栽培花菜類

多肉植物で作る初めてのテラリウム 手順や器・水やりのポイント!

多肉植物 テラリウム栽培

テラリウム(terrarium)とは、ガラスの瓶や器に植物を植えて育てる栽培方法。ガラスの中に小さな庭をつくることができるテラニウムは、ポイントを押さえれば植物の初心者の人でも作ることができます。

水やりの手間が少ない多肉植物は、テラニウムに向いている植物です。この記事では、初めてテラニウムを作る人にもわかりやすく、テラニウムの作り方をわかりやすく説明します。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

多肉植物について

まず初めに多肉植物がどんな植物か知っておきましょう。多肉植物は、雨が少ない場所や岩場などに生育するものが多い植物で、乾燥した過酷な環境を生き抜くために、根や茎、葉などを肉厚にして水分を蓄える性質をもつ植物です。

多肉植物は、原産地の環境ごとに「春秋型」「夏型」「冬型」の3つの生育サイクルに分かれています。それぞれ生育期と休眠期が異なるため季節ごとの管理方法が変わります。

春秋型

春と秋に盛んに生育するタイプです。多くは生育適温が10〜25°Cの範囲にあり、夏は暑さのせいが生育が悪く、根腐れや蒸れを避けるために、休眠させる必要があり、冬は寒さのために自然に休眠します。茎や葉が柔らかく、色鮮やかで草花のような雰囲気を持つ多肉タイプです。

代表的な植物
  • ハオルチア
  • ベンケイソウ科のエケベリア
  • セダム

夏型

夏に盛んに生育するタイプです。多くは生育適温が20〜30°Cの範囲にあり、春と秋はゆっくり生育し、冬は休眠します。このため、春と秋は、水やり、肥料を少な目にする必要があります。
シャープなフォルムの多肉植物はこの多肉タイプです。

代表的な植物

冬型

冬に盛んに生育するタイプです。多くは生育適温が5〜20°Cの範囲にあり、気温が一定以下になると生育を始めます。高温多湿が苦手で、冬であっても高温多湿な室内などでは生育を止めてしまうことがあります。春と秋はゆっくりと生育するため、水と肥料を少量施します。個性的な多肉植物はこのタイプが多いです。

代表的な植物
  • アエオニウム
  • コノフィツム
  • リトープス

多肉植物の選び方

多肉植物は春秋型、夏型、冬型の3タイプに別れ、それぞれ生育期と休眠期が異なります。テラニウムをつくるときにには、それぞれの生育期に苗を購入するのがおすすめです。

100均などでも購入できる多肉植物ですが、初心者の方は、多肉植物の種類は、非常に多く品種や生育タイプや育て方などにについてきちんと説明をうけられる、ホームセンターや園芸店で買うのをお勧めします。

葉がつまっていて、ハリがあるもので、根がさわっていてもグラグラしていない苗を選びましょう。根がついていないカット苗も最近は見かけます。さし木用の苗で、多肉植物は挿し木でも簡単に育つので、根が乾燥しているならそのまま植えつけることもできます。

初心者の人は、まずは一種類の多肉植物のみから始めてみましょう。テラニウムになれてきたら、寄せ植えにチャレンジしてみましょう。その時には同じ性質の多肉植物を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

テラリウムの作り方

容器

テラリウムに適した容器は、ガラス製で色がついていないものがおすすめ。外からその世界を楽しむので透明度の高いものを選びましょう。テラリウム用の器でなくても、ガラス瓶、水槽、ワイングラス、シャーレ、金魚鉢などなんでもOKです。

でも多肉植物で使うテラリウムは空気の流れも大切、多肉植物は湿気が苦手で、日光を好みます。器は蓋がないものがよいでしょう。蓋があっても、密閉せず開けて置けるものなら問題ありません。できれば皿状の容器や空気が上から入るように浅い容器を選ぶと、失敗を防げます。

用土

多肉植物は、一般の草花用の土より通気性や排出性がよい土を使います。市販されているサボテンや多肉植物用の培養土が便利です。最近では100円ショップでも売られています。

自分で配合する場合は、赤玉土小粒2・鹿沼土小粒2・ピートモス4・くん灰2や赤玉土4・軽石4・軽石1・くん灰1などがにし水はけのよい用土を作ります。

また用土のほかに、容器の底には石をいれると排水と通気がよくなります。豆砂利や軽石・バークチップなどを下にひいてから用土を入れます。用土と石の間に、乾燥ゴケををいれるとろ過の役割をして、一番下の石に水がいかない役割をしてくれます。ミズゴケを入れる場合は、水に戻してよく絞って、軽く湿った状態でいれましょう。

また多肉植物は、水栽培(水耕栽培)やハイドロカルチャーでも育てることができます。どちらも土で育った根を水で育てる根に変更する必要があります。水栽培に興味のあるかたはサボテンの水栽培の記事がありますので、読んでみてください

その他基本の道具

  • ピンセット:植物を植えたり、石や飾りを置いたりするのに使用します。  
  • 霧吹き:葉水での水やりに
  • ノズル付き水差し:水やりに。葉をぬらさない植物にも根元に水を差せて便利です。
  • じょうご:土や砂をいれるときに飛び散らないように、クリアケースなどを丸めたもので代用可能
  • スプーンや割り箸:スコップの代わりに、土をいれたり、土をならすのにも必要です。
  • ハサミ:アクアリウム用に作られた先のとがったものが便利
  • 筆や綿棒:器の中からガラスの内側をふくときに使います。

テラニウムの手順

  1. テラニウムに使う多肉植物の苗を、ポットや植木鉢から外して根をほぐして、古い土を軽く落とします
  2. ガラスの器の底に、小石や軽石をいれ、水で戻したミズゴケを敷いて用土を入れます。
  3. ピンセットで苗を植え付けます。スプーンや割り箸などて土を寄せて苗を立たせます
  4. 複数の苗を植えるときには、バランスを見て苗同士少し余裕を持った隙間があった方がながく楽しめます。
  5. 土が足りないようであればじょうごで、土をすきまにいれて筆で土をならします。
  6. 流木やミニチュア・フィギュア・貝殻など好きなものを置きましょう。湿気が好きな本物のは多肉とは一緒に育てられませんが、プリザーブドモスなら大丈夫です。
  7. 水やりは植え付け後、明るい日陰において5~7日後にあげます

多肉植物テラニウムの育て方

栽培環境・水やり

基本は風通しの良い、明るい室内に置きましょう。窓辺などが適しています。直射日光はガラス越しの光で中の温度が上がってしまう心配や葉焼けすることも。しかしもともと多肉植物は太陽が大好きなのでに日当てないとヒョロヒョロと徒長してしまうこともあります。冬型は夏の暑さは特に苦手なので、半日陰にしましょう。

水やりは、テラニウムは鉢植えより水やりのサイクルは少なくなります。生育期には週に一度、ノズル付きの水差しで根元に与えます。表面の用土が乾いたら上げるのが基本です。通常の多肉植物の水やりは、鉢底から水が出る程度あげますがテラニウムは水浸しにしてはいけません。休眠期は、月に1~2回、霧吹きで水を上げる葉水で行います。

水のやりすぎは、多肉植物にとっては根腐れの原因ともなりますので注意が必要です。多肉植物の夏型のサボテンの水やりの記事がありますので興味のある方はお読みください。

肥料

多肉植物の場合は、元肥は植え付け、植え替え時に行います。

植木鉢などで栽培する場合は、元肥をしっかりと施し、適期に追肥を行っていきます。植え替え、植え付け時の元肥のやり方としては、緩効性肥料を他の観葉植物の2/3程度の量を目安に与えるようにします。元肥をしっかり施しておけば、しばらくは追肥はいらないかもしれません。肥料の容器もしくは袋に記載されている、通常の草花の使用目安量の1/2~2/3程度を施しましょう。追肥は先述したタイプによって生育期が異なりますので、注意してください。

休眠期は絶対に肥料をやらないようにしてください。肥料やけを起こし、枯れる原因になります。

多肉植物の肥料についての記事がありますので、肥料について興味のある方はお読みください。

剪定

多肉植物が生長してきたら、手直しをしてあげましょう。伸びてきた茎節の部分をカットしてあげるだけです。徒長して細長くなってしまった場合も、治ることはないのでその部分をカットしてください。

植え替え

多肉植物テラニウムは、2年ほどはそのまま育てることができます。植え替えは生育期に一回り大きな器に植え替えましょう。複数の植物の苗があるなら、一つだけそこから抜き取ってもよいでしょう。

まとめ

テラニウムは、多肉植物以外も苔や、エアプランツ(チランジア)などで作れ、お手入れの手間がかからないため人気があります。そのまま置いても、壁に吊るして飾るのも素敵です。わざわざ買ってこなくても育てた多肉から生えた子株などをつかっても。

多肉植物は、サボテンや、ロゼット(葉っぱが放射状に広がる花のような形)に育つハオルチア、エケベリアなど、また紅葉する種類もあったりと多彩な品種があります。

家で過ごすことも増え、ガーデニング・水耕栽培を楽しんでいる人も多くなりました。多肉植物は見た目がユニークで、男性にも人気があります。ぜひ好みの多肉植物をみつけてオリジナルのインテリアグリーンを作って、緑に癒されてください。

編集さん
編集さん

『農家web』では、この他、球根系から播種(は種)系、水生、宿根草、アサガオシクラメン、ヒヤシンス、紫陽花クレマチス、ベゴニア、ひまわり、チューリップ、ハーブ、アリウム、ポインセチアシャクヤクポトスペチュニアまたサボテンなどの多肉植物、常緑のガジュマルパキラ、クラピア、ビカクシダなど様々な観葉植物、ツツジなどの庭木、果樹、イチゴトマトなどの野菜のおすすめ記事があります。

また、雑草もイネ科雑草広葉雑草など一年草から多年草、また茎葉処理剤、土壌処理剤等の薬剤も幅広く解説しています。

検索欄は、「右のサイドバー」もしくは「サイドバーメニュー」にありますよ!

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました