農薬ダントツを徹底解説!

農薬
スポンサーリンク

「ダントツ」(有効成分クロチアニジン)は、住友化学(株)が販売しているネオニコチノイド系殺虫剤で,非常に幅広い殺虫スペクトラムを持つ農薬です。水溶剤、粒剤と、用途に合わせて使用できます。

ここでは、農薬ダントツとはどんな殺虫剤なのか、特長や、効果と注意点を説明していきます。

ダントツとは、どんな殺虫剤?

「ダントツ」(有効成分クロチアニジン)は、住友化学(株)が販売しているネオニコチノイド系殺虫剤です。

アブラムシ類、コナジラミ類、ウンカ類、ヨコバイ類、カメムシ類、コナカイガラムシ類などのカメムシ目害虫、アザミウマ目害虫に加えて、ハモグリバエ、ハモグリガ、ホソガ、シンクイムシ、カミキリムシなどハエ目、チョウ目、コウチュウ目害虫に対して、非常に高い防除効果を示します。この幅広い殺虫スペクトラムが特長です。

\ ポイント10倍 / ダントツ粒剤 3kg \ 5月はP10倍!バナーから要エントリー☆ /
農家のお店おてんとさん楽天市場店
\ ポイント10倍 / ダントツ水溶剤 125g \ 5月はP10倍!バナーから要エントリー☆ /
農家のお店おてんとさん楽天市場店

ダントツの有効成分、性状

  • クロチアジニン・・・水溶剤、粒剤などにより含有%が異なる

有効成分のクロチアジニンは、住友化学が開発したネオニコチノイド系の殺虫剤です。

ネオニコチノイド系は90年代に登場した比較的新しい殺虫成分で、ニコチンの仲間です。ニコチン製アセチルコリン受容体と結合し、信号の伝達を阻止します。結果、昆虫は麻痺し、死に至ります。致死濃度以下でも、食害や交尾、産卵や飛行など、虫のあらゆる行動が減少します。

ダントツは、ネオニコチノイド系の中でも、クロロチアゾール基をもつ新しいタイプのネオニコチノイド系殺虫剤で、従来のクロロニコチニル系化合物とは構造的に異なる「クロチアニジン(試験名:TI-435)」を有効成分とする殺虫剤です。

性状は、水溶剤が青緑色水溶性細粒、粒剤が類白色細粒になります。水溶剤は水で希釈して散布します。農薬の希釈については下記をご参考ください。

ダントツの特長

ダントツの最大の特長は、多くの作物に適用があること、アブラムシ類、コナジラミ類、ウンカ類、ヨコバイ類、カメムシ類、コナカイガラムシ類などのカメムシ目害虫、アザミウマ目害虫に加えて、ハモグリバエ、ハモグリガ、ホソガ、シンクイムシ、カミキリムシなどハエ目、チョウ目、コウチュウ目害虫に対して、非常に高い防除効果を示すことが挙げられます。

また、ネオニコチノイド系の特長として、残効性が長く、防除効果が続きやすい点もポイントです。

浸透移行性に優れ、茎葉部から作物体内に吸収され、作物全体へ浸透移行していきます。また、トランスラミナー作用により、葉の表から裏への移行性も示しますので、アブラムシなど葉裏に生息している害虫にも優れた防除効果を発揮するのも特長です。

使用するときに注意したい点

ミツバチ、マルハナバチに悪影響

ミツバチ、マルハナバチには悪影響があります。

ミツバチの巣箱、その周辺には薬液がかからないように注意しましょう。受粉促進を目的としてミツバチを放飼している施設や果樹園では使用しないようにしてください。また、周辺で養蜂が行われている場合は、関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努めてください。

水産動植物(甲殻類)に影響

水産動植物(甲殻類)に影響を与えるので、河川、養魚田,養魚池などに飛散,流入しないように充分注意しましょう。

また、ボルドー液と混用する場合は散布直前に行い、できるだけ早く使用すること、その他のアルカリ性の強い農薬との混用は避けるようにしましょう。

その他、使用する際は、使用上の注意をしっかり確認するようにしましょう。

効果・薬害・毒性

ダントツは以下のように、幅広い「適用作物」と「適用病害虫名」に対応しています。

ダントツ水溶剤

作物名適用病害虫名
稲(イネ)ウンカ類
カメムシ類
イネアザミウマ
イネドロオイムシ
ツマグロヨコバイ
稲(箱育苗)ウンカ類
イネミズゾウムシ
イネドロオイムシ
フタオビコヤガ
ツマグロヨコバイ
未成熟とうもろこしアブラムシ類
ツマジロクサヨトウ
アカスジカスミカメ
水田作物、畑作物(休耕田)カメムシ類
かんしょアブラムシ類
ばれいしょアブラムシ類
テントウムシダマシ類
やまのいもアブラムシ類
かぶアブラムシ類
だいこんアブラムシ類
ダイコンハムシ
てんさいアブラムシ類
カメノコハムシ
テンサイトビハムシ
テンサイモグリハナバエ
あさつきネギアザミウマ
ネギハモグリバエ
にらアブラムシ類
ネギアザミウマ
ネギネクロバネキノコバエ
にら(花茎)アブラムシ類
ネギアザミウマ
ねぎ
わけぎ
ネギアザミウマ
ネギハモグリバエ
豆類(種実、ただし、だいず、あずき、いんげんまめ、らっかせいを除く)アブラムシ類
あずきアブラムシ類
マメホソクチゾウムシ
いんげんまめアブラムシ類
カメムシ類
インゲンマメゾウムシ
だいず(大豆)
えだまめ枝豆
アブラムシ類
カメムシ類
フタスジヒメハムシ
マメシンクイガ
豆類
(未成熟、ただし、えだまめを除く)
アブラムシ類
きゅうりアブラムシ類
カメムシ類
コナジラミ類
ミナミキイロアザミウマ
食用へちまアブラムシ類
とうがんミナミキイロアザミウマ
にがうりアブラムシ類
ミナミキイロアザミウマ
かぼちゃアブラムシ類
ウリハムシ
カボチャミバエ
すいかアブラムシ類
ウリハムシ
ミナミキイロアザミウマ
メロンアブラムシ類
コナジラミ類
ミナミキイロアザミウマ
ウリハムシ
ハモグリバエ類
トマト
ミニトマト
アブラムシ類
コナジラミ類
ハモグリバエ類
なすアブラムシ類
カメムシ類
コナジラミ類
ミナミキイロアザミウマ
テントウムシダマシ類
ハモグリバエ類
ピーマンアブラムシ類
カメムシ類
コナジラミ類
ミナミキイロアザミウマ
とうがらし類アブラムシ類
コナジラミ類
ミナミキイロアザミウマ
ブロッコリーアブラムシ類
コナガ
アオムシ
非結球あぶらな科葉菜類(チンゲンサイを除く)アブラムシ類
チンゲンサイアブラムシ類
ハモグリバエ類
キャベツアブラムシ類
コナガ
アザミウマ類
アオムシ
はくさいアブラムシ類
コナガ
アオムシ
せり
パセリ
みつば
ほうれんそう
アブラムシ類
セルリーアブラムシ類
ハモグリバエ類
レタスアブラムシ類
アザミウマ類
ナモグリバエ
非結球レタスアブラムシ類
ナモグリバエ
しゅんぎくアブラムシ類
ハモグリバエ類
アスパラガスアブラムシ類
カメムシ類
ネギアザミウマ
ジュウシホシクビナガハムシ
オクラ
くわい
アブラムシ類
オリーブ(葉)オリーブアナアキゾウムシ
マエアカスカシノメイガ
れんこんクワイクビレアブラムシ
みょうがナスコナカイガラムシ
かんきつアゲハ類
アブラムシ類
アカマルカイガラムシ
ナシマルカイガラムシ
ゴマダラカミキリ
カメムシ類
ミカンキジラミ
ケシキスイ類
カネタタキ
コアオハナムグリ
コナジラミ類
アザミウマ類
アオバハゴロモ
ミカンハモグリガ
ミカンバエ
ツノロウムシ
コナカイガラムシ類
かんきつ(苗木)アゲハ類
アブラムシ類
ゴマダラカミキリ
ミカンハモグリガ
なしアブラムシ類
カメムシ類
チュウゴクナシキジラミ
コナカイガラムシ類
シンクイムシ類
ケムシ類
りんごアブラムシ類
カメムシ類
コガネムシ類成虫
ギンモンハモグリガ
コナカイガラムシ類
キンモンホソガキンモンホソガ
シンクイムシ類
ケムシ類
リンゴワタムシ
びわアブラムシ類
カイガラムシ類
カミキリムシ類
カメムシ類
おうとうカメムシ類
オウトウショウジョウバエ
ももアブラムシ類
クビアカツヤカミキリ
カメムシ類
コガネムシ類
モモハモグリガ
シンクイムシ類
ネクタリンアブラムシ類
カメムシ類
コガネムシ類
モモハモグリガ
シンクイムシ類
あんずアブラムシ類
うめアブラムシ類
クビアカツヤカミキリ
カメムシ類
ケシキスイ類
ケムシ類
すももアブラムシ類
カメムシ類
ぶどうブドウトラカミキリ
カメムシ類
コガネムシ類
チャノキイロアザミウマ
フタテンヒメヨコバイ
コナカイガラムシ類
ブルーベリーアブラムシ類
オウトウショウジョウバエ
ケムシ類
パイナップル(苗木)パイナップルコナカイガラムシ
パパイヤヒラタカタカイガラムシ
ナガカタカイガラムシ
マンゴーアザミウマ類
コナカイガラムシ類
オリーブカメムシ類
オリーブアナアキゾウムシ
マエアカスカシノメイガ
さんしょう(果実)アザミウマ類
なつめゴマダラカミキリ
いちじくカミキリムシ類
アザミウマ類
かきカメムシ類
アザミウマ類
カキノヒメヨコバイ
コナカイガラムシ類
カキノヘタムシガ
キウイフルーツカメムシ類
アオバハゴロモ
キウイヒメヨコバイ
花き類・観葉植物アブラムシ類
アザミウマ類
きくアブラムシ類
カメムシ類
アザミウマ類
ナモグリバエ
ハモグリバエ類
たであいアブラムシ類
ばらコガネムシ類
アザミウマ類
わたアブラムシ類
さくらクビアカツヤカミキリ
げっきつミカンキジラミ
デイゴデイゴヒメコバチ
つつじ類ツツジグンバイ
コミカンアブラムシ
チャトゲコナジラミ
チャノキイロアザミウマ
マダラカサハラハムシ
チャノミドリヒメヨコバイ
チャノホソガ
ツマグロアオカスミカメ

※記載事項が変更、修正されている場合があります。使用する際にはラベルをよく読み、用法・用量を守ってお使いください。

下記の有効成分を含む農薬の総使用回数(年限)は以下の通りなので、使用回数には注意してください。

  • クロチアニジン 〜6回

クロチアニジンを含む農薬の使用可能回数(年限)は、適用作物によって〜6回と変わってきます。適用作物と使用回数をよく確認するようにしましょう。また、使用時期(収穫何日前、は種、定植、移植何日前など)もしっかりチェックしてください。

ダントツの効果を高めるために

薬液を広範囲にまく際には、効果的に散布できる散布機噴霧機)やスプレイヤーの使用をおすすめします。

まとめ

ダントツの最大の特徴は、多くの作物に適用があること、アブラムシ類、コナジラミ類、ウンカ類、ヨコバイ類、カメムシ類、コナカイガラムシ類などのカメムシ目害虫、アザミウマ目害虫に加えて、ハモグリバエ、ハモグリガ、ホソガ、シンクイムシ、カミキリムシなどハエ目、チョウ目、コウチュウ目害虫に対して、非常に高い防除効果、そして長い残効性を示していることです。薬剤をうまく活用して、病害虫の防除に役立てましょう。

\ ポイント10倍 / ダントツ粒剤 3kg \ 5月はP10倍!バナーから要エントリー☆ /
農家のお店おてんとさん楽天市場店
\ ポイント10倍 / ダントツ水溶剤 125g \ 5月はP10倍!バナーから要エントリー☆ /
農家のお店おてんとさん楽天市場店







この記事を書いた人
農家web編集部

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。
皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web