芝生の根止め、100均のもので代用できるか?

芝の根止めガードに関する記事のバナーです。栽培
栽培芝生

サッカー場などの競技場から公園、ご家庭の庭まで、芝生はさまざまなところに植えられています。芝生の緑色は、心安らぐ空間を与えてくれます。

綺麗な芝生を作るためには、芝生の境界線をスッキリさせる必要があります。芝生に使われる芝草は、地下茎や根だけではなく、匍匐茎(ランナー)を伸ばして栄養繁殖するため、境界線を根止めでしっかり処理する必要があります。

本来であれば、根止めのストッパーやレンガなどで根止め処理をしますが、少しでもコストを安く抑えたいものです。100均(100円ショップ)で販売されているもので代用はできないでしょうか?

この記事では、100均で販売されている根止めストッパーの代用できそうな商品、根止めの目的とやり方を紹介します。

スポンサーリンク

芝生の根止め(芝止め)とは

生の根止めとは、芝の根や地下茎、匍匐茎(ランナー)が芝生の敷地外に伸びていくのを防止するための作業です。芝止めと呼ばれることもあります。

例えば、芝生の隣に花壇や植木がある場合、芝の侵入を防ぐためその境目に芝の根ガードや根止めシートを設置します。芝生は私たちが思っているよりも強く、繁殖する植物で、庭に芝生を植えると花壇や通路などによくはみ出してきます。

スポンサーリンク

根止め(芝止め)100均で購入できる代用できそうな商品

根止めは通常、芝の根ガードや根止めシートなどを使って施工しますが、100均(100円ショップ)のものでそれらの代用となる商品はあるのでしょうか。実際に店舗を回って使えそうなものを探してみました。

金属製のブックスタンド

100均(100円ショップ)に売られている金属製のブックスタンドです。

100均(100円ショップ)の金属製のブックスタンドは、芝止めに使えるかもしれないと思いました。金属製なのでヨレたりもしないですし、土壌に挿し込むときもハンマーで簡単に設置できそうです。

ただし、ただの1枚の板ではなくL字型になっているので、その部分が余ります。しかし、強度も十分で地下茎、匍匐茎(ランナー)の侵入を防ぐには十分でしょう。庭のほんの一部分など小さな面積で芝生を植えている方には良いかもしれません。

防草シート

100均(100円ショップ)に売られている防草シートの画像です。

100円ショップには、防草シートも売られています。防草シートは本来、雑草を抑えるために地表に張るものですが、根止めシートと同じように境目となる場所の地中に埋め込むことで、根止めができるかもしれません(試していないのでなんとも言えませんが…)。

ただし、強度もなく耐候性もどのくらいあるかはわかりませんのでかなり不安です。また、シートがヨレるため、地上部の匍匐茎(ランナー)の侵入は防げなさそうです。

編集さん
編集さん
花壇や畑の区切り、芝の根の侵食を防ぎたいときに使用する芝の根止めガードです。1枚単位で売られています。

実際、根止めガードもホームセンターにて1個100円以下で購入できるので、100均(100円ショップ)で購入しなくても良い気がします。

芝生の根止め(芝止め)の目的

根止め(芝止め)の目的は、「想定している芝生の敷地よりも外に繁殖しないようにすること」です。芝生と花壇や植木などの境目をしっかりと根止めしておくことで、以下のようなメリットが生まれます。

  • 花壇の花や植木の生長に対する影響を少なくできる
  • 境界を綺麗に保つことで、より芝生の綺麗さが映え、庭全体が整備されている印象を与えることができる
西洋芝の断面です。

芝生に使われる芝草は、品種によって地下茎、匍匐茎(ランナー)を持つかが分かれます。多くの品種は地下茎、匍匐茎(ランナー)を持ちます。そのため、芝生の多くの品種は栄養生殖が可能です。

種子繁殖と栄養繁殖

種から繁殖するものを種子繁殖、地下茎や匍匐茎(ランナー)を伸ばして繁殖するものを栄養繁殖と呼びます。

編集さん
編集さん

芝苗(切り芝)を張る芝張りの作業は、栄養繁殖による植え付けということになります。しかし、西洋芝は種子繁殖による芝生の造成が主流であることが多いです。切り芝による造成は野芝(ノシバ)や高麗芝(コウライシバ)に関しては主流でしたが、最近では種子繁殖を可能とする技術(催芽処理技術など)が発達し、種子からの繁殖も容易に行えるようになってきています。

生育条件が揃うと地下茎や匍匐茎(ランナー)をどんどん伸ばして増殖します。薄くなっている場所や傷んでいる場所であれば、芝生の繁殖は大歓迎ですが、関係のないところにまで伸びてしまうのです。

伸びてしまってから除去することも可能ですが、土を掘り起こしたりしなければならず、多大な労力がかかります。そのため、そうなる前に根止め(芝止め)をしておき、芝の繁殖範囲を制限しておきましょう。

芝の栄養繁殖の強さは品種によっても異なる

芝生に使われる芝草の栄養繁殖の強さは、品種によって異なります。特に繁殖力が旺盛であるとされているのが、バミューダグラス類(ティフトン芝含む)、ブルーグラス類などです。

芝生の根止め(芝止め)に使う資材と施工方法

芝生の根止め(芝止め)は、簡単に実施することができます。根止めは、通常以下の資材を使ってやります。

  • 芝の根ガード
  • 根止めシート(芝止めシート)
  • レンガやブロック
  • 畦板(アゼ板)、畦波板(アゼ波板)
編集さん
編集さん

どの施工方法もそうですが、全てを地中に埋めず、3〜5cmほどは地上に出すようにしましょう。匍匐茎(ランナー)の侵入を防ぎます。

芝の根ガードを使う場合

花壇や畑の区切り、芝の根の侵食を防ぎたいときに使用する芝の根止めガードです。

芝の根ガードは、花壇や畑の区切り、芝の根の侵食を防ぎたいときに使用します。芝生の境目に埋め込むことで、地下茎や匍匐茎の侵入を防ぎます。

花壇や畑の区切り、芝の根の侵食を防ぎたいときに使用する芝の根止めガードです。

上記の画像のように連結することができ、隙間からの侵入も防いでくれます。

施工方法は、簡単で埋め込むだけです。簡単に手順を記載しますので、参考にしてください。

  1. 境目部分の芝が伸びている場合には、芝刈り、際刈り、エッジカットをしておく。
  2. 挿し込む場所の土壌が柔らかい場合には、ゴム製のハンマーなど柔らかいもので叩きながらガードを挿し込む。
  3. 土壌が固い場合には、ターフカッターやスコップなどで隙間を作って挿し込む。

根止めシートを使う場合

花壇や畑の区切り、芝の根の侵食を防ぎたいときに使用する芝の根止めシートです。

根止めシートは、花壇や畑の区切り、芝の根の侵食を防ぎたいときに使用するシートです。シート状のため、境界部分が直線ではない場所に容易に設置できます。また、根止めガードのように連結する必要はありません。

芝の根の侵食を防ぐためにシートを土中に埋めている様子です。

根止めシートを使う場合には、境界部分にシートを埋設します。シートが途切れる部分は、シートを重ね合わせて芝生の侵入を防ぎましょう。専用のジョイントパーツが売られている場合もあります。

簡単に手順を記載しますので、参考にしてください。

  1. 境目の芝が伸びている場合には、芝刈り、際刈り、エッジカットをしておく。
  2. ターフカッターやスコップなどで隙間を作ってシートを挿し込む。

レンガやブロックを使う場合

花壇や畑の区切りに使用するレンガです。

レンガやブロックも地中に埋め込むことで、根止めの効果が期待できます。芝止めガードなどに比べると施工が少し大変ですが、境界にレンガを並べると、綺麗な印象を与えることができます。

花壇や畑の区切りに使用するレンガです。

庭のインテリアにこだわりのある方は、レンガを使ってみるのも良いかと思います。施工は、芝止めガードなどと同じように実施し、レンガを埋め込むときにはスコップ(シャベル)で掘って埋めると安定しやすいです。

畦板(アゼ板)、畦波板(アゼ波板)を使う場合

田んぼの畦の水止めをする畦板(アゼ板)、アゼ板波です。

畦板(アゼ板)、畦波板(アゼ波板)も根止めに使うことができます。本来の用途は、田んぼの畦の水止めをするなどに使われますが、材質的には根止めガードと同じようにプラスチックで使いやすいです。また、耐候性の高いものもあるので長期に渡って使用できます。

田んぼの畦の水止めをする畦板(アゼ板)、アゼ板波のアゼ楽ガードです。

ただし、形状が波打っているので、使用にあたっては場所を選びそうです。

芝生の記事一覧

芝生に現れる飛ぶ虫の正体は?その正体と防除方法
芝生には、ときよりピョンピョンと飛び跳ねる虫が現れることがあります。その正体は、ヨコバイやマルトビムシ、ツチバチなどです。どのような虫で、芝生の生長にも影響を及ぼすのでしょうか?この記事では、ヨコバイやマルトビムシ、ツチバチの生態、芝生への影響、防除方法について解説します。
芝生に現れる黒い虫の正体は?その正体と防除方法
芝生には、ときより黒い虫が現れることがあります。その正体は、ハグロケバエやマルトビムシなどです。どのような虫で、芝生の生長にも影響を及ぼすのでしょうか?この記事では、ハグロケバエ、マルトビムシの生態や芝生への影響、防除方法について解説します。
芝生の代わりになる植物、グランドカバーについて
芝生には、実はユリ科やシソ科、キク科、ヒルガオ科の植物を使うこともできます。「芝生の代わりになる植物」と評されることも多いですが、これらも立派な芝生だと思います。この記事では、芝生の代わりの植物としておすすめのグランドカバープランツを紹介します。
カインズの芝生の値段は?天然芝・人工芝の価格感について
ホームセンター大手のカインズには、芝生に関する様々な商品が販売されています。人工芝生(人工芝)から、天然芝の種、切り芝(芝苗)まで販売されているため、ベランダやバルコニー、庭などに芝生を導入しようと検討されている方にはおすすめの購入場所です。
ホームセンターでも買える芝生の種と種まきの方法
実は、切り芝の芝張りのほかにも種まき(播種)によって、芝草を根付かせる方法もあります。特に西洋芝の種は一般的なホームセンターでも手に入りやすいです。この記事では、実際にホームセンターで販売されている芝生の種の種類や基礎知識、種まきのやり方まで解説します。
品質が高いと評判!カインズの人工芝生とは
最近ではホームセンターや100均など、本物の芝生のような人工芝(リアル人工芝)も求めやすくなり、中でもカインズの人工芝は品質が高いと評判です。この記事では、人工芝の種類やメリット、デメリット、施工方法、カインズで販売されている人工芝について詳しく解説します。
芝生の根止め、100均のもので代用できるか?
根止めは本来、根止めのストッパーやレンガなどで根止め処理をしますが、少しでもコストを安く抑えたいものです。この記事では、100均(100円ショップ)で販売されている根止めストッパーの代用できそうな商品、根止めの目的とやり方を紹介します。
ホームセンターで買える芝生の目砂について
目土、目砂は芝生の管理でよく使う資材です。細かい砂や土で芝生の根や目地を覆う作業を「目土入れ」もしくは「目砂入れ」と呼びます。この記事では、ホームセンターで販売されている目砂の情報や注意点、、目土入れ・目砂入れの方法について解説します。
芝生に砂を入れる?芝生の目砂、目砂入れについて
目土、目砂は芝生の管理でよく使う資材です。細かい砂や土で芝生の根や目地を覆う作業を「目土入れ」もしくは「目砂入れ」と呼びます。この記事では、目土入れ・目砂入れをする目的や目土と目砂の違い、使用できる目土・目砂の種類、適した時期や量の目安について記載します。
芝生の水やりをラクにするスプリンクラーについて
芝生の場合は、水やりにスプリンクラーを使うという手段もあります。スプリンクラーを使うことでより均一に、そしてラクに散水することができます。この記事では、芝生の水やりをラクにする芝生向けのスプリンクラーについて、種類や特徴、選び方、水やりを自動化する方法を紹介します。
執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました