これでわかる!キュウリ栽培のための土作り、畝立て、マルチ張り、支柱立て

キュウリ
キュウリ基本果菜類栽培
スポンサーリンク

キュウリなど果菜類の栽培で重要になってくるのは畑の土作りです。キュウリを丈夫に育てたくさんの果実を収穫できるようにしっかりと土作りをしましょう。また、土作りが終わったら畝立て、支柱立てをして苗を植え付ける準備をしましょう。

まずは栽培区画を決める!

土作りなどを始める前に、まずは今回の栽培で使用する区画を決めましょう。畝立てまでわかりやすいように園芸支柱などで四方を決め、麻ひもで区画割りをすると良いでしょう。

畑の区画割り(エリアレイアウト)

キュウリ栽培のための土作り・畝立ての流れ

キュウリ栽培の土作り・畝立て・支柱立ての流れ
  • 植え付けの2〜3週間前
    苦土石灰の散布、耕うん

    植え付け(定植)予定の2〜3週間以上前に苦土石灰をまいて、深く耕しましょう。

  • 植え付けの1週間前
    堆肥、元肥の散布、耕うん

    植え付け予定の1週間前には堆肥(牛ふん堆肥、豚糞堆肥、鶏糞堆肥など)と元肥化成肥料有機肥料など)をまいて再度よく耕します。

土作りのポイント

キュウリにおすすめの肥料は?栽培方法別におすすめ商品を解説しています

(準備中)

植え付けの2〜3週間前に苦土石灰を散布する

苦土石灰は主に土壌の酸性度(pH値)を調整するために散布します。通常の土の場合は酸性(pH7未満)になっていることが多いため、アルカリ性の苦土石灰を散布して中和して上げる必要があります。キュウリ栽培の適正土壌pHは6.0〜7.0と言われています。

本来であれば、土壌酸度計などを使用してその土の状態を分析することが必要ですが、難しい場合には下の施用量を目安に散布してください。散布後は必ず深く耕しましょう。

土作りの様子
土作りにおける苦土石灰の散布(キュウリ)
肥料(全種類施用)施用目安量(1平方メートル当たり)
苦土石灰約100g程度

植え付けの1週間前に堆肥・元肥を散布する

堆肥・元肥は、植え付けの1週間前には散布しましょう。本来であれば土壌分析を行い、その土の肥沃度などを分析したうえで施用量を決定しますが、難しい場合には下の目安に従って堆肥・元肥を散布しましょう。畝立てをする場合は、畝立てをしてから畝の表面に散布します(畝立てについてはこちら

土壌表面に堆肥・元肥を散布したら、土壌表面の土と軽く混ぜ合わせて均していきます。キュウリは、他の作物と比較すると、根を浅く広く張る習性があるため、元肥も土壌深くではなく少し浅いところで混合するのが良いでしょう。

編集さん

ただし、しっかりと混合してください。植え付けのときに肥料が直接根に当たる状況だと、肥料やけが発生したりする危険性があります。

堆肥・元肥の散布(キュウリ)
肥料(全種類施用)施用目安量(1平方メートル当たり)
堆肥約2kg
化成肥料約70g
油かす約100g

グラムの目安は、下記を参考にしてください。

種類大さじ1杯小さじ1杯一握り
堆肥約100g
化成肥料約15g約5g約30g
苦土石灰約20g約8g約40g
油かす約20g約8g約40g
草木灰約30g

施用量を守って散布する

堆肥、元肥を散布するときには必ず量りなどで施用量を確認しましょう。誤った量を施肥、使用した場合、その後の生育に大きな影響を与えてしまいます。

また、何作も続けている畑の場合、センチュウや養分バランスの崩れによって、作物がうまく育たない場合がありますので、必要に応じて土壌消毒や土壌分析も行ってください。

畝立て・マルチ張り・支柱立ての例

土作りが終わったら、いよいよ畝立て、マルチ張り、支柱立ての作業となります。畝とは、畑で作物を作るために細長く直線状に土を盛り上げることを言います。畝を立てる目的は排水性の向上(水はけをよくする)のためです。

キュウリの場合は、土壌の状態によっては畝立ては必要ありません。排水性が悪い圃場では、畝立てをしてから植え付けるようにしましょう。

畝立て

キュウリ栽培における畝の作り方を説明します。キュウリは、保水性と排水性のどちらもの適度にある土壌環境を好みます。また、キュウリは他の作物と比べて広く浅く張ります。よって、排水性がよほど悪い圃場でなければ、畝の高さはそこまで必要ないです。

人力で畝を立てるときはスコップ、鍬、レーキがあると便利です。下記に畝幅、畝間、畝高と植え付けるときの株間・条間について記載しておきますので参考にしてください。

畝幅畝間畝高条間(列間)株間
90cm100cm15cm〜20cm60cm50cm
キュウリ栽培 合掌式に支柱を立てて2列に苗を植える場合のレイアウト
畝幅畝間畝高条間(列間)株間
50cm100cm15cm〜20cm50cm
キュウリ栽培 直立式に支柱を立てて1列に苗を植える場合のレイアウト

スコップ、もしくは鍬で畝となる場所の四方を掘り、中央に土を寄せていきます。中央に寄せて盛り上がった土をレーキで平らに均すと綺麗な畝ができます。管理機をお持ちの方は畝立て用のアタッチメントを使うと人力の1/10の時間と労力で簡単に畝立てができます。

上記のレイアウトは、支柱の立て方(組み方)や苗の植える本数によっても変わってきます。株間、条間(列間)は一定間隔を空けるようにしたほうが良いですが、その他の寸法については都度柔軟に変えてください。

マルチ張り

畝を立て終わったら、マルチシート(マルチ)を張ります。マルチには黒、白、シルバーなどいろいろな種類がありますが、キュウリ栽培においては基本的ににどれでも構いません。それぞれの特性に合わせて選択すると良いでしょう。露地栽培では黒色マルチ、ハウス栽培では白色マルチが採用されることが多いと思います。

マルチシートの材質とその特性

農業用・園芸用のマルチシートには、さまざまな材質、色があり、特性もそれぞれ異なります。黒色のマルチシートが一般的ではありますが、土壌や植物の育つ環境をさらに良くしたいと考える方は、下記の一覧を参考にマルチシートを選んでみてください。

種類透明マルチグリーンマルチ黒色マルチシルバーマルチ銀黒マルチ白黒マルチ
概要透明なマルチ。光をよく通し、地温上昇効果が最も高い。夏場だと地温が上がりすぎるため、他の資材(ワラなど)との併用が必要。緑色のマルチ。光線を透過しつつ、光合成に必要な波長の光を吸収するため、雑草抑制効果もある。黒色のマルチ。光線を透過しないため、雑草の抑制ができる。フィルム自体に熱を蓄えるため、地温上昇効果がある。フィルム自体が熱くなるので注意が必要。銀色のマルチ。光線を反射することで、害虫忌避の効果がある。地温の上昇も抑えつつ、保温もできるため地温を安定させやすい。また、反射光により、果実の着色もよくなる。表面が銀色、裏面が黒色のマルチ。害虫忌避効果を高めつつ、地温の抑制、保温も可能。表面が白色、裏面が黒色のマルチ。地温を抑制する効果が高い。また、光線を透過しないため、雑草の抑制にも効果がある。
光線透過××××
地温上昇
地温抑制××
雑草抑制
害虫忌避(虫除け)×××
果実の着色×××
商品
オリジナル透明マルチ 厚さ0.02mm×幅95cm×長さ200m(マルチシート 地温上昇効果 農業用マルチ シート 農業 マルチング アイアグリ 日本農業システム 農業資材 ガーデニング 家庭菜園 農業用資材 園芸用品 園芸資材 マルチ 農業マルチ 畑)
日本農業システム楽天市場店
グリーンマルチライト 厚さ0.02mmX幅150cmX長さ200m(マルチ シート 雑草防止シート マルチシート ざっそう 雑草対策 家庭菜園 農業 農業用 資材 農業用資材 農作業 農業資材 園芸 園芸用 園芸用品 園芸グッズ 園芸資材 園芸用資材)
日本農業システム楽天市場店
黒マルチ 厚さ0.02mm×幅135cm×長さ200m 3本セット(マルチシート 農業用マルチ 防草 シート 農業 マルチング 農業資材 家庭菜園 園芸用品 雑草対策 マルチ 畑 雑草防止 国産 肥料流亡 耐候性 耐熱性 被覆資材 マルチングシート 防草用品 防草グッズ 園芸道具 園芸用具)
日本農業システム楽天市場店
国産オリジナル シルバーマルチ 厚さ0.02mm×幅135cm×長さ200m 3本セット(農業 農業資材 農業用資材 農業用マルチ マルチ 園芸用品 園芸 農業用品 ガーデニング用品 ガーデニンググッズ ガーデニング資材 日本農業システム アイアグリ)
日本農業システム楽天市場店
銀黒マルチ 厚さ0.023mmX幅95cmX長さ 200m (シルバー マルチシート シルバーマルチ マルチング 農業用マルチ 防草 シート 農業 農業資材 家庭菜園 園芸用品 畑 雑草対策 防虫シート 虫よけ 虫除け マルチングシート 防虫マルチ 菜園 防草用品 防草グッズ 園芸道具 園芸用具)
日本農業システム楽天市場店
国産オリジナル 白黒マルチ 厚さ0.021mmX幅95cmX長さ 200m (遮光 マルチシート 農業用マルチ 防草 シート 農業 マルチング 農業資材 家庭菜園 農業用資材 園芸用品 雑草対策 マルチ 畑 農業マルチ 農業用品 マルチングシート 防草用品 防草グッズ 園芸道具 園芸用具)
日本農業システム楽天市場店

マルチを張り終わったら、苗を植えつけする予定の場所に印をつけると良いでしょう。キュウリ栽培は一例として1畝に2列(2条)で列間(条間)60cm、株間50cmで植え付けしますので、レイアウトを考えながら印を付けておくと後々の作業で便利です。

ポイント

余計な雑草の繁殖を防止するために、苗を植え付ける直前まではマルチに穴を空けないほうが良いです。

支柱立て

マルチを張り終わったら、合掌式または直立に支柱を立てましょう。しっかりとした畝幅を取ることができて、スペースを広く使える場合にはより強固にキュウリを支えることができる合掌式をおすすめします。

キュウリを植え付ける予定の場所のすぐ隣に、地面に対して斜めに園芸支柱などを立てます。山なり(合掌式)に園芸支柱を立てたら、その山の頂上に筋交いをするための園芸支柱を置きます。高さなどを調整したら、園芸用テープやロープ、麻ひもなどで縛って固定しましょう。

また、キュウリの場合は、側枝(小づる、孫づる)を伸ばしていくため、園芸支柱以外に誘引できる場所が必要です。そのため、ネットを張ったり、支柱の間にビニールひもを通したりして、支柱がないところでも誘引できるようにしておきましょう。

園芸支柱の長さ、高さは作業ができる範囲の120cm〜200cm程度で大丈夫です。

土作り、畝立て、支柱立てが終わったら?

土作り、畝立て、支柱立てが終わったら、いよいよ植え付け(定植)となります。しっかりと植え付け(定植)の方法を確認しておきましょう。

キュウリ栽培の記事一覧

これでわかる!キュウリの種まきと育苗の方法
キュウリの種まきと育苗の方法について説明します。キュウリは種子から育てることもできますし、ホームセンターで苗を購入することも可能です。種まきの方法は2つあり、それぞれの作業手順を記載しています。またホームセンターでの苗の選び方、そのあとの育苗の方法まで記載しています。
これでわかる!キュウリの植え付け(定植)の方法
キュウリの植え付け(定植)の方法を詳しく説明します。キュウリの植え付けはポイントを抑えておけば何も怖くありません。時期と準備、方法をしっかりと理解して苗を植え付けましょう。やってはいけない注意点も記載しています。
これでわかる!キュウリ栽培のための土作り、畝立て、マルチ張り、支柱立て
キュウリなど果菜類の栽培で重要になってくるのは畑の土作りです。キュウリを丈夫に育て、たくさんの果実を収穫できるようにしっかりと土作りをしましょう。この記事では、キュウリ栽培における土作りからマルチ張り、畝立て、支柱立てまでの流れを紹介します。
読めば流れがわかる!キュウリの栽培方法
キュウリは、水分が95%以上が水分であり、みずみずしさが特徴の野菜です。この記事では、キュウリの基礎知識や家庭菜園などで使える栽培方法の基本、重要事項、注意点などについて解説します。
この記事を書いた人
農家web編集部

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。
皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web