肥料にはどのような種類があるの?化学肥料と有機肥料

肥料の性質には大きく分けて2種類ある!化学肥料(化成肥料)と有機肥料(有機質肥料)

作物・植物の栽培における肥料の種類は、大きく以下のとおりに分けることができます。

肥料はその物質の有機、無機によって、「有機肥料(有機質肥料)」「化学肥料(≒無機質肥料、化成肥料は化学肥料に属します)」の2つに分けることができ、形状によって、「固形肥料」と「液体肥料(液肥)」があります。

「化学肥料」とは、化学的に合成しあるいは天然産の原料を化学的に加工して作った肥料です。「有機肥料(有機質肥料)」とは、「油粕や米ぬか、腐葉土など植物性の有機物」「鶏糞(鶏ふん)、牛糞(牛ふん)、馬糞や魚粉、骨粉などの動物性の有機物」を原料にして作られたものです。堆肥も、家畜の糞や落ち葉などの有機物を微生物によって分解・発酵したもので、有機肥料となります。有機肥料は、用土(培土)を養分を補うだけではなく、物理性の改善(ふかふかにする)にも役立ちます。

しっかりと効いてくれて元肥・追肥に使える化学肥料(化成肥料)

化学肥料とは、化学的に合成、あるいは天然産の原料を化学的に加工して作った肥料です。有機肥料(有機質肥料)は動植物質を原料とした肥料(堆肥や米ぬか、骨粉など)です。

化学肥料は大きく2つに分けることができます。

  1. 「単肥(たんぴ)」:無機養分一つのみを保証する肥料
  2. 「複合肥料」:窒素、りん酸、カリウム(加里)のうち二つ以上の成分を保証する肥料

化成肥料は、化学肥料に含まれるものということがわかりましたが、それでは具体的にはどのようなものを化成肥料と呼ぶのでしょうか。

主要な三大栄養素とされる窒素・りん酸・カリウム(加里)のうち2つ以上を含むものを「複合肥料」と呼びます。「化成肥料」は、その「複合肥料」に含まれるものを言います

定義としては、「数種類の肥料に何らかの化学的工程を加えて製造された肥料」が化成肥料です。化成肥料は粒状や固形(ペレット、ブリケット)になっているものが多いです。

養分の補給だけじゃない!物理性の改善もできる有機肥料(有機質肥料)

有機肥料(有機質肥料)とは、動植物由来(油粕や米ぬかなど植物性の有機物、鶏糞や魚粉、骨粉などの動物性の有機物)の原料を使って作られている肥料を指します。表示された成分以外にも生育に必要な成分(動植物由来のアミノ酸など)が含まれていることもあります。有機肥料は、有機物を土壌微生物が分解することで、植物が吸収できる養分に変化します。そのため、肥料の効き始めがやや遅く、肥効が長く続きやすい肥料が多いです(緩効性肥料、遅効性肥料)。

「種類」のおすすめ記事一覧

有機肥料

灰肥料といえば草木灰!使い方や作り方も紹介

有機肥料

コーヒーかすが肥料になる!コーヒーがらを有効活用する方法

有機肥料

鶏糞肥料とは?成分や作物別の使い方までまるっと解説

有機肥料

野菜くずを肥料として再利用する方法のすべて

有機肥料

捨てないで!バナナの皮を肥料として活用する方法

有機肥料

速効性の肥料として使える!ぼかし肥料の使い方

有機肥料

生ゴミぼかし肥料も作れる!EMボカシの使い方

有機肥料

畑の肥料として使える!EMボカシの概要と作り方

有機肥料

楽に生ゴミ処理!生ゴミをそのまま肥料として使用する方法

有機肥料

生ゴミを肥料に!生ゴミぼかし肥料の作り方

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました