有機肥料(有機質肥料)肥料肥料の種類

フルボ酸とは? フルボ酸を肥料に投入する効果について

火山灰、火山土有機肥料(有機質肥料)

この記事では、フルボ酸とは何か、またフルボ酸を農地に取り入れた場合の効果や作り方、そしておすすめのフルボ酸入りの肥料を紹介します。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

フルボ酸とは

フルボ酸は腐植物質の一つ

フルボ酸は腐植物質の一つです。土壌にある土壌有機物の中で生きている微生物やそれに近しい遺体を除いたものを「腐植」と言います。この動植物の死骸や、排泄物の有機物に代表される「腐植」が長い年月の中で、微生物や菌によって分解されて変化した暗色の高分子化合物の集まりを「腐植物質」と言います。

「腐植物質」には、「腐植酸」「フルボ酸」「ヒューミン」の3種類があります。それぞれの特徴は以下の通りです。

名称アルカリへの溶けやすさ酸への溶けやすさ色、特徴
腐植酸溶けやすい溶けにくい表層の褐色や黒色などの暗色を示す。フミン酸とも呼ばれる。
フルボ酸溶けやすい溶けやすい赤褐色、オレンジ、黄色。
ヒューミン溶けにくい溶けにくい褐色や黒色などの暗色。

腐植物質と一言で言っても、腐植化が進んだものと、あまり進んでいないものと様々で、色も腐植の進み具合で薄かったり、進んで黒くなっていたりするものもあります。腐植物質はさまざまな化合物の集まりなのです。

また、この腐植物質は、バイオスティミュラントと呼ばれます。バイオスティミュラントとは、植物や土壌により良い生理状態をもたらす様々な物質や微生物で、これらの資材は植物やその周辺環境が本来持つ自然な力を活用することにより、植物の健全さ、ストレスへの耐性、収量と品質、収穫後の状態及び貯蔵などについて、植物に良好な影響を与えるものと定義されています。(日本バイオスティミュラント協議会HPより)

フルボ酸とは

フルボ酸は上記の腐植物質の中でも、アルカリ、酸両方に溶けやすく、色も黒っぽい暗色というよりは比較的明るい色をしています。腐食物質が持つ、微生物や動植物の生理を活性させる機能を有し、有害物質を排出する機能、キレート効果に優れます。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

フルボ酸の効果

陽イオン交換容量(CEC)を高め、カルシウムや鉄、マグネシウムの流出を防ぐ

土壌中の腐植物質は表面がマイナスの電気を持つため、陽イオンを持つカルシウムやカリウムイオンをくっつけることができます。このため、このような養分が土壌外に流出するのを防ぎ、保肥力を高めてくれます。

土壌の団粒構造を促進させる

腐植物質は粘土粒子の表面にくっつくため、粒子同士をくっつけて団粒構造化します。団粒構造化すると通気性・保水性・透水性が良くなり、微生物が増加・活発化して、ふかふかの土壌を形成します。

発芽や発根を促進させる

腐熟が進んだ堆肥などに含まれる溶存腐植物質は植物の発芽や発根を促進させ、根毛を形成させる働きを持ちます。特に低温時で生育が遅れている時など、顕著に発根促進効果が見られています。また低い濃度でも根の伸長促進効果が観察されています。

キレート効果に優れる

また、フルボ酸は有害物質を掴まえて、排出するキレート効果に優れ、微量要素やミネラルの吸収、光合成を促進する働きがあります。

センチュウ等の病害を減少させる

フルボ酸を含む腐植物質資材を土壌に混用することで、土壌の有用菌(主に放線菌)を増やし、フザリウムや病害センチュウといった土壌病害を抑制する効果が実証されています。

おすすめのフルボ酸肥料

花ごころ 高濃度フルボ酸活力液アタック

有機物の発酵液、腐植資材、フルボ酸を原料にした活力液です。フルボ酸が植物の吸収を助け光合成量を増やし、保水力を高め発根促進により健全な育成を助ける効果をもたらします。希釈して液肥に混ぜて施肥として使用することができますし、葉面散布にも利用できます。

カナディアンフルボ

カナダロッキー山脈の麓、アルバータ州の肥沃な森林大地から抽出された腐植物質、フルボ酸です。希釈して葉面や土壌に散布して使用します。

[液体フルボ酸] カナディアンフルボ(500ml)[土壌改良 肥料 有機]
プロ農業 家庭菜園のお店 井手商会
¥ 3,330(2022/11/18 20:24時点)

腐植酸(フミン酸)の資材としてカナディアンフミンもあります。

腐植ミネラル強化糖蜜

腐植ミネラル強化糖蜜は、食品由来の糖蜜発酵液と腐植液の混合液体(液肥)です。散布する事で腐植酸の効果だけでなく糖蜜の効果もプラスして植物に活力を与え、イチゴトマトの色付きを良くします。糖蜜肥料については下記を参考ください。

腐植ミネラル強化糖蜜 2.5L 活力液 花ごころ タ種 Z
農業用品販売のプラスワイズ
¥ 3,980(2022/11/14 01:25時点)

まとめ

腐植物質はもともと、低位泥炭を原料とした長い年月かけて土壌に生成された成分で、バイオスティミュラントの1つとして土壌の欠かせない成分であると考えられています。(そして腐植物質は地中に堆積していくと亜炭や石炭へ変化すると言われています)

それを用土に補うことで、本来あった土壌の機能、地力を取り戻すことができるため、さまざまな効果がもたらされるのでしょう。果菜類から水稲まで、また育苗時にも積極的に使っていきたい資材と言えます。

腐植酸(フミン酸)について詳しく知りたい、おすすめ腐植酸資材を購入したい方は下記も参考にしてみてください。

編集さん
編集さん

農家webでは、その他有機肥料として、海藻、牡蠣殻(カキ殻)、カニガラ、牛糞(牛ふん)、鶏糞(鶏ふん)といった動物糞肥料、また油粕(油カス)、草木灰野菜くずバナナの皮生ゴミコーヒーかす米ぬかおがくず、石灰などの記事、肥料、たい肥とは何か(元肥追肥など)、ハイポネックス、飼料などのコンテンツがありますよ!

また、ナメクジアブラムシといった病害虫対策記事、木酢、ニーム、ニームオイルなど農薬に頼らない対策方法、様々な農法、植物の栽培、雑草の除草などについても記載しています。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました