田んぼ(水田・水稲)で使う除草剤、ハイカットとは?

水田知りたい買いたい除草・防草除草・防草方法除草剤雑草・用途別
スポンサーリンク

田んぼや畦(畔)の土中、水中の雑草を放置すると、病害虫の温床になり、作物から養分を吸い取り、品質低下、病原菌の付着を招いてしまいます。このため、稲作には、 除草 、防草が非常に重要です。

しかし、畦(畔)に グリホサート 系のラウンドアップやサンフーロンのような非選択性の(茎葉)吸収移行型を使ってしまうと、根まで枯らしてしまって、畦(畔)を壊す原因になってしまいますし、何より、肝心の稲に影響を与えてしまいます。

このため、たくさんの種類の水稲用の除草剤があります。ここではその中でも非常にメジャーな除草剤ハイカットをご紹介します。

ハイカットとは、どんな除草剤?

ハイカットは日産化学工業が展開する、水稲用の細粒の除草剤です。

ハイカットの有効成分、性状

  • 有効成分
  • シハロホップブチル・・・1.8%
  • ジメタメトリン・・・1.0%
  • ハロスルフロンメチル・・・0.90%
  • ベンゾビシクロン・・・2.0%

性状は、淡灰色細粒です。

ハイカットの特長

ハイカットは「中期剤」で、「初期剤」の後に使います。

最大の特徴は大きくなってしまったクログワイ、シズイ、オモダカ、ノビエといった、防除が難しい難防除の雑草にしっかり、長く効く点です。

また、従来の「中期剤」と同じように使えますし、「一発処理剤」を散布した後の取り残した雑草の防除としても使用できます。

使用するときに注意したい点

時期

ハイカットの散布適期は以下になります。

ノビエ3.5葉期まで
ホタルイ、ウリカワ、ミズガヤツリ4葉期まで
ヘラオモダカ3葉期まで
ヒルムシロ発生期まで
セリ再生始期まで
オモダカ矢じり葉3葉期まで
キシュウスズメノヒエ3葉期まで
クログワイ、コウキヤガラ、シズイ草丈30cmまで
イボクサ(一年生雑草)茎長20cmまで
クサネム(一年生雑草)草丈20cmまで
アオミドロ・藻類表層はく離は発生始期まで
ノビエ 3.5葉期って具体的にどんな時期??

地域の気候によるので一概に言えないのですが、ノビエ2.5葉期で、イメージ代かきから2週間くらい、3.5葉期で、代かきから3週間ほどと捉えていただくと良いでしょう。

効果・薬害・毒性

下記の有効成分を含む農薬の総使用回数は以下の通りなので、使用回数には注意してください。

  • シハロホップブチル 3回以内
  • ジメタメトリン 2回以内
  • ハロスルフロンメチル 2回以内
  • ベンゾビシクロン 2回以内

水産動植物(甲殻類、藻類)に影響を及ぼすので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用してください。無人航空機による散布で使用する場合は、河川、養殖池等に飛散しないよう特に注意してください。散布後は水管理に注意する必要があります。

具体的には、散布に当って、水の出入りを止めて湛水状態のまま田面に均一に散布し、少なくとも3~4日間は通常の湛水状態(水深3~5cm)を保ち、散布後7日間は落水、かけ流しはしないでください。

その他

本剤は眼に対して刺激性があるので、眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。散布後は、手足、顔などを石鹸で洗い、よくうがいをしてください。

除草剤全般の使用時の服装や注意点については、下記記事を参考にしてみてください。

まとめ

除草剤を上手に使うことで害虫の発生を減らし、殺虫剤の使用量を抑えることができます。田んぼに生えてくる雑草、また全般的な防除方法や除草道具については、下記を参考にしてみてください。


(補足)水稲栽培のスケジュール

田んぼ(水田)の生育期の写真

稲の生長は、体を作る「栄養成長期」と子孫を残すための「生殖成長期」の2つに分けられ、さらに、「栄養成長期」の中でも「発芽・幼苗期」「分げつ期」、「生殖成長期」の中でも「幼穂形成期」「穂ばらみ期」「出穂期・登熟期」に分かれます。

この成長過程に沿って、作業スケジュールが決まっています。

栄養成長期

発芽・幼苗期

13度以上の温度と十分な水分(酵素含む)で、籾(モミ)のなかの胚乳を養分にして幼芽と幼根が成長し、発芽します。発芽した種籾は苗床(育苗箱)にまき、上から土をかけることで、やがて土の上に芽を伸ばし、葉の数を増やしていきます。

作業としては、育苗箱に「種まき」し苗を育てる「苗づくり」、そして田植え前に「元肥基肥)」を行って、田んぼの土を耕し、水を入れ起こして平らにする「耕起・代かき」を行います。

稲の「種まき」「苗づくり」は、具体的には、以下の作業をします。

  • 床土(とこつち)と肥料を育苗箱に詰めます
  • 播種の直前にジョウロなどでしっかり灌水(かんすい)します
  • 播種機を使って芽出しをした種を均一にまいて、覆土します

育苗時は温度が重要なので、寒冷な時期はハウス内で、比較的温かな時期は露地で育苗しましょう

分げつ期

分げつとは、稲の枝(茎)が分かれていくことで、芽を伸ばした種を田んぼに田植えし、苗が田んぼに活着し、根付くと、本格的な分げつ期です。稲は茎の数をどんどん伸ばしていきます。

作業としては、田に苗を植え付ける「田植え」や、田や畔(あぜ)、畦(うね)に雑草が茂る季節なので、草とり、草刈りといった「除草」がメインになります。

生殖成長期

幼穂形成期

夏に入って分げつした茎が1番多くなる頃で、稲は茎元に穂のもとを作り始めます。

作業としては、水を抜いて田の土を乾かす「中干し」や「追肥(穂肥)」を行います。

穂ばらみ期

止葉と呼ばれる最後に出る葉の鞘が膨らんで見える頃です。

作業としては、病害を防ぐための「病害虫の防除」がメインになります。

出穂期・登熟期

夏の暑い頃、淡緑色の穂が止葉の間から顔を出し、次々と開花を開始します。自家受粉の受精が終わると、米の粒を太らせる登熟期が始まります。味は、登熟期にどれだけ光合成を行えたかに影響を大きく受けます。

作業としては、実った米を刈り取る適期のため、「収穫」がメインになります。






この記事を書いた人
農家web編集部

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。
皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web