農家web防除暦サービスのバナーです。
農薬

梅に使えるおすすめの農薬

当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています。

実をつけた南高梅 農薬

ここでは、梅(うめ、ウメ)に発生しやすい病害虫と、それを防除するためのおすすめ農薬を紹介します。

梅に発生しやすい病害虫とおすすめ農薬

アブラムシ類

アブラムシは直接植物の汁を吸うことで作物に害を与えるだけでなく、排泄物を作物にかけ、黒いすす状のカビを増殖させたり、光合成が妨げられて作物の生育を悪化させます。

また、アブラムシはウイルスを運びます。口針を植物に探り挿入するため、ウイルスを持っていると口針から簡単にウイルスの感染が広がってしまうのです。アブラムシから広がるウイルスで有名なのは、モザイク病です。その中でも特に、キュウリモザイクウィルス(CMV)、カブモザイクウィルス(TuMV)が代表例と言えるでしょう。

梅でよく見られるアブラムシは、モモアカアブラムシ、モモコフキアブラムシ、ハスクビレアブラムシ、ムギワラギクオマルアブラムシ、ウメコブアブラムシ、オカボノアカアブラムシなどです。

オカボノアカアブラムシの成虫
出典:HP埼玉の農作物病害虫写真集 オカボノアカアブラムシの成虫

梅でアブラムシ類に使えるおすすめ農薬

IRACコードグループ名主な農薬
1B有機リンマラソン
スミチオン
3Aピレスロイド系アディオン
テルスター
ロディー
4Aネオニコチノイドモスピラン
アドマイヤー
ダントツ
スタークル
アルバリン
アクタラ
4Cスルホキシミン系トランスフォーム
9Bピリジン アゾメチン誘
導体
コルト
チェス
23テトロン酸および
テトラミン酸誘導体
モベント
29フロニカミドウララDF
ムシラップ
農薬名をクリックすると、詳しい詳細ページが表示されます。

ハダニ類

ハダニはダニの仲間で、クモの仲間、ハダニ上科に属します。体長は0.3~0.8mmと非常に小さく、吐糸管から糸を出すため、英名は「Spider mite」と呼ばれています。ハダニの種類は非常に多く、主なものでは、ミカンハダニ、カンザワハダニ、ナミハダニなどがいます。農業上でよく問題になるハダニは赤いアカダニ(ミカンハダニ、カンザワハダニ、リンゴハダニなど)を指すことが多いです。(チャノホコリダニは乳白色です)

高温と乾燥した環境を好み、雨が苦手なため、ハウスはハダニが繁殖する格好の場所と言えます。ハダニは卵期間2~3日、幼虫~若虫期間6~7日で成虫になる、蛹を経ない不完全変態で、成長サイクルが早く、大量発生しやすい害虫です。

梅でハダニ類を防除する、おすすめ農薬

カイガラムシ類

カイガラムシは直接植物の汁を吸う(吸汁)ことで、その傷が農作物、蕾が大きくなるにつれ、非常に見た目が悪くなることや、農産物の萎縮、変形、変色、斑点の原因になるといった食害があります。

またアブラムシコナジラミのように、甘露の排泄物を葉や枝、幹に付着させる事で表面に「すす病」が発生して黒く汚れたり、排泄物とカイガラムシの遺体を栄養源にこう疫病(こうやく病)の発生源になることです。こうやく病が発生すると、細い枝は菌糸膜に覆われて最悪、枯死する恐れがあります。

梅の枝に寄生したウメシロカイガラムシ
出典:HP埼玉の農作物病害虫写真集 ウメシロカイガラムシ

梅で、カイガラムシ類を防除する、おすすめ農薬

シンクイムシ類

シンクイムシ(芯喰い虫)とは、植物の中に潜り込む昆虫の中で茎、実、芽などを食べる昆虫の総称です。主なシンクイムシは、農業でよく出てくるのは下記になります。

下記の中でも梅でよく発生するのは、ナシヒメシンクイです。

種類名アワノメイガモモシンクイガナシヒメシンクイハイマダラノメイガ
(ダイコンシンクイムシ)
アズキノメイガ
(フキノメイガ)
体長(幼虫)5mm~2cm〜約12mm〜約10mm〜約15㎜〜約25㎜
黄白色で頭は茶色
成虫はオレンジ〜クリーム色)
全体が橙赤色
(成虫は灰白色で銀灰色の鱗毛で覆われる)
全体が淡褐色胴部は乳白色の地色に褐色の縦線、頭部は黒雄の前翅は暗褐色、各横線、紋周辺に黄色斑
生態
特徴
5~9月の間に3回程度発生。
生育サイクルは、幼虫から蛹を経て成虫になるまでで、約1カ月程度。
蛹から羽化した成虫は、生きている間に2~3回産卵する。
冬は土中で繭をつくり幼虫態で越冬する。
越冬幼虫は4~5月になると冬まゆから脱出し、蛹になり、6月上旬頃から羽化が始まり,6~8月成虫になる。
寒冷地以北では年4回発生。
越冬は成熟幼虫で粗皮下、枝のすきまなどに粗い繭を作って越冬する。
年5~6回の発生し、幼虫で越冬。
被害が多いのは7~9月ごろ。葉裏に1粒ずつ産卵、株元に筒状の繭をつくり蛹になる。
年2〜3回の発生。
越冬は食入した茎の中で成熟幼虫で行う。

シンクイムシはどの種類も中に潜り込んで食害しますが、加害具合はそれぞれ特徴があり、異なっています。例えば、モモシンクイガは食入孔が非常に小さいため、外から穴を発見することが困難だったり、逆にナシヒメシンクイは芯折れを発生させ、食入孔は大きかったりします。

梅で、シンクイムシを防除する、おすすめの農薬

灰星病

灰星病は、灰星病菌によって起こります。灰星病菌は前年に発症した枝や果実に残ったまま越冬し、その後5月から8月にかけて、特に降雨が多い時期に胞子を飛散させて、枝や果実に付着して発病します。

発病した場合、果実には小さい淡褐色の斑点が生じ、それが大きくなって果実を腐敗させます。そして最後にはミイラ状になってしまいます。枝に発症した場合は、最悪枝枯れを起こします。

梅で、灰星病の防除に使えるおすすめ農薬

黒星病(黒点病)

黒星病は、 学名Diaporthe citri Wolf、子のう菌系の糸状菌であり,様々な植物に黒点を引き起こします。

黒星病(黒点病)は葉っぱに黒色で円形の黒点、班を付けるのが特徴で、進行が進むと徐々に黒点、班の密度が高まり、雨などの水を介して涙斑状に、そして果実一面に感染して泥塊状と変化していきます。

発症が激しい果実は商品に出せないため、果に大量に発生すると、経営に大きな問題が生じます。また、軸腐病の発生の原因になり,貯蔵中の果の腐敗が多発し、大きな損失を引き起こします。

梅で、黒星病を防除する、おすすめの農薬

かいよう病

かいよう病は柑橘(かんきつ)などでは代表的な病害で、葉や枝、果実に発生し、円形の斑点ができて、徐々に拡大していく病気です。次第にざくろ状の亀裂ができて中央部がコルク化していきます。多発すると落葉を招く厄介な病気です。

梅のかいよう病
出典:HP埼玉の農作物病害虫写真集 梅のかいよう病

梅でかいよう病の防除に使える、おすすめ農薬

その他、コスカシバといった害虫、またうどんこ病も発生します。詳しい情報は、是非リンクをクリックして、参考にしてみてください。

その他 梅の情報

その他、梅の情報として下記があります。ぜひ参考にしてみてください。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

農薬販売届 受付番号:210-0099

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
タイトルとURLをコピーしました