芝生のエアレーションにおすすめの機械と道具

芝生のエアレーションを自動で行う機械の画像です。栽培
栽培芝生

サッカー場などの競技場から公園、ご家庭の庭まで、芝生はさまざまなところに植えられています。芝生の緑色は、心安らぐ空間を与えてくれます。

芝生の手入れ作業には、芝刈りや水やり、サッチ取り(サッチング)などのほかにもエアレーションという重要な作業があります。芝生のエアレーション作業は、通気性や透水性、根の張りの改善などのために必要な作業です。

エアレーション作業はサッチ取り(サッチング)などと並んで、とても重労働な作業です。そのため、広い面積でもラクにコアリングが行える便利な機械も開発されています。

この記事では、芝生のエアレーションを実施するときに便利な機械とおすすめの道具について紹介します。

スポンサーリンク

そもそもエアレーションとは

芝生のエアレーションとは、ローンスパイクやローンパンチ、ガーデンスパイクなどの芝生に穴を開ける専用の道具で地面に穴を開ける作業を指します。

エアレーションは、水やりや施肥(肥料やり)、芝刈り、サッチング(サッチ取り)と同様に重要な作業です。穴を開けると聞くと、芝生や芝生の根が傷むと思われるかもしれませんが、逆に芝生の根を張らせて長く芝生を栽培するための重要な更新作業なのです。

芝生が育つに連れて、次第に土壌が固まり、根の発育にとって悪い土壌状態となります。そのような土壌に対してエアレーション(穴あけ)をすると、密生した根茎をほぐし発根を促すとともに、通気性や透水性(通水性)などを良くなり、芝生を若返らせることができます。根から養分もきちんと吸収してくれるようになります。

目に見える効果などは正直あまりないので「本当に必要か?」と思われるかもしれませんが、長期間芝生を綺麗に保ちたい場合には、定期的に実施するほうが良いです。ただし、サッチング(サッチ取り)などと同様に労力がかかりますので、やり方や実施時期などをしっかりと覚えて無駄がないようにしましょう。

編集さん
編集さん

芝生は一度植えてしまうとそのあとに耕すことはできません。通常、畑などで栽培する作物は毎作、土壌を耕起し、有機物などの資材を混ぜ合わせます。その際に、空気が混ざり、土壌微生物が活性化したり、土壌を団粒構造にして通気性や保水性のバランスが取れるようになります。

しかし、芝生はそれが不可能なので、植えた後は土が締まっていく一方となります。特に芝生は人に踏まれることで踏圧がかかり、踏み固められやすいです。

踏圧がかかると、通気性や透水性(通水性)が下がり、根の発育の状態も悪くなります。最終的に芝の生長が徐々に悪くなるでしょう。

エアレーションのやり方など、詳しくは下記の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

エアレーションにはいくつかの方法がある

エアレーションには、いくつかの方法と道具の種類があります。

  • コアリング(ローンパンチやタインを使った穴あけ)
  • スパイキング(ローンスパイクなどを使った穴あけ)

エンジン式や電動式のエアレーション機械、トラクターのアタッチメントなどは、コアリングを実施するためのものが多いです。

グリーンを転圧するためのグリーンローラーにスパイクのアタッチメントを装着して、スパイキングをラクにできる製品もあります。

コアリング

ローンパンチ(タインエアレーター)で穴あけ(コアリング)したときにでるコア(土の塊)です。

コアリング(コアエアレーション)とは、中が空洞になっている刃が付いたローンパンチという道具などを使って、土に穴を開ける方法です。根や土を丸ごと取り除くことによって、芝生に円筒状の穴を開けることができます。

また、タインと呼ばれる刃を機械に装着することでコアリングを機械化することができます。タインを使ったトラクターのアタッチメントや小型のエアレーション機械を使って、ラクにコアリング作業を行うことができます。

スパイキング

芝生のエアレーションをしている画像です。

スパイキングとは、平らな刃が複数付いたローンスパイクという道具を使って、土に穴を開ける方法です。ローンパンチとは異なり、土そのものを掘り起こすことはなく、土に突き刺す形で穴を開ける方法となるため、手軽に実施することができます。

エアレーションをするための機械

エアレーションをするための機械は、エアレーションの方法や大きさによってさまざまな種類があります。今回は、代表的なものをいくつかピックアップしてご紹介します。

バロネス トラクターセット型ディープエアレーター TDA1200/1600

トラクターで牽引するタイプのエアレーター(穴あけ機)です。最大作業深さが250mm と深く、エアレーション効果の高いコアリングが可能です。深さ調節は、ハンドル操作で簡単にできるようになっており使い勝手がよい製品となっています。

キンボシ(ゴールデンスター・金星) エンジン式エアレーター GLA-451

キンボシ(ゴールデンスター・金星)のエンジン式エアレーターは、4サイクルエンジンを搭載した自走式のエアレーター(穴あけ機)です。

タインが装着されており、ローンパンチなどでは大変なコアリング作業がラクに行えます。深さは7cm程度の穴あけが可能なので、十分なエアレーション効果が期待できます。

シバウラ イージーコア SEC106・108・208

芝生のエアレーションを自動で行う機械の画像です。

シバウラ(IHIアグリテック)のイージーコアは、クランクシャフト機構が採用されている歩行式エアレーション作業機です。コアの抜けもよく、ラクにコアリング作業ができます。小型なので校庭やご自宅の庭などでも手軽に使用できます。

キンボシ(ゴールデンスター・金星) ローラー用グリーンスパイク

グリーンローラーに取り付けることで、転圧作業と同時にスパイキングができるようになります。芝生の均し作業と同時にエアレーションが可能となるため、芝生の管理作業が楽になります。

ご家庭で気軽に使えるエアレーションの道具

ご家庭の小さな庭でエアレーションを実施するときは、もっと手軽に使える道具がたくさんあります。その中でもおすすめの道具を紹介します。

タインエアレーター

タインとは業務用のエアレーションの刃で、タインエアレーターはそれを家庭用の道具として転用したものを指します。強度もあり、また刃の間隔調節もできるのでおすすめの一品です。タインエアレーターの有名なメーカーとしてはバロネスがあります。

バロネス タインエアレーター 芝生 エアレーション用穴あけ器 芝生のお手入れ 日本製 共栄社 BARONESS
芝生のことならバロネスダイレクト

ローンパンチ

芝生のエアレーションに使う道具、ローンパンチ(タインエアレーター)の画像です。

ローンパンチは、コアリングをするための道具です。中が空洞になっている刃がついているので、それを地面に挿し、穴を開けます。根や土を丸ごと取り除くことができるので、エアレーションの高い効果が期待できます。

しかし、土に挿すにはローンスパイクよりも体重をかけたり、力を入れないといけないので重労働となります。また、掘り起こした土の塊(コア)を綺麗に取り除く必要もあります。

ローンパンチJr No4012 ( 芝生 カッタ 芝 手入れ 芝の手入れ 管理 エアーレーション 根切り 穴あけ 園芸用品 ガーデニング グッズ ガーデニング用品 雑貨 ガーデニング雑貨 道具 庭 ガーデン用品 園芸 BBセレクト 農機具 便利グッズ)
B・Bセレクト楽天市場店

ローンスパイク

芝生のエアレーションに使う道具、ローンスパイクのイラストです。

ローンスパイクは、平らな刃が複数付いた道具です。スパイキングに使用します。ローンパンチとは異なり、土そのものを掘り起こすことはなく、土に突き刺す形で地面に穴を開けます。そのため、ローンパンチよりも手軽に実施することができます。

ローンスパイクJr No4011( 芝生 エアレーション グッズ 草取り 道具 草刈り ガーデニング 手入れ 根切り 雑草抜き 園芸用品 芝 便利グッズ 庭 カッター 雑草取り ローン スパイク エアーレーション ガーデンスパイク 農機具 お手入れ ガーデン用品 ガーデン)
B・Bセレクト楽天市場店

ガーデンスパイク(エアレーションスパイク)

芝生のエアレーションに使う道具、ローンスパイクサンダル(エアレーションソイルサンダル)のイラストです。

ガーデンスパイク(エアレーションスパイク)は、針のようなスパイクがサンダルに付いている道具です。ガーデンスパイクを履いて芝生を歩き回るだけでスパイキングと同じような効果が得られます。

ただし、刃が小さく短いもの多いため、ローンスパイクを使用したスパイキングよりもエアレーション効果は劣るでしょう。

ガーデンスパイク ( 芝生 エアレーション グッズ ガーデニング雑貨 草取り 道具 ガーデニング 根切り 草 ローンスパイク 園芸用品 ガーデニング用品 園芸 庭 雑草取り ローン スパイク エアーレーション 土 穴あけ 芝生スパイク パンチ ガーデン用品 芝 便利グッズ 手入れ )
B・Bセレクト楽天市場店

エアレーションに関する基礎知識

エアレーションの適切な実施時期と回数

芝生のエアレーションのスケジュールを示した画像です。

芝生のエアレーションに適した時期は、一般的に芝生の生長が旺盛な時期となり、春と秋が適期となります。気温が高い真夏は芝生の体力を消費しやすいため、避けましょう。同様に冬の休眠期は芝生がいたみやすいので避けましょう。

また、芝生を新規で張ったり張り替えをしたりした場合には、まだ根が張り切っていないと思われますので、1〜2年間はエアレーションが不要です。3年目くらいからエアレーションを始めましょう。

適正回数はその芝生の状況などにもよりますが、年に2回〜3回、最低でも1回は実施すると良いでしょう。

厳密には、芝生の種類によって実施時期を変えると良いでしょう。基本的には、芝生の生長が旺盛になる3月〜5月頃にエアレーションをすると効果的です。

エアレーションの効果

エアレーションをするとどのような効果があるのでしょうか?

エアレーションの効果は大きく以下の3つあります。

  1. 土壌に酸素を供給する(通気性向上)
  2. 水はけを良くする(透水性、通水性、排水性向上)
  3. 根の新陳代謝を促す
芝生のエアレーションを行うことによる効果を示したイラストです。エアレーションをすることで水、空気、肥料が浸透しやすくなります。

芝生の記事一覧

芝生に現れる飛ぶ虫の正体は?その正体と防除方法
芝生には、ときよりピョンピョンと飛び跳ねる虫が現れることがあります。その正体は、ヨコバイやマルトビムシ、ツチバチなどです。どのような虫で、芝生の生長にも影響を及ぼすのでしょうか?この記事では、ヨコバイやマルトビムシ、ツチバチの生態、芝生への影響、防除方法について解説します。
芝生に現れる黒い虫の正体は?その正体と防除方法
芝生には、ときより黒い虫が現れることがあります。その正体は、ハグロケバエやマルトビムシなどです。どのような虫で、芝生の生長にも影響を及ぼすのでしょうか?この記事では、ハグロケバエ、マルトビムシの生態や芝生への影響、防除方法について解説します。
芝生の代わりになる植物、グランドカバーについて
芝生には、実はユリ科やシソ科、キク科、ヒルガオ科の植物を使うこともできます。「芝生の代わりになる植物」と評されることも多いですが、これらも立派な芝生だと思います。この記事では、芝生の代わりの植物としておすすめのグランドカバープランツを紹介します。
カインズの芝生の値段は?天然芝・人工芝の価格感について
ホームセンター大手のカインズには、芝生に関する様々な商品が販売されています。人工芝生(人工芝)から、天然芝の種、切り芝(芝苗)まで販売されているため、ベランダやバルコニー、庭などに芝生を導入しようと検討されている方にはおすすめの購入場所です。
ホームセンターでも買える芝生の種と種まきの方法
実は、切り芝の芝張りのほかにも種まき(播種)によって、芝草を根付かせる方法もあります。特に西洋芝の種は一般的なホームセンターでも手に入りやすいです。この記事では、実際にホームセンターで販売されている芝生の種の種類や基礎知識、種まきのやり方まで解説します。
品質が高いと評判!カインズの人工芝生とは
最近ではホームセンターや100均など、本物の芝生のような人工芝(リアル人工芝)も求めやすくなり、中でもカインズの人工芝は品質が高いと評判です。この記事では、人工芝の種類やメリット、デメリット、施工方法、カインズで販売されている人工芝について詳しく解説します。
芝生の根止め、100均のもので代用できるか?
根止めは本来、根止めのストッパーやレンガなどで根止め処理をしますが、少しでもコストを安く抑えたいものです。この記事では、100均(100円ショップ)で販売されている根止めストッパーの代用できそうな商品、根止めの目的とやり方を紹介します。
ホームセンターで買える芝生の目砂について
目土、目砂は芝生の管理でよく使う資材です。細かい砂や土で芝生の根や目地を覆う作業を「目土入れ」もしくは「目砂入れ」と呼びます。この記事では、ホームセンターで販売されている目砂の情報や注意点、、目土入れ・目砂入れの方法について解説します。
芝生に砂を入れる?芝生の目砂、目砂入れについて
目土、目砂は芝生の管理でよく使う資材です。細かい砂や土で芝生の根や目地を覆う作業を「目土入れ」もしくは「目砂入れ」と呼びます。この記事では、目土入れ・目砂入れをする目的や目土と目砂の違い、使用できる目土・目砂の種類、適した時期や量の目安について記載します。
芝生の水やりをラクにするスプリンクラーについて
芝生の場合は、水やりにスプリンクラーを使うという手段もあります。スプリンクラーを使うことでより均一に、そしてラクに散水することができます。この記事では、芝生の水やりをラクにする芝生向けのスプリンクラーについて、種類や特徴、選び方、水やりを自動化する方法を紹介します。
執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました