リン酸が少ない、または無配合の肥料とは

リン酸肥料

リン酸は、肥料三要素の一つで、開花・結実を促すために必要な要素です。しかし、近年の野菜畑の圃場やハウス栽培(施設栽培)においては、土壌中のリン酸が過剰となるケースも出てきています。また、庭木など植物によってはリン欠乏に強い環境で育つものもあります。

そのような場合、リン酸が少ない、もしくは無配合の肥料を使いたいというニーズもあるでしょう。この記事では、リン酸が少ない、もしくは無配合の肥料について解説します。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

リン酸が少ない、または無配合の肥料の見分け方

リン酸が少ない、または無配合の肥料の見分け方を解説します。一番簡単で手軽に見分けることができる方法は、商品パッケージの裏側などにある「保証票」を確認することです。普通肥料の場合は、保証成分量(主要な成分の含有量)や正味重量などを記載した保証票の添付が必要となりますので、必ず記載されています。

肥料の保証票の例

保証成分量に記載されている成分のうち、「りん酸全量」「く溶性りん酸」「水溶性りん酸」など、りん酸と記載されているものの割合(%)が他のものと比べて低ければ、リン酸が少ない肥料と言えるでしょう。りん酸の表記がない場合には、全く含まれていないということになります。

また、特殊肥料のうち「堆肥」や「動物の排せつ物」については、同様に品質表示がされているはずです(出典:肥料の表示について 特殊肥料の品質表示 – FAMIC)。実際には特殊肥料のうちりん酸が全く含まれていないものはほとんどないでしょう。

編集さん
編集さん

窒素(N)、リン酸(P)、カリウム(K)のうち、リン酸の含有量が少ない肥料タイプを谷型と読んだりします。(出典:肥料を使い分ける – KOMERI.COM

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

リン酸が少ない代表的な肥料

リン酸が少ない肥料は、主に観葉植物用に作られた商品が多いです。住友化学園芸の「花工場 観葉植物用」もリン酸が他の成分に比べて少なく配合されています。

そのまま使える花工場 観葉植物用 700mL 関東当日便
charm 楽天市場店
¥ 317(2022/08/08 20:40時点)

その他の化成肥料の中にも、リン酸が少なく配合されているものがありますので探してみると良いでしょう。

また、有機質肥料(有機肥料)の中でも各種類でそれぞれ特徴があり、油かす(油粕)肥料は他のものと比べてリン酸が少ない肥料となっています。

肥料N
(窒素)
P
(リン酸)
K
(カリウム)
肥効のタイプ
油かす(油粕)緩効性
魚かす(魚滓)緩効性・遅効性
(但し窒素分は速効性が高い)
発酵鶏糞速効性
骨粉緩効性
米ぬか(米糠)遅効性
バットグアノ緩効性
草木灰速効性
主な有機肥料(有機質肥料)の種類と窒素(N)、リン酸(P)、カリウム(K)の含有量のイメージ、肥効のタイプ

リン酸無配合の代表的な肥料

NK化成肥料

窒素とカリウム(加里)を含んだものであり、水稲や野菜の追肥用として広く使われています。硫安系、尿素入り、塩安系、硝安入りの4種類がありますが、塩安系が主体となっています。

商品のパッケージや保証票の保証成分量には、リン酸の記載がない、もしくは0%となっているでしょう。

リン酸の成分量が極端に少ないものをNK化成肥料としてものもあります。ここでは、便宜上、リン酸が含まれていないものを指すこととします。

リン酸を投入したくない状況とは

リン酸は、植物の生長には欠かせない要素の一つのはずです。それではなぜリン酸を投入したくない状況に陥るのでしょうか?

土壌中のリン酸が過剰気味の場合

圃場の土壌性質や毎作の土作りにおける施肥によってリン酸が蓄積し、過剰気味となる場合があります。栽培歴が長くなればなるほど、土壌中のリン酸が蓄積されているとされています(出典:土壌のリン酸過剰が土壌病害の発病を助長する)。

野菜のリン酸吸収率は、窒素やカリに比べて極端に低いため、毎作野菜に吸収される量よりも多くのリン酸が土壌に蓄積される場合があります。さらに土壌からの流亡が他の要素に比べ非常に少ないため、土壌中にリン酸が次第に蓄積されます。

また、鶏ふんなど家畜の排せつ物を土作りに使用し続けることで難溶性リン酸が蓄積する場合もあります。

リン欠乏に強い植物を栽培する場合

そもそもリン酸をあまり必要としない植物もあります。オーストラリアなどが原産種のヤマモガシ科(グレヴィレアやバンクシアなど)は、りん欠乏の土壌で生長するため、ほかの植物のようにリン酸が特に必要となることはありません。

リン酸の含有量の考え方

「有機肥料のほうがリン酸が少なくて、化成肥料のほうがリン酸が多いんでしょ?」と勘違いする人がいます。結論から話すと、有機肥料であること、化成肥料であることがリン酸の量を左右することはありません。「その肥料にどれだけのリン酸成分が含まれているか」が重要なのです。

購入、使用する肥料のラベルを確認してみてください。N-P-Kの数字が記載されていませんか?その「P」の成分保証率(%)を確認してください。例えば、正味量10kgの肥料でPが8%と記載されていれば、

10(kg)×0.08(8%)=800(g)

のリン酸成分が含まれていることになります。もう一つの例として、正味量10kgの肥料でPが16%と記載されていれば、

10(kg)×0.16(16%)=1600(g)

のリン酸成分が含まれていることになります。このことからわかるように、成分保証率によって、肥料の中にどれだけのリン酸成分が含まれているかが大きく変わります。肥料を購入・使用するときには必ずラベルを確認して、リン酸肥料がどれだけ含まれているのかなどを自分で確認することが大事です。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

リン酸肥料肥料肥料の三要素肥料の成分
スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました