農家web防除暦サービスのバナーです。
プランター栽培レタス

サラダ菜のプランター栽培 種から始める手順や育て方

当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています。

サラダ菜 プランター栽培

光沢感のある鮮やかな緑の葉は、やわらかく甘みがあるサラダ菜は、その名のとおり生でサラダとして食べるのに向いています。レタスの仲間のなかでも、小ぶりで暑さに強いので、栽培が簡単で、プランター栽培初心者にもおすすめな野菜です。

ここではサラダ菜のプランター栽培について、タネから始める手順や収穫までの育て方について、わかりやすく説明します。

スポンサーリンク

サラダ菜の栽培について

サラダ菜の基礎知識

レタスには、一般的なレタスのように玉のように結球する玉レタスや、サニーレタスのように葉が結球しないリーフレタスなどがありますが、サラダ菜はゆるくまとまる半結球タイプ。なめらかな光沢からバターヘッドレタスとも呼ばれます。

一般的な玉レタスより栄養価も高く、リーフレタスに比べ暑さにも強く、夏にトウ立ちしにくいので、夏でも栽培が可能なレタスです。成長した外側からかき取って収穫できることから長く収穫が楽しめます。

種からも栽培が簡単で、品種によりますが、種まき後40日~55日で収穫できます。冷涼な気候を好み、25℃以上の高温と長日で花芽分化しとう立ち(抽だい)します。とう立ちすると株が大きくならず、味が落ちます。栽培時期に25℃以上にならない時期に植え付けをし、夜は街頭などの光にもあたらないように真っ暗な場所で管理して育てることが失敗しないポイントです。

作物名サラダ菜
科目キク科アキノノゲシ属
原産地西アジア、地中海沿岸
発芽適温(地温)15℃~20℃
生育適温15℃~20℃
土壌酸度(pH)6.0〜6.5
育てやすさやさしい

品種

品種名岡山サラダ菜サマーグリーンニュー赤サラダ菜
概要
【レタス】ニュー赤サラダ菜〔カネコ〕/小袋(2.3ml)
野菜のタネのお買い物 太田のタネ
¥ 440(2024/05/08 08:15時点)
特徴暑さ、寒さに強い極早生種
周年栽培できる
濃紺の葉はやわらか
作りやすい極早生種
暑さ寒さに強い
葉は濃紺色のリーフ型
葉の赤いサラダ菜
食感はサニーレタスと似ている
栽培に少し時間がかかります。

栽培時期

サラダ菜は、畑などで育てる場合は春と秋に種をまいてセルトレイなどで、苗を育苗してから植え付けるのが一般的です。植え付け時期になると苗がホームセンターなどでも販売されます。

プランター栽培では、タネをそのままプランターに直まきして育てることもできます。初心者の人には春まき栽培がおすすめですが、品種を選べば一年中育てることができます。

地域播種(種まき)時期収穫
寒冷地4月~6月中旬(春まき栽培)
9月(秋まき栽培)
5月中旬~7月上旬(春まき栽培)
10月中旬~11月上旬(秋まき栽培)
中間地3月~4月(春まき栽培)
9月中旬~10月上旬(秋まき栽培)
4月~6月(春まき栽培)
10月下旬~1月(秋まき栽培)
暖地2月~4月(春まき栽培)
9月下旬~10月(秋まき栽培)
4月~6月(春まき栽培)
10月下旬~12月上旬(秋まき栽培)
スポンサーリンク

サラダ菜のプランター栽培の手順

ではサラダ菜のプランター栽培の手順について説明していきます。

用意するもの

  • サラダ菜の種子
  • プランター(標準プランター)
  • 培養土(元肥入りの野菜の培養土)
  • 鉢底石
  • 化成肥料

手順

サラダ菜のプランター栽培手順
  • 手順1
    プランターの準備

    標準プランターに、底が隠れる程度に鉢底石を入れます。
    その上から、野菜専用培養土をプランターの上部2〜3cm程度のところまで敷き詰めます。側面を軽くたたいて土を落ち着かせます。

  • 手順2
    種まき

    種まきは、一定の間隔にくぼみをつけて、そこに数粒種をまく、「点まき」で行います。
    条間、株間を10㎝ほどとり、1カ所に5粒ほど重ならないように種をまきます。
    上から軽く土をかぶせ、たっぷりと水やりをします。

  • 手順3
    間引き

    間引きをしながら育てます。
    1回目は、発芽がそろったら3~4㎝程度の間隔で間引きます。
    2回目は、本葉4枚~5枚程度になったら、状態の良い苗を1カ所につき、1本残して、あとは間引きます。

  • 手順4
    追肥・株寄せ

    2回目の間引きが終わったら、化成肥料をプランターの縁と株間に化成肥料を20g程度施し、軽く土と混ぜ、株元に土寄せしておきます。その後は2週間に1度、同様に追肥します。

  • 手順5
    収穫

    葉が10枚程度になったら収穫できます。
    下葉から順にかき取って収穫しましょう。1株あたり2~3枚程度にすると長く収穫が楽しめます。収穫後は追肥をしておきましょう。

スポンサーリンク

サラダ菜の栽培方法

容器・用土

サラダ菜はそれほど大きくならないので、深さ20cmほどのプランターで栽培が可能です。ホームセンターなどでよく見かける標準サイズのプランターがおすすめ。標準サイズのプランターは横幅が65cm、容量が15ℓほどなので、野菜の培養土が1袋13ℓ~14ℓなので、ちょうど1袋分になります。

苗を購入して育てる場合は、条間、株間を10cm~15cmほど間隔を空けて、植えつけましょう。標準プランターで10株~12株ほど育てることができます。

用土は、元肥入りの野菜の培養土が便利です。自分で配合する場合は、赤玉土7、腐葉土2.5、バーミキュライト0.5を混合します。自分で配合する場合や元肥が入っていない場合には、自分で配合した場合や、元肥が入っていない場合は、緩効性肥料を施します。

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用14L 〜 元肥マグァンプK入り培養土 3,300円以上送料無料
ガーデニングどっとコム
¥ 1,188(2024/04/25 15:07時点)
エアープランター 600 テラコッタブラウン・ウォームベージュ アイリスオーヤマ
miui
¥ 891(2024/05/16 00:25時点)

種まき

プランターであれば直まきもできますが、セルトレイやポリポットなどで育苗してから定植する方法もあります。プランターであれば、少量の株であればポリポットでよいでしょう。ポリポットであれば温度管理がしやすく、よりよい苗をえらんで植えつけることもできます。

ポリポットに種をまく場合は、ポリポットに培養土を入れてならし、3~4ヵ所に指でくぼみをつけて種を1粒づつまきます。レタスの種子は好光種なので、軽く土を被せて手で押さえ、水をたっぷり与えます。双葉がでたら2本間引きし、本葉が3枚~4枚ごろに一番よい苗だけを残します。
本葉が6~7枚ぐらいになったら、根鉢を崩さずプランターに植え付けして育てましょう。

栽培環境・水やり

サラダ菜は、日の当たらない場所で育てると、ひょろひょろと細い茎が伸びてしまう徒長が起きてしまいます。芽がでたらすぐに、日の当たる場所で育てましょう。半日程度日が当たる場所であれば育てることができます。
暑さには強くないので、真夏に栽培がかかってしまうときは、直射日光に当てず半日陰の場所や、寒冷紗などで日よけをしましょう。

水やりは、表面が乾いたらたっぷりと与えます。乾燥すると品質が悪くなるので水切れには注意しましょう。高温と長日(日中の時間が長い)と、花芽がついてとうが立ちやすくなります。ベランダなどで栽培するときには、街頭の光や部屋の光が当たらないように夜間は遮光して育てましょう。

肥料

プランター栽培の場合肥料は、元肥と追肥を行います。元肥とは植え付け時に施す肥料で、プランターなどでは、元肥入りの野菜の培養土などが便利です。肥料がはいっていない土や、自分で配合した場合は、緩効性肥料を土に混ぜて使います。

種から育てる場合は、2回目の間引きの後、苗から育てる場合は植え付けから2週間たったら、追肥をしましょう。化成肥料を、20g程度をプランターの縁と株間にばらまいて土と軽くなじませます。収穫をしながら育てるのでその後は2週間に1度同様に肥料を施します。液体肥料を使う場合は、1週間に1回ほど水やりがわりに規定量に薄めた液肥を施します。

肥料は化成肥料や、有機肥料、液肥も使えます。プランターの場合は、有機肥料だと臭いが気になるという人には、化成肥料がおすすめです。住友化学園芸の「マーガーデンベジフル」やハイポネックスジャパンの「今日から野菜 野菜の肥料」などを使うとよいでしょう。

住友化学園芸 マイガーデン ベジフル 700g(N7・P7・K10・Mg1.5)【HLS_DU】 関東当日便
charm 楽天市場店
¥ 680(2024/04/23 02:07時点)
ハイポネックス 今日から野菜 野菜の肥料 300g
姫路流通センター
¥ 318(2024/05/18 18:41時点)
ベジフル液肥 480ml 住友化学園芸 おいしい野菜くだものをつくりたい 有機質入り 水でうすめる液体肥料
イーハナス楽天市場店
¥ 397(2024/05/22 01:45時点)

害虫対策

防虫ネットのかかったプランター

サラダ菜はあまり病害虫の心配はありませんが、アブラムシがつくことがあります。農薬などを使いたくない場合には、防虫ネットや寒冷紗などをプランターで全体を覆うとよいでしょう。

粘着テープや、アルミホイルなどを使って防除する方法もあります。アブラムシ対策については、下記のコンテンツも参考にしてください。

まとめ

サラダ菜はスーパーなどで売られているものは、リーフレタスに似ていますがこれは、結球する前に若い葉を収穫しているから。古くなると葉の色が薄くなるので、収穫が遅れないようにしましょう。1株を大きく育てるというより、大きくなってきたら外葉を2枚~3枚、各株から収穫して育てると長く収穫が楽しめます。ある程度収穫したら、最後はトウ立ちする前に株ごと切り取りましょう。

やわらかい葉でくせのない味は、サラダにぴったり。自分で育てれば農薬も使わず、とれたてを楽しめます。サンドイッチや、お弁当の色どりとしても便利ですのでぜひ、プランターで育ててみてください。

編集さん
編集さん

この他にも、農家webにはプランター栽培の記事がたくさんあります。
育てたい野菜や果実の名前から、プランター栽培の記事が探せます

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

農薬販売届 受付番号:210-0099

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
タイトルとURLをコピーしました