生ゴミ処理機で手軽・衛生的に生ゴミ肥料づくり!生ゴミ処理機の選び方

家庭用生ゴミ処理機に関する記事のバナーです。肥料
肥料買いたい道具

日々の生活の中で必ず出てくるものといえば、「ゴミ」です。特に、家庭ごみの約4割を占めているのが「生ゴミ」です。

生ゴミは、食事をする際に必ずと言っていいほど出てしまいますし、臭いやコバエなどの虫が湧いてしまうことで不快となることも多いのではないでしょうか。

実は、家庭でも生ゴミを肥料・堆肥(たいひ)として再生する方法があります。ゴミの減量に繋がるだけではなく、庭やベランダなど家庭菜園で使用する肥料として再活用できるため、とても経済的な取り組みです。

この記事では、生ゴミを肥料・堆肥にする生ゴミ処理機について、処理方式の違いや特徴、コストの差など、生ゴミ処理機を購入するときに参考となる情報を解説します。

スポンサーリンク

家庭用の生ゴミ処理機とは?

生ゴミ処理機とは、家庭で出る野菜くずや肉・魚、骨などの生ゴミを微生物の力もしくは、熱風によって乾燥させたりする機器のことを指します。

生ゴミ処理機には、「電気を使うタイプ(電気式・乾燥式)」と「電気を使わないタイプ(バイオ式)」の大きく2種類が存在します。また、電気式(乾燥式)とバイオ式を組み合わせたものを「ハイブリッド式」と呼んだりします。

スポンサーリンク

家庭用の生ゴミ処理機の種類・処理方式の違い

生ゴミ処理機は、処理方式によって使い方や特徴が大きく異なります。まずは、それぞれの処理方式の特徴を知っておくと便利です。

衛生的に処理できる「電気式(乾燥式)」

電気式は、温風で生ゴミを乾燥させる方式です。温風で乾燥させることから乾燥式と呼ばれることもあります。

電気式は、生ゴミの水分を飛ばすことによって、生ゴミの質量(重さ)を軽くし、捨てやすくするだけではなく、乾燥した生ゴミを有機肥料として使用できるものもあります。

生ゴミを入れてボタン一つ押せば、数時間で処理が終わる手軽さと衛生的に処理できる安心感が特長です。しかし、電気代がかかる上、乾燥中にそれなりの動作音がします。

微生物による発酵を促す「バイオ式」

バイオ式は、電気を使わずに微生物の力を利用して生ゴミを分解する方式です。微生物による有機物の分解・発酵を促すことで、生ゴミを小さく、少なくします。また、分解されたものは、畑の肥料や堆肥として使用することができます。

バイオ式と言っても、生ゴミ処理専用容器で作る方法から身近なダンボール箱・牛乳パック、食品用密閉型容器(タッパー)などで作る方法までさまざまです。庭や畑がある方は、コンポスターを使用した生ゴミ堆肥づくりもできます。

電気を使わない上に機材も安いことから経済的ですが、微生物による分解を促すため専用のチップや米ぬか、発酵促進剤が必要となったり、定期的な手入れ(水分の管理やかき混ぜ)が必要となったりします。

電気式とバイオ式を組み合わせた「ハイブリッド式」

ハイブリッド式は、電気式とバイオ式の2つを組み合わせたものです。微生物による分解を促しながら、必要に応じて除湿・乾燥を行います。

肥料としての再生はできないディスポーザー

ディスポーザーは、マンションなどのキッチンの排水溝に設置されているものです。生ゴミを排水口に入れるだけで細かく切り刻み下水へと流してくれます(ディスポーザーとは? – 日本エスコ)。

その場で処理ができるため衛生的ですが、そのまま下水へと流れていきますので肥料としては使用できません。

【送料無料】(5年保証)スーパーサイレントディスポーザーW2700S(ウエストキングWKI2600S後継機) 取付部品一式付
肩こりストレスセルライトの本格屋

家庭用生ゴミ処理機の選び方

家庭用生ゴミ処理機を選ぶポイントは、主に2つです。

  1. 設置場所で選ぶ
  2. 容量・サイズで選ぶ

設置場所で選ぶ

まず、どこに生ゴミ処理機を設置したいかによって、選ぶ処理方式が変わってきます。

屋内の場合

屋内の場合は、電気式・ハイブリッド式を選ぶと良いでしょう。電気も確保できますし、電気式であれば脱臭機能が付いているものもあります。

また、バイオ式であれば専用の密閉型容器など、臭いが漏れづらい容器の使用をおすすめします。

ベランダや庭、畑など屋外の場合

屋外の場合は、バイオ式を選ぶと良いでしょう。バイオ式であれば、電気も必要ありませんし、サイズも大きなものが多いので畑の肥料にするに十分すぎるくらいの堆肥・肥料が作れます。

サイズ・容量で選ぶ

生ゴミ処理機は、その商品によって一回に処理できる量が決まっています。そのため、生ゴミの出る量や頻度によって、生ゴミ処理機を選ぶと良いでしょう。

一般的な家族世帯であれば処理の量が多くなると思いますので、大きめの生ゴミ処理機を購入されることおすすめします。

逆に、そこまで生ゴミが出ないという方は小さめのサイズを選びましょう。生ゴミ処理機はある程度の量になってから処理をするタイプのものもありますので、生ゴミを溜めなければならなかったりします。その間、不衛生になる心配もありますので、出る生ゴミの量に合った生ゴミ処理機を選ぶのが大事です。

各処理方式の特徴・コスト 一覧

各処理方式の特徴とコストをまとめましたので、選択するときの参考にしてください。

処理方式電気式バイオ式(コンポスター)バイオ式(容器型)ハイブリッド式
適している設置場所屋内・ベランダ屋外屋外・ベランダ屋内
コスト20,000円〜100,000円程度3,000円〜15,000円程度2,000円〜25,000円程度160,000円程度
手入れの手間△(容器の清掃が必要)×(微生物の発酵資材の投入や水分管理などが必要)×(微生物の発酵資材の投入や水分管理などが必要)△(容器の清掃が必要)
処理できる容量約1L〜6L約50L〜330L約1L〜20L約2L〜4L
商品例
生ごみ処理機 家庭用ゴミ処理 電気使わない 肥料 エココンポスト 3〜5人家族用 アイリスオーヤマ
アイリスプラザ 楽天市場店

家庭用生ゴミ処理機の商品一覧

家庭用生ゴミ処理機は、処理方式や容量によってさまざまな商品があります。下記におすすめ商品を一覧化しましたので、購入されるときの参考にしてください。

商品名島産業 パリパリキュー島産業 パリパリキューブ ライト アルファパナソニック 家庭用生ゴミ処理機DENZEN 家庭用生ごみ処理機 ナクスル(NAXLU)エコクリーン 自然にカエルS生ゴミ処理機 EMボカシ コンポストアイリスオーヤマ エココンポスト EX-101
処理方式電気式電気式電気式ハイブリッド式バイオ式(容器型)バイオ式(容器型)バイオ式(コンポスター)
特徴電気で温風乾燥させる方式。乾燥させた生ゴミは砕いて肥料にできる。5人家族まで対応可能。電気で温風乾燥させる方式。乾燥させた生ゴミは砕いて肥料にできる。3人家族まで対応可能。乾燥モードが2つあり、ソフト乾燥モードを使うと速効性のある有機質肥料を作ることができる。容量も大きく、有機質肥料を作るにはもってこい。微生物による分解と電気式の除湿(乾燥)を組み合わせた商品。脱臭機能も強力で屋内でも安心して使うことができる。撹拌用の羽根が付いていて手動ハンドルで回し、かき混ぜることができる。専用のチップ材と微生物の力を使って簡単に分解できる。EMボカシ(EM菌)を使った嫌気性発酵を行う。発酵のときに出てくる発酵液も肥料として活用可能。屋外での微生物発酵に適した商品。本体が黒色で太陽の熱を吸収しやすく、コンポスト内の温度が平均4℃上昇し、発酵スピードを促進する。
処理できる容量約300g(約1.1L)~約1kg(約2.8L)/回約200g(約0.6L)~約700g(約1.2L)/回約2kg(約6L)/回約1~1.5kg/日約700g/日約19L約100L
概要
【即納】☆めざましテレビ紹介☆島産業 家庭用 生ごみ減量乾燥機 生ごみ処理機 パリパリキュー 1〜5人用 PPC-11-PG ピンクゴールド 沖縄離島可【送料無料】【KK9N0D18P】
激安家電販売 PCあきんど楽市店
生ごみ処理機 家庭用ゴミ処理 電気使わない 肥料 エココンポスト 3〜5人家族用 アイリスオーヤマ
アイリスプラザ 楽天市場店

忘れないで!購入するときに補助金が出る場合も

自治体によりますが、家庭用生ゴミ処理機の購入に助成金が出る場合があります。購入金額の1/2〜1/3、限度額2万円〜3万円で補助してもらえる自治体が多いようです。助成金制度を利用して、お得にエコな活動を始めてみましょう。

パリパリキューブなどを販売する島産業株式会社様が各自治体の購入助成金制度についてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

堆肥・ぼかし肥料記事一覧

生ゴミぼかし肥料も作れる!EMボカシの使い方
EMボカシとは、米ぬかや油かす、魚かすなどの有機物資材にEMを混ぜて発酵させた肥料のことを指します。この記事ではEMを使った「EMボカシ」の概要と特徴、EMボカシの施肥方法、EM生ゴミぼかし肥料の作り方、EMボカシ浸出液の作り方・使い方など幅広く解説します。
畑の肥料として使える!EMボカシの概要と作り方
EMボカシとは、米ぬかや油かす、魚かすなどの有機物資材にEMを混ぜて発酵させた肥料のことを指します。この記事ではEMを使った「EMボカシ」の概要と特徴、「EMボカシⅠ型」「EMボカシⅡ型」の作り方を解説します。
生ゴミを肥料に!生ゴミから作る肥料・堆肥(コンポスト)について
この記事では、生ゴミを肥料・堆肥にする方法、詳しい手順について解説します。 生ゴミから堆肥とぼかし肥料が作れる 肥料・堆肥を作るときに使用できる生ゴミの種類 生ゴミ堆肥・生ゴミぼかし肥料を作るコツ 生ゴミ堆肥の作り方 ...
一番手軽に挑戦できる!生ゴミと牛乳パックで生ゴミ堆肥づくり
実は、家庭でも生ゴミを肥料・堆肥として再生する方法があります。ゴミの減量に繋がるだけではなく、庭やベランダなど家庭菜園で使用する肥料として再活用できるため、とても経済的な取り組みです。この記事では、身の回りのもので一番手軽にできる牛乳パックを使った生ゴミの堆肥化の方法について、詳しく解説します。
速効性の肥料として使える!ぼかし肥料の使い方
ぼかし肥料とは、油かすや米ぬかなど複数の有機質資材を配合させたものに籾殻や土を加えて発酵させた肥料のことを指します。この記事では「ぼかし肥料」の概要、特徴と効果、ぼかし肥料の使い方を詳しく紹介します。
生ゴミぼかし肥料も作れる!EMボカシの使い方
EMボカシとは、米ぬかや油かす、魚かすなどの有機物資材にEMを混ぜて発酵させた肥料のことを指します。この記事ではEMを使った「EMボカシ」の概要と特徴、EMボカシの施肥方法、EM生ゴミぼかし肥料の作り方、EMボカシ浸出液の作り方・使い方など幅広く解説します。
畑の肥料として使える!EMボカシの概要と作り方
EMボカシとは、米ぬかや油かす、魚かすなどの有機物資材にEMを混ぜて発酵させた肥料のことを指します。この記事ではEMを使った「EMボカシ」の概要と特徴、「EMボカシⅠ型」「EMボカシⅡ型」の作り方を解説します。
生ゴミを肥料に!生ゴミぼかし肥料の作り方
実は、家庭でも生ゴミを肥料・堆肥として再生する方法があります。ゴミの減量に繋がるだけではなく、庭やベランダなど家庭菜園で使用する肥料として再活用できるため、とても経済的な取り組みです。この記事では、生ゴミぼかし肥料の作り方について、手順を詳しく解説します。
生ゴミを肥料に!生ゴミから作る肥料・堆肥(コンポスト)について
この記事では、生ゴミを肥料・堆肥にする方法、詳しい手順について解説します。 生ゴミから堆肥とぼかし肥料が作れる 肥料・堆肥を作るときに使用できる生ゴミの種類 生ゴミ堆肥・生ゴミぼかし肥料を作るコツ 生ゴミ堆肥の作り方 ...
よくわかる!ぼかし肥料の特徴、種類と作り方
ぼかし肥料とは、油かすや米ぬかなど複数の有機質資材を配合させたものに籾殻や土を加えて発酵させた肥料のことを指します。この記事では「ぼかし肥料」の概要、特徴と効果、ぼかし肥料の作り方を詳しく紹介します。
よくわかる!籾殻ぼかし肥料の特徴と作り方
ぼかし肥料とは、油かすや米ぬかなど複数の有機質資材を配合させたものに籾殻や土を加えて発酵させた肥料のことを指します。この記事では、籾殻を使ったぼかし肥料、籾殻ぼかし肥料について、その特徴と作り方を詳しく紹介します。
執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました