気軽に始める!プランターでの根深ネギ(長ネギ)栽培

根深ネギ(長ネギ)のプランター栽培に関する記事のバナーです。プランター栽培
プランター栽培栽培

ネギ(葱、ねぎ)は、古くから薬効成分のある野菜として親しまれている作物です。主に東アジアでは食用として栽培されており、日本では普段から食卓に並ぶポピュラーな野菜です。よく味噌汁や鍋の具、薬味として使用されています。

英名で「Green Onion」や「Spring Onion」「Welsh Onion」など様々な呼ばれ方をしますが、日本で売られているネギは日本特有のものでヨーロッパなどで販売されているネギとは少し異なります。

実は、ネギもプランター栽培ができる作物です。特に根深ネギ(長ネギ)は土寄せなどの作業が必要なので畑だけでしか栽培できないと思われがちですが、工夫をすることにプランターや鉢植えなどでも十分に栽培できます。畑と違い、耕すことや土作りなどが不要となるので気軽に栽培を始めることができます。

この記事では、根深ネギ(長ネギ)の基礎知識やベランダでもできるプランター栽培の方法、重要事項、注意点などについて解説します。記事が長いため、目次を見て必要な部分から読み進めてください。

スポンサーリンク

ネギの基礎知識

収穫前の根深ネギ
作物名科目原産地育てやすさ種の価格
(円/1粒)
苗の価格
(円/1苗)
収穫までの日数
(目安)
栽培できる地域作型栽培方法土壌酸度
(pH)
連作障害発芽適温(地温)生育適温日当たり光飽和点
ネギヒガンバナ科中国西部、中央アジア☆☆☆☆★0.1円〜3.5円程度10円〜500円程度植え付け後、50日〜120日全国【根深ネギ】
春どり栽培
夏どり栽培
夏秋どり栽培
秋冬どり栽培
葉ネギ
周年栽培
露地栽培
プランター・鉢植え栽培
施設栽培
6.0〜6.5あり(1〜2年)20℃20℃日なた15〜25klx

ネギは、ヒガンバナ科ネギ属の耐寒性のある多年生植物です。原産地は中国西部、中央アジアとされており、日本では奈良時代に渡来し、古くから親しまれている野菜となっています。

根深ネギ(長ネギ) プランター栽培のポイント

  • ネギは、主に白い部分を食用とする根深ネギ(長ネギ)と、緑色の部分を食用とする葉ネギ(青ネギ)があります。
  • 根深ネギは、食用の部分が緑葉(葉身)と白根(葉鞘)に分かれています。「長ネギ」や「白ネギ」とも呼ばれ、「下仁田ネギ」「深谷ねぎ」が有名な品種です。
  • 耐寒性、耐暑性が比較的強い作物です。夏の暑さは30℃程度、冬の寒さにはマイナス8℃程度まで耐えることができます。
  • 乾燥に強いですが、湿害には弱い作物です。特に根深ネギの栽培においては通気性の良い土壌が必要不可欠となります。
  • ネギの栽培において重要なことは、土作りと土寄せ・増し土のタイミング・方法です。
  • ネギ栽培における土作りで重要な点は、通気性の良い土と土壌酸度の最適化(pH6.0〜6.5の弱酸性)、苦土(マグネシウム)の補充です。
  • ネギの白根を長く伸ばすには、溝を深く掘って植え付け、ネギの草体が大きく育ってきた栽培後半から入念に土寄せを行うことが重要です。このとき、決して土寄せをするタイミングを急いではいけません。
  • もちろんプランターでの栽培も可能です。また、スーパーなどで買ってきたネギを根から5cm程度残して植え直すことで、再度栽培をすることもできます。そのため、ベランダで気軽に栽培を楽しむこともできます。
  • プランター栽培であっても土寄せは必要です。用土をステージに合わせて増し土していったり、白根(軟白)の部分を新聞紙で包んで陽が当たらないようにするなどの作業が必要です。
  • 冬の低温に当たったあとに花芽分化が始まり、春になって暖かさが増すとトウ立ち・開花します。いわゆる「ネギ坊主(ネギ坊主)」と呼ばれる状態になります。こうなると品質が悪くなりますので、早めに収穫するようにしましょう。
ネギ坊主(ねぎぼうず)
スポンサーリンク

根深ネギ(長ネギ)栽培のスケジュール

根深ネギの栽培スケジュール
発芽適温生育適温
20℃20℃
ネギの発芽適温と生育適温

各季節ごとに合わせて考えたネギ(根深ネギ)の栽培スケジュールです。前提として、露地栽培の場合は、外気温が発芽適温、生育適温に近い気温になる栽培スケジュールを選択して、栽培をしてください。

関東(東京)の場合は、春に播種(種まき)をする秋冬どり栽培、晩夏〜秋に播種(種まき)をする初夏どり栽培がおすすめです。秋冬どりの場合は3月下旬〜4月頃、初夏どりの場合は9月〜10月手前頃の涼しくなり始めたときに種まきをすると良いでしょう。

その他の地域(北海道、九州など)、栽培方法(ハウス栽培)についても上記の発芽適温、生育適温に適合している期間を選んで、播種、栽培をすれば問題はありません。

根深ネギ(長ネギ) プランター栽培の流れ・栽培方法

ネギのプランター栽培の流れ・栽培方法は下のカレンダーのようになります(一般地の場合)。

ネギ プランター栽培の流れ

プランターの準備・培養土の敷き詰め

プランター栽培で必要なものの準備

まず、栽培に必要なものを準備しましょう。プランター栽培で一般的に使用される道具は、下記のとおりです。

名前用途
プランター作物を栽培するための容器。袋や鉢などでも可能だが、プランターの場合、横長のため複数の株を育てることができる。
鉢底ネットプランターの底に敷くネット。土が流れ出ないようにする。
鉢底石プランターの底に敷く石。土の流亡と水はけ(排水性)を上げるため、土壌環境が良くなる。
移植ゴテ長さ30cm程度のミニスコップ。苗を植えるときに掘る穴や土をかけたりするために使う。
ジョウロ水やりに使う。プランター栽培の場合、外部からの水(雨など)がないため、こまめに水やりが必要でありその際に重宝する。
園芸用ハサミ(剪定バサミ・収穫バサミなど)手入れ作業(剪定、整枝、摘葉、摘果、摘心など)や収穫作業に使用する。紐や資材なども切れる便利なグッズ。
支柱上に伸びていく作物(トマトなど)の株を支えるために使用する。支柱の長さは、栽培する作物の大きさや場所によって選択すると良い。
紐(麻ひもやビニールひもなど)支柱の固定や誘引(支柱に枝をくくりつける作業)に使用する。
ネット蔓性の作物(キュウリなど)を育てるときに使用する。蔓(つる)をネットに這わせていくことで植物体を大きくしていく。
マルチトレイ培養土と堆肥・肥料を混ぜる作業や収穫など、トレイがいくつかあると便利。

長ネギ栽培の場合、プランターは深型(高さ30cm程度以上、容量20L以上)で大きめのものがおすすめです。根深ネギ・長ネギは、白根(軟白の部分)を生長させて収穫するため、深さがないと栽培が難しくなります。可能であれば、高さ45cm程度のプランターを用意すると良いでしょう。

長さ(大きさ)は、植えたい苗の数によって決めてください。目安は、1苗につき5cm程度の間隔です。

長さ60cmプランターであれば、まずは8〜10苗程度から栽培を始めることをおすすめします。

用土の準備

もちろん、上記の道具を用意しただけで終わりではありません。栽培において、いちばん大事なものは土(用土)です。プランター栽培では、手軽に始めるために培養土を使用することが一般的です。

用土について

用土とは、プランターや鉢植えなどの栽培方法において用いられる土のことを指します。作物が植わっている畑の土を用土とは呼びません。用土には、「基本用土」と「補助用土(改良用土)」があります。

項目基本用土補助用土(改良用土)
概要使用する頻度や量の割合が多いもの土壌環境を整えるために使用されるもの。土の有機物を増やしたり、保肥性、保水性、排水性、通気性などを高めてくれる
主な土の種類赤玉土、黒土、鹿沼土、田土、桐生砂腐葉土、堆肥、バーミキュライト、パーライト、軽石

参考:市販されている用土のいろいろ|住友化学園芸

培養土について

培養土とは、あらかじめ特定の植物・作物に合わせて用土を配合したものです。作物に合わせた土壌環境(土壌酸度pHや排水性など)を手軽に用意することができます。肥料入りの培養土もあります。

参考:培養土とは|素朴な疑問から専門的な疑問まで詳しく回答

培養土に含まれる堆肥やピートモス(ココピート)、緩効性化成肥料、パーライトなどを示す画像です。

プロトリーフ社の「元祖 花・野菜用のかる〜い培養土」には、パーライトやバーク堆肥、ココピート、緩効性化成肥料などが入っています。培養土の商品によって、含まれる内容物が変わるのでラベルなどをよく読んでみてください。

編集さん
編集さん
プロトリーフ社の元祖 花・野菜用かる〜い培養土の商品画像です。

かる〜い培養土は、本当に軽くて持ち上げやすく、ベランダ栽培にはもってこいでした。ベランダ栽培などお隣さんが近い場所では、臭いや汚れなどにも配慮したほうが良いため、内容物にどのようなものが含まれているか確認することは重要でしょう。有機質の多い物質(堆肥など)が多く含まれると、やはり臭いも発しやすいです。

Amazonや楽天などで購入すると、玄関先まで運んでくれるのでとても便利です。

ネギは、土壌酸度(pH)6.0〜6.5の土壌を好みます。肥料入りの野菜用培養土は、土壌酸度が予め調整されたものも多いので安心して使えます。肥料が含まれていない培養土もありますが、その場合はご自身で元肥(基肥)を混ぜ込んであげる必要があります。

ホームセンターやネット通販で販売されている肥料入りの野菜用培養土を使用すれば、手間もかからず安定して栽培を楽しむことができると思います。

培養土の敷き詰め

準備ができたら、培養土を敷き詰めていきましょう。培養土の敷き詰めの手順は、以下のとおりです。

培養土の敷き詰め手順
  • 手順1
    鉢底ネットを敷き、鉢底石を入れる

    プランターを用意して、そこに鉢底ネットを敷き、鉢底石を入れます。プランターの種類や使用する培養土によっては、鉢底石が不要であるものもあるので、商品のラベルをよく読みましょう。

    編集さん
    編集さん
    鉢底に入れる石(軽石、鉢底石)の商品画像です。

    あらかじめネットに入った鉢底石もあります!鉢底石がバラバラにならず、栽培が終わったあとも洗いやすいため、長く繰り返し使用することができます!

    ネットに小分けされた鉢底石の画像です。

    敷き詰めも楽でした!

    プランターに鉢底石を敷き詰めた様子を写した画像です。
  • 手順2
    培養土を用意する

    培養土を用意します。すでに肥料入りの培養土を購入の場合は、特に実施することはありません。どうしても培養土に堆肥を混ぜたい場合には、培養土2〜3:堆肥1の割合で配合させてみてください。

    用土からご自身で培養土を配合する場合には、赤玉土6:堆肥2:腐葉土1:バーミキュライト1くらいの割合で作ってみてください。

    肥料入りの培養土の場合、元肥は必要ありません。含まれていない場合、もしくは自作した場合は、元肥を混ぜ込んでおきましょう。用土10Lあたりの目安量を下記に記載しておきます。肥料がなじむように、可能であれば、植え付けの1〜2週間前には終わらせておいてください。

    肥料(全種類施用)施用目安量(用土10Lあたり)
    緩効性化成肥料20g程度
    石灰10g程度

    ネギ栽培は、栽培期間が長いため、元肥のほかに追肥が必要となります。生長を見ながら追肥で栄養分を補っていくという考え方を持ちましょう。

  • 手順3
    培養土を敷き詰める

    培養土を敷き詰めます。

    土を入れる高さは根深ネギの場合、最初は5〜10cm程度にすると良いでしょう

編集さん
編集さん

また、根深ネギの栽培では、深さを確保することが重要であるため、そこまでの深さがない栽培容器を使う場合には、鉢底石を敷き詰めないやり方も有効です。ただし、ネギは排水性も重要であるため、基本的には鉢底石を敷いて栽培するほうが良いでしょう。

長ネギのプランター栽培 播種(種まき)

プランター栽培の場合は、プランターに敷き詰めた培養土に直接種まきをする「直播き」の方法が楽で簡単な方法となります。今回は直播きの場合の播種方法を解説します。

畑やセルトレイなどプランター以外での播種、育苗については、下記の記事を参考にしてください。

長ネギのプランター栽培 播種手順
  • 手順1
    培養土の敷き詰め

    プランターに5cm〜10cm程度、培養土を敷き詰めます(前段階で済んでいれば不要です)。

  • 手順2
    溝を掘る

    プランターの長辺と平行する形で、深さ1cm程度の浅い溝を掘ります。

  • 手順3
    種を蒔く

    1箇所に3〜4粒ずつ、5cm間隔で種をまきます。

    根深ネギのプランター栽培における種まき(播種)の方法を示したイラストです。一箇所に3粒〜4粒程度、5cm程度間隔を空けて播種します。
  • 手順4
    軽く覆土する

    種をまいたら上から軽く土をかけるか、周りの土を指先でつまむようにして種の上にかぶせ、覆土します。種が隠れる程度で十分です。種が飛ばないようにその上から手で鎮圧すると良いでしょう。

    ちなみにネギの種は、嫌光性種子です。

  • 手順5
    水をかける

    発芽には水分が必要です。種が流れないように気をつけながら、優しくたっぷりと水やりをします。発芽まで土壌が乾かないように注意し、乾燥した場合には再度優しく水やりをしてください。

    乾燥が気になる場合には、稲わらや濡れた新聞紙などで保湿するのも有効です。そのような方法を採る場合には、発芽したらすぐに覆っているものを取り除きましょう。

長ネギのプランター栽培 育苗・間引き

プランターにまいた種は、1週間程度で発芽します。発芽してある程度の大きさになってきたら間引きをしていきます。

具体的な目安としては、草丈が7cm程度になったときに、一箇所につき2本〜3本程度になるように間引きします。間引きは、残す苗まで傷つけてしまう危険性があるので、慎重に行いましょう。

根深ネギのプランター栽培における間引きの方法を示したイラストです。草丈7cm程度くらいになったら一箇所につき2〜3本程度に間引きます。

混み具合を見ながら、10cm程度になるころまでに間引きを終わらせます。

編集さん
編集さん

間引きを行う上で重要なポイントは、残す苗を傷めないように抜くことです。抜く苗の根元を指で軽く押さえて、他の苗に影響がないように静かに抜きましょう。

育苗期間中は土壌があまりにも乾いて葉がぐったりしているようであれば、水やりをしてあげてください。水を切らすのは問題となりますが、やりすぎもまた問題となります。苗が小さいときは水の必要量も少ないことから、週に1〜2回程度で十分かと思われます(土壌や気候による)。

培養土を使用している場合、発芽から1ヶ月程度は追肥の必要は基本的にありません。生長が悪いなど、明らかな問題点が現れた場合には固形の化成肥料や液体肥料を軽く与えましょう。

本葉(葉身の部分)が4枚程度、太さが鉛筆より少し太いくらいになってきていたら、育苗がうまくいっている証です。

その後は、液体肥料であれば1週間に1〜2回、固形の化成肥料であれば1ヶ月に1回程度、施肥するようにしてください。

増し土をする時期には、増し土に肥料分のない用土を使うか、培養土を使うかで対応が異なります。培養土で増し土をする場合は予め肥料が含まれているので追肥を少なめ、もしくは追肥しないようにします。肥料分のない用土を使う場合には、予め用土に化成肥料を混ぜ込んでおくか、液体肥料を散布しましょう。

追肥の目安(ネギのプランター栽培)
  • 固形化成肥料(8-8-8など普通肥料):プランター1つに対して2g〜5g、1ヶ月に1回程度散布する。
  • 液体肥料:1000倍など商品ラベルに則った濃度に希釈し、1週間に1回程度散布する。

長ネギのプランター栽培 手入れ作業(管理作業)

プランター栽培においても、必要最低限の手入れ作業が必要です。長ネギのプランター栽培における手入れ作業は主に以下の2点です。

  1. 追肥(肥料)・土寄せ(増し土)
  2. 病害虫管理
よくある質問

Q:栽培中に水やりは必要ですか?

A:露地栽培においては、雨によって土壌に水が染み込んでいるため、基本不要です。しかし、あまりにも雨が降らず暑い日が続いている(3〜5日程度)、葉が萎れるしおれる場合には、畝全体が湿るくらいに水やりをしてください。

プランター栽培・袋栽培(バッグ栽培)では、用土の量や質、天候にもよりますが植え付けして根が活着してからは、用土の乾き具合とネギの萎れ具合を確認して水やりをします。用土の表面が乾いていれば、水やりをしましょう

1回にやる水の量は、プランターや袋から水が染み出してくるくらいの量です。水やりは、日の出くらいの時間帯に行いましょう。

追肥(肥料)・土寄せ(増し土)

根深ネギ(長ネギ)をしっかりと育てるためには、土壌への栄養分補給と土寄せが欠かせません。プランター栽培においては、畑のように土寄せができませんので、増し土をすることで対応します。

土寄せと増し土

土寄せとは、野菜などの作物の生育途中に、株周辺の土を株元へ寄せることを指します。

増し土とは、野菜などの作物の生育途中に、追加で新たな土を株元へ投入することを指します。

培養土で増し土をする場合には、培養土に緩効性肥料などが含まれているので基本的に追肥は必要ありません。肥料が含まれていない用土などは、固形の化成肥料を混ぜ込んだ上で増し土をするか、増し土をしたあとに日々の水やりと同様に液体肥料を散布してください。

追肥の目安(ネギのプランター栽培)
  • 固形化成肥料(8-8-8など普通肥料):プランター1つに対して2g〜5g、1ヶ月に1回程度散布する。
  • 液体肥料:1000倍など商品ラベルに則った濃度に希釈し、1週間に1回程度散布する。

増し土・土寄せは、回数と量が重要です。長ネギは、白根(軟白)の部分をいかに綺麗に作れるかが一つの目標となります。白根部分は、土寄せ、増し土を適切な頻度と量で行うことによって形成されますので、しっかりと実施しましょう。

増し土のやり方

増し土のやり方は簡単です。培養土をネギの白根(軟白)部分を隠すように投入します。夏場は、緑葉と白根の境目(葉の分岐付近)の少し下くらいまで増し土をすると良いでしょう。

根深ネギのプランター栽培における増し土の方法を示したイラストです。ネギの白根(軟白)部分が隠れるくらいまで培養土を入れます。

増し土のタイミング

増し土のタイミングの目安は、以下のとおりです。栽培期間中に4回位増し土・土寄せができると綺麗な長ネギが収穫できます。あくまで目安ですので、ご自身の栽培方法や生長に合わせて実施しましょう。

回数増し土・土寄せ実施時期の目安
1回目増し土草丈20cm程度
2回目増し土1回目の約1ヶ月後
3回目増し土2回目の約1ヶ月後
4回目土寄せ3回目の約1ヶ月後

病害虫管理

病害虫と聞くと少し怖いですよね。しかし、病害虫に対して適切に処理することでまん延を防ぐこともできます。「ネギ栽培の生理障害・病害虫管理」に生理障害、病害虫の対処方法をまとめました。

害虫は、乾燥が続くとアザミウマ(スリップス)やアブラムシハモグリバエ、ネギコガが発生しやすくなります。また病害は、べと病、さび病が多く発生しやすいので、症状などと照らし合わせながら、薬剤散布など適切な対処を行いましょう。

定植前や定植時に薬剤を施すことも有効です。アブラムシ、ハモグリバエ、アザミウマなどの害虫には「ミネクトデュオ粒剤」、雑草対策には「ゴーゴーサン細粒剤」などがおすすめです。

長ネギのプランター栽培 収穫

収穫直後の根深ネギ(青ネギ)

ネギは、植え付け後90日〜120日ほどかかって収穫することができます。播種から考えると、収穫までの栽培期間が長くかかることがわかります。収穫の目安は、葉の長さ(草丈)が15cm以上に伸びたときです(時期で言うと秋から冬頃です)。

プランター栽培における根深ネギ(長ネギ)の収穫は、太いものから順に行います。軟白部分を傷めないように注意しながら周りの土を取り除き、軟白部分がよく見えるようになってから手で抜き取ります。

綺麗なネギ(良品のネギ)は、スーパーで販売されているように軟白の部分と緑葉の部分がしっかりと綺麗に分かれます。葉は緑色が濃く、軟白部分はしっかりと締まっていることが理想です。ただし、家庭菜園などではそこまでこだわる必要はありません。見た目が悪くても味はそこまで変わらないでしょう。

編集さん
編集さん

根深ネギは、霜が降りるくらいの寒さに当たると旨味が増すと言われています!そのため、春まき・秋冬どりの栽培をおすすめします!寒さが増した頃に少し時間をおいてから収穫すると、とても美味しいネギが穫れます。

ネギ栽培の生理障害・病害虫管理

ネギを栽培していると、いろいろなトラブルが発生します。しかし、適切な対処方法を知っていれば慌てる必要はありません。代表的な生理障害と病害虫への対処方法を説明していますので、参考にしてください(準備中)。

主な害虫

主な病気

  • 萎縮病
  • 萎黄病
  • 軟腐病
  • さび病
  • べと病
  • 黒斑病
  • 黄斑病
  • 黒渋病
  • 黒穂病
  • 小菌核腐敗病
  • 白色疫病(疫病)
  • 萎凋病
  • 紅色根腐病
  • 苗立枯病
  • 白絹病
  • 黒腐菌核病

主な生理障害

  • リン欠乏
  • カルシウム欠乏
  • マグネシウム欠乏
  • 鉄欠乏
  • マンガン過剰
  • ホウ素過剰

ネギ栽培 記事一覧

九条ネギ(九条太ネギ)を使った干しネギ栽培の方法とポイント
干しネギとは、九条ネギなどの葉ネギを干して乾燥させたものを指します。干しネギはそのまま食べるということではなく、また土に埋めて栽培をすることによって、食材に生まれ変わります。この記事では、ネギの基礎知識と九条ネギ(九条太ネギ)などを使った干しネギ栽培の方法を簡単に紹介します。
栽培キットもある!家庭でできる芽ネギの栽培方法
珍しい食材の芽ネギですが、実は家庭でも簡単に栽培することができます。手軽に何か野菜の栽培をしてみたい方におすすめです。また、栽培キットもあるため、必要なものを一度に揃えることも可能です!この記事では、芽ネギに関する基礎知識と水耕栽培の方法、おすすめの水耕栽培キットについてご紹介します。
ネギを水で育てる!ネギの水耕栽培の方法
実は、ネギは水耕栽培もできるのです。さらには、スーパーなどで購入したネギを再生して栽培することも可能です(リポベジ)。手軽に始めたいのであれば断然、水耕栽培をおすすめします。この記事では、ネギ栽培の基礎知識と水耕栽培の方法を詳しく解説します。
買ってきたネギから簡単栽培!ネギのペットボトル水耕栽培
実は、ネギはペットボトルで水耕栽培もできるのです。さらには、スーパーなどで購入したネギを再生して栽培することも可能です(リポベジ)。手軽に始めたいのであれば断然、水耕栽培をおすすめします。この記事では、ネギ栽培の基礎知識とペットボトルを使った水耕栽培の方法を詳しく解説します。
気軽に始める!葉ネギ・小ネギ・万能ねぎのプランター栽培
ネギ(葱、ねぎ)は、古くから薬効成分のある野菜として親しまれている作物です。この記事では一般的な葉ネギ(九条ネギ・万能ねぎ・小ネギなど)の基礎知識やベランダでもできるプランター栽培の方法、重要事項、注意点などについて解説します。
気軽に始める!プランターでの根深ネギ(長ネギ)栽培
根深ネギ(長ネギ)は土寄せなどの作業が必要なので畑だけでしか栽培できないと思われがちですが、工夫をすることにプランターや鉢植えなどでも十分に栽培できます。この記事では、根深ネギ(長ネギ)の基礎知識やベランダでもできるプランター栽培の方法、重要事項、注意点などについて解説します。
ネギの栽培に挑戦!根深ネギ(長ネギ・白ネギ)の基礎知識と栽培方法の基本
ネギ(葱、ねぎ)は、古くから薬効成分のある野菜として親しまれている作物です。ネギには様々な種類があり、主に葉(緑葉)を食べるもの、白い根(白根)を食べるものがあります。この記事では一般的な根深ネギ(長ネギ)を対象に、基礎知識や栽培の方法の基本、重要事項、注意点などについて解説します。
九条ネギ・万能ネギ・小ネギなど葉ネギの栽培方法の基本
ネギ(葱、ねぎ)は、古くから薬効成分のある野菜として親しまれている作物です。この記事では一般的な葉ネギ(九条ネギ・万能ねぎ・小ネギなど)を対象に、基礎知識や栽培の方法の基本、重要事項、注意点などについて解説します。
執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました