アワノメイガを駆除、防除する農薬について

葉っぱにいる、アワノメイガの成虫病害虫
病害虫種類農薬

アワノメイガといえば、トウモロコシに最も甚大な食害を与える害虫で有名です。ここではアワノメイガとはどういう虫なのか、その特性と、アワノメイガを駆除、防除するための農薬、またその他の効果的な方法についても解説します。

スポンサーリンク

そもそも、アワノメイガはどういう害虫?

アワノメイガとは?

アワノメイガは、昆虫綱鱗翅(りんし)目のメイガ科に属する「ガ」です。アジアなどに幅広く分布し、日本中で見ることができます。成虫はオレンジ〜クリーム色で、羽を広げると30mm程の大きさになり、夜行性で、夜の街灯、灯火でよく見かけます。

農業の害虫として問題になるのは、この幼虫で、幼虫はトウモロコシ、アワ、キビ、麦(ムギ)などのイネ科を食べる害虫です。

アワノメイガの幼虫は、黄白色で頭は茶色、体長は5mm~2cmほどです。背中に模様があるものはアワヨトウとといって、アワノメイガとは異なります。

アワノメイガは5~9月の間に3回程度発生します。成長サイクルは、幼虫から蛹を経て成虫になるまでで、約1カ月程度です。蛹から羽化した成虫は、生きている間に二~三回産卵します。

どうしてアワノメイガは害虫なのか?

アワノメイガは、その名の通り、アワが大好きです。トウモロコシ、サトウキビ、ソルゴーなどのイネ科作物でよく見られます。

アワノメイガの幼虫は葉裏を食害し、茎の中に侵入します。また、雄穂を糸で穂をつなぎ合わせ、その中に潜んで食害します。そして雌花が咲いて、農作物の果実が実ると、果実も食害します。その後、茎内部で蛹になります。このように、イネ科の作物での食害がひどいため、アワノメイガは害虫とされています。

スポンサーリンク

アワノメイガに効く農薬

アワノメイガはトウモロコシでは非常に有名な害虫のため、下記のように、多くの適用農薬があります。

アワノメイガに効く代表的な農薬

有機リン系 エルサン、オルトラン、スミチオンなど

有機リン系殺虫剤は殺虫剤の中でも、昆虫の神経系を阻害するタイプで、殺虫剤の代表的なタイプです。代表的な有機リン系農薬は、エルサン、オルトランやスミチオンがあり、どちらもアワノメイガに効く農薬です。スミチオンについては下記をご参考ください。

パダン

パダンは、カルタップ塩酸塩を有効成分とした殺虫剤で、アワノメイガはもちろん、稲のコブノメイガ、ニカメイチュウ、イネツトムシ、茶のチャノホソガなどのような作物の茎葉を食害する害虫に特にすぐれた効果を示します。

また、有機リン系とは異なるRACコードで、害虫の抵抗性、耐性が見られる場合や、ローテーション散布に利用しやすい農薬であるといえます。

パダンは遅効性なので、パダンをベースとしつつ、目視で、雄穂が折れている、雌穂を包む葉に穴が開いているなど、発生がすでに検知される場合は、即効性(速攻性)があるスミチオンをピンポイントで散布する、という使い方で成果を出されている方もいます。

アワノメイガに効く農薬一覧表

RACコード別に分類した、アワノメイガに効く代表的な農薬は以下のようになります。

IRACコードグループ名アワノメイガ
1B有機リン系エルサン
オルトラン
カルホス
スミチオン
ダイアジノン
3Aピレスロイド系アディオン
トレボン
14ネライトストキシン類緑体パダン
15ベンゾイル尿素系(IGR)カスケード
28ジアミド系フェニックス

※農薬を使用する際にはラベルをよく読み、用法・用量を守ってお使いください。

殺虫剤 スミチオン乳剤 500ml
ファームトップ 楽天市場店
殺虫剤 スミチオン水和剤40 500g
ファームトップ 楽天市場店
エルサン粉2% 3kg (家庭菜園 野菜 栽培 栗 お茶 水稲 稲作 ガーデニング用品 ガーデン用品 家庭園芸 薬剤 虫対策 園芸 ガーデニング 用品 農業用品 農業用 農薬 害虫駆除 畑 殺虫 農業資材 園芸用品 園芸用資材・雑品 殺虫剤 農業用資材)
日本農業システム楽天市場店
\ ポイント10倍 / カスケード乳剤 250ml  \ バナーからエントリーでP10倍! /
農家のお店おてんとさん楽天市場店
RACコードとは??

RACコードとは、農薬を作用機構(農薬の効き方)ごとに分類して番号と記号を振ったコードになります。

例えば殺虫剤なら有機リン系は[1B]、ネオニコチノイド系は[4A]など、すべての農薬にRACコードが設定されています。

同じRACコードの農薬を繰り返し使うと害虫や病原菌に抵抗性がついてしまうのを、RACコードが違うコードの農薬を交互に使うことで防ぐことができます。「系統」とも呼ばれますが、RACコードの方が、より厳密に分類されています。 

殺虫剤は、IRAC(アイラック)コード、殺菌剤にはFRAC(エフラック)コード、除草剤にはHRAC(エイチラック)コードになっています。

殺虫剤はアワノメイガだけでなく、アザミウマ類、カイガラムシ類やハダニ類、アブラムシ類、ヨトウムシコナジラミコガネムシハスモンヨトウネキリムシ、ヨコバイ、ハモグリバエ、ハマキムシ、イラガ、カメムシウンカ、メイガ、ハムシ、ケムシ、テントウムシダマシ、ナメクジ、シンクイムシなど幅広い殺虫スペクトラムを持つものも多いので、うまく活用しましょう。

上記の農薬は水で溶かして薄めて使用する液剤や水溶性の粉剤、粒状、粒タイプです。希釈方法等については下記をご参考ください。

スポンサーリンク

生物農薬

生物農薬とは、「農薬の目的に使われる生物を使い、病害を防除する農薬」のことを言います。

その生物とは主に、昆虫、線虫、微生物で、害虫(例えばアブラムシアザミウマコナジラミハダニなど)を捕食する、天敵に当たる昆虫や、昆虫に寄生するもの、センチュウ、また病原菌にあたる生物になります。

天敵導入による防除は、名前でこそ「生物農薬」と呼ばれますが、化学農薬ではなく、有機JASでも勿論使用可能です。

アワノメイガ対策に使えるおすすめの生物農薬は、微生物殺虫剤、BT殺虫剤があります。

BT殺虫剤 エスマルクDF 500g
ファームトップ 楽天市場店

生物農薬は、在来種以外の天敵昆虫を使用することが多く、本来の生態系に影響を与える恐れがある為、閉鎖系の圃場以外では使用、散布し難いものがあるなどの注意点もあります。

その他、生物農薬については下記に詳しく、具体的な製品も紹介していますので、ご参考ください。

防除する際のポイント

近年では、特定の農薬に抵抗性を持った害虫も多く発生し、農薬の効率的な使用のため、農薬のRACコードを確認して、タイプの異なる殺虫剤のローテーション散布を心がけること、また、農薬の使用量を減少させるために、生物的、物理的、耕種的防除法を取り入れたIPM防除体系を組んで、統合的に実践することが重要になってきています。

IPM(総合的害虫管理)とは?

農地を取り巻く環境や病害虫の対象種の個体群動態を考慮しつつ、「生物的防除」「化学的防除」「耕種的防除」「物理的防除」を組み合わせることで、病害虫の発生を経済被害を生じるレベル以下に抑えることをいいます。

  • 生物的防除」 病害虫の天敵を導入し、病害虫密度を下げる防除法
  • 「化学的防除」 化学薬剤を使用して行う防除法
  • 「耕種的防除」 栽培法,品種、圃場の環境条件等を整え、病害虫の発生を減らす防除法
  • 「物理的防除」 防虫ネット、粘着トラップ、光熱等を利用して病害虫を制御する防除法

(IPM・・・Integrated Pest Management)

雄穂を切って、間引く

雄穂が出ると、アワノメイガの幼虫はその穂の中に入ってきます。このため、雄穂がなければ幼虫が侵入することはないとの考えから、雄穂を切り取ってしまうという方法です。

切るタイミングですが、受粉が終わってから雄穂全体を切ると、雄穂を切った時に幼虫がその下に潜り込んでしまう可能性もあるため、雄穂が見えてきたらすぐに切る方がより防除に良いとし、実践されている方もいます。その場合、受粉のために残す雄穂の数の目安としては、雄穂を3分の1以上残しておくことで、受粉自体には大きくは影響がないとされています。(トウモロコシはものすごい量の花粉を出すので、もっと雄花がなくても受精には影響ないという説もあります)

コンパニオンプランツと栽培する

コンパニオンプランツとは、近くで栽培することでお互いの作物に良い影響を与え、共栄しあう複数の植物の組み合わせ、またそれに該当する植物のことを言います。

トウモロコシとマメ科の植物はコンパニオンプランツとして有名で、とうもろこしの周りにマメ科(例えばインゲンやエダマメ枝豆))の植物を植えると、アワノメイガは寄り付きにくくなる効果があります。

その他

この他、防除方法としては、イースト菌の発酵液を畑の中に置くことでアワノメイガの被害が減るという説があります。明確な理由は解明されていませんが、この方法で成果を出されている農家の方は存在しています。

やり方は、500mlのペットボトルを用意し、150mlほどのぬるま湯をベースに、イースト菌、ハチミツを希釈倍率20倍で投入し、混ぜます。

そのペットボトルを目安5m2に1本づつ、出穂間近の圃場に置く、という簡単な方法です。

まとめ

アワノメイガは、特にトウモロコシ農家の方にとっては、非常に厄介な害虫です。防除方法を組み合わせて、より適切な防除の一助となれば幸いです。

ここで紹介した農薬は、JA販売店やホームセンターのガーデニング・資材、庭木コーナーにあるものもあります。ほ場で早期発見し、適切な薬剤や防除方法でしっかり発生を予防、ガードできると、農薬散布と言った農作業の回数を減らすことができます。

この記事を書いた人
農家web編集部

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。
皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web