農家web防除暦サービスのバナーです。
プランター栽培根菜類

大根のプランター栽培 タネから始める手順と育て方

当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています。

プランター栽培の大根 プランター栽培

大根は、煮物やおでん、漬物などに使われ日本の食卓にはなくてはならない野菜です。収穫までの日数うも短く、栽培も簡単なことから家庭菜園でも人気で、畑などの地植え以外でも、プランターなどでも栽培が可能です。

ここでは、大根のプランター栽培について、栽培時期、栽培手順、肥料、育て方について、初心者の方でもわかりやすく説明します。

大根の基礎知識

大根はアブラナ科の野菜で、冷涼な気候を好むので秋に種をまいて、秋冬に収穫する「秋まき栽培」が作りやすいですが、品種を選べば一年中周年栽培が可能です。寒冷地では、「夏まき栽培」が主流で、暖地では「春まき栽培」も作ることができます。

直根性で移植を嫌うため、タネは直まきして育てます。品種によって異なりますが、播種(種まき)から収穫まで約60日~100日ほど。タネまきの時期にあった品種を選んで栽培することが大切です。

大根
作物名ダイコン
科目アブラナ科ダイコン属
原産地地中海沿岸、中東
発芽適温(地温)15~30℃
生育適温15~20℃
土壌酸度(pH)5.5〜6.5
育てやすさ簡単、初心者でもOK

栽培時期

ダイコンの作型は、春まき栽培と秋まき栽培が一般的です。

作型播種(種まき)時期収穫時期備考
春まき栽培4月上旬~5月上旬6~7月上旬秋まきに比べて肥料は少なめに
秋まき栽培8月下旬~9月中旬10月下旬~12月上旬初心者におすすめ!

秋まきは、病害虫の心配が少ないので初心者の人におすすめです。

品種は種をまく時期によって選びましょう。大根の種には、夏秋どりや秋冬どりなど、どの時期の栽培に向いているか記載されていますので、間違えないようにしましょう。タネまきの時期にあった、品種を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

大根のプランター栽培の手順

用意するもの

  • 深型プランター
  • 栽培用土(市販の野菜用培養土が便利です)
  • 鉢底石
  • 大根の種
  • 肥料

手順

大根のプランター栽培手順
  • 手順1
    プランターの準備

    プランターに、底が隠れる程度に鉢底石を入れます。
    その上から、野菜専用培養土をプランターの上部2〜3cm程度のところまで敷き詰めます。側面を軽くたたいて土を落ち着かせます。

  • 手順2
    種まき

    種まきは、点まきで行います。株間を25cmほどとり、深さ1cm~2cmのまき穴をつくります。まき穴に4~5粒、タネが重ならないようにまき、覆土(土を種にかぶせる)して、手で軽く押さえます。
    最後にたっぷり水やりをします。

  • 手順3
    間引き

    間引きは2回行います。1回目の間引きは、本葉が2枚にそろった頃、1カ所につき3株に間引きます。2回目は、本葉が5~6枚になったら1本立ちさせます。子葉は、ハート形で左右そろっているものが正常です。

  • 手順4

    追肥は、種まきから20日後、35日後ぐらいに行うとよいでしょう。速効性の化成肥料を株の周りに施して、土と軽く混ぜ土寄せします。

  • 手順5
    収穫

    根が10cm前後地上にでたら、収穫のタイミングです。根の上部をもって引き抜いて収穫します。

スポンサーリンク

大根のプランター栽培の育て方

容器・用土

プランターや鉢植えで大根を育てる場合は、深さが30cm以上の大型のものを使いましょう。用土は野菜の培養土が便利。元肥入りのものは肥料が入っているため追加で与える必要はありません。自分で配合する場合は、赤玉土7、腐葉土3などの配合がよいでしょう。元肥には、緩効性肥料を用土に混ぜて施します。

又根になったり、曲がったりするのは根が、土の中の石や硬い部分にあたってしまうことにより起こります。土はよく耕しておきましょう。

栽培環境・水やり

大根は日当たりと水はけのよい場所を好みます。日のよく当たる風通しの良い場所で管理しましょう。冷涼な気候を好むので、タネまきのタイミングに気をつけましょう。

水やりは、タネまきから発芽までは、土が乾かないように注意しましょう。その後は土の表面が乾いたらたっぷり与えます。

肥料

大根のプランター栽培では、肥料は元肥と追肥を行います。元肥とは植え付け時に施す肥料で、プランターなどでは、元肥入りの野菜の培養土などが便利です。肥料がはいっていない土や、自分で配合した場合は、緩効性肥料を土に混ぜて使います。

肥料の与え方のポイントは、生長初期から中期に肥料を切らさず与えること。追肥は、種まきから20日後、35日後ぐらいに行うとよいでしょう。速効性の化成肥料を株の周りに施して、たっぷりと水を与えてください。根や株に触れないように注意しましょう。

肥料は、有機肥料や化成肥料が使えますが、プランター栽培ではベランダなどで育てるため、有機肥料は臭いや虫が気になるという方は、化成肥料や有機配合肥料がおすすめです。ハイポネックスジャパンの「いろいろな野菜用粒状肥料」や、大根の専用肥料などもあります。

ハイポネックス いろいろな野菜用粒状肥料 500g すぐに効き始め安定した効果が約1〜2ヵ月間持続 家庭菜園 園芸 ガーデニング 複合肥料 野菜の肥料
ガーデニングと雑貨の菜園ライフ
¥ 670(2024/05/22 15:22時点)
(アミノール化学) 大根・ニンジン専用肥料 1.2kg袋 × 2袋【送料込み】
鈴乃園 楽天市場店
¥ 3,500(2024/05/17 15:23時点)

肥料不足の場合やプランター栽培には追肥として液体肥料をつかってもよいでしょう。液体肥料は野菜用のものを使うとよいでしょう。液体肥料を使う場合は、本葉が5~6枚になり1本立ちしたら、2週間に1度水やり代わりに与えます。住友化学園芸の「マイガーデンベジフル」やハイポネックスジャパンの「野菜の液肥」などが大根に使えます。

住友化学園芸 マイガーデン液体肥料 650ml
農薬・資材・農機のおてんとさん
¥ 767(2024/05/24 11:15時点)
ハイポネックス TopQuality 専用液肥 野菜 450ml 〜有機入り 野菜用液肥 液体肥料 原液〜
ガーデニングどっとコム
¥ 839(2024/05/24 20:03時点)

おすすめの肥料については、詳しい記事がありますのでそちらも参考にしてください。

病害虫

大根は、アブラムシ類が大量発生しやすいので、シルバーや透明なマルチ栽培をすると反射でアブラムシを寄せつけなくなり、モザイク病の発病予防にもなります。またその他、コナガ、アオムシ、ダイコンシンクイムシキスジノミハムシヨトウムシなどが発生しやすくなります。見つけたら早めに駆除しましょう。防虫ネットをかける、オルトラン粒剤やモスピランを土に混ぜておくのも効果的です。

また水はけが悪く多湿になると、べと病、わっか病、黒斑細菌病、根腐病が発生しやすくなります。水はけをよくしたり、殺菌剤などを使い早めに対応します。

スポンサーリンク

まとめ

大根は、根の部分だけでなく葉も食べられるので、家庭菜園などで栽培するとまるごと食べることができます。栽培期間も短いので、ベランダでも育てられるプランターでの大根栽培にぜひ挑戦してみてください。

また最近では、スーパーなどで買ってきた大根のヘタをつかった再生栽培(リボベジ)なども人気があります。水だけで栽培でき捨てる部分を再利用できるので、水栽培もおすすめです。

編集さん
編集さん

この他にも、農家webにはプランター栽培の記事がたくさんあります。
育てたい野菜や果実の名前から、プランター栽培の記事が探せます

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

農薬販売届 受付番号:210-0099

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
タイトルとURLをコピーしました