クジャクサボテンを美しく咲かせる 季節別育て方のポイント!

栽培
栽培花菜類

ランのように大きな花を咲かせるクジャクサボテン(孔雀サボテン)は、サボテン科に属する多肉植物です。サボテンの仲間ですが、一般的なイメージにある大きな柱状の柱サボテンや玉状の棘が特徴の玉サボテンなどのサボテンとは性質が異なります。

では、クジャクサボテンはどのように育てたら、美しい花が咲くのでしょうか。この記事ではクジャクサボテンの花を美しく咲かせるための育て方について、季節ごとにわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

クジャクサボテンとは

園芸分類多肉植物
学名Epiphyllum
原産地メキシコ南部~アルゼンチン
草丈・樹高50㎝~150㎝
耐寒性等耐寒性 弱い 耐暑性 普通
花言葉「幸せをつかむ」「艶やかな美人」「儚い恋」

クジャクサボテンの特徴

クジャクサボテンは、森林性サボテンで、サボテン科のエピフィルム属に属しており、原産地では雨の少ない山岳地帯や・岩石地帯に自生し、樹木に着生して育ちます。月下美人(ゲッカビジン)もシャコバサボテンの近隣種です。

クジャクサボテンは、ノパルホキア属を元に作られた交配種です。葉茎節は平たく、葉の縁は波型になり棘はありません。初夏に鮮やかな花をさかせます。多肉植物の一種で、夏型で春から夏が生育期で、冬に休眠します。ランのような花を咲かせることから、英語名はオーキット・カクタスと呼ばれます。

クジャクサボテンの種類(品種)

クジャクサボテンの花期は5月~6月が最盛期ですが、早咲や遅咲の品種もあります。

花期は5月から6月で、花色は白色・赤・紫・黄・ピンク・オレンジなど多彩。一色咲は少なく、複色が多いのが特徴です。また昼から夜に開花し、日中も咲き続けます。長いものは一週間程度咲く品種もあります 。

花の咲き方も、八重咲きや、トランペット吹き型などがあり、薄い花びらが重なった花を咲かせます。また交配が盛んで毎年多くの品種が生まれ、販売も品種別より色別などで販売されていることが多いです。

クジャクサボテンの品種や月下美人との違いなどは記事がありますので、興味がある方は読んでみてください。

スポンサーリンク

クジャクサボテンの育て方 年間スケジュール

クジャクサボテンは、春から夏に生育し、冬に休眠する多肉植物の夏型です。年間のスケジュールを書きにまとめました。

クジャクサボテンの年間スケジュール
  • 暖かくなったら、戸外で日光に当てます。水やりは、休眠期から生育期に入りますので土の表土が乾いたら、鉢底から水がでるまで与えます。冬に断水した場合は、3月から徐々に水やりの頻度をふやしましょう。

    5月から6月が開花の時期です。植え替えや剪定もこの頃に行います。肥料は植え替えをした場合は元肥を、しない場合も追肥が必要です。開花時に肥料は与えません。

  • 真夏の直射日光は苦手ですので、葉焼けしないよう半日陰で管理しましょう。日本の夏は多湿ですので、風通しの良い場所で株を蒸らさないように注意します。

    水やりは春と同様に、土の表土が乾いたら鉢底から水が出るまで与えます。しかし頻度は春より減らします。 夏に根腐れすることが多いので梅雨と夏は、土が乾いたと思ったらもう2~3日まってから水やりをするとよいでしょう。

    8月以降は肥料は必要ありません。

  • 9月は植え替え・剪定が可能です。水やりは10月頃から徐々に頻度を少なくし、冬の休眠期に備えます。

    秋から霜が降りる前までは、よく日光に当てることで株がしまります。霜が降りる前に鉢を室内へ入れます。

  • 休眠期に入ります。開花株は12月~2月は断水します。生育株については完全に断水せず、乾燥気味に育てます。明るい廊下や窓辺などで、温度が一定になる場所で管理しましょう。あまり暖かい室内に置くと、株が休眠できなくなります。

    きちんと休眠させることで、花つきがよくなります。

クジャクサボテン 育て方

栽培環境

生育期の春から梅雨までと秋は日当たりのよい、風通しのよい屋外で管理します。梅雨明けからは直射日光のあたらない半日陰で管理しましょう。場所を移せない場合などには寒冷紗などで遮光します。真夏の直射日光は葉焼けの原因にもなるので、気をつけましょう。

サボテンは元々メキシコなど日差しが強く温暖な地域に生息しているため、耐暑性はありますが、寒さにはあまり強くありません。霜の降りる冷え込む前には室内で管理してください。暖房が効きすぎた部屋ではなく、できれば玄関や廊下など、温度変化のない場所がよいでしょう。気温が5℃以下にならない場所で管理て、冬越しをします。冬でも暖かい日中は日に当てることで丈夫に育ちます。

水やり

多肉植物は、雨が少ない場所や岩場などに生育するものが多い植物で、乾燥した過酷な環境を生き抜くために、根や茎、葉などを肉厚にして水分を蓄えるようになっています。だからといって、水やりが必要ではないわけではありません。

サボテンの水やりのポイントは、生育期と休眠期で水やりの方法を変えることです。サボテンは多肉の夏型なので、基本的には生育期の3月〜9月は、表面の土が乾いたら水やりをします。この時の水やりはジョウロで根本に水を与える灌水で、底から水が流れでるくらい与えます。休眠期にはいる10月ごろから水やりの回数を減らし冬場は断水気味に育てます。何度も開花を繰り返しているような親株は、12月から2月は断水し3月から徐々に水やりの頻度を増やします。生長中の苗は、完全断水せずに、断水気味に育てます。

クジャクサボテンは、夜間の暑さを嫌います。夏に根腐れすることが多いので梅雨と夏は、土が乾いたと思ったらもう2~3日まってから水やりをするとよいでしょう。与える時間にも気をつけましょう。早朝か夕方に与えます。

用土

一般の草花や観葉植物では、鉢植えの場合は、赤玉土と鹿沼土を基本用土として、ピートモス、バーミキュライト、パーライトやココヤシチップといった改良用の土を基本用土にプラスして使います。

しかし、多肉植物は休眠を伴うものが多く、休眠中の多肉植物は、根もほとんど給水しないので、根腐れを防ぐために鉢土を完全に乾燥させる必要があります。

クジャクサボテン専用の培養土が販売されているので、そちらが便利です。シャコバサボテン専用の培養土でもいいでしょう。専用の培養土を使う場合も鉢底には鉢底石を敷きましょう。自分で配合する場合には、赤玉土(中粒)5・腐葉土3・鹿沼土2や赤玉土5・腐葉土2・くん灰1・牛ふん(堆肥)2など水はけや通気性のよい土を好みます。川砂などの割合が多いサボテン用の土は、あまりおすすめしません。

肥料

砂漠などの栄養の少ない土でも育つサボテンですが、肥料をあげることで元気にすくすくと育ちます。

クジャクサボテンは花つきをよくするために肥料が大切です。元肥は植え付けや植え替え時に行います。 植木鉢などで栽培する場合は、元肥をしっかりと施し、適期に追肥を行っていきます。クジャクサボテンは、4月下旬から7月に緩効性化成肥料を置き肥し、規定量より薄めに希釈した液肥を月に1回から2回につぼみが小さいうちに追肥します。開花中は肥料は一切与えません。

開花中・ 休眠期は絶対に肥料をやらないようにしてください。根が傷んだり、肥料やけを起こし、枯れる原因になります。

病害虫

クジャクサボテンは、カイガラムシ、ケムシ、ヨトウムシなどの害虫が発生する恐れがあります。梅雨にはナメクジが発生して新芽や花芽を食害する恐れもあります。それぞれの害虫によって葉っぱを食い荒らしたり、ウイルスを伝染させたりと活動も異なり、幼虫や成虫などによって対応は変わります。見つけたら早めに取り除いてあげましょう。 カイガラムシは歯ブラシや布なのでこすり落とします。 殺虫殺菌剤なども有効です。

また湿気の多い場所に置いておくと、根腐れ病や茎枯れ病・茎腐れ病などにかかる恐れがあります。予防には、湿気の少ない風とおしの良い場所に置いてあげましょう。

その他 気をつけるポイント

剪定(摘心・切り戻し)

クジャクサボテンは、そのままにしておくと草丈(樹高)が大きくなりすぎることがあります。5月~7月頃に、葉先を摘心することで背丈を伸ばさないようにすることができます。

また5月~7月、または9月頃に室内に取り込む前に、枯れた茎や伸びた部分を整えて、切りそろえる切り戻しを行いましょう。 この時期でしたら適宜切り取ってかまいません。 茎節をハサミで切るか、若芽を手で切り取ります。切り取った茎節はさし木としてつかうこともできます。

支柱立て

クジャクサボテンは大型の品種は、支柱をして支えを取り付けます。アサガオなどのあんどん支柱を用いた「あんどんづくり」や、鉢にトレリスを立てて、茎節を止めていく「扇支柱仕立て」などの方法があります。

クジャクサボテンの植え替え、増やし方

植えつけ、植え替え

クジャクサボテンは生長に合わせて、1年~2年に一度、一回り大きな鉢に植え替えをしましょう。根詰まりの防止にもなります。開花株は、2年に1度開花が終わった5月~6月、もしくは9月から遅くとも10月上旬までに行います。若い苗は、生長が早いのでできれば1年に1度植え替えます。開花株は9月に植え替えを行うことで、花芽のころに休眠させることができるので花つきがよくなるという利点があります。

  1. 植え替える株を、鉢から抜き取ります。
  2. 底土をほぐして落とし、古根を1/3にカッターかハサミで切り詰めます
  3. 5日~7日間、そのまま陰干しして乾かします。
  4. 鉢底に鉢底石をいれて、用土に元肥を施して植えつけます。(浅植えがおすすめです)
  5. すぐにたっぷりと水を与えて、半日陰に2週間ほどおいてから通常の環境に戻していきます。

同時に、剪定や支柱立てをして鉢を整えてあげましょう。

ふやし方

クジャクサボテンは挿し木(さし木)でふやすことができます。5月から7月ぐらいの生育期に行うとよいでしょう。しおれていない元気な茎節を15㎝から30㎝ほどに切り取って、切り口を1週間ほど乾燥させます。さし床(赤玉土・小粒)に挿すと、1か月ほどで発芽するので、鉢上げして植え替えましょう。水やりは、すぐにせず挿してから10日から1週間ほどしてから与えます。開花までは2年~3年ほどかかります。

まとめ

大輪の華やかな花を咲かせるクジャクサボテンや、夜に白い花をさかせる月下美人は、観葉植物として人気が高くたくさんの品種があります。

サボテンは、枯れにくいので初心者の方でも簡単に育てることができます。多肉植物との寄せ植えなども最近は人気で、100円ショップやインテリアショップなどでも見かけることができます。

春にイースターカクタス、夏にクジャクサボテンや月下美人、冬にシャコバサボテンなどを育てれば一年中花を楽しむことができます。ぜひお気に入りの品種を見つけて上手に育てて、美しい花を咲かせてみてください。

編集さん
編集さん

『農家web』では、この他、球根系から播種(は種)系、水生、宿根草、アサガオやシクラメン、ヒヤシンス、紫陽花クレマチス、ベゴニア、ひまわり、チューリップ、ハーブ、アリウム、ポインセチアシャクヤクポトスペチュニアまたサボテンなどの多肉植物、常緑のガジュマルパキラ、クラピア、ビカクシダなど様々な観葉植物、ツツジなどの庭木、果樹、イチゴトマトなどの野菜のおすすめ記事があります。

また、雑草もイネ科雑草広葉雑草など一年草から多年草、また茎葉処理剤、土壌処理剤等の薬剤も幅広く解説しています。

検索欄は、「右のサイドバー」もしくは「サイドバーメニュー」にありますよ!

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました