芝生が枯れた?芝生が茶色になる理由とその対処法

枯れている部分がある芝の画像です。栽培
栽培芝生

サッカー場などの競技場から公園、ご家庭の庭まで、芝生はさまざまなところに植えられています。芝生の緑色は、心安らぐ空間を与えてくれます。

芝生を育てていると、綺麗な芝生が茶色になって「枯れてしまったのでは」とガッカリすることもあります。芝生が茶色になる原因は複数考えられます。適切な判断と対処法ができるようにおさらいしておきましょう。

この記事では、芝生が茶色に変色する原因と判断方法、対処方法について、詳しく解説します。

スポンサーリンク

芝生が茶色になる原因は複数ある

芝生が茶色になる原因は複数あります。一時的に枯れる症状から再生できないものまで程度が異なりますので、まずは茶色に枯れた原因を探る必要があります。以下に芝生が枯れる主な原因を記載します

  • 時期によって枯れる(冬枯れなど)
  • 芝刈りで短くし過ぎたことによって枯れる(軸刈り)
  • 水不足によって枯れる(夏枯れ)
  • 除草剤によって枯れる
  • 害虫による被害で枯れる
  • 病気による被害で枯れる
  • 肥料のやりすぎや不足で枯れる
  • 人やモノによって踏まれて枯れる
  • そもそも購入した芝苗(芝生のシート)の品質が悪かった
  • その他

また、芝の特徴によっても推定できる原因が異なる場合があります。例えば、高麗芝(コウライシバ)や野芝(ノシバ)などの日本芝と西洋芝では乾燥への強さが異なります。日本芝の場合は比較的乾燥に強いですが、西洋芝は乾燥に弱い品種が多いため、夏場は枯れやすいです。

このように品種や環境などを複合的に考えると芝生が茶色になる本当の原因にたどり着くことができるでしょう。観点を以下にまとめましたので、観察する際の参考にしてください。

  • 育てている芝生の品種の特性を確認する(乾燥や寒さに強いかなど)
  • 枯れる前数日〜数週間の環境を確認する(猛暑や雨が降らない日が続いたなど)
  • 枯れる前数日〜1週間程度の間で何か作業を行ったか(芝刈りやサッチングなど)
編集さん
編集さん

正直、原因の特定はプロで無い限り難しいということもあります。そこまで気負わず、枯れてしまったら次のシーズンで張り替えるなど、気軽に考えたほうが良いでしょう。

サッチ取り(サッチング)をしないことによって茶色く見える

芝生にサッチが残ることによって、茶色くみえることもあります。サッチは、見た目の問題だけではなく、過湿状態となってしまうことから、放置しておくのはよくありません。サッチ取り(サッチング)を定期的に行いましょう。また、エアレーションなどの他の手入れ作業もサボらずやることで、綺麗な芝生を維持できます。

スポンサーリンク

芝生が茶色に枯れる主な原因と対処方法

以下に、芝生が枯れる主な原因と対処方法についてまとめたので、当てはまりそうな原因を見つけたら適切に対処しましょう。

時期によって枯れる(冬枯れなど)

芝生が枯れる原因の一つとして、時期によるものがあります。

芝生に使われるイネ科植物(いわゆる芝、芝草)は、一般的に15属30種類以上あると言われています。それらは生育適温や栽培地域の違いによって、大きく「暖地型」「寒地型」に分けられます。

暖地型/寒地型日本芝/西洋芝芝草の種名
暖地型日本芝野芝(ノシバ)、高麗芝(コウライシバ)、ビロード芝(ビロード芝・キヌシバ)
暖地型西洋芝バミューダグラス、ティフトン芝(ティフトンシバ)、センチビードグラス、セントオーガスチングラス、シーショア・パスパラム
寒地型西洋芝ケンタッキーブルーグラス、クリーピングベントグラス、トールフェスク、アニュアルライグラス、ペレニアルライグラス、クリーピングレッドフェスク、チューイングフェスク、ハードフェスク
暖地型・寒地型、日本芝・西洋芝の主な分類と種名

特に、高麗芝やバミューダグラス、ティフトン芝など暖地型の芝の場合、冬に枯れて茶色くなることがほとんどです。地上部は枯れますが、地下部分は休眠状態となるので、翌春には再度萌芽し始め緑に戻るでしょう。そのため、基本的には心配する必要はありません。

これを冬枯れと呼んでいる方もいますが、厳密には越冬できずに本格的に枯れてしまうことを冬枯れと呼びます。本格的に枯れていなければ緑が戻りますので安心してください。

翌春、萌芽が望めないような状態であれば、芝生の張り替えをおすすめします。

芝刈りで短くし過ぎたことによって枯れる(軸刈り)

手動芝刈り機で刈り上げをしている画像です。

芝生に関わらず、植物は生長点がなくなるとその軸(枝)を伸ばすことができなくなります。芝生にももちろん生長点があります。

草刈り機などで、芝生の生長点を刈ってしまい、緑の葉が生長しづらい状況に陥ってしまった状態を軸刈り(ジク刈り)した状態と呼びます。

軸刈り(ジク刈り)を防ぐためには、正しく生長点の場所を知っておくことが重要です。

芝生の生長点

芝生は緑の草の部分が目立ちますが、茎も生長しています。生長点はこの茎付近にあり、芝生が生長して分げつが進むと、生長点はどんどん高くなります。

編集さん
編集さん

ちょうど、葉が枯れた茶色の部分と緑色の部分の境目あたりが、生長点に近いです。

この生長点よりも下で刈る軸刈り(ジク刈り)をしてしまうと、光合成する葉や生長点がなくなってしまうため、生長が著しく鈍くなります。

軸刈り(ジク刈り)をしてしまったときの対処法

緑の芝生に戻るまでしばらく時間がかかりますが静観して、新しい芽が出てくることを待ちます。春であれば、芝生自身が蓄えている養分で再生できる場合もあります。夏場の場合は、芝草自身が蓄えている養分が少なく、また光合成も十分に行えないため、再生できない場合もあります。

このとき、芝生が弱っているからと言ってむやみに肥料をやるのは禁物です。傷んで弱っている植物に肥料をやるのはリスクが伴いますので、まずは乾燥させないように水やりから始めると良いと思います。

軸刈り(ジク刈り)を防ぐには

軸刈りが起こってしまう原因として最も多いのは、芝草が長く伸び切ったときに一気に短く刈ってしまうことです。軸刈りを防ぐために日頃から行えることは、芝草が長く伸びる前に頻度よく芝刈りを行うことです。

仮に長く伸びてしまった場合には、芝刈りのときに刈り込みの高さを調整してやる必要があります。以下の記事に、軸刈りについて詳しく解説していますので参考にしてください。

水不足によって枯れる(夏枯れ)

散水用のスプリンクラーの画像です。

水不足によって芝生が一時的に枯れる場合もあります。芝生の葉を見て、黒く丸まっているようであれば水不足のサインです。特に、西洋芝は比較的乾燥に弱いため注意が必要です。

水不足によって茶色く枯れた場合は、水をしっかりと撒くことによって芝生が回復してきます。晴れた日はほぼ毎日しっかりと水やりをすることで、2週間程度で回復してくるでしょう。ただし、根から枯れているようなことがあれば、再生は望めませんので張り替えが必要となる場合があります。

西洋芝の夏枯れを防ぐためには、いかに水やりの頻度を上げられるかにかかっています。特に寒地型の西洋芝は枯れやすいので梅雨明け後から盛夏にかけては、ほぼ毎日午前中の水やりが必要となるでしょう。

乾燥への強さ

一般的に、高麗芝(コウライシバ)などの日本芝は乾燥に強いため、通常は水やりしなくても問題ありません。晴天が続き、乾燥しているときにのみ水やりをすると良いでしょう。

逆に西洋芝は、乾燥に弱いため雨が降らない日が続いているときには2日〜3日に1回程度、夏場は最低1日1回程度の水やりが必要となります。

除草剤によって枯れる

芝生を枯らすような除草剤を誤って散布すると、芝草は枯れてしまい再生が困難となります。芝生に生える雑草への対処は、必ず「芝生用除草剤(芝生に適用のある除草剤)」を使用してください。「芝生用除草剤」であれば、散布しても枯れるリスクはほぼありません。

もし芝生に適用のない除草剤を撒いてしまったら、その芝生の再生は諦めましょう。芝生の張り替えが必要となりますし、場合によっては土壌の入れ替えも必要になるかもしれません。

害虫による被害で枯れる

芝生には害虫もよく発生します。特にスジキリヨトウやコガネムシ類が多く発生します。「野菜と違って芝生だからそこまで被害は出ないでしょう」と思われるかもしれませんが、コガネムシ類の幼虫は地中に住みつき、芝生の根を食べて芝生を枯らしてしまうことがあります。見かけたときには適切な対処をするほうが良いでしょう。

芝生に現れる害虫としては、以下のものが代表的です。

  • スジキリヨトウ
  • コガネムシ類
  • シバツトガ

小さい面積であれば手で除去するだけでも十分ですが、大きい面積だと対応が難しくなるので、必要に応じて農薬の散布を検討してください。害虫には、スミチオン乳剤(MEP乳剤)などをよく使用します。

農薬、農耕地用の除草剤を使用する場合には、必ず適用作物を確認しましょう。ラベルに記載がない場合には使用不可です。また、使用するときには濃度、使用量を必ず守りましょう。

病気による被害で枯れる

芝生がかかりやすい病気に「〇〇パッチ」と呼ばれるものが多く存在します。その名の通り、芝生のあちこちが黄色や茶色に変色する病気です。

また、葉に鉄さびのような斑点ができ、やがて橙色の粉をつけるようになるサビ病も代表的な病気です。

芝生がかかりやすい病気としては、以下のものが代表的です。

  • サビ病
  • ラージパッチ(葉腐病)
  • カーブラリア葉枯病
  • ダラースポット病
  • 炭疽病(炭そ病)、ブルーグラス炭疽病(炭そ病)
  • ブラウンパッチ

芝生の病気が発生する理由としては、下記のことが考えられるので当てはまるようであれば改善するようにしてください。基本的には肥料の施用量適正化と芝刈り、エアレーション、サッチ取りなどのこまめな手入れによって回復してきます。被害が酷いときには、農薬による防除も検討してください。

  • 窒素肥料の不足、過多
  • 土壌の水はけが悪い

芝生の病気の対処には、ポリオキシンZ水和剤(ポリオキシン水和剤)やベンレート水和剤(ベノミル水和剤)、ラリー水和剤(ミクロブタニル水和剤)などが使用されます。

農薬、農耕地用の除草剤を使用する場合には、必ず適用作物を確認しましょう。ラベルに記載がない場合には使用不可です。また、使用するときには濃度、使用量を必ず守りましょう。

肥料のやりすぎや不足で枯れる

肥料のやりすぎ、もしくは不足によっても芝生は枯れる可能性があります。

基本的に芝生に用いられる植物は肥料食い(肥料をたくさん吸収する)な植物なので、肥料やけ(肥料負け)することはほとんどありません。しかし、高濃度の肥料を一度に与えることによって、根が傷んで枯れてしまうというリスクはあります。適切なタイミングで適切な量を施すように心がけましょう。

また、生育期には養分を大量に消費することから、肥料のやる量や頻度を上げてやる必要も出てくるでしょう。生育期に葉色が冴えない芝生は肥料不足を疑いましょう。

人やモノによって踏まれて枯れる

芝生も当然植物ですから、上から踏まれた状態が続くと枯れてしまいます。特に芝の張り替えなど、まだ根付いていないときに、その上を歩いたりモノを置いたりすることで枯れてしまうケースが多いです。張りたての芝には立ち入らないのがベストでしょう。

常に重いものが乗っている状況もよくありません。大事にしたい場所には、モノを置かないようにしたほうが良いでしょう。

そもそも購入した芝苗(芝生シート)の品質が悪かった

ホームセンターで売られている芝苗(シバ苗)の画像です。

芝の張り替えやシバ張り後、ずっと茶色のまま色づかない場合は、そもそも購入し芝苗(切芝、芝生シート)が悪くて、うまく根付かなかったということが考えられます。

ホームセンターなどで販売されている芝苗(切芝、芝生シート)は、切り出されてから数日経過しているものも多く傷んでいる場合もあります。特に平積みで置かれているものは、蒸れたり潰れたりしていることですでに枯れている場合も多いです。

購入するときには、芝苗の状態も確認して、可能な限り良い芝生を手に入れられるようにしてください。もし、そのような芝苗を購入してしまった場合は一度張ってみて、根付かないようであれば次のシーズンで張り替えをすると良いでしょう。

時間をかけて様子を見ることも重要

芝生の枯れる原因は、さまざまです。対処をしてもすぐに効果が出てこない場合もあるでしょう。心配になり、いろいろなことを同時に行ってしまうと何が効果があって、何が効果がなかったのかがわからなくなってしまいます。

落ち着いて原因を推測し、一つ一つ時間をかけて対処していくという心構えも重要でしょう。

芝生の記事一覧

撒くだけで芝生のサッチを分解する!サッチ分解配合肥料について
サッチングは重労働であるため、できれば少しでも作業の頻度やサッチの量を減らしたいものです。この記事では、サッチの分解を助けるサッチ分解成分が配合された肥料について、仕組みや安全性、おすすめの商品をご紹介します。
100均のもので芝生のエアレーションは可能?エアレーションに必要な道具も紹介
芝生のエアレーション作業は重要です。エアレーションをするために必要な道具は100均(100円ショップ)などで格安に揃えることはできるのでしょうか?この記事では、100均にある芝生のエアレーションに使えそうな道具、本来のエアレーションの方法や専用の道具について解説します。
100均に芝生は売っている?100均で買える芝生・人工芝
ダイソーやセリアなどの100均(100円ショップ)で芝生、または人工芝が買えると手軽に芝を敷くことができますが、販売されているのでしょうか?この記事では、100均(100円ショップ)で芝生・人工芝は購入できるか、購入できる芝生・人工芝にはどのようなものがあるのか、DIYによる敷設の方法を解説します。
芝生のエアレーションにおすすめの機械と道具
エアレーション作業はサッチ取り(サッチング)などと並んで、とても重労働な作業です。そのため、広い面積でもラクにコアリングが行える便利な機械も開発されています。この記事では、芝生のエアレーションを実施するときに便利な機械とおすすめの道具について紹介します。
芝生の大事な手入れ作業、エアレーションとは
芝生の手入れ作業には、エアレーションという重要な作業があります。芝生のエアレーション作業は、通気性や透水性、根の張りの改善などのために必要な作業です。この記事では、芝生の手入れ作業の一つ、エアレーションについて概要とやり方、実施時期について解説します。
芝生に出るミミズの駆除方法と糞塚への対策方法
緑色が安らぎをくれる芝生ですが、美観を損ねるものが発生します。ミミズとミミズの糞塚です。ミミズ自体は益虫として広く知られているかもしれませんが、大量に糞塚ができたりすると芝生にも悪影響を及ぼします。この記事では、ミミズの生態や糞塚、ミミズの駆除方法、糞塚への対策方法を紹介します。
芝生をやめたい…芝生との付き合い方とやめたいときの対処法
ご家庭の庭で芝生を栽培している方は、「管理が面倒になってきた」「芝生の管理が辛くてやめたい」と思ったことがあるのではないでしょうか?この記事では、芝生との付き合い方・向き合い方、もし芝生をやめるということになったときの対処方法をご紹介します。
芝生の軸刈り(ジク刈り)とは?原因と対処法
芝生の代表的な手入れとして芝刈りがありますが、低く刈りすぎたあまり「軸刈り(ジク刈り)」の状態になってしまうことがあります。この記事では、軸刈り(ジク刈り)とは何か、軸刈りの予防方法と対処方法について解説します。
芝生が枯れた?芝生が茶色になる理由とその対処法
芝生を育てていると、綺麗な芝生が茶色になって「枯れてしまったのでは」とガッカリすることもあります。芝生が茶色になる原因は複数考えられます。適切な判断と対処法ができるようにおさらいしておきましょう。この記事では、芝生が茶色に変色する原因と判断方法、対処方法について、詳しく解説します。
芝生に生える厄介なハマスゲの駆除方法、活用方法
ハマスゲは刈り取ったり、抜き取ったりしてもすぐに生えてくる最強レベルの雑草と呼ばれています。ハマスゲを駆除するためには、適切な知識を持っておく必要があります。この記事では、芝生に生える厄介な雑草ハマスゲの適切な駆除方法、またあえてハマスゲを活用する方法について紹介します。
執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました