ネギ肥料作物別の肥料肥料野菜類の肥料

ネギ栽培に最適! ネギ専用肥料とその使い方 

ネギ専用肥料ネギ肥料

ネギは、種類も豊富で鍋物や薬味、みそ汁や煮物、炒め物など、昔から私たちの食卓に欠かせない野菜です。家庭菜園でも人気のネギですが、ネギにはどのような肥料が必要なのでしょうか。

この記事では、ネギ専用肥料について、その特徴とおすすめ商品、肥料のやり方について解説します。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

ネギ専用肥料について

肥料は多くの肥料があり、どれをつかっていいのか悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。ネギ専用の肥料のあります。ネギに必要な成分が配合され、施肥量などもパッケージに書かれていることも多いので、栽培初心者の人でも簡単につかうことができます。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

ネギにおすすめの専用肥料

それではおすすめのネギの専用肥料や野菜の肥料について、いくつか説明していきます。

花ごころ ねぎ・たまねぎの肥料

園芸用土や肥料など農業資材を取り扱う会社、花ごごろが販売する「ねぎ・たまねぎの肥料」です。有機質20%配合されている肥料で、元肥追肥にも使えます。肥料成分は、N(窒素):P(リン酸):K(カリ)=6:9:6です。

容量が400gと1.6kgの2種類あります。ベランダ栽培などでそれほど量が必要ないひとには少量サイズは助かります。ホームセンターなどでも販売されていることがある手軽な商品です。価格は400gで240円、1.6kgで800円ほどです。

ねぎ・たまねぎの肥料 400g【園芸専門店 ガーデニングの森】
ガーデニングの森
¥ 260(2022/09/16 23:15時点)

セントラルグリーン ネギ類専用肥料

畑などで容量が必要な場合は、「セントラルグリーンのネギ類専用肥料」があります。容量は5kg,10kg,20㎏とあり生産農家にも使えます。元肥、追肥に使えます。肥料分は肥料分はN(窒素):P(リン酸):K(カリ):Mg(マグネシウム)=10:8:7:2で、ねぎ類が好んで吸収する「硫黄」が配合されています。価格は10kgで3000円程度です。

セントラルグリーン ネギ類専用肥料 10-8-7 10kg
ホームセンターヤマキシ楽天市場店
¥ 2,645(2022/09/16 22:30時点)

一発肥料 ねぎ・玉ねぎ・にんにく専用肥料

ネギの一発肥料もあります。120日間肥料効果が続くので、最初に元肥として施肥するだけで追肥がいらない肥料です。サンガーデンのネギ・玉ねぎニンニク肥料の肥料分は、N(窒素):P(リン酸):K(カリ):Mg(マグネシウム)=22:12:11:2で、育成初期に早く効く効果と、長期間ゆっくり溶け出す肥料(被覆尿素)が配合されています。

野菜 有機一発肥料 1キロ タマネギ類用 タマネギ ニンニク ラッキョウ ネギ 追肥の要らない一発肥料元肥一発 玉葱苗
荒川種苗 楽天市場店
¥ 880(2022/09/30 18:45時点)

マイガーデン花・野菜用

マイガーデンは、住友化学園芸の登録商標で、粒状の様々な草花・庭木・果樹の元肥や追肥に使うことができる肥料で栄養分を効率よく吸収させるすぐれた腐植酸入り緩効性肥料として特許を取得しています。マイガーデン花・野菜用は、野菜や花の専用肥料です。肥料分はN(窒素):P(リン酸):K(カリ):Mg(マグネシウム)11:11:7:0.5 価格は700gで700円程度です。

ネギの元肥・追肥の使用量は、パッケージに書かれています。通販だけでなくホームセンターなどでも手軽に購入できます。

マイガーデン花・野菜用 700g 住友化学園芸 元気な花と野菜を育てたい 肥料
イーハナス楽天市場店
¥ 458(2022/09/27 11:30時点)

使用目安量、使用頻度、適期は、大まかな指標となります。また、改良などにより販売されている商品の成分比が変わったり使用目安量が変わったりしますので、使用する際には必ず商品のラベルに記載されている情報を確認しましょう。

ネギの肥料の与え方

育苗に時間のかかるネギは、ホームセンターなどでも手軽に苗を買うことができます。

苗から育てる場合

ネギには様々な種類がありますが、大きく分けて2つ。に葉(緑葉)を食べるもの、白い根(白根)を食べるものがあります。

長ネギ(根深ネギ・白ネギ)

長ネギは、関東とその以北で栽培されているネギで根深ネギ・白ネギとも呼びます。群馬の下仁田ネギや、埼玉県の深谷ネギなどのブランドネギも有名です。

長ネギは、タネまきから植えつけまで3カ月ほどかかるので、ホームセンターなどでも苗が簡単に手に入るので、苗を購入するのが簡単です。

栽培期間の長い、長ネギの肥料は苗を植えつけるときの元肥として化成肥料鶏糞などの有機肥料を施します。追肥は白い根の生長に合わせて、1か月に1度、速効性の化成肥料をばらまき、土寄せをします。収穫まで3回ほど行います。

白い根は、葉梢と呼ばれ実は葉の一部です。白くやわらかな葉梢を作るには、土寄せが大切です。

葉ネギ

葉ネギは、主に関西以西に普及しているネギで緑の葉の部分を食します。青ネギや小ネギ、万能ねぎなどとも呼ばれ、九条ネギが有名です。葉ネギの場合は、根深ネギに比べると栽培はしやすいので初心者の人にもおすすめです。

葉ネギもタネをまいて育苗をしてから、植えつけます。九条ネギなどの大きなものは収穫まで時間がかかるので苗などを購入するのが簡単です。小ネギ・万能ネギなどであればタネまきから2か月ほどで収穫できるので種から育ててみましょう。

長ネギど同様に、苗から育てる場合は植え付けるときの元肥として、化成肥料や鶏糞などの有機肥料を施します。追肥は、植え付けから1か月後に速効性の化成肥料を与えます。小ネギなど収穫まで短いものは元肥だけでも育ちます。大きくなったものから葉の部分だけ切り取って収穫して追肥で化成肥料を与えておくと、新芽がでて再度収穫することができます。

タネから育てる場合(育苗)

地植え(育苗畑・直播)

育苗畑などで種から育てる場合は、種まきの1週間ほど前に元肥を施しておきます。堆肥や化成肥料、鶏糞などの有機肥料を施しておきます。追肥は、草丈が7㎝ほどになったら、株間が1.5㎝程度になるように間引いて追肥します。次の追肥は1回目の追肥から1か月ほどたったら、株間が5㎝になるように間引いて追肥します。育苗が90日を超える場合にはさらに追肥します。追肥には化成肥料などを使います。

セルトレイ

セルトレイやチェーンポットで種まきから育てる場合には、倍土はネギ専用の培土を使いましょう。元肥が含まれているので、基本的に追肥は必要ありません。ただし、育苗期間が60日を超える場合には適宜化成肥料を追肥を行いましょう。(肥料期間などは培土のパッケージで確認してください)草丈が30cm程度になったら、定植のサインです。

鉢植え・プランター

鉢植えやプランターから種まきから育てる場合は、直播きが簡単です。用土は野菜の培養土などをつかいましょう。培養土を使用している場合、発芽から1ヶ月程度は追肥の必要は基本的にありません。本葉が4枚程度、太さが鉛筆より少し太いくらいになってきていたら、育苗がうまくいっている証です。その後は苗から育てるときと同様に、1か月に1度ほど追肥をしていきます。

肥料について

肥料の成分について

植物が育つために必要な三大栄養素(三要素)は窒素(チッソ)、リン酸(リンサン)、カリウム(カリ・加里)です。

  • 窒素(N)は、「葉肥(はごえ)」とも呼ばれ、生育の初期に効果的であり、茎と葉の生長に大きく影響します。
  • リン酸(P)「実肥」と呼ばれ、開花・結実を促すためにリン酸が必要となります。また、植物全体の生育や分げつ、枝分かれ、根の伸長など様々な要素に関わっています。
  • カリウム(C)「根肥」と呼ばれ、葉で作られた炭水化物を根に送り、根の発育を促したり、植物を丈夫にして病気などに対する抵抗力を高める働きがあります。そのため、カリウムは「根肥」と呼ばれます。

肥料の呼び名について 元肥と追肥

用土に肥料を与えるタイミングによって、肥料の呼び名が変わります。具体的には、「元肥」と「追肥」があります。

苗を植え付け(定植する)前に予め土壌へ施しておく肥料を「元肥(もとひ・もとごえ)」と言います。元肥は、初期生育を助ける働きがあり、肥料効果が長く続く緩効性や遅効性の肥料を施すのが一般的です。

苗の植え付け後(定植後)、作物が生長していくときに、土壌の肥料切れが起こらないように追加で施す肥料を「追肥(ついひ・おいごえ)」と言います。花や結実の後に与える追肥をお礼肥といったり、冬に与える追肥を寒肥(かんごえ)といったりもします。

有機肥料と化成肥料について

肥料には有機肥料と化学肥料と呼ばれるものがあります。

有機肥料とは動植物由来の原料を使って作られている肥料を指します。畑や庭などの地植えに使うと土壌改良効果も期待できますが、虫がわいたり臭いがつよいものもあります。

化学肥料は、化学的に合成、あるいは天然産の原料を化学的に加工して作った肥料です。化成肥料は化学肥料に化学的操作を加えて製造された複合肥料を「化成肥料」といいます。三大要素がバランス良く含まれており初心者の人でも使いやすい肥料です。

有機肥料、化成肥料両方にメリット・デメリットがあります。最近では有機肥料を配合した化成肥料などもあり両方のメリットをうまく配合している肥料も多く販売されています。

化成肥料は薬品のように危険なものなの?

「化成肥料」はその名前から植物や環境、人体に強く影響を及ぼすイメージが付いている場合がありますが、それは全くの誤解です。

一番重要なのは「肥料」を必要な量だけ施すということです。適正量の使用であれば「化成肥料」「有機質肥料」など、どの肥料でも問題は発生しません。逆に化学肥料でなくても適正な使用方法ができていない場合は植物や人体に大きな影響があります。

肥料だけではなく一般流通されている農業用の資材はすべて適正に使用すれば問題が起こらないようになっています。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました