リン酸肥料有機肥料(有機質肥料)

リン酸の多い有機肥料の種類とその基礎知識

リン酸肥料

花実を充実させるために重要な成分要素の一つであるリン酸。家庭菜園等では、できるだけ有機肥料(有機質肥料)を使用したいという方も多いでしょう。リン酸が多く含まれている有機肥料(有機質肥料)にはどのようなものがあるのでしょうか?

この記事では、リン酸の多い有機肥料の種類とその基礎知識について解説します。

スポンサーリンク

リン酸の多い有機肥料の種類

一言で有機肥料(有機質肥料)と言っても、様々な種類があります。また各肥料は、肥料の三要素の成分を含んでいますが、その種類によって含有されている成分の量が異なります。

下記に、主な有機肥料(有機質肥料)の種類と窒素(N)、リン酸(P)、カリウム(K)の含有量のイメージ、肥効のタイプをまとめました。

肥料N
(窒素)
P
(リン酸)
K
(カリウム)
肥効のタイプ
油かす(油粕)緩効性
魚かす(魚粕)緩効性・遅効性
(但し窒素分は速効性が高い)
発酵鶏糞速効性
骨粉緩効性
米ぬか(米糠)遅効性
バットグアノ緩効性
草木灰速効性
主な有機肥料(有機質肥料)の種類と窒素(N)、リン酸(P)、カリウム(K)の含有量のイメージ、肥効のタイプ

上記からもわかるとおり、リン酸が多く含まれている有機肥料は、「骨粉」「バットグアノ」を筆頭に「発酵鶏糞」や「草木灰」「油かす」などが挙げられます。

また、リン酸だけではなく窒素を多く含んでいる有機肥料もあるため、リン酸の効果を狙った施用をしたい場合には注意が必要です。

スポンサーリンク

骨粉

骨粉肥料の袋パッケージ

牛、豚、鶏などの骨を粉砕し、粉末にしたものが骨粉です。それを肥料として用います。骨粉肥料は、動物性有機質肥料の中でもメジャーな存在です。

化成肥料と異なり有機質肥料なので、肥料成分の補給にとどまらず、土壌改良の効果も期待できます。有機物が有用な菌などの微生物の餌となることで、微生物の活性が高まり、団粒構造が促進されます。団粒構造が形成された土壌は、保水性、透水性、排水性が良好で、作物の増収や品質向上につながります。

さらに、微生物による分解や発酵(醗酵)などで地力の高まった土壌では、病害虫(病気と害虫)の発生が少ないため、農薬(殺菌剤や殺虫剤)の散布を抑えられるという利点もあります。

骨粉肥料を家畜への飼料として利用することはできません。植物への肥料としてのみ利用しましょう。

16~24%ほどのリン酸が含まれている他、カルシウムやミネラルなども含まれているため、リン酸とカルシウムを補給する肥料としておすすめです。

バットグアノ

バットグアノ肥料のパッケージ

バットグアノ(Bat Guano)は、コウモリ(Bat)の堆積した化石(Guano)のことを指します。コウモリの生息する洞窟内で、捕食した虫を含むふん、死骸、微生物、さらにカルシウムを含む石灰などが堆積し、何百年という年月をかけて天然で発酵されたものがバットグアノです。これを粉もしくは粒状に成形し、肥料として利用します。

バットグアノはその生成過程からも分かる通り、リン酸(ク溶性リン酸)が豊富に含まれています。窒素(チッソ)やカリはほとんど含まれていませんが、カルシウム、マグネシウム、マンガン、モリブデン、亜鉛、鉄、銅といったさまざまな微量要素が含まれています。

リン酸とともに多く含まれている成分はカルシウムです。カルシウムは、有機石灰や苦土石灰などを施すことによって土壌に栄養分を補給することが多いですが、バットグアノのみでもカルシウムを十分補給できます(もちろん土壌の栄養状態によります)。

さらに、微生物による分解や発酵の過程で生じるフミン酸(腐植酸)も含まれており、土壌や植物の成長に好影響をもたらします。こういった化成肥料にはない効果があるとして、特に園芸の分野では愛用している人も多いです。

鶏糞(鶏ふん)

鶏糞は、同じ家畜糞類の牛糞や豚糞と比較されることが多いです。成分の特徴として、鶏糞、牛糞ではP(リン酸)・K(加里)が、豚糞ではP(リン酸)が、比較的多く含まれています。家畜糞類は、特殊肥料のため成分含有量に幅がありますが、かつて農林水産省が実施した調査では以下の値が示されています。

なお、家畜糞類の分解速度としては、鶏糞が最も早く、牛糞と豚糞はそれより遅いです。速効性のある鶏糞は追肥に利用され、牛糞や豚糞(および馬糞)は元肥として利用されることが多いです。

家畜由来の肥料の種類N(窒素)%P(リン酸)%K(加里)%
牛糞1.92.32.4
豚糞3.05.82.6
鶏糞3.26.53.5
家畜由来の肥料の種類と目安の含有量(山口ら,家畜糞堆肥
製造・利用の現状とその成分的特徴, 2000より)

有機JAS認定のリン酸肥料

先述した有機質肥料や特殊肥料の他にも、有機栽培で使用できるリン酸肥料はあります。それは、「有機JASに認証された肥料」です。

有機栽培と聞くと、動物や植物から何らかの方法で生成された資材のみ使用できると思いがちですが、そうではありません。天然の鉱石やかん水などから精製、回収したものや有機質を組み合わせて製造、成型したものも使用できる場合があります。

例としては、ようりん(熔成燐肥)があります。ようりんは、天然物質、または化学的処理を行なっていない天然物質に由来するものである場合はそのまま使用することができます。

いずれの資材も、その原料がすべて有機許容原料であることを前提に、有機JASによる認定を受けた資材であれば、有機栽培に使用することができます。

有機資材は個別で認証されているものもあります。有機資材リストは、農林水産省、各認証団体によって公開されています。

栽培した作物を「有機農産物」「有機栽培農産物」「オーガニック」などの表示をして販売する場合は、有機JASによる認定を受けて「有機JASマーク」を表示する必要があります。個別で有機JAS認証されていない有機質肥料などの資材を使用するときも、手順に従って有機農産物の栽培に使用できるかを確認し、その根拠(その肥料の原材料や製造工程などの情報)を保管しておく必要があります。

リン酸の重要性とその効果

リン酸(P)は、肥料の三要素の一つで植物の遺伝情報の伝達やタンパク質の合成などを担う核酸の重要な構成成分となります。施肥を考える上では、「実肥」と呼ばれ、開花・結実を促すためにリン酸が必要となります。また、植物全体の生育や分げつ、枝分かれ、根の伸長など様々な要素に関わっています。

リン酸を含む有機肥料の購入場所

家庭菜園等で使用する肥料は、ホームセンター、100均、インターネットなどで購入可能です。肥料を購入できる主な場所・方法は以下のとおりです。プロ農家の方は、JAや資材店等に相談すると良いでしょう。

肥料を購入できる場所
  • JAなどの農業資材店
  • 100均、100円ショップ
    • ダイソー(DAISO)
    • キャンドゥ(CanDo)
    • セリア(Seria)
    • etc
  • ホームセンター
    • コメリ
    • カインズ
    • コーナン
    • etc
  • インターネット
    • Amazon
    • 楽天市場
    • ヤフーショッピング
    • etc
執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました