野菜くずを肥料として再利用する方法のすべて

野菜くずを肥料として活用する方法を記載した記事のバナーです。有機肥料
有機肥料知りたい種類肥料

皆さん、料理をするときに出る「野菜くず」はどうしていますか?野菜くずとは、玉ねぎの皮やキャベツの芯など通常、食用として調理せずに生ゴミとして捨てられるようなものを指します。家庭ごみの約4割は、野菜くずを含む生ゴミと言われています。

しかし、野菜くずをそのまま捨てるのはとてももったいないですし、何より地球環境のことを考えると再活用する方法を考えたいものです。野菜くずの活用方法としては、主に2つあります。

  1. 野菜くずを煮込んで、出汁を取る
  2. 堆肥・肥料として活用する

この記事では、野菜くずを堆肥・肥料として活用する方法について、概要と作り方、使い方について幅広く解説します。

スポンサーリンク

そもそも野菜くずは肥料として活用できるのか?

結論から話すと、肥料として活用できます。野菜くずなど有機質のものは、土作りのための堆肥や肥料として使うことができます。

但し、土にそのまま施用しても効果が現れるまでに時間がかかります。それは、有機物に含まれる栄養素を植物が吸収できるようになるまでの過程として、微生物による「分解」が必要だからです。

有機物は、土壌の微生物による分解を経て無機化されることによって植物に吸収されます。そのため、そのまま施用する場合は、かなりゆっくりと肥効が現れるようになります(遅効性)。

堆肥は、有機物を発酵させたものですが、微生物によって分解がある程度進んでいるため、比較的早く肥効が現れます。ぼかし肥料というものもありますが、これは発酵・熟成をさらに進めることによって速効性の肥料としての役割を果たします。

これらの前提知識を持った上で、野菜くずを肥料として活用する方法を考えていきましょう。

スポンサーリンク

野菜くずにはどのような栄養素が含まれているのか?

野菜くずの画像です。

野菜くずにはどのような栄養素が含まれているのでしょうか?下記に一部の食材の栄養素を挙げてみました。

品名含水率
(%)
C
炭素
(%)
N
窒素
(%)
P
リン酸
(%)
K
カリウム
(%)
Ca
カルシウム
(%)
Mg
マグネシウム
(%)
Na
ナトリウム
(%)
にんじん90.140.71.360.242.70.270.0950.23
キャベツ92.736.83.830.372.70.590.190.068
バナナの皮90.941.81.320.226.60.200.280.17
リンゴ84.943.30.210.0660.730.0200.0200.00
グレープフルーツの皮76.542.51.250.0961.61.10.0800.12
鶏肉の骨55.737.97.125.10.245.70.100.22
卵殻(卵の殻)97.30.750.0870.13360.330.26
米飯6042.91.170.0850.0730.00750.0180.0025
茶殻84.252.44.420.310.420.540.140.11
標準生ゴミの組成78.039.33.731.161.054.440.110.38
生ゴミの成分組成計算例 – 各種バイオマス成分のデータベース整備, 中村, 柚山, 農工研技法203 57〜80, 2005.

ニンジンやキャベツなど野菜くずになり得るものに関しては、どれもバランス良く栄養素が含まれていることがわかります。特にキャベツは窒素分を多く含んでいると言えるでしょう。

また、標準生ゴミは一般的に野菜くずなどから構成されますが、その組成を見てもバランス良く栄養素が含まれていることがわかります。

但し、野菜くずや生ゴミは水分含有率も高いということに注意してください。水分が多い場合、微生物の活動に適正な水分管理が難しく、堆肥やぼかし肥料を作るときに失敗するリスクが高まります。そのため、堆肥化や肥料として使用する場合には可能な限り、水分を切ることが大事であると言えます。

スポンサーリンク

野菜くずなど肥料として活用できる生ゴミの種類

生ゴミ堆肥・肥料を作るときに使用できる生ゴミと使用しないほうが良い生ゴミがあります。これはモノによって、微生物による分解のしやすさなどが異なるからです。簡単にまとめると、下記のような判別になります。

  • (過去に)食べ物ではないものは使用しない
  • 硬いものはなるべく使用しない
  • 水分、油分、塩分が多いものはなるべく使用しない

下記に使用できる生ゴミ、使用しないほうが良い生ゴミの例を挙げますので、堆肥・肥料づくりの参考にしてください。

使用できる生ゴミ使用しないほうが良い生ゴミ使用してはいけないゴミ
・ごはん
・野菜、果物の切れ端など
・卵の殻
・魚、肉類(骨以外、但し煮魚や焼き魚の骨など細かく分解できるものはOK)
・小麦粉(パン、麺類)
・茶葉
・コーヒーの出がらし(コーヒーかす
・栽培のときに発生した残渣物(但し、病気などに侵されていないもの)
・硬い野菜、果物の皮
・生米
・魚、肉類の骨
・塩分の多いもの(一度水に漬け込んで塩分を落とし、水分をしっかり切ればOK)
・水分の多いもの(水分をしっかり切ればOK)
・お弁当の残り物など調理済みで塩分、油分が多いもの
・タケノコの皮
・割り箸、爪楊枝
・腐った生ゴミ
・果物や野菜の硬くて大きい種(梅干し、桃など)
・ビニールなどプラスチック類が含まれるもの
・金属類
・ティーパックの紙袋など紙類
・タバコの吸殻
・輪ゴムなどのゴム類
・病気に侵された草花や残渣物

野菜くずを肥料として活用するときのコツ

野菜くずを含む、生ゴミを肥料として活用するためにはいくつかコツがあります。これは、そのまま施用する場合も堆肥・ぼかし肥料にして施用する場合も同様です。これらのコツを押さえたうえで、取り組んでみましょう。

異物や分解しにくいものを投入しない

生ゴミ堆肥・ぼかし肥料は、微生物によって分解されることで完成します。そのため、微生物の分解に影響のあるものを投入するのはやめましょう。

大きなものは小さく切ってから投入する

大きなものでも時間をかければ微生物は分解できます。しかし、大きければ大きいほど分解には時間がかかります。生ゴミを小さく切って投入することで、分解のスピードを上げてやることができます。

大体、1cm〜2cm角くらいの大きさになっているととても分解しやすいです。やれる範囲でやってみましょう。

水分はしっかりと切ってから投入する

堆肥・ぼかし肥料を作るにあたって最も重要な要素の一つに「水分」があります。微生物は水分がなければ分解を進めることはできませんが、逆に多すぎると腐敗を進めてしまうことになります。

水分はしっかりと切ってから投入し、水分は状況を見ながら加水することで調整するのがベストです。

腐ったものは投入しない

腐ったものは、腐敗や臭い(臭気)の原因となりますので使用しないほうが良いでしょう。どの作り方にも共通して言えますが、生ゴミは出たらそのときに処理するが基本です。

野菜くずを使った肥料の作り方・使い方

野菜くずを肥料として使うときには、主に下記の3つの方法があります。

  • そのまま土壌に混ぜ込んで使う
  • 堆肥にして使う
  • ぼかし肥料にして使う

各作り方・使い方の手間と難易度

方法によって、手間と難易度は大きく異なります。各作り方・使い方の手間と難易度について、私なりにまとめましたので、取り組むときの参考にしてください。最も手間のかからないやり方は、そのまま土壌に混ぜ込んで使うことです。

作り方・使い方そのまま土壌に混ぜ込んで使う堆肥にして使うぼかし肥料にして使う
コスト
(何も必要ない)

(コンポスターなどが必要な場合がある)

(密閉容器などが必要となる)
難易度
(発酵・堆肥化のために微生物の活動環境を整える必要がある)

(発酵・熟成のために微生物の活動環境を整える必要がある)
メリット手元に何もなくても始められる堆肥化することで良質な土壌改良資材になる熟成させ、ぼかし肥料にすることで速効性を兼ね備えた有機肥料ができる
デメリット野菜くずが分解されるまでに時間がかかるので、土作りはかなり早めに行う必要がある。作り方によっては、コンポスターなどのコンポスト容器が必要だったり、切り返しの作業が必要だったりする。密閉容器が必要だったり、微生物の活動環境の整備が難しかったりする。

そのまま土壌に混ぜ込んで使う

野菜くずなど生ゴミをそのまま肥料として使うこともできるようです。庭や畑に溝を掘り、そこに生ゴミを投入してその上から植物を植え付けする方法です。

下記の記事に生ゴミをそのまま肥料として使う場合の一例を解説していますので、参考にしてください。

堆肥にして使う

野菜くずなど生ゴミを微生物の力を使って、発酵、分解することで堆肥化することができます。

気温や生ゴミの量、方法などによりますが堆肥として使用できるまでには、夏場で約1ヶ月、冬場で約3ヶ月ほどかかります。但し、生ゴミ堆肥を作る場合は、日々生ゴミを投入していくため、分解途中の可能性が高いです。

そのため、完熟堆肥にするためには、熟成という工程が必要となります。熟成は、出来上がった生ゴミ堆肥と土を3:7の割合で混ぜ合わせ、袋の中に入れたりビニールシートで覆ったりして保管しながら行います。このとき、未分解の生ゴミについては取り除いて、引き続き堆肥化の処理を行ってください。

全体的な流れとかかる期間を記載しますので、目安としてください。

  • 夏場:生ゴミを投入、堆肥化(1〜2週間)→熟成(約1ヶ月)→堆肥として使用
  • 冬場:生ゴミを投入、堆肥化(3〜4週間)→熟成(約2〜3ヶ月)→堆肥として使用

堆肥にするときには、コンポスター(コンポスト容器)を使用する方法から身近なダンボール、牛乳パック、プランターを使用する方法まで様々な方法があります。コストや作りやすさ、使用できるスペースなどに合わせて、適した方法を選択しましょう。

一例としてダンボール箱を使った生ゴミ堆肥の作り方を掲載します。

ダンボール箱を使って生ゴミ堆肥を作る手順
  • 手順1
    ダンボール箱を用意する。

    宅配便用のダンボール箱など、比較的しっかりとした作りのダンボール箱のほうが安心です。大きさは120サイズ(四方約40cm程度)のものがおすすめです。

    ふたをするために、もう一つ同じ大きさのダンボール箱も用意しておいてください。

    また、通気性を良くするため、土台を作りダンボール箱の底を浮かせるようにしてください。例えば、園芸用の籠やコンテナなどを逆さまに置き、その上にダンボール箱を置くなど、工夫をしてください。

  • 手順2
    床をつくる。
    ダンボールを使った生ゴミコンポストの作り方を示したイラストです。まず最初に米ぬかと腐葉土をよく混ぜて発酵状態にします。

    まず、発酵させるための床を作ります(ぬか床と一緒です)。

    腐葉土を用意し、ダンボール箱の1/2の高さまで入れます。ここに米ぬかを腐葉土の1/4程度入れて、よく混ぜ合わせます。その後、発酵が始まるまで数日(早ければ1日)、放置します。

  • 手順3
    生ゴミを投入する。
    ダンボールを使った生ゴミコンポストの作り方を示したイラストです。生ゴミと米ぬかを混ぜ合わせて投入し、よく混ぜます。

    床の温度が40℃〜50℃になったら、生ゴミの投入を開始します。生ゴミを投入するときには、生ゴミに米ぬかを混ぜ合わせて投入してください。投入量は300g〜500g程度/回が良いでしょう。

    生ゴミを投入したら、移植ゴテやシャベルなどで床とよく混ぜ合わせましょう。

    米ぬかは煎ったものではなく、生のものを使います。

  • 手順4
    手入れをする

    腐らせないように発酵させることが重要です。ポイントを下記にまとめましたので、参考にしてください。

    また、生ゴミを投入しない日も極力混ぜるようにしてください。

    ダンボールコンポスト手入れのポイント
    • 温度が上がらない場合は、発酵が進んでいないと捉えることができます。発酵が進まない原因は、米ぬかの不足(微生物の餌の不足)、水分量の過多・不足が考えられます。
    • 床が乾いてきたら、水分が不足しています。水、もしくは米の研ぎ汁などを少量加えてください。
    • 水分が多いときには、腐葉土を追加してください。新聞紙やキッチンペーパーを中に入れて、水分を吸収することも有効です。
    発酵中の水分量の目安

    目安は混ぜ合わせた材料を強く握るとだんご状になり、軽い力で崩れるくらいが良いです。握ったときに水が滴り落ちてくる場合は、水分量が多すぎますので乾燥物で調整してください。

  • 手順5
    堆肥化完了の確認をする。

    生ゴミの最初の投入から1〜3ヶ月程度経ち、発酵速度、温度が落ちてきたら完了に近いです。

    堆肥化完了の判断目安

    堆肥化完了の判断としては、以下の観点があります。

    • 発酵温度の低下
    • 色が周りの土に比べて黒くなっている

    堆肥化が完了したものは、切り返し(全体的にかき混ぜる)をして全体的に発酵させます。

  • 手順6
    完熟させる。

    完成した生ゴミ堆肥を熟成させます。未分解の生ゴミを取り除いた生ゴミ堆肥を肥料袋などに移して密閉します。約1ヶ月〜3ヶ月、熟成させます。たまに、ビニールシートなどに広げて、切り返しや加水を行うことで熟成の速度が安定します。

    完熟の判断目安

    完熟したかどうかの判断としては、以下の観点があります。

    • コップに水を入れて、大さじ1杯程度の堆肥を投入したときに、コップの底に堆肥が沈む
    • アンモニア臭や悪臭がしない(する場合には、再度切り返し、水分調整をしながら熟成を継続する必要がある)
    • ミミズを投入すると居着いてくれる

他にも下記の記事に生ゴミから堆肥を作る方法を詳しく解説していますので参考にしてください。

ぼかし肥料にして使う

野菜くずを含む生ゴミは、ぼかし肥料として活用することもできます。

生ゴミぼかし肥料の一般的に広く知られている作り方は、密閉型容器を用いることが多いです。理由としては、家庭用に作る場合、屋内で作られることが多いからです。屋内の場合は、臭いや雑菌などを防ぐために密閉型容器を用いて作るのが一般的です。

作るときに使う容器は、専用の容器でもいいですし、食品を保存するためのタッパーでも問題ありません。但し、ぼかし肥料づくりは水分量の調整が重要となってきます。専用の容器は、容器の下側に水分が溜まったときに排出するためのコックが付いていて、とても便利です。

一例として、野菜くずなどの生ゴミを専用容器でぼかし肥料にする方法を掲載します。

専用の密閉型容器で作る生ゴミ(野菜くずなど)のぼかし肥料 準備するもの

  • 生ゴミ
  • EMボカシⅠ型
  • 生ゴミ処理用の密閉型容器
  • 新聞紙
EMぼかし[生ゴミ用]1kg[EM/ぼかし/生ゴミ/EM菌]
ほんだ農場楽天市場店
編集さん
編集さん

専用容器とEMボカシがセットになった商品もあります。

送料無料 EMサポートR15(内容量15L)
ほんだ農場楽天市場店

専用の密閉型容器で作る生ゴミ(野菜くずなど)のぼかし肥料 作り方手順

専用の密閉型容器を使用した生ゴミぼかし肥料の作り方手順
  • 手順1
    生ゴミを準備する。

    生ゴミはしっかりと水を切った状態にしましょう。また、微生物による分解を促進させるため、大きな生ゴミは小さく切っておくと良いでしょう。

    特に密閉型容器の場合は、水分量が多いと腐敗し失敗しやすくなるので注意が必要です。

    発酵中の水分量の目安

    目安は混ぜ合わせた材料を強く握るとだんご状になり、軽い力で崩れるくらいが良いです。握ったときに水が滴り落ちてくる場合は、水分量が多すぎますので乾燥物で調整してください。

  • 手順2
    バケツの目皿の上に、新聞紙を敷く。

    バケツの目皿の上に、四つ折りにした新聞紙を敷きます。底が見えなくなっていればOKです。

  • 手順3
    EMボカシを軽くまく。

    初期発酵をスムーズにするため、EMボカシを新聞紙の上に軽くまきます。新聞紙の表面が隠れるくらいまけばOKです。

  • 手順4
    生ゴミを投入する。

    生ゴミを投入していきます。生ゴミを投入するときには、EMボカシも一緒に投入し、よく混ぜ合わせるようにしてください。目安としては、生ゴミ100gに対してEMボカシ2g程度ですが、生ゴミ全体にしっかりEMボカシが付着していればOKです。

    夏場や水分の多いものを投入した場合にはEMボカシを多めに入れると良いでしょう。

  • 手順5
    空気を抜く。

    生ゴミとEMボカシをよく混ぜ終えたら、上からヘラなどで押し込んで空気を抜きます。空気を抜いたら、ビニール袋や新聞紙、サランラップなどで中蓋をして空気に触れないようにしてください。

  • 手順6
    保管する。

    専用容器のふたをしっかり閉めて密閉状態にします。密閉したものは直射日光の当たらない場所で保管します。

    しっかりと密閉し、可能な限り空気に触れさせないようにすることが成功のコツです。

  • 手順7
    発酵液を取り出す。

    容器の底に溜まった液を、専用容器に付属しているコックから都度取り出します。発酵液を溜めたままだと、中の生ゴミが腐敗しますので気がついたら取り出すようにしましょう。

    取り出した発酵液は、液体肥料液肥)として使用することもできます。水で1000倍程度に希釈して使用してみてください。

  • 手順8
    手順4〜7を容器8分目になるまで繰り返す。
  • 手順9
    発酵熟成させる。

    容器の8分目程度まで溜まったら、再度よく混ぜ合わせて空気を抜き、しっかりとふたをして密閉します。直射日光の当たらない場所で約1〜2週間熟成させたら完成です。ぬか漬けのような匂いがしていたら成功です。

    ぼかし肥料に白カビや青カビ、黒カビなど様々なカビが生えることがあります。「カビが生えてしまったから、このぼかし肥料は使えない」と思いがちですが、そのようなことはありません。

    白カビは好気性菌といって無害なカビや放線菌であることがほとんどなので全く問題ありません。青カビや黒カビは、水分を含ませすぎたり、密閉度が悪く外から空気や水が触れてしまったりすると繁殖しやすいです。

    これらの菌は大量に発生していなければ問題ありませんが、覆い尽くされている場合には失敗となりますので、カビが生えているところを除いて、再度発酵に挑戦してみるのも一つです。

    一番大事なのは発酵が進んでいるかどうかで、その判断基準はやはり匂いということになります。

下記の記事に生ゴミからぼかし肥料を作る方法を詳しく解説していますので参考にしてください。

EM菌を使ったぼかし肥料も野菜くずから作ることができます。

野菜くずを含む生ゴミの活用方法の記事一覧

実際には、野菜くずだけではなく他の生ゴミと一緒に堆肥、ぼかし肥料を作ることが多いと思います。下記に生ゴミを活用するためのノウハウをまとめていますので参考にしてください。

生ゴミを肥料として使う、生ゴミの堆肥化・ぼかし肥料の作成に関する記事
楽に生ゴミ処理!生ゴミをそのまま肥料として使用する方法
この記事では、生ゴミをそのまま畑の肥料として使用する方法について、概要や手順を詳しく解説します。通常は生ゴミを発酵させてから使う通常、生ゴミを肥料・堆肥として活用するためには、発酵・熟成の工程が必要です。生ゴミの発酵・熟成には、微...
生ゴミ処理機で手軽・衛生的に生ゴミ肥料づくり!生ゴミ処理機の選び方
家庭ごみの約4割を占めているのが「生ゴミ」です。その生ゴミを手軽に衛生的に処理できるのが家庭用生ゴミ処理機です。この記事では、生ゴミ処理機について、処理方式の違いや特徴、コストの差など、生ゴミ処理機を購入するときに参考となる情報を解説します
生ゴミを肥料に!生ゴミぼかし肥料の作り方
実は、家庭でも生ゴミを肥料・堆肥として再生する方法があります。ゴミの減量に繋がるだけではなく、庭やベランダなど家庭菜園で使用する肥料として再活用できるため、とても経済的な取り組みです。この記事では、生ゴミぼかし肥料の作り方について、手順を詳しく解説します。
生ゴミを肥料に!生ゴミから作る肥料・堆肥(コンポスト)について
この記事では、生ゴミを肥料・堆肥にする方法、詳しい手順について解説します。生ゴミから堆肥とぼかし肥料が作れる肥料・堆肥を作るときに使用できる生ゴミの種類生ゴミ堆肥・生ゴミぼかし肥料を作るコツ生ゴミ堆肥の作り方...
この記事を書いた人
農家web編集部

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。
皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web