農家web防除暦サービスのバナーです。
病害虫農薬農薬の種類

みかんのかいよう病に効く農薬、防除方法について徹底解説!

当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています。

かいよう病 発病葉  病害虫
出典:HP埼玉の農作物病害虫写真集

かいよう病はみかんなどの柑橘(かんきつ)類やキウイ、サツマイモなどでよく発生する病気です。ここでは、かいよう病とは何なのか、またかいよう病を防ぐために使える農薬やその他の方法もあわせて解説していきます。

スポンサーリンク

かいよう病はどんな病気?

かいよう病とは?

かいよう病 発病葉
出典:HP埼玉の農作物病害虫写真集 かいよう病の発病葉

かいよう病は、柑橘(かんきつ)類やキウイフルーツ、さつまいもなどでよく発生する、葉や枝、果実に褐色の病斑が出る病気です。原因は糸状菌により、葉では通常、気孔がある裏側から菌が侵入し、病はん(病班)が広がっていきます。

その後、病はんから菌が飛散し、果実にも感染していきます。風当たりが強い圃場や、低気圧の通過などに伴う強風雨の後には,葉の基部に多く発病します。

柑橘の場合は、葉や果実、枝に病斑を作ります。病斑は,最初はやや盛り上がった濃緑色水浸状円形ですが、病状の進展に従い、先はザクロ状に亀裂を生じます。そして、中央部が徐々にコルク化し、病班の周りは黄色化したハローが作られ、葉が歪んだ状態になります。

かいよう病 発病葉 
出典:HP埼玉の農作物病害虫写真集

かいよう病にかかった果実はかさぶたのようなものを表面に形成し、価値を著しく損ねてしまいます。

かいよう虎斑病 発病果
出典:HP埼玉の農作物病害虫写真集 かいよう病の発病果

柑橘系のかいよう病は、よくそうか病と間違われます。かいよう病、そうか病の違いは、病斑がかいよう病の方がやや大きく、またかいよう病の方が少し褐色がかっていて、黄緑色の縁取りが見られること、で見分けるようにします。

かいよう病の伝染方法

かいよう病は細菌が雨によって運ばれて発病します。菌は新鞘時の葉裏の気孔から主に侵入します。新芽に病班ができると次々に若葉に二次感染を繰り返します。ミカンハモグリガの被害や強風などが重なると、一気に感染は拡大します。

感染時期は、比較的抵抗性が強い、温州みかんで8月末までです。かかりやすい品種は10月まで感染する可能性があります。

かかりやすい品種

柑橘類でも、かいよう病がかかりやすい品種とかかりにくい品種があります。ネーブルオレンジをはじめとするスイートオレンジ類やナツダイダイ,レモンなどは特にかかりやすく、注意が必要です。

スポンサーリンク

かいよう病の防除のポイント

柑橘の場合、秋の果実の表面を観察し、病はんが多数見られる場合は、潜伏して越冬する菌が多いものと認識しましょう。この場合は、春梢に対する初期防除を徹底しましょう。また、果実は梅雨から初夏にかけての果実肥大期を重点に防除するようにします。

ミカンハモグリガによる被害はかいよう病の拡大に大きな影響を与えるので、ミカンハモグリガをいかに徹底的に防除するかが、かいよう病の防除でも大事になってきます。ミカンハモグリガの防除は是非、下記記事を参考にしてください。

春期から梅雨明けまでの防除が徹底できた場合は、果実の被害はかなりおさえられます。とにかく初期防除が大事です。

かいよう病は薬剤による防除が重要ですが、薬剤による科学的防除だけではなく、IPMを念頭に防除計画を立てることもそれ以上に重要です。農薬以外の防除についても記載しますので、是非栽培に役立ててください。

IPM(総合的害虫管理)とは?

農地を取り巻く環境や病害虫の対象種の個体群動態を考慮しつつ、「生物的防除」「化学的防除」「耕種的防除」「物理的防除」を組み合わせることで、病害虫の発生を経済被害を生じるレベル以下に抑えることをいいます。

  • 「生物的防除」 病害虫の天敵を導入し、病害虫密度を下げる防除法
  • 「化学的防除」 化学薬剤を使用して行う防除法
  • 「耕種的防除」 栽培法,品種、圃場の環境条件等を整え、病害虫の発生を減らす防除法
  • 「物理的防除」 防虫ネット、粘着トラップ、光熱等を利用して病害虫を制御する防除法

(IPM・・・Integrated Pest Management)

スポンサーリンク

かいよう病に効果がある農薬

ボルドー、ICボルドー(銅水和剤)

有効成分の銅剤(ドイツボルドーA)は古くから幅広い野菜や果樹の病害防除に効果を発揮する汎用性殺菌剤です。幅広い病害に効果を発揮します。(ICボルドーは,樹勢の弱い樹や異常低温が予想される場合は、落葉を助長するおそれがある場合があります。そのような場合は、使用を控えることをおすすめします。)

ICボルドー412 5kg×4
山東農園 楽天市場店
¥ 9,119(2024/05/30 17:38時点)

バリダシン液剤5

バリダシンは天然由来の成分バリダマイシンが病原菌に作用する薬剤です。病勢伸展阻止効果が強く、安定した効果を発揮します。

薬害等を出さないように製品ラベルをよく読んで使用しましょう。上記の農薬は原液を水で溶かして薄めて使用する液剤、乳剤や水溶性の粉剤、粒剤(粒状や顆粒)です。希釈方法等については下記をご参考ください。

RACコードとは??

RACコードとは、農薬を作用機構(農薬の効き方)ごとに分類して番号と記号を振ったコードになります。

例えば殺虫剤なら有機リン系は[1B]、ネオニコチノイド系は[4A]など、すべての農薬にRACコードが設定されています。

同じRACコードの農薬を繰り返し使うと害虫や病原菌に抵抗性がついてしまうのを、RACコードが違うコードの農薬を交互に使うことで防ぐことができます。「系統」とも呼ばれますが、RACコードの方が、より厳密に分類されています。 

殺虫剤は、IRAC(アイラック)コード、殺菌剤にはFRAC(エフラック)コード、除草剤にはHRAC(エイチラック)コードになっています。

殺虫剤はコナジラミだけでなく、アザミウマ類、カイガラムシ類やハダニ類、アブラムシ類、ヨトウムシコガネムシハスモンヨトウネキリムシ、ヨコバイ、ハモグリバエ、ハマキムシ、イラガ、カメムシウンカ、メイガ、ハムシ、ケムシ、テントウムシダマシナメクジシンクイムシオオタバコガチャドクガアオムシ、毛虫など幅広い殺虫スペクトラムを持つものも多いので、うまく活用しましょう。

上記の農薬は原液を水で溶かして薄めて使用する液剤や水溶性の粉剤、粒状、粒タイプです。適切な量、希釈方法等については下記をご参考ください。

農薬を散布する時期

農薬を散布する時期はかいよう病の発生程度に応じて決めますが、多く発生している圃場では春梢発芽期(3月中旬〜4月中旬),春葉の展開が開始した時期(5月上旬)から終わりにかけて(5月下旬),そして、幼果が肥大する時期(6月中旬〜7月中旬),また、台風襲来前に適宜(8月下旬〜10月下旬)が目安になります。

前年秋に果実に多くの病班を確認したときは、できれば発芽直前の防除を必ず行ない春先感染を防止しましょう。

耕種的防除

台風襲来の予報や雨量を把握し、効果的な化学的防除を

かいよう病は雨を介して伝染し、強風によって被害が大きくなります。このため、台風時、降雨時にしっかり薬剤の効果を効かせられるか、がポイントです。天気予報やアメダス、雨量計等を利用し、雨が少ない場合は薬剤散布を遅らせたり、台風前には薬剤散布する、雨が多い時は前倒しで散布する等、雨の量を考慮しながらうまく防除するとよいでしょう。また防風ネットなども効果的です。

耐雨性を高めるための展着剤

かいよう病は前述の通り、降雨時に伝染することから、雨の日にしっかり薬剤の効果を効かせれるか、が大事になってきます。農家の方の中には、ミカンハダニ防除に使っているマシン油乳剤展着剤として混用し、耐雨性(雨が降っても流れにくくする)を高めることで、しっかり効果を持続させて防除されている方もいらっしゃいます。例えば、ジマンダイセンに展着剤アビオンを組み合わせている方もいらっしゃいます。展着剤については、是非下記を参考にしてみてください。

マシン油乳剤とは?

マシン油乳剤(マシンゆにゅうざい)とは、鉱物油などを由来とする機械油に乳化剤を混ぜ合わせたものです。害虫の気門を封鎖して窒息させる殺虫効果があります。有機JASの栽培で使用できる農薬として有名です。

また、マシン油乳剤には機能性展着剤(アジュバント)の効果(表層に成分が染み込む働き)があり、殺菌剤に混用して防除効果を高めている方もいます。

雨で流れてしまうため、降雨が予想される場合は、使用するタイミングをずらすようにしましょう。できれば雨の後がベストです。

果樹の場合、厳寒期の散布は激しい落葉を生じさせる可能性があるので、1月下旬〜2月の散布は避けた方がいいでしょう。(冬の散布は1月上旬までに負えれるとベストです)

マシン油乳剤には様々な種類があり、最もメジャーな「ハーベストオイル」は殺ダニ効果、機能性展着剤効果に優れますが、果実糖度に若干影響があること、また「スプレーオイル」「スピンドロン乳剤」は、効果はやや劣るものの、果実糖度は下がらない、「アタックオイル」はその中間、などそれぞれに特性があります。

高精製マシン油乳剤 BA-2056654 バイエル 殺虫剤 ハーベストオイル(97%) 4L 高精製マシン油乳剤
Joshin web 家電とPCの大型専門店
¥ 4,010(2024/06/03 00:32時点)
殺虫剤 ラビサンスプレー 20L
ファームトップ 楽天市場店
¥ 14,150(2024/06/10 07:16時点)

まとめ

かいよう病はみかんなどでは非常によく発生する病気です。多発してしまうと果実の収穫に大ダメージを受けてしまうので、多発する前に防除したい病気です。早期防除が大事です。

ここで紹介した農薬は、JA販売店やホームセンターのガーデニング・資材、庭木コーナーにあるものもあります。また草花、観葉植物などの家庭園芸用の農薬として、フマキラーが販売するカダンK(有効成分はマシン油、アレスリン(ピレスロイド系))、住友化学園芸のボルン(有効成分はマシン油)、カイガラムシエアゾールなどもあります。手に取ってみて、確認してみてください。

編集さん
編集さん

農家webでは、殺虫剤以外にも、うどんこ病灰色かび病根こぶ病、黒星病、半身萎凋病どを防ぐ殺菌剤、展着剤など、様々なカテゴリのコンテンツもありますよ!

果樹、果菜類、葉菜類、豆類、その他様々な作物栽培時にも役立つ情報です!

また、除草剤、防草シートなどの雑草対策コンテンツもあります。

また、花、植物、芝生を植える、育てるために必要な情報も多く載せています。

(補足)殺虫剤など、他の農薬について

農家webでは、下記のような害虫別のコンテンツがあります。気になるコンテンツがあれば、ぜひ参考にしてみてください。

アブラムシを駆除、防除する農薬について
アブラムシを駆除、防除するために、アブラムシの特性、そして農薬の種類別、作物別のアブラムシに効く農薬を説明します。
ネキリムシを駆除、防除する農薬について
ネキリムシとは、カブラヤガとタマナヤガという蛾の幼虫です。新芽や苗を切り取ることから、ネキリムシと呼ばれています。ここではネキリムシとはどういう虫なのか、その特性と、ネキリムシを駆除、防除するための農薬、またその他の効果的な方法についても解説します。
カメムシを駆除、防除する農薬について
カメムシといえば、強烈な匂いが印象的ですが、農家にとっては、特に果樹に甚大な食害を与える害虫で有名です。ここではカメムシとはどういう虫なのか、その特性と、カメムシを駆除、防除するための農薬、またその他の効果的な方法についても解説します。
コナジラミを駆除、防除する農薬について
コナジラミは、特にタバココナジラミがトマト黄化葉巻病ウイルスを媒介することから、施設農家の中では大変有名な、非常に厄介な害虫です。ここではコナジラミとはどういう虫なのか、その特性と、コナジラミを駆除、防除するための農薬について解説します。
農業害虫、ウンカ類を駆除、防除する農薬、農薬以外の防除方法について
ウンカは稲(イネ)に被害をもたらす大変有名で、厄介な害虫です。ここではウンカとはどういう虫なのか、その特性と、トビイロウンカを駆除、防除するための農薬について解説します。
農薬が効きにくい厄介者、カイガラムシを駆除、防除する農薬について
果樹などの樹木に多く発生する、果樹農家にとってはメジャーな害虫のカイガラムシ。ここではカイガラムシはどういう虫なのか、その特性と、カイガラムシを駆除、防除するための農薬について解説します。
ウリハムシを駆除、防除する農薬について
キュウリ、スイカ、カボチャなどのウリ科の葉が大好きで食害をもたらす害虫として有名なウリハムシ。ここではウリハムシとはどういう虫なのか、その特性と、ウリハムシを駆除、防除するための農薬、またその他の効果的な方法についても解説します。
ヨトウムシを駆除、防除する農薬について
日中は見えず、夜中に活動して白菜やキャベツを食べ散らかす、厄介なヨトウムシ(夜盗虫)。ここではヨトウムシとはどういう虫なのか、その特性と、ヨトウムシを駆除、防除するための農薬、またその他の効果的な方法、対策についても解説します。
アワノメイガを駆除、防除する農薬、農薬以外の防除方法について
アワノメイガといえば、トウモロコシに最も甚大な食害を与える害虫です。ここではアワノメイガとはどういう虫なのか、その特性と、アワノメイガを駆除、防除するための農薬について解説します。
ハダニを駆除、防除する農薬について
ハダニは大量発生しやすく、幅広い農作物に食害をもたらす害虫です。ここではハダニとはどういう虫なのか、その特性と、ハダニを駆除、防除するための農薬について解説します。
ナメクジを駆除、防除する農薬、農薬以外の防除方法について
多大な食害を引き起こすナメクジ。ここではナメクジとはどういう虫なのか、その特性と、ナメクジを駆除、防除するための農薬、またその他の効果的な方法、対策についても解説します。
キスジノミハムシを駆除、防除する農薬について
ダイコン、コマツナなどのアブラナ科の植物が大好きで食害をもたらす害虫として有名なキスジノミハムシ。ここではキスジノミハムシとはどういう虫なのか、その特性と、キスジノミハムシを駆除、防除するための農薬、またその他の効果的な方法、対策についても解説します。
ハモグリバエを駆除、防除する農薬について
「エカキムシ」とも呼ばれるハモグリバエ。ここではハモグリバエとはどういう虫なのか、その特性と、ハモグリバエを駆除、防除するための農薬、またその他の効果的な方法、対策についても解説します。
アザミウマ(スリップス)を駆除、防除する農薬について
アザミウマは農作物に吸汁し、ウイルスを運ぶ農家にとって非常に厄介な害虫です。ここではアザミウマとはどういう虫なのか、その特性と、アザミウマを駆除、防除するための農薬について解説します。
コガネムシを駆除、防除する農薬、農薬以外の防除方法について
作物の根やサツマイモを食べ尽くしてしまう、厄介なコガネムシの幼虫。ここではコガネムシとはどういう虫なのか、その特性と、コガネムシを駆除、防除するための農薬、またその他の効果的な方法、対策についても解説します。
テントウムシダマシを駆除、防除する農薬、農薬以外の防除方法について
テントウムシダマシとはどういう虫なのか、その特性と、テントウムシダマシを駆除、防除するための農薬、またその他の効果的な方法、対策についても解説します。
編集さん
編集さん

農家webでは、殺虫剤以外にも、ペチュニア、ヒヤシンスといった花や庭木などの肥料や生育に関する情報や、土、ガーデニンググッズ、カリウムチッソなどの肥料の要素に関する情報、また果樹、果菜類、葉菜類、豆類、その他様々な作物栽培時にも役立つ情報満載です!

灰色かび病、炭疽病やうどん粉病、褐班病、疫病、黒星病、萎凋病、黒点病のコンテンツもありますよ!

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

農薬販売届 受付番号:210-0099

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
タイトルとURLをコピーしました