カニサボテンの失敗しない植え替えの方法と育て方のポイント!

栽培
栽培花菜類

カニサボテン(カニバサボテン)は、サボテン科シュルンベルゲラ属(学名Schlumbergera truncata)に属し、原産地はブラジル南東部のオルガン山周辺の限られた地域に自生しているシャコサボテンの仲間です。冬に花が咲くことから別名クリスマスカクタスとも呼ばれています。

シャコサボテンと見た目が似ていますが、茎節に違いがあります。カニサボテンは、その名のとおりカニのハサミに似た丸みを帯びた茎節をもっています。シャコサボテンの茎節は、蝦蛄に似た葉が特徴で、葉の縁に突起がありトゲトゲしています。イースターカクタスもカニサボテンやシャコサボテンに似ていますが、少し小ぶりです。

園芸上は、両方ともクリスマスカクタスやデンマークカクタスの別名で販売されており、交配種もありますので区別は難しいこともありますが、育て方に大きな違いはありません。

寿命も長く丈夫で、きちんと育てれば毎年冬場に開花するカニサボテンですが、大きくなったカニサボテンを植え替えたい、お気に入りの器に移し替えたいときに、どうしていいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

カニサボテンは1年~2年に1度、生長に合わせて植え替えが必要です。この記事ではカニサボテンの植え替えについて初心者の方でもわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

カニサボテン植え替えの時期と方法

カニサボテンは、草丈が15㎝から40㎝ほどで、1年~2年に一度植え替えが必要です。鉢がいっぱいになったり根が鉢の下からでているようなら植え替えが必要です。できれば毎年植え替えするのがおすすめです。

植え替えをしないと、土に栄養分がなくなって鉢いっぱいに根が広がってしまうので、生長できず根詰まりや根腐れを起こして枯らしてしまう可能性もあります。

ではカニサボテンの植え替えは、いつどのように行えばよいのでしょうか。ここではカニサボテンの植え替えのやり方と時期について、基本的な考え方を説明します。

植え替え時期

多肉植物は春秋型、夏型、冬型の3タイプに別れ、それぞれ生育期と休眠期が異なります。カニサボテンは、「夏型」に 該当します。夏型は夏に盛んに生育し、春と秋はゆっくり生育し、冬は休眠します。

カニサボテンの植え替えは、生育期の直前3月下旬から4月が適期です。植え替えるときには、時期だけでなく天気や時間帯にも気をつけましょう。カニサボテンは多湿が苦手なため、天気の良い午前中に植え替えるとよいでしょう。午後雨が降るときにはさけたほうがよいでしょう。

植え替え準備

準備するもの

・鉢 今までつかってたものより一回り大きいものを用意します。カニサボテンは下に枝垂れ下がるのが魅力でもありますので、鉢は深めのものを選びましょう。植木鉢はプラスチックのものより、素焼きのほうが通気性があっておすすめです。

・用土 新しい用土を用意します。古い土には栄養がなくなり害虫が沸いている可能性もあります。今までつかっていた土は使わず、必ず新しいものを用意します。ホームセンターなどで売られているシャコサボテン用の培養土が便利です。大きな鉢を使う時は床土に大粒の赤玉土などのごろ土や軽石を使うと水はけがよくなります。

・ハサミ 消毒済みのものを使いましょう。(植物を剪定したハサミには病気などが付着している恐れもあるので、使った後は次亜塩素酸ナトリウムやアルコールなどを使って消毒しておきます)

・このほかピンセットやシャベル、軍手はサボテンの棘が刺さることがあるのでできれば革製の手袋があると安心です。

植え替えの方法

①植え替えるカニサボテンは1週間ほど水を上げずに乾燥させてから、鉢から外します。

②根っこをくずして、土を丁寧に落とします。このときに害虫などがいないかもチェックします。

③伸びた根を半分から3分の2ほど切り詰めます。茎節が赤くなって、茎節の継ぎ目根が出ている場合は、根腐れしている可能性もあります。腐った根は根元から切ります。

④新しい用土は、軽く湿らせます。用土をひろげジョウロで半分水をかけます。ビニール袋に入れ日向に2時間ほどしていれておくと、均一に湿った土になります。

⑤新しい鉢に植え付けします。鉢の底に大粒の赤土土か軽石を敷き、その上に緩効性粒上肥料を加えます。苗を押さえながら④の培養土いれて植え込みます。最後にピンセットや割り箸などで土をならします。

