メネデール 芝生の肥料はどんな効果があるの? メネデール肥料を徹底紹介!

植物活力素メネデールの小型の写真化学肥料
化学肥料知りたい種類肥料
スポンサーリンク

メネデールって何?

メネデールとは、メネデール株式会社(MENEDAEL Co.,Ltd.)が販売している「植物活力素メネデール」のことです。「植物活力素メネデール」は、植物の生長に重要な鉄(Fe)を、根から吸収されやすいイオンの形で含んだ活力液になります。

この「植物活力素メネデール」から派生した、メネデール液肥シリーズがあり、こちらは、チッソ、リン酸、カリの植物の重要三要素に、植物の生長に欠かせない鉄や微量要素をバランスよく配合した、液体の肥料になります。

スポンサーリンク

メネデール液肥シリーズとは?

メネデール液肥シリーズは、

  • メネデール活力液肥
  • メネデールバラ肥料
  • メネデールやさい肥料
  • メネデール芝肥料
  • メネデール洋ラン肥料

の5種類があり、それぞれ配合成分に違いがあります。

メネデール活力液肥

メネデール活力液肥は、チッソ、リン酸、カリの植物の重要三要素に、植物の生長に欠かせない鉄や微量要素をバランスよく配合した、液体の肥料で、特にリン酸をかなり強化しています。
(配合バランス チッソ:リン酸:カリ 5:12:6) 

このため、花を綺麗に咲かせたり、実をしっかり生長させることに向いている液肥と言えます。

メネデールバラ肥料

バラの生長に必要な要素をバランスよく配合したバラ専用の肥料です。薔薇を丈夫に育て、色鮮やかに咲かせることを目的にしています。具体的にはリン酸とカリが多めの配合になっています。
(配合バランス チッソ:リン酸:カリ 5:7:7)

メネデールやさい肥料

チッソ、リン酸、カリの植物の重要三要素に加えて、特に野菜に必要とされるマグネシウムカルシウム、鉄を配合した野菜用の液体肥料です。特にトマトなどの果菜類では、トマトの尻腐れを防ぐためにもカルシウムが欠乏しないことが大変重要です。

もちろんトマト以外のナス、きゅうり、ピーマンなど果菜類からその他の野菜、ハーブまで幅広く使うことができる液肥です。
(配合バランス チッソ:リン酸:カリ 6:6:6 )

メネデール芝肥料

メネデール芝肥料は、芝の生長に強みを持つ液体肥料です。チッソ、 リン酸 、カリの 三要素 に、鉄や微量要素をバランスよく配合しています。特にチッソ、鉄を強化していますので、葉色を良くし芝生や下草類を色鮮やかに育てます。
(配合バランス チッソ:リン酸:カリ 7:5:5 )

メネデール洋ラン肥料

 洋ランを美しく咲かせるために、りんさんが多めになった洋ラン用の液肥です。色鮮やかな花を大きく、たくさん咲かせます。
(配合バランス チッソ:リン酸:カリ 6:8:6 )

まとめ

メネデール芝肥料は芝用の液肥の中でも、かなりの人気商品です。現役を希釈して薄めて使用する液肥として、ハイポネックスもあります。液肥は追肥に非常に便利で、肥料散布機(スプレイヤー)などで簡単に広範囲を散布することができます。是非ホームセンターのガーデニング、園芸資材コーナーに足を運んで試してみてください。

(補足)そもそも植物に必要な養分って?植物が必要な養分に関するおさらい

植物が育つためにはチッソ(窒素)、リンサン(リン酸)、カリウム(加里)の三大要素のほか、マグネシウムやカルシウム(石灰肥料が有名)などの「二次要素(多量要素)」、さらに鉄、マンガン、ホウ素をはじめとした「微量要素」が必要です。

チッソ(窒素)は、葉や茎などの成長に欠かせず、植物の体を大きくするため、「葉肥(はごえ)」と言われます。

リンサン(リン酸)は、開花・結実を促し、花色、葉色、蕾や実に関係するため、実肥(みごえ)と言われます。

カリウム(加里)は、葉で作られた炭水化物を根に送り、根の発育を促すほか、植物体を丈夫にし、抵抗力を高めるため、根肥(ねごえ)と呼ばれています。不足すると根・植物が弱ります。

肥料の箱や袋などに記載されているN-P-Kの表示は窒素(N)、リン酸(P)、カリウム(K)を指しています。その他、肥料についてより詳しいことは、下の記事を参考にしてみてください。

肥料は、どんな種類があるの?

作物・植物の栽培における肥料の種類は、大きく以下のとおりに分けることができます。

肥料はその物質の有機、無機によって、「有機肥料(有機質肥料)」「化学肥料(≒無機質肥料、化成肥料は化学肥料に属します)」の2つに分けることができ、形状によって、「固形肥料」と「液体肥料(液肥)」があります。

「化学肥料」とは、化学的に合成しあるいは天然産の原料を化学的に加工して作った肥料です。「有機肥料(有機質肥料)」とは、「油粕や米ぬか、腐葉土など植物性の有機物」「鶏糞(鶏ふん)、牛糞(牛ふん)、馬糞や魚粉、骨粉などの動物性の有機物」を原料にして作られたものです。堆肥も、家畜の糞や落ち葉などの有機物を微生物によって分解・発酵したもので、有機肥料となります。有機肥料は、用土(培土)を養分を補うだけではなく、物理性の改善(ふかふかにする)にも役立ちます。

肥料を与えるタイミング 元肥と追肥

用土に肥料を与えるタイミングによって、肥料の呼び名が変わります。具体的には、「元肥」と「追肥」があります。

苗を植え付け(定植する)前に予め土壌へ施しておく肥料を「元肥(もとひ・もとごえ)」と言います。元肥は、初期生育を助ける働きがあり、肥料効果が長く続く緩効性や遅効性の肥料を施すのが一般的です。

苗の植え付け後(定植後)、作物が生長していくときに、土壌の肥料切れが起こらないように追加で施す肥料を「追肥(ついひ・おいごえ)」と言います。追肥を施す時期が遅れたりすると、植物の生育期に葉の色が薄くなったり、花が小さくなったりして最悪の場合、枯れてしまいます。特に窒素、カリウムは消費されるのが早いので適切な時期に追肥が必要です。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました