読めば流れがわかる!キュウリの栽培方法

キュウリ
キュウリ基本果菜類栽培
スポンサーリンク

キュウリは、水分が95%以上が水分であり、みずみずしさが特徴の野菜です。実は、食用とされているキュウリは未熟果のもので、品種や収穫するまでの期間に応じて、さまざまなサイズのものがあります。

夏野菜の代表的な作物として知られており、生育適温は昼間22℃〜28℃となっています。家庭菜園では、地植え栽培だけではなく、プランターや鉢植え、袋栽培でも栽培可能な作物です。プロ農家の場合は、品質と収量(収穫量)の向上のため、ハウス栽培されることが一般的です。

この記事では、キュウリの基礎知識や家庭菜園などで使える栽培方法の基本、重要事項、注意点などについて解説します。記事が長いため、目次を見て必要な部分から読み進めてください。

キュウリの基礎知識

作物名科目原産地育てやすさ種の価格の価格(円/1粒)苗の価格の価格(円/1苗)収穫までの日(目安)栽培できる地域作型栽培方法土壌酸度(pH)連作障害発芽適温生育適温日当たり光飽和点
キュウリウリ科インド西北部、ヒマラヤ山麓★★★☆☆10円〜100円程度100円〜1,000円程度発芽から約60日全国促成栽培
半促成栽培
抑制栽培
など

露地栽培
プランター・鉢植え栽培
施設栽培養液栽培
養液土耕栽培

6.0〜7.0あり(2〜3年)25〜30℃17〜28℃日なた55klx

きゅうりは、インド西北部などアンデス山麓原産の作物です。日本では、「白イボ系」と呼ばれる緑色が鮮やかで皮が薄い品種が流通の90%以上を占めています。他にも「黒イボ系」や「四川胡瓜」「ロシアキュウリ」など世界中で500以上の品種が栽培されています。

ブルームキュウリとブルームレスキュウリの違い

単純に言うと、ブルームが発生しやすいキュウリ(品種)か、そうではないかの違いです。

「ブルーム」とは、キュウリの果実の表面に発生する白い果粉を指します。キュウリの表面が白っぽく見えたらブルームが発生しています。ブルームは、キュウリの他にスイカやカボチャといったウリ科の植物、ブルーベリーやブドウといった果樹の果実など、ケイ素の吸収が多い作物に発生します。

ブルームは、果実の水分が抜けるのを防ぐために果実が分泌するもので、食味には全く影響がないとされています。主成分は、ケイ酸(正しくはシリカ、二酸化ケイ素)でこの程度の量であれば健康などにも全く影響はありません

しかし、その見た目から「農薬が付着して残っているんじゃないか」「病気にかかっているんじゃないか」などの風評被害が起こり、ブルームが発生しづらい品種が求められました。その結果、誕生したものがブルームレスキュウリです。ブルームレスキュウリは、ケイ素を吸収しづらい台木を接ぎ木することによって、ブルームの発生を抑制しています。

ブルームキュウリであろうが、ブルームレスキュウリであろうが、安全なものは安全ですし、美味しいものは美味しいということだけ覚えておいてください。

キュウリ栽培のポイント

  • 温度や水分に敏感な作物のため、地上部と地下部の環境を整えてあげることが重要です。
  • 特に種から発芽、育苗する場合には、発芽適温、育成適温を保つことが重要です。幼苗のときには夜温18℃以上、その後は15℃以上を保つようにしましょう。
  • 土壌病害である「つる割れ病」などを予防するため、カボチャ台木に接いだ接ぎ木苗を購入することをおすすめします。
  • キュウリは土壌病害にも、病気にかかりやすい作物です。耐病性のある品種を選ぶようにしましょう。
  • キュウリの根は、他の野菜と比較して広く浅く張る習性があります。そのため、過湿(土壌水分過多)、乾燥のどちらにも弱い作物です。排水性が良い土壌を作りつつ、ポリフィルムや敷わらでマルチングをすることで、土壌水分を適当に保つようにしましょう
  • また、キュウリの根は酸素の要求量も高い作物です。土壌の孔隙率を高めてフカフカの土となるように心がけましょう。ポイントは、堆肥などの有機資材を十分に施用して深耕(深く耕す)し、d上の物理性を高めることです。
  • 茎葉が脆いため、風などによって折れてしまうことがあります。支柱立て、誘引をしっかりと行いましょう。
  • キュウリ栽培においては、摘芯(摘心)作業が収量(収穫量)に大きく影響してきます。しっかりと摘芯を行うことによって、収穫量も増えます。
  • キュウリを長く栽培し、綺麗で真っ直ぐな果実を収穫するためには、追肥が欠かせません。養分が不足し、草勢が悪くなってくると「曲がり果」や「尻太り果」が増えます。

きゅうりの品種

きゅうりにもさまざまな品種があります。地這い栽培や立体栽培など栽培方法によって、適している品種が異なりますので、知っておくと大変便利です。下記に主な品種の一覧を掲載しますので、苗や種の購入の参考にしてください。

品種タキイ種苗 VR夏すずみタキイ種苗 北進サカタのタネ 味さんごトキタ種苗 ミニQタキイ種苗 Vアーチ埼玉原種育成会 夏秋美人サカタのタネ よしなりサカタのタネ フリーダムタキイ種苗 夏太郎タキイ種苗 シャキット
向いている栽培方法立体栽培立体栽培立体栽培立体栽培立体栽培立体栽培・地這い栽培立体栽培立体栽培地這い栽培立体栽培
節成り性・飛び節成り性節成り性節成り性節成り性節成り性節成り性節成り性節成り性節成り性飛び節成り性節成り性
特徴べと病、うどんこ病、ウイルス病に強く、減農薬栽培が可能。家庭菜園でもおすすめ。側枝の発生が旺盛で果実が付きやすいうどんこ病、べと病に対して耐病性があり、特にうどんこ病に強い長さ約10cm、1個約40gの果実をつけるウイルス病、べと病、うどんこ病に耐病性があるべと病、うどんこ病に強く、無農薬栽培も可能べと病、褐斑病、うどんこ病に耐病性がある表面にイボがないイボなしキュウリ。
うどんこ病、べと病に耐病性がある
うどんこ病、べと病に強い表皮に細かいイボがある。うどんこ病、べと病、ウイルス病に耐病性ある
キュウリの栽培方法(仕立て方、誘引方法)には大きく2つあって、品種によって向き・不向きがある

キュウリは、品種によって、仕立て方、誘引方法が異なります。

他の果菜類と同様、園芸支柱や誘引ひも、ネットで上に誘引していく方法を「立体栽培」、誘引などをせず地面にそのまま這わせるように伸ばしていく方法「地這い栽培」と呼びます。

昨今では「立体栽培」が主流ですが、「地這い栽培」が向いている品種もまだ販売されています。地這い栽培をやる場合には、広いスペースが必要となるので注意しましょう。

キュウリ栽培のスケジュール

発芽適温生育適温(昼間)生育適温(夜間)
25〜30℃17〜18℃22〜28℃
キュウリの発芽適温と生育適温

一般的な露地栽培をベースに考えたキュウリ栽培のスケジュールです。品種によっても違いがありますので、購入する種・苗のラベルを参考に年間スケジュールを想像すると良いでしょう。

露地栽培の場合は、施設栽培のように環境の制御が難しいため、生育適温に近い環境となるシーズンに栽培することが望ましいです。種から育てる場合、まだ寒い時期から栽培を開始することになることが多いです。そのため、ビニールトンネルやホットキャップでの保温、場合によっては電熱マット(農電園芸マット、農電マットなど)を使用することが望ましいです。

生育適温ですが、昼間(日中帯)の温度と夜間の温度で異なります

昼間は、可能であれば22℃〜28℃前後で管理できると良いでしょう。30℃を超えてくるなど、生育適温から外れると生育が悪くなります。

夜間は、可能であれば、17℃〜18℃前後で管理できると良いでしょう。夜温(夜間の温度)が高すぎると過繁茂になりやすくなり、果実の形も悪くなります。

編集さん

ハウス栽培など、地上部の環境が制御できる場合は、午前中は温度を高めに保ち、正午過ぎ〜夕方にかけて温度を下げていく方法などが採用されています。

育苗期の生育適温は?

育苗の際には、栽培中の生育適温よりも少し高めを保ちます。日中は25℃〜28℃前後で管理します。夜間は12℃〜18℃前後で管理すると良いでしょう。その後、生長に合わせて、周りの環境に慣れさせていきます(順化)。

育苗については、下記の記事で詳しく解説しています。

キュウリ栽培の流れ・栽培方法

キュウリ栽培の流れ・栽培方法は、下のカレンダーのようになります(一般地の露地栽培の目安)。施設栽培(ハウス栽培)の場合は、加温、換気をすることにより、栽培時期や栽培期間を調整することができます(施設栽培におけるキュウリ栽培については、別途記事を作成します)。

また、露地栽培と施設栽培では管理の方法が異なります。今回は、家庭菜園でもできる一般的な露地栽培の管理方法について記載します。

キュウリ栽培の流れ

キュウリの種まき(播種)

そもそもキュウリは、種をまく段階で2つの栽培方法に分けることができます。

  • 育苗して本圃に植え付ける方法(普通の育苗・栽培方法)
  • 本圃にそのまま直接種をまく方法(直まき栽培)

それぞれのメリット・デメリットは以下のとおりです。

項目普通の育苗・栽培方法直まき栽培
メリットある程度気候に左右されずに健全な苗を育てることができる。ポットやセルトレーなどの資材が要らない。
植え付けをしなくて済むため、労力が減る。
デメリット育苗ポットやセルトレー、農電マットなどが必要となる。
育苗時は繊細な管理が必要となり労力がかかる。
植え付けの手間が発生する。
露地でもある程度気温が保てるようになってから栽培を始める必要がある。
温度管理などが難しく、苗が思ったとおりに育たないこともある。

しっかりとした苗で長期間栽培したいという方は育苗をしたほうが良いでしょう。家庭菜園などお試しで栽培をしたい方は、直まき栽培でも問題ありませんが、気温(発芽適温、育苗適温)がしっかりと保てるようになってから播種する必要があります。場合によっては、苗キャップなどの設置も必要となるでしょう。

編集さん

特に地這い品種の場合は、直まき栽培を推奨する品種も多いです。その品種の特性にあった育苗方法を検討すると良いでしょう。

今回は、ポットに種をまいて育苗する方法について、詳しく解説します。

キュウリの種まき(播種)方法は大きく2つあります。

  1. ポットに種をまく方法
  2. 育苗箱に種をまく方法

発芽適温は、25〜30℃です。ポットの場合も、育苗箱の場合も適温となるように工夫をしましょう。ポットや育苗箱に培養土を入れ、種まきをします。キュウリの種は、嫌光性種子のため覆土を行い、発芽適温となるように温度管理します。

発芽後は昼夜の気温差は小さくし、育苗、成長していくにつれて少しずつ昼夜の気温差を大きくしていきます。

初心者の方や栽培規模がそこまで大きくない方は、ホームセンターや園芸店、インターネットで苗を購入することをおすすめします。苗は、耐病性のある病気に強い接木苗を購入すると良いでしょう。台木にはカボチャが使われており、実生苗(キュウリの苗そのまま)よりも耐病性に優れています。

下の記事に、キュウリの播種・育苗期の管理方法について詳しく解説していますので、参考にしてください。

キュウリの育苗

一般的には、気温がしっかりと保てていれば4〜5日程度で発芽が揃うはずです。発芽後、30日前後で、本葉2.5〜4枚程度となり植え付け(定植)適期の苗となります。育苗は栽培において、とても重要な時期となります。「苗半作」という言葉があるくらい重要です。植え付け(定植)適期になるまで大事に育苗しましょう。

下の記事に、キュウリの播種・育苗期の管理方法について詳しく解説していますので、参考にしてください。

編集さん

台木と穂木、どちらも用意することで接ぎ木苗を自作することもできます。呼び接ぎと言われる方法が初心者向けです。接ぎ木苗の作り方はまた別途記事にまとめます。

キュウリ栽培のための土作り、畝立て、支柱立て

キュウリを長く栽培し、美味しい果実を収穫するためには土作りが重要です。

土作りは、植え付けの2週間から3週間前には行い始めましょう。石灰質肥料、堆肥、元肥窒素リン酸、カリウムなどの化成肥料、または有機質肥料)は、土作りをするときに一緒に混ぜ込みます。

畝は排水性の悪い圃場でなければ、立てなくても栽培が可能です。排水性が気になる場合は高さ15cm〜20cmの畝を立ててください。また、支柱の立て方、組み方によって畝のレイアウトや苗の本数が変わってきます。下の記事に堆肥や元肥の施用量の目安を説明していますので、参考にしてください。

プランターや鉢による栽培の土作りは、ホームセンターに果菜類用の培養土が販売されているのでそれらを使うと良いでしょう。もちろん、赤玉土や腐植土、堆肥などを用いて独自で用土を用意することも可能ですが、家庭菜園初心者の方には、まず元肥入りの培養土をおすすめします。

培養土が入った袋をそのまま使った栽培(袋栽培)もできます。

キュウリの植え付け

本葉2.5枚から4枚になったころが植え付けのタイミングです。

植え付けは晴れている日の午前中に行いましょう。植え穴、苗にも予め十分に水やりをしてから植え付けます。植え付けが終わった後も、株の周りに十分灌水をして根の活着を促しましょう。

条間(列間)や株間、植え付ける深さなど、植え付けに関する詳しいことは下記の記事にて紹介していますので、参考にしてください。

キュウリの手入れ作業(管理作業)

植え付けがようやく終わると、キュウリをしっかりと育てるために手入れ作業が必要です。手入れ作業は大きく4つあります。

  1. 整枝(誘引・摘芯(摘心)・摘葉)
  2. 摘花、摘果
  3. 追肥(肥料)
  4. 除草・病害虫管理
よくある質問

Q:栽培中に水やりは必要ですか?

A:まず、キュウリは浅く広く根を張るため、基本的に乾燥に弱い作物です。その前提を覚えておいてください。

露地栽培においては、雨によって土壌に水が染み込んでいるため、基本不要です。しかし、あまりにも雨が降らず暑い日が続いている(2〜3日程度)、葉が萎れるしおれる場合には、畝全体が湿るくらいに水やりをしてください。特に暑い日は、蒸散と蒸発のスピードが早いので毎日水やりが必要な場合もあります(土壌の性質にもよります)。

逆に水をあげすぎると過湿状態となり、病気にかかりやすくなるため注意が必要です。

ちなみにハウス栽培においては、ほぼ毎日水やりをしなければキュウリがうまく育ちません。ハウスの場合は、光合成が促進され必要とする水の量も多くなることから、少量多頻度での潅水がおすすめです。

プランター栽培では、用土の量や質、天候にもよりますが植え付けして根が活着してからは、用土の乾き具合とキュウリの萎れ具合を確認して水やりをします。用土の表面が乾いていたら水をあげましょう。1回にやる水の量は、プランターから水が染み出してくるくらいの量です。

水やりは、日の出くらいの時間帯に行いましょう。午後〜夜に水やりをすると、過湿となり、病気になったり、徒長しやすくなったりします。

整枝(誘引・摘芯(摘心)・摘葉)

植え付けられたキュウリは、光合成を活発に行い、どんどん生長します。生長に伴い、親づる(一番太いつる)から「子づる」と呼ばれるものが出てきます。節成り性のキュウリの場合は、親づるの節にも実を付けますし、子づるの節にも実を付けます。

そして、子づるをそのままにしておくと「孫づる」ができて、どんどんつるが伸びていきます。すべてのつるが丈夫に育てば問題ありませんが、つるが伸びるにつれて消費する栄養分も多くなり、キュウリ自体が疲れて、収穫まで持たなくなってしまいます。

そのため、整枝作業が必要となります。具体的には、子づるの摘芯(摘心)や摘葉、誘引によってキュウリの樹勢を保ちながら、果実を付けていく作業です。

今回は主な栽培方法である節成り品種の立体栽培の整枝作業について、詳しく解説します。

誘引

キュウリはどんどんつるを伸ばしていきますので、支柱やネットに誘引する必要があります。

まず、親づるは3〜4葉おきに園芸支柱に誘引します。誘引するときは、麻ひもや誘引テープなどしっかりと支えられるものであれば何でも構いません。

親づるから伸びる子づるは、あらかじめ張っていたネットやビニール紐に誘引してください。

編集さん

勝手に細いつるを伸ばしてきたりもします。

摘芯(摘心)・摘葉

キュウリがある程度生長したら、栄養分の消費を限定するために摘芯をして、それ以上につるが伸びないようにしてやります。

親づるの摘芯のタイミングは、「手が届かなくなる高さにきたら」です。基本的に、人の手が届かなくなったら管理も難しくなるので、その前に摘芯をしてそれ以上伸びないようにします。

子づるの摘芯のタイミングは、株元から4〜6節目までとそれ以降で対応が異なります。株元から4〜6節目までは「問答無用ですべて根元から摘芯(摘除)」します。樹勢が弱っているときには、9節目までを摘除して様子をみても良いでしょう。

それ以降は、「子づるに実が付いて子づるの本葉2枚を残した先で摘芯」します。

孫づるは基本的に付けないことが多いですが、付けるとしたら子づると同じような管理が良いと思います。

摘葉は、上記のとおり適切に摘芯ができていれば過繁茂になることはないので不要ですが、収穫が終わって古くなった子づるの本葉や病気になった葉などは適用してください。

編集さん

摘芯の方法などは、品種や栽培方法によって異なります。どれが正解ということはありません。ご自身に合ったやり方を見つけていくことが必要です。まずは、上記のとおり始めて、栽培をしながらいろいろ試してみるのが良いのではないでしょうか?

摘花、摘果

キュウリは、どの段階で果実を収穫しても食材として活かすことができるため、草勢や好みに応じて好きなタイミングで収穫できます。特にキュウリは果実を付けすぎると草勢が落ちやすくなるため、気づいたときに摘花、摘果することが重要です。

ここでは、「仮に果実を20cm程度の大きさで獲ること」を収穫、「その前の段階で獲ること」を摘果として説明します。

摘果を行うタイミングとしては、2種類あります。

  • その大きさで収穫したい、食べたいとき
  • キュウリの草勢が落ちてきたとき

草勢が落ちてきていたら、迷わず摘果することをおすすめします。摘果することによって、養分の行き渡りが限定的になり、株全体の草勢が回復します。また、摘果したキュウリは、大きさにもよりますが、妻ものやもろきゅうなど、料理にしようできるため無駄にはなりません。

追肥(肥料)

キュウリは元肥だけでは栄養分が不足し、追肥で育つ植物です。そのため継続的な追肥が必要となります。下に追肥の一例を紹介します。

追肥の一例
  • 第1回追肥
    定植2週間後くらいに株の周りに円状に施肥し、土を軽く混ぜ合わせます。マルチをしている場合は、株元のマルチを少し拡げながら施すと良いでしょう。
    肥料(全種類施用)施用目安量(1株当たり)
    油かす約40g程度
    化成肥料約15g程度
  • 第2回〜第3回追肥
    15日〜20日おきに、畝の肩よりも少し内側に溝を掘って施肥します。畝の両肩に対して行いましょう。畝がない場合は、株元から20cm〜30cm程度離したところに同様に施肥します。
    マルチをしている場合には、マルチを一時的に剥がして施肥しましょう。
    肥料(全種類施用)施用目安量(1株当たり)
    油かす約40g程度
    化成肥料約15g程度
  • 第4回以降の追肥
    生育の様子を見ながら15日〜20日おきに1回程度、畝の両側に施肥します。栽培終了するまでの間、継続して追肥を行います。マルチを一時的に剥がして、畝の肩に散布し、土寄せをしながら土と混ぜ合わせると良いでしょう。
    肥料(全種類施用)施用目安量(1株当たり)
    油かす約40g程度
    化成肥料約15g程度

グラムの目安は、下記を参考にしてください。

種類大さじ1杯小さじ1杯一握り
堆肥約100g
化成肥料約15g約5g約30g
苦土石灰約20g約8g約40g
油かす約20g約8g約40g
草木灰約30g
キュウリにおすすめの肥料は?栽培方法別におすすめ商品を解説しています

(準備中)

除草・病害虫管理

放っておくと畝の周りに雑草が生い茂ってきます。雑草は害虫生息の温床にもなるので、こまめに抜き取ることをおすすめします。小さい面積の場合は手や鎌で、広い面積の場合は背負式の草刈り機などで行うと良いでしょう。また、畝の通路に防草シートを敷くことや農耕地用除草剤を使用することも有効です。

病害虫と聞くと少し怖いですよね。しかし、病害虫に対して適切に処理することでまん延を防ぐこともできます。「キュウリ栽培の生理障害・病害虫管理」にキュウリ栽培の主な生理障害、病害虫の対処方法をまとめました。症状などと照らし合わせながら、適切な対処を行いましょう。

生理障害・病害虫管理のポイント
  • 害虫(アブラムシやアザミウマなど)を見つけた場合には必ず除去してください。害虫は病気を運んでくることも多いため、感染予防にも繋がります。
  • 特にキュウリの場合、ウリハムシの被害も大きいです。成虫であれば葉の食害、幼虫であれば根の食害と、幼虫も成虫も害虫です。
  • キュウリの病気は、特にウイルス病(モザイク病など)、べと病、うどんこ病が多いです。発生したときには、早めの対処を心がけましょう。
  • 生理障害を起こさないように植物の状態を適切に保ちましょう。特に追肥、手入れ(芽かきや摘果など)は重要です。生理障害を起こさないことで病害虫発生の予防にもつながります。
  • キュウリは草勢が落ちると、曲がり果や尻太り果など、果実の形に影響が出てきます。影響が出る前に草勢をコントロールするのはもちろんのこと、影響が出てきたときには追肥や葉面散布など早めに対処することを心がけてください。

キュウリの収穫作業

キュウリは他の果菜類と比較して収穫までの日数が短く、植え付け(定植)から15日〜20日程度で収穫することができます。通常の大きさ(長さ21cm〜22cm程度)になれば、収穫適期です。

また、先述したとおり摘果によって、早めに果実を獲ることもできます。もろきゅうなど、すこし小さめのキュウリが欲しい場合には早めに獲ると良いでしょう。

キュウリ栽培の生理障害・病害虫管理

キュウリを栽培していると、いろいろなトラブルが発生します。しかし、適切な対処方法を知っていれば慌てる必要はありません。代表的な生理障害と病害虫への対処方法を説明していますので参考にしてください。

主な害虫

  • アブラムシ類
  • コナジラミ類
  • ミナミキイロアザミウマ
  • ハスモンヨトウ
  • ワタヘリクロノメイガ(ウリノメイガ)
  • ウリキンウワバ
  • ハダニ類
  • ネコブセンチュウ類

主な病気

  • モザイク病
  • 緑斑モザイク病
  • 斑点細菌病
  • 縁枯細菌病
  • 炭疽病
  • 褐斑病
  • つる枯病
  • うどんこ病
  • 灰色かび病
  • べと病
  • 菌核病
  • 黒星病
  • 疫病
  • 灰色疫病
  • つる割病
  • 苗立枯病
  • ホモプシス根腐病
  • 根腐病

主な生理障害

  • チッソ欠乏
  • アンモニアガス障害
  • 亜硝酸ガス障害
  • 亜硝酸過剰
  • チッソ過剰
  • リン酸欠乏
  • リン酸過剰
  • カリウム欠乏
  • カリウム過剰
  • カルシウム欠乏
  • カルシウム過剰
  • マグネシウム欠乏
  • 鉄欠乏
  • ホウ素欠乏
  • マンガン欠乏
  • マンガン過剰
  • 銅欠乏
  • 銅過剰
  • モリブデン欠乏
  • ニッケル過剰
  • 亜鉛過剰
  • イオウ欠乏
  • 温風障害
  • くん煙剤障害
  • 落下傘葉
  • 短形果
  • くくれ果
  • 奇形果(双子果)
  • 尻太り果(先太り果)
  • 尻細り果(先細り果)
  • 曲がり果
  • グリーンリング症

キュウリ栽培 記事一覧

これでわかる!キュウリの種まきと育苗の方法
キュウリの種まきと育苗の方法について説明します。キュウリは種子から育てることもできますし、ホームセンターで苗を購入することも可能です。種まきの方法は2つあり、それぞれの作業手順を記載しています。またホームセンターでの苗の選び方、そのあとの育苗の方法まで記載しています。
これでわかる!キュウリの植え付け(定植)の方法
キュウリの植え付け(定植)の方法を詳しく説明します。キュウリの植え付けはポイントを抑えておけば何も怖くありません。時期と準備、方法をしっかりと理解して苗を植え付けましょう。やってはいけない注意点も記載しています。
これでわかる!キュウリ栽培のための土作り、畝立て、マルチ張り、支柱立て
キュウリなど果菜類の栽培で重要になってくるのは畑の土作りです。キュウリを丈夫に育て、たくさんの果実を収穫できるようにしっかりと土作りをしましょう。この記事では、キュウリ栽培における土作りからマルチ張り、畝立て、支柱立てまでの流れを紹介します。
読めば流れがわかる!キュウリの栽培方法
キュウリは、水分が95%以上が水分であり、みずみずしさが特徴の野菜です。この記事では、キュウリの基礎知識や家庭菜園などで使える栽培方法の基本、重要事項、注意点などについて解説します。
この記事を書いた人
農家web編集部

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。
皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web