⑥水やりは植え付け後、4日から5日後に行います。その間は半日陰に置いて徐々に通常の環境に戻します。

スポンサーリンク

その他 カニサボテンの栽培で気をつけたいポイント

栽培環境・水やり

カニサボテンは、日当たりの良い風通しの良い場所を好みます。できれば生育期の春から梅雨までは、屋外の日の当たる場所で屋外で管理しましょう。室内で育てるときも、日の当たる窓辺に置き、ベランダや庭など屋外にも定期的に出してあげると元気に育ちます。

日光不足になるとひょろひょろと先端が細くなったりして徒長してしまい、弱って枯れる原因ともなります。

梅雨明け後の真夏の直射日光は、葉焼けの原因にもなりますので半日日に当てたら、午後は軒下などの日陰に移動する。もしくは寒冷紗などで遮光して半日陰で管理します。

サボテンは元々メキシコなど日差しが強く温暖な地域に生息しているため、耐暑性はありますが、耐寒性は弱いです。霜の降りる冷え込む前には室内で管理してください。カニサボテンは日照時間が短くなると、花芽をつけ始めます。夜遅くまで明るい場所に置くと花芽やつぼみが付きにくくなる場合もあるので、明るさにも注意してください。夜、窓際に置いておくと気温が下がり寒くなります。置き場は温度が5℃以下にならない場所で管理すれば冬越しは可能です。

水やりのポイントは、生育期と休眠期で緩急をつけた水やりをすることです。カニサボテンは多肉植物の夏型なので、基本的には生育期の3月〜9月は、土の乾き具合をみて水上げします。表面の土が乾いたら水をやり、休眠期にはいる10月〜2月は水は徐々に水を減らし、冬は断水気味にします。

原産がブラジルの暑く乾燥した場所で元々自生するカニサボテンは、水の上げすぎは根腐れの原因ともなりますので、水やりは注意が必要です。

用土

一般の観葉植物では、鉢植えの場合は、赤玉土と鹿沼土を基本用土として、ピートモス、バーミキュライト、パーライトやココヤシチップといった改良用の土を基本用土にプラスして使います。

しかし、多肉植物は休眠を伴うものが多く、休眠中の多肉植物は、根もほとんど給水しないので、根腐れを防ぐために鉢土を完全に乾燥させる必要があります。このため、一般の観葉植物と異なり、赤玉6・腐葉土と川砂を等量に配合に混ぜたものがおすすめです。パーラライトや砂土などを混ぜても排水性のよい、水はけのよい土ができます。市販のサボテンや多肉用の培養土は肥料も配合されているものもあり便利です。

また、ハイドロカルチャーで栽培する場合は、土を用いず、ハイドロコーン、ハイドロボールという丸い発泡煉石を使用したり、ゼオライトという多孔性の鉱石、またカラフルな色で見た目も美しいジェリーボールを使用します。エアプランツも同様です。

上記の素材はいずれも一定の保水力のある素材なので、正しく肥料を使うことで、観葉植物をしっかりと生育することができます。植え替え時には元肥料として緩効性肥料を入れると元気に育ちます。元肥の緩効性肥料は、ハイポネックス マグァンプKなどがおすすめです。大粒のものから小粒のものまでありますので、品種に合わせた大きさをつかってください。

用土や観葉植物やハイドロカルチャーについての肥料についての記事もありますので、興味があればお読みください。

サボテンの植え替えにはどんな土がいいの?土のあれこれ教えます!
サボテンの植え替えにおすすめの土を紹介するとともに、サボテンの植え替え方法や栽培方法や水やりや肥料、注意点、手入れ方法などを初心者の方でもわかるように説明します。
ハイドロカルチャーに合う肥料ってどんな肥料?
土の代わりに、丸い発泡煉石を使用して栽培する室内観葉植物にぴったりなハイドロカルチャーの説明と、適する肥料の紹介、また、ハイドロカルチャーで気をつけるポイントを説明します。
観葉植物におすすめの肥料!液体肥料・固形肥料6選!
観葉植物には多くの種類が存在し、どのように育てればよいか、肥料をやればよいかがよくわからないという方も多いのではないかと思います。そこで、この記事では肥料の基本と一般的な観葉植物への肥料のやり方の基本を紹介します。
多肉植物の肥料のやり方は?多肉植物のおすすめ肥料をご紹介!
多肉植物ならではの肥料・水やりについて、多肉植物のタイプ別に説明するとともに、他の観葉植物との育て方の違いや、おすすめの扱いやすい固形肥料・液体肥料、また育てる時に注意したいポイントを説明しています。

肥料

砂漠などの栄養の少ない土でも育つカニサボテンですが、肥料を肥すことで花つきがよくなり、早く大株にに育ちます。

カニサボテンなどの多肉植物は、元肥は植え付け、植え替え時に行います。 植木鉢などで栽培する場合は、元肥をしっかりと施し、適期に追肥を行っていきます。春から梅雨までには、液体肥料を2週間に一度追肥します。9月頃から蕾ができ始めます。梅雨明け以降、肥料は不要です。花芽のころには肥料が切れているようにしましょう。

休眠期は絶対に肥料をやらないようにしてください。肥料やけを起こし、枯れる原因になります。

肥料が草花に与える影響など、サボテンの肥料については詳しく書いた記事がありますので、興味のあるかたは読んでみてください。

剪定(切り戻し・芽摘み)

春に新芽を切り戻しすると、背丈を調整することで株がバランスよく仕立てられ、その茎を使ってふやすこともできます。秋になっても茎葉が生長し続けているときは、各枝の先端の赤くて柔らかい新芽をひねって、摘み取ると花芽が付きやすくなります。

秋には、翌年の花芽のつきをよくするため、芽摘みをしましょう。涼しくなった9月の上旬に茎節がのびているようなら、先端のやわらかい新芽を摘みとります。

ふやし方

サボテンは、種まきや、胴切りと、親株から子株を株分けして挿し木で増やすことができます。また健康なサボテンを台木にして接ぎ木で増やすこともできます。

カニサボテンは、さし芽で簡単に増やすことができます。

4月から7月ぐらいの生育期に行うとよいでしょう。しおれていない、元気な茎節を2節ほどに切り取って、鉢に挿します。一鉢に10本ほど同心円状に挿し芽すると自然に丸く整った姿に成長します。切り戻しで切り取った茎節を使うとよいでしょう。

病害虫

カニサボテンは、ケムシ、ヨウトウムシなどの害虫が発生する恐れがあります。梅雨にはナメクジが発生する恐れもあります。それぞれの害虫によって葉っぱを食い荒らしたり、ウイルスを伝染させたりと活動も異なり、幼虫や成虫などによって対応は変わります。見つけたら早めに取り除いてあげましょう。殺虫殺菌剤なども有効です。

また湿気の多い場所に置いておくと、根腐れ病や茎枯れ病・茎腐れ病などにかかる恐れがあります。予防には、湿気の少ない風とおしの良い場所に置いてあげましょう。

害虫については下記に非常に詳しく対策を説明しているので、実際に発生してしまって困っている時など、参考にしてみてください。

まとめ

カニサボテンの花色はピンク、オレンジや赤など多彩で、冬に鮮やかな大きな花を咲かせます。花が下に垂れるのが特徴で樹高も40㎝ほどなのでハンギングでつるすしたり、花を咲かせるサボテンとしてとても人気があります。ほかにも花を楽しむサボテンとしては、月下美人やクジャクサボテンなどが有名です。

サボテンの花言葉は、枯れにくいところから「枯れない愛」や「燃える心」などがあります。プレゼントとしても素敵ですね。ぜひ、ホームセンターや園芸店などでお気に入りのサボテン品種を見つけて、緑のある生活を楽しんでください。

編集さん
編集さん

『農家web』では、この他、球根系から播種(は種)系、水生、宿根草、アサガオシクラメン、ヒヤシンス、紫陽花クレマチス、ベゴニア、ひまわり、チューリップ、ハーブ、アリウム、ポインセチアシャクヤクポトスペチュニアまたサボテンなどの多肉植物、常緑のガジュマルパキラ、クラピア、ビカクシダなど様々な観葉植物、花、花壇、ツツジなどの庭木、果樹、イチゴトマトなどの野菜のおすすめ記事があります。

また、雑草もイネ科雑草広葉雑草など一年草から多年草、また茎葉処理剤、土壌処理剤等の薬剤も幅広く解説しています。

検索欄は、「右のサイドバー」もしくは「サイドバーメニュー」にありますよ!

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました