桜(桜の木)に肥料を与えたい!やり方とおすすめの肥料

開花する桜の花作物
作物知りたい肥料

日本には、ハナミズキ、アジサイ、ギンモクセイなど季節を連想させる美しい花木が多くあります。その中でもサクラは別格で、まさに国花ともいえる存在でしょう。サクラと聞くと、ピンクや桃色の小さい花のほか、春、花見、サクランボなど様々なイメージがあふれてきます。

この記事では、桜の木への肥料のやり方、おすすめの肥料などをご紹介します。

スポンサーリンク

桜の育て方

桜に肥料を与えるにあたって、簡単にその他の栽培情報もご紹介します。桜の基本的な育て方を知ることで、自信をもって肥料を与えられるようになるはずです。

種類

日本の桜には15の野生種、300を超える園芸品種があるといわれています。早咲き、八重咲きなど花を楽しむことはもちろん、中には葉を観葉目的で楽しむ人もいます。多くの種類がありますが、共通するのは樹高の高い高木で、落葉樹であるということです。とりわけ以下のものは耳にすることも多いのではないでしょうか。

ソメイヨシノ(染井吉野)

公園、街路、学校などに植えられている桜の代表格です。エドヒガンとオオシマザクラの交配によって生まれた日本産の園芸品種です。毎年おなじみの桜の開花宣言で「標本木」として用いられているのもソメイヨシノです。

シダレザクラ(しだれ桜・枝垂桜)

エドヒガンの枝が垂れた園芸品種がシダレザクラです。枝が垂れていること以外はエドヒガンの形質と同じなのですが、エドヒガン自体に多くの変異が生じているので、見る個体によって違ったものに見えるケースがあるようです。なお、枝が垂れた桜の総称として「枝垂桜」が使われることもあります。

ヤマザクラ(山桜)

日本や朝鮮半島に生育する野生種です。江戸時代にエドヒガンが生まれるまでは主流の桜で、和歌などで単に桜と詠まれている場合にはヤマザクラを指していることも多いです。なお、山に生育する桜の総称として「山桜」が使われることもあります。

栽培方法

桜は地植えはもちろんのこと、盆栽(桜盆栽)としても栽培されています。それぞれの土と水やりについて、以下にて簡単にふれておきます。なお、剪定については、桜は梅と異なり強い剪定を嫌いますので、冬の休眠期に細い枝を切ることで樹形や樹冠を整えるのがセオリーです。

地植え

保水性、透水性のよい土であれば育てることができます。地植えの場合、植え替えることが難しいので、日当たりの良好な場所を選んで植え付けるようにしましょう。水やりは、基本的には必要ありません。

盆栽(桜盆栽)

庭土を用土として利用することができます。市販の用土を利用する場合は、赤玉土4:腐葉土3:黒土3の割合で配合するようにしましょう。水やりは、夏は1~2日に1回、冬は乾燥したら行います。盆栽に限らず、鉢(鉢植え)でも同じように育てることができます。

病害虫

病気としては、てんぐ巣病が発生する場合があります。てんぐ巣病は、細い枝が鳥の巣のように異常に発生し、やがて花が咲かなくなり、ひどい場合には枯死に至る病気です。タフリナ菌というカビの仲間によって引き起こされます。特効薬といえる農薬がないので、病気に罹った枝を切り落として対応します。

害虫としては、コスカシバ、モンクロシャチホコ、アメリカシロヒトリなどが重要害虫です。見かけた場合には、捕殺するほか、農薬を散布するなどして防除および駆除に努めましょう。

てんぐ巣病が発生した場合には、病気に罹った枝を切り落とすようにしましょう。コスカシバ、モンクロシャチホコ、アメリカシロヒトリなどの害虫を見かけた場合には、捕殺するほか、農薬を散布するなどして防除および駆除に努めましょう。

桜は常緑でなく落葉樹ですが、樹冠が日陰をつくるため、幹の周囲には雑草が比較的生えにくいはずです。それでも草丈の低い一年生の草は、生えることがあります。雑草は病害虫発生の原因となる可能性があるので、こまめに除草するとよいでしょう。

肥料

一般に、桜の肥料要求度は中程度とされています。肥料が少ないと生育や花付きが悪くなるものの、肥料が多すぎると生理障害や病害虫の発生が起きるようになります。適切な時期および量で施肥することが重要です。

肥料を与える時期

寒肥とお礼肥の年2回を基準に考えるとよいでしょう。

寒肥とは、寒い冬のタイミングに施す肥料のことで、桜の場合は1月中旬~2月中旬が望ましいです。

お礼肥とは、開花や実の収穫を終えたタイミングで施す肥料のことで、桜の場合は、3月下旬~5月上旬が望ましいです。このほかにも、7月~8月頃に追肥をし、年3回とするケースもあります。

肥料焼けにはご用心

肥料は、多ければ多いほどよいというわけではありません。土中肥料の濃度が高くなりすぎると、根が吸水できなくなり、植物に障害が発生したり枯れてしまったりすることがあります。これが「肥料焼け」です。

成長が楽しみで、ついつい肥料を多くあげたくなってしまうかもしれませんが、一般に肥料をあげすぎると、かえって植物が弱ることがあり、樹や枝葉に障害が生じることもあります。肥料は過多にならないよう注意しなくてはいけません。

また、苗(苗木)は成木に比べ弱いので、特に苗(苗木)の段階では施肥量を減らす工夫が必要です。

桜の仲間?芝桜の肥料

芝桜(シバザクラ)は、キキョウナデシコ、クサキョウチクトウなどの仲間で、ガーデニングによく使われる植物です。ピンクや桃色の小さい花を桜と同じ春に咲かせること、芝生のように辺り一面を埋めるように生えることから「芝桜」と名付けられました。

芝桜は肥料がなくとも育ちますが、より元気に美しくしたい場合には肥料を与える必要があります。この記事で紹介している肥料も、芝桜に利用することができます。

スポンサーリンク

おすすめの桜の肥料

桜(桜の木)への肥料には、N(窒素)-P(リン酸)-K(カリ)が、8-8-8もしくは10-10-10の化成肥料を利用できます。手元になかったり、新しく購入する場合には以下の商品がおすすめです。

マイガーデン植物全般用

マイガーデンは、住友化学園芸の登録商標で、様々な草花・庭木・果樹の元肥や追肥に使うことができます。

栄養分を効率よく吸収させるすぐれた腐植酸入り緩効性肥料として特許を取得しており、植物が肥料を吸収しやすくする働きや、土壌の保水性、通気性を高めるなど、土に活力を与える作用がある腐植酸をブレンドしています。

また、肥料成分は樹脂コーディングし、土壌の温度変化や植物の生育にあわせて溶けだす量が調節され、効き目が持続するリリースコントロールテクノロジーを採用しており、樹脂コーディングのため、肥料が直接根に触れても肥料やけしないのが特長です。元肥、追肥両方に使用可能です。こちらは粒状の製品ですが、液体タイプ(液肥)のマイガーデンもあります。

編集さん
編集さん

マイガーデンの肥料は他にも種類がありますよ!

お礼肥 寒肥

お礼肥 寒肥は、JOYアグリスが販売する肥料です。米ぬかを主体にした有機質肥料なので、安心してして使うことができます。有機質肥料は、腐葉土や堆肥と同じくゆっくり長く効く肥料なので寒肥としてぴったりですが、この製品はお礼肥や追肥としても利用することができます。

地植えの場合には、樹冠に沿うように根元から離して穴や溝を掘り、1株あたり1kgを目安に施肥します。

グリーンパイル

グリーンパイルは、ジェイカムアグリが販売する肥料です。公園・街路・庭などの樹木に対して用いる、棒状の打ち込むタイプの肥料で、造園の施工で樹勢を回復させる目的でよく使われる資材でもあります。

グリーンパイルには、樹木の生育にとって理想的なバランスで窒素・リン酸・カリウムが配合されており、樹木の根元から少し離れた位置に打ち込むことで、成分が土壌の深層までしっかりと浸透し長持ちします。とにかく処理が簡単な点が魅力です。

桜の肥料を購入

ホームセンターなど店舗で購入する

上記で紹介した肥料は、コメリなどのホームセンターでも販売されています。また、ダイソーなどの100円均一でも販売されていることがありますが、取り扱いのない店舗も多いようなので注意が必要です。

通販で購入する

店舗で実物をみて購入することも良いことですが、「その店舗での取り扱いがない」ことや「そもそもその商品がホームセンターなどの小売店で販売されていない」ことも多いです。時間とお金を節約するため、積極的に通販(インターネットショッピング)を利用しましょう。今ではAmazonや楽天市場など様々なECサイトで農業・園芸用品が取り扱われています。店舗よりも安く購入できる場合も多いですので、一度のぞいてみましょう。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました