ドクダミの駆除・防除方法とおすすめ除草剤

難防除雑草ドクダミの写真一般
一般知りたい除草・防草除草・防草方法

ドクダミ(どくだみ)は、毒下しの効果が高いことから、「毒を矯める(おさえる)」→ 毒矯み(ドクダミ)と呼ばれるようになったと言われているくらい、昔から優秀な薬草として、ゲンノショウコ、センブリと共に日本の三大民間薬の一つに数えられていて、欧米でも東洋のハーブとして人気があります。また、葉を乾燥させたどくだみ茶も有名で、ドクダミの葉や茎を乾燥させたものは「十薬(じゅうやく)」という生薬としても知られています。

しかし、ドクダミ(どくだみ)は多年草で、ちぎれた、一部の地下茎からでも繁殖するため、ほかの雑草が生えなくなるくらい高い繁殖力を持っています。放置しておくと一面ドクダミだらけになるほどです。また強い臭気があることと、地下茎を伸ばして地中に根びこってしまうため、退治しにくい、しつこい難防除雑草の代表格としての側面も持っています。

ここでは、難防除雑草ドクダミを、どうやって駆除し、防除していくのか、おすすめの除草剤を中心に説明していきます。

スポンサーリンク

ドクダミの特性

ドクダミは多年草で、ちぎれた、一部の地下茎からでも繁殖し、他の雑草が生えなくなるくらい高い繁殖力を持っています。地下茎を伸ばして地中に根びこってしまうため、引っこ抜いても、地下茎の一部は地中に残存し、またそこから繁殖するため、本質的な駆除にはなりません。

スポンサーリンク

ドクダミの駆除方法

草刈り、草取りでの駆除

上記の通り、ドクダミは一部の地下茎からでも繁殖するため、地上部を草刈り、草むしりしても、地下茎からすぐに生えてきます。また、人力で引っこ抜いても地下部に一部の地下茎が残ってしまうため、そこからさらに繁殖してしまい、本質的な駆除にはなりません。

しっかりと駆除したい場合は、草刈り、草取りは一時的に減らすことはできても、長い目で見ると駆除できるとは言えないのです。では、どうすれば駆除できるのでしょうか?

除草剤(葉茎処理剤)での駆除

ドクダミをしっかり駆除しようとすると、やはり除草剤の使用が欠かせません。重曹では効かないと思ってください。

除草剤は簡単には、土表面に散布して雑草の発芽を抑制したり、発芽直後に枯死させる「土壌処理剤」と、すでに伸びている雑草の葉や茎に直接かけて枯らしてしまう「茎葉処理剤」の2パターンがあります。

ここでは、既に生えているドクダミの駆除なので、「茎葉処理剤」がベストです。
「茎葉処理剤」でも様々な種類があり、地上部の葉を中心に速効性があり枯らすもの(グルホシネート系など)から、地下部の根や地下茎まで全てを枯らし、根絶やしにするもの(グリホサート系)があります。

ドクダミは地下茎が厄介で、地下部をしっかりと枯らすことが重要なので、地下部の根や地下茎まで効果が効いて全てを枯らす、グリホサート系の葉茎処理剤がおすすめです。ここではグリホサート系除草剤を中心に、代表的な除草剤をいくつか紹介します。

ラウンドアップマックスロード(日産化学(株))

最もメジャーなグリホサート系の除草剤(液剤)です。成分は、グリホサートカリウム塩で、グリホサートイソプロピルアミン塩のラウンドアップサンフーロンなどよりも、散布後の雨に強く、雨が降っても効果が持続しやすい特性があります。

ラウンドアップ は、原液を希釈して薄めて使うタイプから、そのまま使えるシャワータイプのALシリーズなど、様々なシリーズがあり、用途に合わせて経済的に使用できます。

サンフーロン(大成農材(株))

サンフーロンは、ラウンドアップのジェネリック品で、成分は、グリホサートイソプロピルアミン塩です。

ジェネリック製品なので安価に手に入れることができ、効果は、グリホサートイソプロピルアミン塩の他の製品と変わりません。このため経済的です。

【除草剤】サンフーロン 2L 大成農材 原液タイプ ラウンドアップ同等効果
カー用品のピックアップショップ

その他グリホサート 系では、ネコソギロングシャワーやネコソギクイックプロといったネコソギ シリーズやアースカマライズ、カダンのザッソージエースなどもおすすめです。グリホサート系は農薬登録されているものも多く、農耕地で使用可能なものも多いです。

グリホサート系除草剤については、下記で詳しく説明、紹介していますので、是非参考にしてください。

また、芝生の上で、芝生を枯らさず、ドクダミを枯らしたい場合は、下記がおすすめです。

グリーンアージラン液剤 (石原バイオサイエンス(株))

成分 アシュラム
アージランは日本芝(高麗芝(コウライシバ)、野芝など)で使える葉茎処理剤で、芝の生育にとって有害なメヒシバやスズメノカタビラ(生育中)を防除することができ、生育中の広葉雑草にも高い効果:特にキク科雑草(ヒメジョオン、アレチノギクなど)に有効です。

他、シバニードシャワーなどもあります。

芝生や田んぼの近くでドクダミを駆除したい場合は、下記記事を参考ください。

その他の駆除方法

熱湯をかける

その他植物全般を枯らすのに効果がある方法として、枯らしたい植物に熱いお湯、つまり熱湯をかける方法があります。

確かに、熱湯を浴びた植物はその箇所が焼けて、枯れますが、地下茎や根までは浸透しないため、地上部にしか効果が出ません。また、土壌に熱湯をかけることで、土壌内部の細菌などに悪影響が出てしまいますし、熱湯を雑草にかけることは大量に行うことは難しく、費用対効果も合わないかと思います。このため、ドクダミを駆除するために熱湯をかけることはお勧めできません。

塩を撒く

最近、塩を撒くことで、除草することを勧めている記事、また除草塩という商品などが見受けられます。確かに塩分濃度が高くなると雑草は枯れるので、除草の効果はありますし、塩は非常に土壌に残留、蓄積するので、雑草が新しく生えてくることも防ぎます。

しかしながら、塩は土の中で分解されないため、半永久的に効果が持続します。このため、未来にわたって植木や花などはもちろん、野菜や穀物などの作物が一切育たたくなってしまうのです。また、土壌はつながっています。雨などで塩が流れ出て、隣の土壌にも多大な被害を及ぼします。

このため、除草に塩を使うことはくれぐれも避けてください。

ドクダミの防除方法

除草剤(土壌処理剤)での防除

土壌処理剤は、まだ雑草が生えてきていない、また草丈が低い時期に散布し、地面に膜を張って、新しく生えてくる雑草を抑えるものになります。まさにドクタミの防除に最適なもので、駆除した後の春先などにしっかり撒けば、ドクダミが新しく生えてくることを長期間防ぐことができます。ここでは、代表的なおすすめの土壌処理剤をご紹介します。

クサノンEX粒剤 (住友化学園芸(株))

ターバシル・フルミオキサジン、2種類の有効成分で、スギナ・ススキ・ヤブガラシ、シロツメクサなど各種雑草の葉や茎だけでなく根までスッキリ枯らすことができる微粒の土壌処理剤です。低温時にも使え、植栽地を除く樹木等の周辺地に撒くことを想定した薬剤です。

カダン除草王(フマキラー(株))

カダン除草王の成分カルブチレートは、非ホルモン型吸収移行性の尿素系の微粒(粒状)除草剤であり、雑草・草の光合成阻害により除草します。

カダン除草王は、細粒の非選択制除草剤で、メヒシバ、オヒシバ、スズメノカタビラ、ブタクサ、ツユクサ、カヤツリグサ、コニシキソウ、ハコベ、エノコログサ、カラスノエンドウなど一年生雑草といわれる一般的な雑草から、セイタカアワダチソウ、ヨモギ、スギナ、カタバミ、オオイヌノフグリ、オオバコといった多年生広葉雑草、ススキ、チガヤといった多年生イネ科雑草、ササ類など枯れにくい雑草まで、根っこまで枯らすことができます。効果は最大約6ヵ月間と長期間持続することも特徴です。

非選択性で全ての植物、庭木に影響を与えるため、植物、庭木を植えている、植える予定の花壇やまた畑、水田といった農地ではなく、道路や空き地等で撒けることを想定した商品です。

ネコソギパワー粒剤 (ネコソギトップW) (レインボー薬品(株))

アミカルバゾン、ブロマシルを成分とし、粒のまま地面にパラパラ撒くタイプの粒状の除草剤で、除草効果が約5~9ヶ月間という非常に長期間持続するのが特徴です。1~2週間で枯れ始め、30日前後でほとんど枯らすことができ、成分が土壌に一定期間とどまるので、新しい雑草の発生を予防できます。

防草シートでの防除

ドクダミをしっかりと駆除した後、その場所に防草シートを貼ることが可能であれば、防草シートを貼ることは、非常にに有効なドクダミの防除になります。防草シート(除草シート)は、光をほぼ遮光することで、植物に光合成を行えないように抑制するもので、ドクダミにも大変有効です。

防草シートについては、下記のコンテンツに詳しく説明していますので、防草シートを貼ることが可能な方は、是非参考にしてください。

苦土石灰での防除

ドクダミは酸性の土壌を好むため、苦土石灰などを土壌に撒くことで土壌をアルカリ性にし、ドクダミが生長しにくい状態にする方法もあります。

この方法は、土壌をアルカリ性にすることが可能であれば、有効な防除の方法だと言えますが、野菜の栽培などはPH6.5程度の弱酸性の土壌が好ましいことが多いため(当然作物によって好ましいPHは異なります)、その場所をどのように(農耕やガーデニングなど)活用しようとしているかで、苦土石灰を撒くかどうか判断するのが良いでしょう。

まとめ

ドクダミは難雑草で、コンクリートの隙間からもどんどん繁茂します。生い茂っている場合は、グリホサート系除草剤で地下茎まで枯死させ、その後は土壌処理剤や防草シートを敷くなど、しっかりと予防するようにしましょう。

その他の庭や畑に生える雑草にお困りの方は、難雑草(イタドリ、スギナ、イヌビエなど)の駆除、除草についてまとめた下記コンテンツをどうぞご参考にしてみてください。

スギナの駆除・防除方法とおすすめ除草剤
スギナは多年草で、一部の地下茎からでも繁殖し、草刈りで逆に胞子が舞ってより繁殖してしまう厄介な雑草です。 ここでは、難防除雑草スギナを、どうやって駆除し、防除していくのか、おすすめの除草剤を中心に、様々な方法を説明します。
苔(コケ)、ゼニゴケなどの駆除・防除方法とおすすめ除草剤
苔(コケ)を除草しようと思っても、地面に張り付いて生えるため、手で草取りしたり、撤去するのは大変困難です。 苔を除草したい場合、どうやって駆除し、防除していくのか、おすすめの除草剤、その他の除草方法を説明します。
竹(タケ)を枯らす、おすすめ除草剤と防除方法について
竹はタケノコなど、私たちの生活に根付く植物である反面、非常に強い成長力の難防除雑草の側面も持ちます。 竹を、どうやって駆除し、防除していくのか、様々なシチュエーション(農耕地、山林、庭や空き地)を考慮しながら、説明します。
ヤブガラシや葛(クズ)などのつる性の雑草(つる雑草)について、生態から除草、防除方法まで徹底解説!
茎が蔓状にどこまでも伸びていき、切っても切っても生えてくる、非常に厄介なつる性の雑草。ここでは、ヤブカラシ、葛(クズ)などの代表的なつる性の雑草の詳細と、それぞれを駆除、防除するにはどんな方法があるのか、徹底解説します。
イネ科雑草について、生態から除草、防除方法まで徹底解説!
ここでは、代表的なイネ科雑草、スズメノカタビラ、スズメノテッポウ、オヒシバ、メヒシバ、チガヤ、ススキの詳細と、それぞれを駆除、防除するにはどんな方法があるのか、徹底解説します。
広葉雑草について、生態から除草、防除方法まで徹底解説!
ここでは、代表的な広葉雑草、スギナ、ドクダミ、セイタカアワダチソウ、ブタクサ、ツユクサ、スベリヒユの詳細と、それぞれを駆除、防除するにはどんな方法があるのか、徹底解説します。

また、除草のための農機具、農具、草刈機(刈払機)、ブレード(チップソーなど)、資材については、こちらをご参考ください。

除草剤を使用するとき、草刈りするとき、どんな服装をする必要があるのか、まとめたのは下記になります。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました