEMを混ぜて発酵させたもの
  • EM生ごみ堆肥:EMぼかしⅠ型を使って生ごみを堆肥化したもの

米ぬかを原料としたEMぼかし肥料

主に米ぬかのみを原料としたEMぼかし肥料を、EMボカシⅠ型(EMぼかし1型、低栄養土壌改良型)と呼びます。EMボカシⅠ型の原材料と作り方は、下記の通りです。

EMボカシⅠ型の主原料
材料使用割合(米ぬかを100%としたとき)
米ぬか100%100kg
籾殻5%〜10%5〜10kg

籾殻がないときは米ぬかだけでも作ることができます。

EMボカシⅠ型用のEM・糖蜜混合割合

EMボカシⅠ型用のEM・糖蜜混合希釈液を作るときには、「主原料100kgに約25〜30LのEM・糖蜜混合希釈液が必要」ということが前提です。主原料がそれよりも少ない場合は、その割合に応じてEM・糖蜜混合希釈液を減らしてください(多い場合は増やしてください)。また、水は水道水を使用するときには塩素を抜くために24時間程度、汲み置きしてください。

また、「EMスーパーセラ・発酵C」を0.1~1%加えると良質なEMぼかしが出来ます。

材料使用割合(水を100%にしたとき)
100%30L
EM・15%1.5L
糖蜜5%1.5L
EMボカシⅠ型の作り方
  1. 糖蜜を水に溶かします。
    糖蜜を溶かす場合には、水では溶けにくいのでお湯で溶かすと良いでしょう。私は1.5Lの糖蜜を溶かすときに2L〜3Lくらいのお湯で溶かしました。このお湯の量も、上で説明したEM・糖蜜混合希釈液を作る際の「水」の量に含めてください。
  2. EM・糖蜜混合希釈液を作ります。
    溶かした糖蜜に水、EM・1を上で説明した割合で投入し、EM・糖蜜混合希釈液を作ります。
  3. EM・糖蜜混合希釈液と米ぬか(+籾殻)と混ぜ合わせます。
    1. まず最初に米ぬか(+籾殻)をビニールシートなどの上に広げます。
    2. その上からEM・糖蜜混合希釈液をジョウロなどで加えながら、水分が均等になるように混ぜ合わせます。
    3. 水分量は混ぜ合わせながら加減をします。目安は混ぜ合わせた材料を強く握るとだんご状になり、軽い力で崩れるくらいが良いです。
  4. 混ぜ合わせた米ぬかを厚手のビニール袋や発泡スチロールの箱などの容器に入れ、口をしっかりと閉め、密閉状態にします。EMは嫌気性発酵をするため必ず空気に触れないように密閉してください。量が少ない場合はジップロックなどで作られる方もいるようです。
  5. 密閉したものは直射日光の当たらない25℃〜35℃くらいの場所に保管します。
    平均気温の積算温度(作った日から日平均の気温を足し算した数値)が600℃以上(平均気温を20℃と考えると30日前後)になると、発酵期間終了の目安です。一般的にEMの発酵期間は長ければ長いほどよいと言われています。
  6. EMぼかし肥料完成の判定基準としては下記2点があります。腐敗臭がした場合や青カビで埋め尽くされてしまった場合は密閉度が悪かったりして失敗した可能性があるので土壌に埋め戻すか、一部を使って再度発酵させましょう。
    1. pH(酸性度)が5以下
    2. 甘酸っぱい臭い
  7. 保管は密閉したそのままの状態を保ち続けます(一度でも開けてしまうと空気に触れてしまうため保管が難しくなります)。
    1日の温度変化が少ない暗いところで保管してください。

ぼかし肥料に白カビや青カビ、黒カビなど様々なカビが生えることがあります。「カビが生えてしまったから、このぼかし肥料は使えない」と思いがちですが、そのようなことはありません。白カビは好気性菌といって無害なカビや放線菌であることがほとんどなので全く問題ありません。青カビや黒カビは、水分を含ませすぎたり、密閉度が悪く外から空気や水が触れてしまったりすると繁殖しやすいです。これらの菌は大量に発生していなければ問題ありませんが、覆い尽くされている場合には失敗となりますので、カビが生えているところを除いて、再度発酵に挑戦してみるのも一つです。

一番大事なのは発酵が進んでいるかどうかで、その判断基準はやはり匂いということになります。

米ぬかに加えて油かすや魚かす原料としたEMぼかし肥料

米ぬかに加えて油かすや魚かすを原料としたEMぼかし肥料を、EMボカシⅡ型(EMぼかし2型、高栄養養分供給型)と呼びます。EMボカシⅡ型の原材料と作り方は、下記の通りです。

EMボカシⅡ型の主原料
材料使用割合(米ぬかを100%としたとき)
米ぬか100%60kg
油かす30〜35%20kg
魚かす30〜35%20kg

上記の他に、稲わら、オカラ、ビ-ルカス、粉炭、ゼオライトカニ殻などが使用できます。雑菌の繁殖していない新鮮な有機物であれば、材料は何でもかまいません。

EMボカシⅡ型用のEM・糖蜜混合割合

EMボカシⅡ型用のEM・糖蜜混合希釈液を作るときには、「主原料100kgに約25〜30LのEM・糖蜜混合希釈液が必要」ということが前提です。主原料がそれよりも少ない(多い)場合は、その割合に応じてEM・糖蜜混合希釈液を減らして(増やして)ください。また、水は水道水を使用するときには塩素を抜くために24時間程度、汲み置きしてください。EMボカシⅡ型は、主原料の魚かす、油かすが増えることによって水分量が少ないため、EM・糖蜜混合希釈液を多めに用意すると良いでしょう。

また、「EMスーパーセラ・発酵C」を0.1~1%加えると良質なEMぼかしが出来ます。

材料使用割合(水を100%にしたとき)
100%30L
EM・15%1.5L
糖蜜5%1.5L
EMボカシⅡ型の作り方
  1. 糖蜜を水に溶かします。
    糖蜜を溶かす場合には、水では溶けにくいのでお湯で溶かすと良いでしょう。私は1.5Lの糖蜜を溶かすときに2L〜3Lくらいのお湯で溶かしました。このお湯の量も、上で説明したEM・糖蜜混合希釈液を作る際の「水」の量に含めてください。
  2. EM・糖蜜混合希釈液を作ります。
    溶かした糖蜜に水、EM・1を上で説明した割合で投入し、EM・糖蜜混合希釈液を作ります。
  3. EM・糖蜜混合希釈液と米ぬか、油かす、魚かすと混ぜ合わせます。
    1. まず最初に米ぬかと油かす、魚かすをビニールシートなどの上に広げよく混ぜます。
    2. その上からEM・糖蜜混合希釈液をジョウロなどで加えながら、水分が均等になるように混ぜ合わせます。
    3. 水分量は混ぜ合わせながら加減をします。目安は混ぜ合わせた材料を強く握るとだんご状になり、軽い力で崩れるくらいが良いです。
  4. 混ぜ合わせたものを厚手のビニール袋や発泡スチロールの箱などの容器に入れ、口をしっかりと閉め、密閉状態にします。EMは嫌気性発酵をするため必ず空気に触れないように密閉してください。量が少ない場合はジップロックなどで作られる方もいるようです。
  5. 密閉したものは直射日光の当たらない25℃〜35℃くらいの場所に保管します。
    平均気温の積算温度(作った日から日平均の気温を足し算した数値)が600℃以上(平均気温を20℃と考えると30日前後)になると、発酵期間終了の目安です。一般的にEMの発酵期間は長ければ長いほどよいと言われています。
  6. EMぼかし肥料完成の判定基準としては下記2点があります。腐敗臭がした場合や青カビで埋め尽くされてしまった場合は密閉度が悪かったりして失敗した可能性があるので土壌に埋め戻すか、一部を使って再度発酵させましょう。
    1. pH(酸性度)が5以下
    2. 甘酸っぱい臭い
  7. 保管は密閉したそのままの状態を保ち続けます(一度でも開けてしまうと空気に触れてしまうため保管が難しくなります)。
    1日の温度変化が少ない暗いところで保管してください。

ぼかし肥料に白カビや青カビ、黒カビなど様々なカビが生えることがあります。「カビが生えてしまったから、このぼかし肥料は使えない」と思いがちですが、そのようなことはありません。白カビは好気性菌といって無害なカビや放線菌であることがほとんどなので全く問題ありません。青カビや黒カビは、水分を含ませすぎたり、密閉度が悪く外から空気や水が触れてしまったりすると繁殖しやすいです。これらの菌は大量に発生していなければ問題ありませんが、覆い尽くされている場合には失敗となりますので、カビが生えているところを除いて、再度発酵に挑戦してみるのも一つです。

一番大事なのは発酵が進んでいるかどうかで、その判断基準はやはり匂いということになります。

生ごみから作るEM生ごみ堆肥

生ごみや収穫や手入れ時に出た残渣などを細かく切り、EMぼかし肥料を加えて発酵させるとEM生ごみ堆肥と呼びます。EM生ごみ堆肥は、すでにEMの増殖、有機物の分解が進んでいるEMぼかし肥料を使うことによって、分解が進みやすく土に馴染みやすい堆肥となります。農家だけはなく、家庭菜園などにも使用できます。含有されている養分はEMぼかし肥料並みです。EMぼかし肥料から作るのは大変という方には、生ゴミ用のEMぼかし肥料が販売されているので検討してみてください。

EM生ごみ堆肥の主原料
材料
生ごみ100g
EMボカシⅠ型2g

また、主原料の他に生ごみ処理用のバケツと新聞紙を用意してください。普通のペールバケツなどは密閉度が低くなったり、バケツの下側に蛇口がないので発酵しているときに生成される発酵液が取り出しづらいなどのデメリットがありますので、生ごみ処理用のバケツを用意することをおすすめします。

送料無料 EMサポートR15(内容量15L)
ほんだ農場楽天市場店
EM生ごみ堆肥の作り方
  1. 最初はバケツの目皿の上に、新聞紙を1枚程度底が見えなくなるように敷いて、そこにEMボカシを軽く一摘み程度撒きます。
  2. 生ごみとEMぼかしⅠ型を入れます。EMぼかしⅠ型の使用量の目安は生ごみ100gに対して約2gです。
    生ごみが出たら放置せずに水分を十分に切って、バケツに入れEMぼかし肥料と混ぜ合わせましょう。バケツに入れる前に天日干しするのは有効です。大きいものは切って細かくしてください。また、水分が切れない生ごみ(残飯など)や、ペットの糞尿、タバコの吸殻などは入れないでください。魚や果物などは可能な限り水気を切った上で、EMぼかし肥料を多めに投入して混ぜ合わせてください。
    混ぜ合わせるときにはしゃもじやヘラなどがあると便利です。
  3. 投入した生ごみとEMぼかしⅠ型を軽く混ぜ終えたら、上から少しヘラなどで押し込んで空気を抜きます。空気を抜いたら、バケツの蓋を閉めて密閉状態にします。バケツの蓋を閉める前に中蓋として、サランラップを使うのも効果的です。
  4. EM生ごみ堆肥の発酵液を取り出します。
    発酵液は底にたまってきますので、都度取り出してください。発酵液は液体肥料液肥)として使用することができます。水で500倍〜1000倍ほどに希釈して追肥として使用すると良いでしょう。
  5. 2〜4の作業をバケツ8分目になるまで繰り返します。
  6. バケツ8分目になったら、そのまま密封して1週間(冬は2週間)ほど発酵させます。そのあと蓋を開けて、腐敗臭など不快な臭いが発生していなければ完成です(私がやったときには、ぬか漬のような匂いがしました)。
    ぼかし肥料と同様に白カビは無害なので気にしなくて大丈夫です。

堆肥は、プランター栽培でも使用できます。プランターで使用するときには、下記のように施用すると良いです。

  1. 底に鹿沼土もしくは赤玉土を2cm〜3cm程度入れる
  2. その上に腐葉土などの用土を1cm程度かぶせる
  3. その上に堆肥を2cm〜3cm程度入れる
  4. その上に土を2cm〜3cm程度かぶせ、堆肥とよく混ぜながら均す

EMぼかし肥料の使い方

EMぼかし肥料は、元肥追肥として使用することできます。ただし、ぼかし肥料は速効性を兼ね備えているとともに窒素も多く含まれているため、使い方には注意が必要です。効かせすぎると病害虫による被害を受けやすくなったりします。私の印象ですが、速効性があるので、追肥として使用するほうが栽培しやすいかもしれません。元肥として使用して定植後に樹勢が強くなりすぎてしまう方を多く見てきました。

また、EMぼかし肥料を使うときは施用する前に一度、2〜3日程度天日干しすると乾燥し、散布しやすいです。

元肥としてEMぼかし肥料を使う場合

畑に元肥として施肥する場合、他の肥料を施用するときと同様のやり方で施肥します。以下に、やり方の手順例を説明します。使用するEMぼかし肥料の成分含有量によって量は異なりますので注意してください。

  1. 10㎡当たり3kg程度、土壌に散布する。
  2. 土壌の表層(10cm〜20cm程度)を耕し、EMぼかし肥料と土を混ぜ合わせる。
  3. 土に散水をし、水を含ませる。
  4. 2週間程度おいてから、播種、定植を行う。

元肥の場合、施肥から定植までの間を2週間以上空けることがポイントです。完成したばかりのEMボカシ肥料は発酵力が強く、作物の根に障害を与えてしまうことがあるためです。ただし、EMぼかし肥料を密閉容器内で半年ほど熟成させると、障害を与えにくくなり育苗や元肥としても使いやすくなります。熟成によって、アミノ酸成分が増え、肥効も緩やかになるのでEMぼかし肥料を作ったときには、熟成させるものとすぐに使うものを分けておくと良いでしょう。

また、水稲の栽培(コシヒカリなど)にも使用できます。水田を耕起するときにEMぼかし肥料を施用することで土壌の肥沃さを高めるやり方があります。特に水稲の有機栽培をされている方がEMぼかし肥料を使われている印象があります。

プランターでの使い方は先述したやり方を参考にしてください。

追肥としてEMぼかし肥料を使う場合

追肥として使用する場合は、1ヶ月に1回程度、土壌に散布します。散布量は、樹勢やEMぼかし肥料の成分含有量によって調整しましょう。

水稲栽培の追肥にもEMぼかし肥料は使えます。春の田植え直後などの時期に、水田に散布するようです。

ぼかし肥料全般の使い方については、下記の記事にて簡単に紹介していますのでぜひ参考にしてください。

EMぼかし肥料の販売と購入

さて、EMぼかし肥料の作り方について紹介してきましたが、作ることもなかなか大変だという感想を持った方も多いのではないでしょうか。特に家庭菜園でちょっと使いたいなど、そのようなときには購入したほうが楽で確実にEMぼかし肥料の効果を得られます。EMぼかし肥料の販売と購入についてまとめました。

EMぼかし肥料の販売

そもそも、ぼかし肥料は販売しても良いのでしょうか?答えは「届け出を行えばOK」です。ぼかし肥料、堆肥、有機肥料は、肥料取締法によって特殊肥料に位置づけられます。特殊肥料は、都道府県知事に届け出を行うことによってのみ、生産、輸入ができると肥料取締法で定められています。そのため、販売をするためには届け出が必要です。

ただし、自家生産・自家消費は肥料取締法の規制外となりますので問題ありません。なので、自分で作って自分で使うこと自体には何も問題ありませんが、むやみにメルカリなどのフリマアプリやサイトで販売したりすることはやめましょう。

EMぼかし肥料の購入

EMぼかし肥料や原材料は、通信販売での購入をおすすめします。ホームセンターなどでも販売されていますが、すべての材料を揃えたり、自分の希望に合ったEMぼかし肥料を見つけることは、時間と労力がかかります。自らそのぼかし肥料を使って栽培をしている信頼のできるショップも多いです。下記にEMぼかし肥料のおすすめの商品と原材料を紹介します。

EMぼかし肥料のおすすめ商品一覧

EMぼかし肥料のおすすめの原料一覧

お得なセット商品
この記事を書いた人
農家web編集部

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。
皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web