アクタラ粒剤5の商品紹介

アクタラ粒剤5の画像

by Amazon Product Advertising API

自動取得のため実際の商品と画像が異なる場合がございます。 予めご了承ください。

共有する ツイート お気に入り
累計閲覧数
39回

アクタラ粒剤5

種類名
チアメトキサム粒剤
メーカー
シンジェンタ ジャパン株式会社 メーカーサイト
剤型名
粒剤
用途
殺虫剤

タグ

家庭園芸向け ツールチップアイコン

概要

アクタ粒剤の性状は類白色細粒で、ネオニコチノイド系の殺虫剤です。 有効成分のチアメトキサムはネオニコチノド剤の中でも害虫の種類や浸透移行性が強いので、効果が安定しており耐雨水が高いので効果が長く続くのも特徴です。 野菜や果物の成長の妨げになる害虫(アブラムシ類やアザミウマ類、コナジラミ類)に効果があり従来の対抗性がある害虫にも効果が期待できます。 また人に対する急性毒性はひくいので、プロの農家方以外でも家庭菜園などでも利用しやすい殺虫剤です。

自動取得のためリンク先の商品が異なる場合がございます。

有効成分情報

成分名称 含有濃度 IRAC FRAC HRAC
チアメトキサム 0.5000% 4A

適用表

作物名 適用病害虫名 希釈倍率 使用液量 使用時期 使用方法 本剤の使用回数 チアメトキサムを含む使用回数
きゅうり アブラムシ類 1g/株 定植時 植穴処理 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)
きゅうり コナジラミ類 1g/株 定植時 植穴処理 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)
きゅうり トマトハモグリバエ 1g/株 定植時 植穴処理 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)
なす ミナミキイロアザミウマ 1g/株 定植時 植穴処理 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)
なす マメハモグリバエ 1g/株 定植時 植穴処理 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)
なす コナジラミ類 1g/株 定植時 植穴処理 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)
なす コガネムシ類幼虫 1g/株 定植時 植穴処理 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)
なす アブラムシ類 1g/株 定植時 植穴処理 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)
なす アブラムシ類 1g/株 育苗期後半 株元散布 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)
なす ミカンキイロアザミウマ 2g/株 定植時 植穴処理 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)
トマト ハモグリバエ類 1~2g/株 定植時 植穴処理 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)
トマト コナジラミ類 1g/株 定植時 植穴処理 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)
トマト コナジラミ類 1g/株 育苗期後半 株元散布 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)
ミニトマト ハモグリバエ類 1~2g/株 定植時 植穴処理 1回 3回以内(粒剤の処理は1回以内、散布は2回以内)
ミニトマト コナジラミ類 1g/株 定植時 植穴処理 1回 3回以内(粒剤の処理は1回以内、散布は2回以内)
ミニトマト コナジラミ類 1g/株 育苗期後半 株元散布 1回 3回以内(粒剤の処理は1回以内、散布は2回以内)
ピーマン ミナミキイロアザミウマ 2g/株 定植時 植穴処理 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)
ピーマン アブラムシ類 1g/株 定植時 植穴処理 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)
とうがらし類 アブラムシ類 1g/株 定植時 植穴処理 1回 4回以内(定植時の植穴処理は1回以内、散布は3回以内)
カリフラワー アブラムシ類 0.5g/株 育苗期後半 株元散布 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
ブロッコリー アオムシ 2g/株 育苗期後半 株元散布 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
ブロッコリー ハイマダラノメイガ 2g/株 育苗期後半 株元散布 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
ブロッコリー コナガ 2g/株 育苗期後半 株元散布 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
ブロッコリー コナガ セル成型育苗トレイ1箱またはペーパーポット1冊(30×60cm・使用土壌約3~4㍑)当り20~30g は種時 散布 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
キャベツ アブラムシ類 苗地床1㎡当り6g は種前 全面土壌混和 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
キャベツ アブラムシ類 セル成型育苗トレイ1箱またはペーパーポット1冊(30×60cm・使用土壌約3~4㍑)当り30g 育苗期後半 散布 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
キャベツ アブラムシ類 1~2g/株 育苗期後半 株元散布 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
キャベツ アブラムシ類 2g/株 定植時 植穴処理 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
キャベツ ハイマダラノメイガ 2g/株 定植時 植穴処理 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
キャベツ ハイマダラノメイガ 2g/株 育苗期後半 株元散布 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
キャベツ ハイマダラノメイガ セル成型育苗トレイ1箱またはペーパーポット1冊(30×60cm・使用土壌約3~4㍑)当り20~30g は種時 散布 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
キャベツ コナガ セル成型育苗トレイ1箱またはペーパーポット1冊(30×60cm・使用土壌約3~4㍑)当り20~30g は種時 散布 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
キャベツ コナガ 15g/培土㍑ は種前 床土混和 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
キャベツ コナガ 2g/株 育苗期後半 株元散布 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
キャベツ アオムシ 2g/株 育苗期後半 株元散布 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
はくさい コナガ 15g/培土㍑ は種前 床土混和 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
はくさい コナガ 2g/株 育苗期後半 株元散布 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
はくさい アオムシ 2g/株 育苗期後半 株元散布 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
はくさい アブラムシ類 1~2g/株 育苗期後半 株元散布 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
すいか アブラムシ類 2g/株 定植時 植穴処理 1回 4回以内(粒剤の処理は1回以内、散布は3回以内)
いちご アブラムシ類 1g/株 定植時 植穴処理 2回以内 4回以内(定植時の植穴処理は2回以内、散布は2回以内)
メロン ハモグリバエ類 2g/株 定植時 植穴処理 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)
メロン アブラムシ類 1g/株 定植時 植穴処理 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)
メロン ミナミキイロアザミウマ 1g/株 定植時 植穴処理 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)
レタス ナモグリバエ 15g/培土㍑ は種前 床土混和 1回 3回以内(種子への処理、水和剤の灌注及び粒剤の処理は合計1回以内、定植後の散布は2回以内)
レタス ナモグリバエ 0.5g/株 育苗期後半 株元散布 1回 3回以内(種子への処理、水和剤の灌注及び粒剤の処理は合計1回以内、定植後の散布は2回以内)
レタス アブラムシ類 0.5g/株 育苗期後半 株元散布 1回 3回以内(種子への処理、水和剤の灌注及び粒剤の処理は合計1回以内、定植後の散布は2回以内)
非結球レタス ナモグリバエ 15g/培土㍑ は種前 床土混和 1回 1回
非結球レタス ナモグリバエ 0.5g/株 育苗期後半 株元散布 1回 1回
非結球レタス アブラムシ類 0.5g/株 育苗期後半 株元散布 1回 1回
かんしょ アブラムシ類 6kg/10a 育苗期 株元散布 1回 1回
かんしょ コガネムシ類幼虫 6~9kg/10a 植付前 作条混和 1回 1回
かんしょ コガネムシ類幼虫 6~9kg/10a 植付前 全面土壌混和 1回 1回
さといも アブラムシ類 6kg/10a 植付前 作条混和 1回 1回
さといも コガネムシ類幼虫 6kg/10a 植付前 作条混和 1回 1回
やまのいも アブラムシ類 6kg/10a 萌芽期 株元散布 1回 4回以内(粒剤の処理は1回以内、散布及び無人航空機散布は合計3回以内)
やまのいも ナガイモコガ 6kg/10a 萌芽期 株元散布 1回 4回以内(粒剤の処理は1回以内、散布及び無人航空機散布は合計3回以内)
やまのいも ナガイモコガ 6kg/10a 植付時 植溝土壌混和 1回 4回以内(粒剤の処理は1回以内、散布及び無人航空機散布は合計3回以内)
ばれいしょ アブラムシ類 2~6kg/10a 植付時 作条混和 1回 4回以内(植付時の処理は1回以内、植付後は3回以内)
ねぎ ネギアザミウマ 6kg/10a は種時 作条混和 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の処理は3回以内)
ねぎ ネギアザミウマ 6~9kg/10a 植付時 作条混和 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の処理は3回以内)
ねぎ ネギハモグリバエ 6~9kg/10a 植付時 作条混和 1回 4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の処理は3回以内)
わけぎ ネギアザミウマ 6kg/10a 植付時 作条混和 1回 4回以内(植付時の作条混和は1回以内、植付後は3回以内)
わけぎ ネギハモグリバエ 6kg/10a 植付時 作条混和 1回 4回以内(植付時の作条混和は1回以内、植付後は3回以内)
あさつき ネギアザミウマ 6kg/10a 植付時 作条混和 1回 1回
あさつき ネギハモグリバエ 6kg/10a 植付時 作条混和 1回 1回
こまつな アブラムシ類 6kg/10a は種時 作条混和 1回 3回以内(は種時の作条混和は1回以内、は種後は2回以内)
チンゲンサイ アブラムシ類 6kg/10a 定植時 作条混和 1回 3回以内(定植時の作条混和は1回以内、散布は2回以内)
チンゲンサイ ハモグリバエ類 6kg/10a 定植時 作条混和 1回 3回以内(定植時の作条混和は1回以内、散布は2回以内)
セルリー ナモグリバエ 2g/株 鉢上時 土壌混和 2回以内 2回以内(鉢上時の土壌混和は1回以内、定植時の植穴処理は1回以内)
セルリー ナモグリバエ 2g/株 定植時 植穴処理 2回以内 2回以内(鉢上時の土壌混和は1回以内、定植時の植穴処理は1回以内)
れんこん クワイクビレアブラムシ 6kg/10a 収穫14日前まで 湛水散布 3回以内 3回以内
だいこん アブラムシ類 4kg/10a は種時 作条混和 1回 3回以内(は種時の作条混和は1回以内、散布は2回以内)
かぶ アブラムシ類 6kg/10a は種時 全面土壌混和 1回 4回以内(は種時の全面土壌混和は1回以内、散布は3回以内)
にんじん コガネムシ類幼虫 6kg/10a は種時 全面土壌混和 1回 1回
こんにゃく アブラムシ類 6kg/10a 培土時(但し、出芽前まで) 株元散布 1回 1回
ほうれんそう アブラムシ類 6kg/10a は種時 作条混和 1回 3回以内(種子への処理及びは種時の作条混和は合計1回以内、散布は2回以内)
のざわな アブラムシ類 6kg/10a は種時 作条混和 1回 3回以内(は種時の作条混和は1回以内、は種後は2回以内)
しゅんぎく アブラムシ類 6kg/10a は種時 作条混和 1回 4回以内(は種時の作条混和は1回以内、散布は3回以内)
しゅんぎく ハモグリバエ類 6kg/10a は種時 作条混和 1回 4回以内(は種時の作条混和は1回以内、散布は3回以内)
せり アブラムシ類 3kg/10a 親株養成期 但し、収穫100日前まで 湛水散布 1回 1回
かんきつ(苗木) ミカンハモグリガ 20~40g/樹 育苗期 株元散布 2回以内 3回以内
かんきつ(苗木) コナカイガラムシ類 20g/樹 育苗期 株元散布 2回以内 3回以内
かんきつ(苗木) ミカンキジラミ 20g/樹 育苗期 株元散布 2回以内 3回以内
つつじ類 コガネムシ類幼虫 9kg/10a 植付時 全面土壌混和 1回 5回以内
つつじ類 コガネムシ類幼虫 9kg/10a 生育期 株元散布 1回 5回以内
つつじ類 ツツジグンバイ 6~9kg/10a 生育期 株元散布 1回 5回以内
つつじ類 ツツジグンバイ 9kg/10a 植付時 全面土壌混和 1回 5回以内
げっきつ ミカンキジラミ 40g/樹 生育期 株元散布 3回以内 3回以内
花き類・観葉植物 アブラムシ類 6kg/10a 生育期 株元散布 1回 6回以内

特徴

効果を発揮する病害虫がおおく速効性が高い

アブラムシ類、シルバーリーフコナジラミ(タバココナジラミ)、コナカイガラムシ類、ロウムシ類、カメムシ類、チャノキイロアザミウマ、ミナミキイロアザミウマ、ミカンキイロアザミウマ、モモハモグリガ、ミカンハモグリガ、ゴマダラカミキリ、コガネムシ類などに効果があり速効性もあります。

優れた作物吸収性と浸透移行性

処理された粒剤は土壌中の水分に溶解して植物体に吸収され、導管を通じて移行していきます。
葉巻内のアブラムシ類にも効果を発揮します。

対抗性がある害虫にも効く

アブラムシ類、コナジラミ類、アザミウマ類などはすでに合成ピレスロイド剤や有機リン剤、カーバメート系剤に抵抗性を獲得した害虫が多くいますが、それらの害虫にも効果が期待できます。

使用方法

細粒ですのでそのまま、定植時に植え穴に処理する場合もしくは育苗期の後半に株元に処理します。

農家web編集部からのポイント

施用量や使用方法に注意

多くの野菜や果物の害虫に効果があるアクタラ粒剤、それぞれ施用量は異なります。
きちんと使用方法を確認して実施してください。

ハチへの影響

ハチに対する安全導入日数は2000倍散布で42日後です。
有用昆虫としてのハチを導入する場合は、導入前42日間は使用しないようにしましょう。

使用上の注意

効果・薬害等の注意

  • かんきつに本剤を用いる場合は、今期に収穫見込のない苗木に対して使用し、散布後軽く散水してください。なお、本剤を処理してから効果を発揮するまでに2週間程度期間を要するため、対象害虫の発生前に予防的に散布してください。
  • こんにゃくに使用する場合には、培土作業をする直前に、株元散布してください。
  • 床土混和処理では、薬剤を均一に混和してください。
  • 床土混和処理では育苗期間中の苗管理において、過度の乾燥後に灌水するなど薬剤が急激に吸収されるような条件では薬害を生ずる恐れがあるので、十分注意してください。
  • キャベツのセル成型育苗トレイに使用する場合は、散布後に軽く散水などを行い本剤が茎葉に残らないようにしてください。
  • れんこん、せりに使用する場合には、湛水状態を保ち、散布後少なくとも7日間は落水、かけ流しはしないでください。
  • 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。
  • ミツバチ及びマルハナバチ等に対して影響があるので、ミツバチ及びマルハナバチ等の巣箱及びその周辺にかからないようにしてください。
  • 間引き菜、つまみ菜に使用しないでください。
  • 本剤の使用に当っては使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には、病害虫防除所等関係機関の指導を受けてください。
  • 適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、普及指導センター、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。

安全使用上の注意

  • かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意してください。
  • 街路、公園等で使用する場合は、使用中及び使用後(少なくとも使用当日)に小児や使用に関係のない者が使用区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払ってください。

環境保護上の注意

  • 使用後の空袋は圃場などに放置せず、環境に影響のないように適切に処理してください。
  • 水産動植物(魚類)に影響を及ぼすので、養殖池等周辺での使用はさけてください。
  • 水産動植物(甲殻類)に影響を及ぼすので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用してください。
  • 散布後は水管理に注意してください。

貯蔵上の注意

  • 保管の際には、使い残した薬剤は密閉し、食品と区別し、直射日光が当たらない低温な場所に密封して保管してください。

スポンサードリンク