電動式の雄!マキタ(makita)芝刈り機の種類と性能を徹底解説!

草刈機・刈払機
草刈機・刈払機草刈機・刈払機買いたい除草・防草除草道具
スポンサーリンク

マキタ(makita)は世界有数の電動式工具メーカです。充電式バッテリーを軸にたくさんの電動工具を展開しています。特にマキタの草刈機(刈払機)は、電動だけでなく、エンジン式もあり、様々な草刈りニーズに対応しています。

この記事では、マキタ(makita)の芝刈り機(芝刈機)について、どんな種類、特徴があるのか、また付属品も併せて徹底解説していきます。

マキタ(makita)芝刈機の種類(特長・価格・使い方)

マキタの芝刈機は、リチウムイオンバッテリーを使う電動式で、その中でも、片手で扱う「バリカン」タイプと手押しで押す「自走式」タイプに別れています。ここでは、タイプ別に紹介していきます。(草刈り機(刈払機)は、ラビットというブランド名でエンジン式も良い商品を揃えています。)

芝刈り機バリカン(芝刈りバリカン)タイプ

芝刈り機バリカン(芝刈りバリカン)とは?

芝刈り機バリカン(芝刈りバリカン)とは、電気の力で芝刈り機エンジンを起動させ、芝を刈込む機械です。コンセントの電源を使用するタイプと、リチウムイオンバッテリーを使用した充電式のコードレスタイプのものがあります。マキタのバリカンはコードレスのタイプになります。

また、片手で持てるハンディタイプや、刈払機のような、長いポールについたグリップを持つタイプのものもあり、ハンディタイプにポールアタッチメントをつけることで、刈払機のように立ったまま作業することを可能にします。マキタの芝刈バリカンは別売のロングハンドルアタッチメントがあります。

マキタの芝刈りバリカンは電動なので、静かに刈込むことができます。周りに住宅がある場合は特に重要な点です。庭など、10坪未満の範囲にベストな芝刈り機といえます。

おすすめのマキタの芝刈りバリカン

マキタ(makita) MUM604DRF

MUM604DRFは、マキタの芝刈りバリカンの中でもスタンダードなもので、刈込幅は160mmです。刈り込みの高さが調節できるのはもちろん、キワ刈りがやりやすいように、キワ刈りガードが付いていて、刃物を壁や垣根に当てずに刈ることが出来ます。また、刃は特殊コーティングされていて、切れ味、耐久性が高くなっています。

この商品のほか、14.4VのMUM602DRF、10.8VのMUM600DSH、バッテリーが軽くなったMUM601DSHが展開されています。

さらにこちらの商品は生垣用の替刃に取り替えることで、生垣バリカン(ヘッジトリマー)へ簡単にチェンジすることが出来ます(2wayチェンジシステム)。庭に生垣、植木、庭木がある方にとっては、大変役立つでしょう。

芝生バリカンの使い方と注意点

こちらで紹介した商品は、全て高さ調節機能がついていますので、基本的には地面に沿ってバリカンを走らせれば、高さを揃えて刈ることが出来ます。

バリカンブレードの刃(ブレード)の部分は、コーティングされるなどハサミとは異なるため、研ぐ必要はありませんが、使用後に水洗いして拭くなど、こまめなメンテナンスが製品の寿命を伸ばします。面倒だとは思いますが、使用後はきちんとメンテナンスしましょう。

またマキタの製品ではありませんが、バリカンの他、芝刈り用のハサミというものもあります。下記にはさみについて詳しく記載していますので、ご参考にしてみてください。

自走式タイプ

マキタの自走式タイプの特徴は、他社がほぼガソリンを動力にしているところ、リチウムイオンバッテリーを動力にしている、電動式であるという点です。

電動式はなんといっても、音が静かです。ガソリン式の駆動音は畑で使っていても、周りに気を使うほど騒音がします。自宅の庭や周りが住宅街の公園、学校のグラウンドで芝刈りはこちらの電動式の芝刈り機がおすすめです。

マキタ(mikita)MLM460DZ バッテリータイプ

マキタ充電式芝刈機 MLM460DZ

マキタが誇る、充電式芝刈機(LAWN MOWER)です。電源は18Vのリチウムイオンバッテリーを2個使用し、手押し、ロータリータイプの自走芝刈り機なので、広範囲、長時間の芝刈り作業に適しています。

本製品の特徴としては、マキタの草刈機と同様、バッテリーながらもパワフルな駆動、また防じん・防滴機能の「アプト」機能が搭載されており、コンパクトでBLモータ+スチールデッキの高耐久性仕様になっています。

また、付属のマルチングアタッチメント使用すれば、刈った芝を細かく砕いて肥料として芝生に撒くことができます。

この他、よりワイド、パワフルになったMLM432DPG2/DZ、MLM382DPG2/DZ、MLM431DPG2、MLM380DPG2があります。

マキタ製品の修理

マキタ製品であれば、故障した時、マキタの営業所に直接持ち込んで修理することができます。マキタは「修理3日体制」を掲げており、アフターサポートは非常に手厚い企業です。

マキタの営業所がどこにあるのかは、マキタHP で確認できます。自力での修理が困難な場合はマキタ営業所に持ち込んでみましょう。

マキタの芝刈り機を中古で買いたいときは

マキタの芝刈り機は、その性能に比して安価を実現していますので、新品でも手の届きやすい価格になっています。しかしながら、中古でもいいからもっと安く入手したいという人もいるでしょう。その場合におすすめなのが、大手オークションサイトである「ヤフオク!」を利用する方法です。

オークションというと価格を随時確認しなくてはいけないなど煩わしいイメージがあるかもしれませんが、実は現在の「ヤフオク!」には「定額」で出品されている商品が多くあります。「定額」で出品されている商品は、オークション形式とは異なり、表示されている価格に対し購入ボタンを押すだけで即時取引完了となります。このように煩わしさもなくなっているばかりか、農機商品の取扱い数も急拡大しており、非常に使い勝手のよいサービスに進化しています。

以下にリンクを用意しましたので、ぜひ一度のぞいてみるとよいでしょう。

=>ヤフオク!で検索してみる

まとめ

マキタ(makita)は、芝刈り機の他に、草刈機(刈払機)充電式のチェンソー、ブロワ、生垣を刈り込むバリカン、高圧洗浄機、噴霧器なども展開しています。マキタ製品はリチウムバッテリーが共通なので、枝を切断する剪定(せん定)に使うチェンソーや、農薬用に噴霧器などもマキタの充電式に揃えるのが効率的です。

特にガソリン式がメインな刈払機界の中で、マキタはバッテリ電動式を展開していて、マキタ独自の樹脂刃や電動式なのにパワフルにチップソーナイロンコードカッター(リールに巻き付いたナイロンコードが回転して草を刈るタイプ)を回転させることが出来ます。(マキタ草刈り機のコード番号はMUH,MUR,MUX,AH,UDZ,UDRG,DSHなどになります)

マキタ製品はホームセンターの園芸、資材コーナーにデモ品が置かれていることが多いので、実物を確認することが可能です。是非手にとって、重さなどを確かめてください。また、電動式で同様なラインナップを展開しているリョービ(RYOBI)もあります。

(補足)芝生の手入れアレコレ

日当たり・水はけ

植物は光合成によってエネルギーを作ります。特に、芝は日光が大好きで日当たりが良い場所を好みます。また、野外で育てるため、水はけが良い土地が望ましいです。日陰が多い場所の場合は、日照時間が比較的少なくても問題ない品種を選ぶと良いでしょう。刈高を上げてできるだけ葉の面積を多くし、光合成を促進させるなどの工夫も有効です。

水やり・散水

芝は、生育期に比較的多くの水やりが必要な植物です。生育期、土が乾いたら、なるべく水をやるようにしてください。特に猛暑の時期は水やりを毎日してあげましょう。一部の葉が徐々に巻いて丸まっている状態だとすると、明らかに水不足のサインが出ていますので、水やりをしてあげましょう。

基本的な水やりの頻度の目安は週に1〜2度で、夏はできるだけそれ以上に散水するといいでしょう。休眠期の冬場は特に散水する必要はありません。

エアレーション

エアレーションとは、芝生に専用の穴あけ機で穴を開けることで、土壌中の酸素を増やし、透水性を高め、土壌表層に溜まる老廃物であるサッチの分解を促進させ、サッチの蓄積を防ぐために行います。

芝生は、畑と違って一度植えてしまうと、耕耘ができません。このため用土が固くなり、サッチが蓄積し、芝の育成を阻害してしまうのです。

エアレーションを行う適期は、芝生の生長がよい時期です。具体的には暖地型は初夏や梅雨明け、寒地型は春と秋が適期となります。また、エアレーションに合わせて、レーキや熊手で蓄積したサッチを取り除く、またサッチ分解剤を使ってサッチを除去するサッチングも行ってください。

目土

目土は、芝生の管理特有の言葉で、「めつち」と読みます。目土は、芝生の上に川砂などをかぶせ、覆うことで、サッチの抑制や表面のデコボコを平にしたり、新芽を保護したり地温を保つ効果があったりと、非常に重要です。具体的には年間に1〜2回、4〜5月、10月に行うのがベストです。

編集さん
編集さん

普通の土(そこらのへんにあるような土)を使うのは駄目ですよ!

芝生の目土用の土も販売されていますので、ご自身で目土作業を実施することも可能です。

バロネス 芝生の目土・床土 10kg×3袋セット 砂壌土 ブレンド(焼黒土・富士砂・ピートモス・有機フミン酸) 顆粒状 種まき 芝張り 目土入れ やわらかい ふかふか
芝生のことならバロネスダイレクト

広い敷地の芝生をお持ちの方は、造園業者などに目土を頼むと良いと思います。ご自身でやるより安く綺麗に仕上がります。

⇒草刈り・芝刈りなど造園を頼みたいときには

除草

芝生にはスギナ等の雑草が付き物で、雑草の処理・草取りに苦労されている方も多いと思います。草刈機で除草する他、除草剤も多くあります。

除草剤は、大きく分けると、草が発芽する前に処理する発芽抑制剤、発芽後生長してから処理する茎葉処理剤の2種類あり、茎葉処理剤の中でも雑草のみを枯らしてしまう選択性処理剤があり、芝生に優しいものがあります。

除草剤を散布するときは、その除草剤の特性をしっかりと理解した上で使用するようにしましょう。また噴霧器等を使用する場合も使い方をよく確認して噴霧してください。

芝刈り

芝刈りは、刈り込むことによって上への成長を止め、芽吹きを促進させて新芽を増やし、密度を高める働きがあるので、欠かせない手入れの一つです。葉が短くなる分、葉の枚数を増やして光合成ほ活発化させ、濃い緑になります。また、芝刈りしないと、芝が伸びっぱなしで害虫のすみかになってしまい、病気になりやすくなります。

生育期は月に2度以上、生育が旺盛で芝が伸びる最盛期は、出来れば週1くらいの頻度で芝刈りしてください。芝刈り機は様々な種類があり、電動、エンジン式、また刈る方式としてはリール式とロータリー式があります。さらに、芝刈り機は芝の際をうまく刈ることはできないので、見た目にこだわる方は、際刈りの為にハンディバリカンも必要になってきます。匍匐茎(ほふくけい)のような横に伸びるランナーは気にせず刈って大丈夫ですが、立ち上がりが目立つならば目土してください。

様々な種類があるので、必要な面積に応じて、ベストなものを選んでみてください。

この記事を書いた人
農家web編集部

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。
皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web