多肉植物・紅稚児 置き場所や水やり・ふやし方のポイント!

紅稚児栽培

クラッスラの紅稚児は、木立性の小型種で、小さな葉っぱが冬から春に緑色から深赤色に紅葉します。また春先からポンポンとした白いかわいい花を咲かせることも人気の一つです。比較的丈夫な品種で、分岐して増えます。

この記事では、紅稚児を初めて手に入れた方にもわかりやすく、寄せ植えや植え替えの方法、育て方のコツを多肉植物初心者の方にもわかりやすく、説明します。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

クラッスラ・紅稚児(ベニチゴ)について

基礎知識

園芸分類多肉植物・観葉植物
学名Crassula pubescens ssp. radicans
属名ベンケイソウ科クラッスラ属
原産地南アフリカ
草丈・樹高5㎝~10㎝
耐寒性等耐寒性 強い 耐暑性 普通
花言葉(クラッスラ)「幸運を招く」「富」「一攫千金」

生育タイプ

多肉植物は、春秋型、夏型、冬型の3つのタイプに分かれます。それぞれの型により生育期と休眠期が異なります。生育パターンを知ることで、それに合わせて管理することで無理なく育てることができます。

紅稚児は、「春秋型」です。春秋型は、 春と秋に盛んに生育するタイプです。10〜25°Cの範囲で生育が旺盛になります。夏は暑さのせいで生育が悪く、根腐れや蒸れを避けるために、休眠させる必要があり、冬は寒さのために自然に休眠します。茎や葉が柔らかく、色鮮やかで草花のような雰囲気を持つ多肉タイプです。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

紅稚児の管理方法と水やり

置き場所

多肉植物は日当たりの良いところが大好きです。基本は冬以外はベランダや庭などの屋外で管理します。雨のあたらない軒下などがよいでしょう。室内で育てる場合もなるべく窓辺など日の当たる場所で管理しましょう。日照不足になると、ひょろひょろと葉や茎が伸びる徒長をおこします。

休眠期から生育期に屋外の日当たりに出す場合は、徐々にならしてください。窓辺で日に当ててから日中の日向に置くなどをしないと、葉焼けの原因ともなります。

夏の直射日光は葉焼けの原因となりますので、半日陰で管理するか遮光シートなどを使って遮光します。また外に置くときは、夏場は特にコンクリートの上に直接置くと熱が鉢に伝わって高温になるので、棚など一段高いところにおくのがおすすめです。

9月後半から11月まではしっかり日に当てます。鉢を何日かに一度回して全体に日が当たるようにするとよいでしょう。しっかりと日に当てることで冬に美しく紅葉します。

比較的寒さに強い紅稚児ですが、暖地では霜や寒風に当たらなければ戸外でも冬越しは可能ですが、突然の寒波がくることもあります。気温が3℃以下なったら室内管理がおすすめです。

水やり

多肉植物は、生育期には、水をたっぷりジョウロで与え、休眠期には断水気味に育てるため葉水で与えます。水の与えすぎは多肉植物は根腐れの原因になるので気をつけましょう。

紅稚児の水やりは表面の土が乾いてからさらに3~5日たってから与えます。ロゼット状の多肉植物は根元から水やりをするのが基本ですが、紅稚児は葉の上からジョウロでたっぷり与えてもだいじょうぶです。

休眠期の葉水は、葉ではなく鉢土にかけるようにします。水の量は半日で鉢が乾く程度の水の量が目安です。

管理方法と水やりの季節ごとのスケジュール

紅稚児年間スケジュール
  • 冬の休眠期から覚めた3月頃から外にだし、日当たりの良い場所で管理しましょう。夜3℃以下になるようなら室内に取り込みます。4月~6月は生育が旺盛の時、屋外の日向で管理します。

    水やりは、休眠期から生育期に入りますので鉢の土が完全に乾いたら、鉢底から水がでるまで与えます。

  • 夏越し

    7月から9月は、真夏の直射日光は苦手ですので、葉焼けしないよう半日陰で管理しましょう。遮光ネットを使う場合は、遮光率30%程度のものを使います。日本の夏は多湿ですので、風通しの良い場所で株を蒸らさないように注意します。

    水やりは6月下旬からは月に1~2回霧吹きで、水を与える「葉水」で与えます。葉水といっても、多肉植物は鉢土に水を上げます。時間は日中に水やりをすると株が蒸れる恐れがあるので、夕方に株を少し冷やしてあげます。

  • 気温が下がる9月下旬~10月までは、春と同様に屋外の日向で管理します。ここでしっかり日に当てることが紅葉するには必要です。水やりも春と同様に、鉢底から水がでるまで与えます。

  • 冬越し

    休眠期です。最低気温が3℃を下回るようになったら室内の、日当たりの良い場所で管理します。暖房の風が当たらない場所に置きます。暖かな昼間は、屋外で日に当ててあげるとより元気に育ちます。

    水やりは「葉水」を月に1度~2回ぐらいの頻度で行い株全体を湿らせます。気温が上がる暖かい午前中に行いましょう。

その他 紅稚児の栽培で気をつけたいポイント

植え替え

購入した鉢がビニールポットであったり、自分の好みの鉢に代えたいときには、植え替えをします。また生育に合わせて、1~2年に一度は植え替えが必要です。

時期は、生育期ならいつでも行えますが、適期は生育期初旬の3月~4月。植え替えた後に生育する期間が長いと株が土に根付きやすいので失敗がすくなくなります。購入した時期が生育期以外で、植え替えを行いたい場合は、根を崩さず用土だけ追加して新しい鉢に植え替える鉢増し(手順2~3を行わない)をしましょう。植え替える用土は必ず新しい乾いた土を使いましょう。

  1. 植え替え・寄せ植え用の多肉植物はは、土が乾いた状態のときに、鉢から外します。
  2. 下葉を整理します。枯れた葉や、色が変わっている下葉はピンセットなどで取り除き株元をすっきりさせることで、夏の蒸れもふせぐことができます。
  3. 根っこをほぐすように土を落とします。
  4. 根を半分から3分の2ほど切ります。腐った根は根元から切ります。
  5. 新しい鉢を用意して、底に鉢底ネットをいれます。
  6. 鉢の底に鉢底石を入れ、その上に緩効性粒上肥料を加えます。
  7. 苗を押さえながら、培養土いれて植え込みます。最後に割り箸などでつついて、根の周りに土が入るようにします。最後に鉢をトントンと叩いて隙間を入れて完成です。
  8. 水やりは植え付け後、7日~10日後に行います。。その間は明るい日陰に置いておきましょう。

用土

一般の観葉植物では、鉢植えの場合は、赤玉土と鹿沼土を基本用土として、ピートモス、バーミキュライト、パーライトやココヤシチップといった改良用の土を基本用土にプラスして使います。

しかし、多肉植物は休眠を伴うものが多く、休眠中の多肉植物は、根もほとんど給水しないので、根腐れを防ぐために鉢土を完全に乾燥させる必要があります。紅稚児は乾燥した地域が原産地ですので一番重要なことは、通気性(水はけ)がよいこと、それとある程度の保水性があるものがよいでしょう。赤玉土4・軽石4・腐葉土1・くん炭1などの配合で、一般の草花より排出性を高めた配合にします。

市販の多肉用の培養土も便利です。多肉植物の配合はどれが正解ということはありません。多肉植物の土についての記事もありますので、興味のある方はお読みください。

サボテン・多肉植物の培養土 約10L[g6]【クーポン配布店舗】
Gardening園芸と土 刀川平和
¥ 759(2021/12/20 14:11時点)

多肉植物はは水耕栽培や、土を用いず、ハイドロボールやゼオライトなどの保水性、吸水性のある培地を使ったハイドロカルチャーでも育てることができます。ハイドロカルチャーで育てる場合は、土からの植え替えとは多少異なり、土の根を終わらせて水で育てる根を発根してから植え替える必要があります。

多肉植物のハイドロカルチャーでの育て方に興味がある人は、こちらをお読みください。

肥料

多肉植物の紅稚児には、元肥は植え付け、植え替え時に行います。 植木鉢などで栽培する場合は、元肥をしっかりと施し、適期に追肥を行っていきます。追肥は3月〜5月・9月~10月の生育期は肥料が必要です。 紅稚児は秋が深まると葉先が赤色に紅葉する品種です。紅葉時期に肥料分が多いと発色が悪く、くすんでしまう可能性があります。秋は早めに追肥しましょう。

  • 液体肥料(液肥)の場合は、ラベルなどに記載されている希釈率から更に2倍程度に薄めて、月1〜3回のペースで施肥します。
  • 固形肥料の場合は、ラベルなどに記載されている使用目安量の半分程度の量を、1ヶ月〜2ヶ月に1回程度施肥します(頻度は使う肥料のラベルの説明に合わせると良いでしょう)。

休眠期は絶対に肥料をやらないようにしてください。肥料やけを起こし、枯れる原因になります。

多肉植物の肥料についての記事もありますので、肥料について興味のある方は読んでみてください。

ふやし方

多肉植物は株分け、さし芽、葉ざし、根ざし、挿し木、胴切り、種まき(実生)でふやします。クラッセラ属の紅稚児は、挿し木と葉挿しで増やすのが簡単です。適期はいずれも3月から6月、または9月から10月です。

挿し木(挿し芽)

徒長した茎や、仕立て直しをしてカットした茎などを挿し穂にして挿し木で増やすことができます。茎は花がついてないものか、時期を選びましょう。

  1. 消毒済みのハサミで、親株から茎を切り取り、下葉を手やハサミなどでとります。
  2. 1週間ほど明るい日陰で、切り口を乾燥させます。
  3. 乾いた新しい用土に挿して植え替えます。そのまま育てる場合は、元肥を入れ、挿し穂の空間を密集させないようにしましょう。水やりは2~3日ほどたってから与えます。

葉挿し

紅稚児は、植え替え時など葉が落ちやすい品種です。落ちた葉を使って葉ざしで増やすこともできます。

  1. 茎のの下葉の方から、指やピンセットで付け根から葉を摘みとります。植え替え時などに鉢から外れた葉でも大丈夫です。
  2. 摘みとった葉は、切り口を1週間ほど乾かします。
  3. 乾いた新しい用土に等間隔に根を軽く挿しこみます。横にすると乾いた土でも倒れにくくなります。
  4. 水やりは3日後ぐらいに霧吹きで与えます。新芽が生長したら、切り口を乾燥させてから新しい鉢に植え替えます。(植え替え手順5以降参照)

その他の作業

剪定

紅稚児は、横に広がっていきます。春の植え替えの時期から梅雨の前までに下葉取りをしたり、混みあっている茎を切り取って蒸れないように注意します。

切り取った葉や茎を使って増やすこともできます。また春に咲く花が美しい紅稚児ですが、花が終わったら花芽を切り取って形を整えましょう。花茎を切り取って、切り花としても楽しめます。

病害虫

夏の高温多湿の時期に、 軟腐病・灰色カビ病等にかかりやすくなります。害虫(アブラムシカイガラムシ)の排せつ物につく菌によって引き起こされるすす病などにかかることもあります。特にイリアは、群生したり石化したりして分頭すると、株同士が密着するためカビには注意が必要です。

予防としては、風通しの良い場所で育てる、また梅雨まえに、枯れたり色が変わっている下葉を取り除いておくのも効果があります。

カイガラムシ・ハダニ・アブラムシ・アザミウマ、ネジラミなどの害虫が発生する恐れがあります。それぞれの害虫によって対応は異なりますが、見つけたら早めに歯ブラシなどでこそげとるか、水流で取り除いてあげましょう。殺虫剤なども有効です。

害虫に対しての対策は、下記に詳しい記事がありますので発生して困っているときなどは参考にしてください。

多肉植物の病気とは?病気別対策と復活のポイント!
多肉植物の病気やその復活方法をを紹介するとともに、多肉植物の病気になりにくい栽培方法や水やりや肥料、注意点、手入れ方法などを初心者の方でもわかるように説明します。
農薬が効きにくい厄介者、カイガラムシを駆除、防除する農薬について
果樹などの樹木に多く発生する、果樹農家にとってはメジャーな害虫のカイガラムシ。ここではカイガラムシはどういう虫なのか、その特性と、カイガラムシを駆除、防除するための農薬について解説します。
ハダニを駆除、防除する農薬について
ハダニは大量発生しやすく、幅広い農作物に食害をもたらす害虫です。ここではハダニとはどういう虫なのか、その特性と、ハダニを駆除、防除するための農薬について解説します。
アブラムシを駆除、防除する農薬について
アブラムシを駆除、防除するために、アブラムシの特性、そして農薬の種類別、作物別のアブラムシに効く農薬を説明します。
アザミウマ(スリップス)を駆除、防除する農薬について
アザミウマは農作物に吸汁し、ウイルスを運ぶ農家にとって非常に厄介な害虫です。ここではアザミウマとはどういう虫なのか、その特性と、アザミウマを駆除、防除するための農薬について解説します。

まとめ

紅稚児が所属しているクラッスラ属には、古くから金の生る木と呼ばれている花月などもあります。同じく真っ赤に紅葉する火祭りなども人気があります。紅稚児も秋にしっかり日に当てて、10月以降は肥料を切らした状態にしておくと、美しく紅葉します。冬にあまり水やりや肥料を与えて過保護に育てると紅葉しないこともあるので、気をつけましょう。

紅稚児が属しているベンケイソウ科には、葉が重なって伸びるクラッスラ属、丸い葉が特徴のパキフィツム属のほか、セデベリア属、カランコエ属、センペルビウム属、コチレドン属などがあります。またロゼット系にはエケベリア属のほかに、冬型の葉の色が豊富なアエオニウム属・肉厚な葉が特徴のグラプトペタルム属、エケベリア属とグラプトペタルム属の交配種のグラプトベリア属などがあります。

多肉植物は、置き場所と水やりを間違えなければ枯れにくく手間もかからないので、植物を育てるのが初めての人にもおすすめです。ぜひ紅稚児をみつけたら、開花時期は春のかわいらしい花と、秋から冬に色づく美しい紅葉を楽しんでください。

編集さん
編集さん

『農家web』では、この他、球根系から播種(は種)系、水生、宿根草、アサガオシクラメン、ヒヤシンス、紫陽花クレマチス、ベゴニア、ひまわり、チューリップ、ハーブ、アリウム、ポインセチアシャクヤクポトスペチュニアまたサボテン、アガベ、ハオルチア、エケベリア、セダムなどの多肉植物、塊根植物(コーデックス)のガジュマル、常緑のパキラ、クラピア、ビカクシダなど様々な観葉植物、ツツジなどの庭木、果樹、イチゴトマトなどの野菜のおすすめ記事があります。

また、雑草もイネ科雑草広葉雑草など一年草から多年草、また茎葉処理剤、土壌処理剤等の薬剤も幅広く解説しています。

検索欄は、「右のサイドバー」もしくは「サイドバーメニュー」にありますよ!

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

栽培花菜類
スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました