これでわかる!トマトの植え付け(定植)の方法

トマト
トマト基本果菜類栽培
スポンサーリンク

トマトの植え付け(定植)の方法を詳しく説明します。トマトの植え付けはポイントを抑えておけば何も怖くありません。時期と準備、方法をしっかりと理解して苗を植え付けましょう。

トマト栽培の基本や各作業に関しては、下記の一覧を参考にしてください。

トマトの植え付け(定植)の時期は?

植え付け(定植)の時期として適しているのは、霜が降りる心配のない最低気温が10度以上、最低地温が15度以上となる頃です。カレンダーで考えると、4月下旬から6月上旬ころまでとなります(一般地、露地栽培の場合)。

植え付ける苗の状態は本葉8枚から9枚になったころが植え付けのタイミングとしてはふさわしい状態です。その頃には一番花(初めて咲く花)が咲いていると思います。

トマトの植え付け(定植)の前にすることは?

トマトの定植前に必要な作業としては土作り、畝立て、支柱立てがあります。下の記事に詳細が記載されていますので参考にしてください。

トマトの植え付ける場所、間隔は?

トマトは1畝に対して2列(2条)で植え付けると効率が良いです。植え付ける間隔は下の表を参考にしてください。

畝幅畝間畝高条間(列間)株間
100cm〜120cm100cm20cm〜30cm70cm50cm

トマトの植え付け(定植)の方法は?

植え付け(定植)は根の活着をよくする(根の張りをよくする)ために晴れている午前中に行いましょう。根の活着の良否はその後の生育に大きな影響を及ぼします。植え付けの作業の手順は下のとおりです。

  1. マルチを張っている場合には、マルチに穴を開けます。穴を空ける時にはカッターでばつ印(×)に切るか、マルチ穴あけ器を使いましょう。
  2. 植え穴を浅く掘ります。
  3. 植え付けをする前に、苗の鉢(ポット)と植え穴の両方に十分に水やりをします。
  4. 苗を穴に入れて、上から軽く押さえます。このとき植える向きは、花が付いているほうを畝の外側にします。
  5. マルチの穴が完全にふさがっていない場合には、土でふさぎます。
苗を植え付けるときの注意点

苗を植え付けるときには、深く植え付けしないようにしましょう。深く植え付けると接木苗の場合、台木(耐病性の高い品種)の根が活着するだけではなく、穂木(耐病性の低い品種)からも根が張ってしまい、接ぎ木した意味がなくなります。

植え付けが終わったら、予め立てておいた支柱に誘引しましょう。園芸用の麻ひもやワイヤーなどで茎を支柱にくくりつけます。麻ひもの場合は、8の字形に茎と支柱を結びます。心配な場合は串などで仮支えをすると良いでしょう。

「寝かせ植え」ってどうなの?

トマトの栽培方法を調べると「寝かせ植えがよい」というサイトや本をよく見ます。「寝かせ植え」とは、苗の子葉、本葉3枚までの葉を掻き、苗を寝かせてその部分の茎も土に植える、植え付け方法を言います。寝かせ植えをすると茎から根(不定根)が出てきて、根張りが良くなり、吸水力、吸肥力が高まり樹勢が強く収量が増えます。

しかし、接木苗では絶対にしないでください。接木苗は穂木に耐病性の強い台木を使うことで病気に強い苗となっています。寝かせ植えをしてしまうと、穂木からも根が張ってしまい、接ぎ木をした意味が全くなくなります。

植え付けのあとにすることは?

植え付けが終わったら、いよいよトマトの手入れ作業が始まります。適切に手入れをして、たくさんのトマトを収穫しましょう。

トマト・ミニトマト栽培の記事一覧

トマト栽培・ミニトマト栽培で気をつけるべき病気は?主な病気をご紹介
トマト・ミニトマトは長期で栽培することから、病気や害虫の予防、対処が重要となってきます。これは家庭菜園であろうが、プロ農家の施設栽培であろうが同様です。本記事では、トマト・ミニトマトの基礎知識とともに、トマト・ミニトマトの主な病気、害虫についてご紹介します。
トマト栽培をハウスで!トマトの施設栽培について
近年では、ハウスを用いた施設栽培が主流です。そこで本記事では、ハウスを用いたトマトの施設栽培について、栽培方法の種類や施設栽培する上で必要となる栽培システム、トマトハウス栽培における栽培上のポイントについて、幅広く網羅的に紹介します。
袋で始めてみよう!手軽にできるトマト・ミニトマトの袋栽培・バッグ栽培の方法
トマト・ミニトマトは、3月から10月頃まで栽培することができ、うまく栽培できると多くの果実を収穫することができます。また、袋栽培(バッグ栽培)でも育てることができる人気の作物です。この記事では、トマト・ミニトマトの基礎知識や袋栽培・バッグ栽培の方法、ポイントなどについて解説します。
これでもう大丈夫!トマト栽培の簡単、丈夫な支柱の立て方
トマトなど果菜類の栽培で重要になってくる要素として、「丈夫な支柱をしっかり立てられるか」があります。トマトなどは長期間栽培しますし、果実の重さもあることから、丈夫な支柱を立てて植物をしっかり支える必要があります。この記事では、簡単で丈夫な支柱の立て方について解説します。
トマトの栽培時期は夏?栽培時期と作型について
トマト栽培は、プロ農家の営農のための作物だけではなく、家庭菜園での栽培も人気の作物です。夏野菜と言われる、トマトの栽培時期は夏だけなのでしょうか?この記事では、家庭菜園に多い露地栽培、雨よけ栽培の栽培時期とプロ農家が使用する栽培モデルである作型について、詳しく解説します。
手軽に栽培体験ができる!トマトの栽培キットをご紹介!
トマトは、家庭菜園においてもプランターや鉢植え、地植えで育てることができる作物です。しかし、栽培を始めるためには栽培に必要なものの準備や苗の購入など面倒なことが多いのも事実です。本記事では、そのような面倒事を一気に解決する栽培キットのおすすめ商品、栽培方法のポイントを紹介します。
家庭でできるトマトの水耕栽培・水耕栽培キットをご紹介!
家庭でのトマトの栽培方法として、プランターや鉢植えによる土耕栽培が主流かと思います。しかし、今回は土を使わずに栽培ができるトマトの水耕栽培について、水耕栽培の基礎からトマトの水耕栽培における注意点まで幅広く解説します。
これでわかる!トマト栽培の肥料の基本とやり方
トマト栽培において、わき芽かきや摘芯、摘果などとともに重要となってくるのは施肥(元肥・追肥)です。この記事では、トマト栽培に向いている肥料の種類や肥料のやり方、品種別、栽培方法別の肥料の違いなどをわかりやすく説明します。
これでわかる!トマトの植え付け(定植)の方法
トマトの植え付け(定植)の方法を詳しく説明します。トマトの植え付けはポイントを抑えておけば何も怖くありません。時期と準備、方法をしっかりと理解して苗を植え付けましょう。やってはいけない注意点も記載しています。
これでわかる!トマト栽培のための土作り、畝立て、マルチ張り、支柱立て
トマトなど果菜類の栽培で重要になってくるのは畑の土作りです。トマトを丈夫に育て、たくさんの果実を収穫できるようにしっかりと土作りをしましょう。この記事では、トマト栽培における土作りからマルチ張り、畝立て、支柱立てまでの流れを紹介します。
トマト栽培・ミニトマト栽培で気をつけるべき病気は?主な病気をご紹介
トマト・ミニトマトは長期で栽培することから、病気や害虫の予防、対処が重要となってきます。これは家庭菜園であろうが、プロ農家の施設栽培であろうが同様です。本記事では、トマト・ミニトマトの基礎知識とともに、トマト・ミニトマトの主な病気、害虫についてご紹介します。
トマト栽培をハウスで!トマトの施設栽培について
近年では、ハウスを用いた施設栽培が主流です。そこで本記事では、ハウスを用いたトマトの施設栽培について、栽培方法の種類や施設栽培する上で必要となる栽培システム、トマトハウス栽培における栽培上のポイントについて、幅広く網羅的に紹介します。
袋で始めてみよう!手軽にできるトマト・ミニトマトの袋栽培・バッグ栽培の方法
トマト・ミニトマトは、3月から10月頃まで栽培することができ、うまく栽培できると多くの果実を収穫することができます。また、袋栽培(バッグ栽培)でも育てることができる人気の作物です。この記事では、トマト・ミニトマトの基礎知識や袋栽培・バッグ栽培の方法、ポイントなどについて解説します。
これでわかる!ミニトマト栽培の肥料の基本とやり方
ミニトマト栽培において、わき芽かきや摘芯、摘果などとともに重要となってくるのは施肥(元肥・追肥)です。この記事では、ミニトマト栽培に向いている肥料の種類や肥料のやり方、品種別、栽培方法別の肥料の違いなどをわかりやすく説明します。
これでわかる!ミニトマト栽培のための土作り、畝立て、マルチ張り、支柱立て
ミニトマトなど果菜類の栽培で重要になってくるのは畑の土作りです。ミニトマトを丈夫に育て、たくさんの果実を収穫できるようにしっかりと土作りをしましょう。この記事では、ミニトマト栽培における土作りからマルチ張り、畝立て、支柱立てまでの流れを紹介します。
支柱・仕立てが不要の品種も!ミニトマト栽培の簡単、丈夫な支柱の立て方
トマトなど果菜類の栽培で重要になってくる要素として、「丈夫な支柱をしっかり立てられるか」があります。ミニトマトは、たくさんの実を付けるため、基本的には支柱で支えてあげる必要がありますが、支柱での誘引が不要な品種もあります。この記事では、簡単で丈夫な支柱の立て方と支柱が不要な品種について解説します。
ミニトマトの栽培時期は夏だけ?栽培時期と作型について
ミニトマト栽培は、プロ農家の営農のための作物だけではなく、家庭菜園での栽培も人気の作物です。夏野菜と言われる、ミニトマトの栽培時期は夏だけなのでしょうか?この記事では、家庭菜園に多い露地栽培、雨よけ栽培の栽培時期とプロ農家が使用する栽培モデルである作型について、詳しく解説します。
手軽に栽培体験ができる!ミニトマトの栽培キットをご紹介!
ミニトマトは、家庭菜園においてもプランターや鉢植えなどでも育てることができ、比較的手軽に栽培できる作物です。しかし、栽培に必要なものの準備や苗の購入など面倒なことが多いのも事実です。本記事では、そのような面倒事を一気に解決する栽培キットのおすすめ商品、栽培方法のポイントを紹介します。
家庭でできるミニトマトの水耕栽培・水耕栽培キットをご紹介!
家庭でのミニトマトの栽培方法として、プランターや鉢植えによる土耕栽培が主流かと思います。しかし、今回は土を使わずに栽培ができるミニトマトの水耕栽培について、水耕栽培の基礎からトマトの水耕栽培における注意点まで幅広く解説します。
ペットボトルで植物栽培!?ミニトマトのペットボトル栽培のすべて
ミニトマトは家庭菜園でも人気の作物です。実はペットボトルで手軽に水耕栽培をすることもできます。この記事では、ミニトマトの基礎知識やペットボトル栽培の方法、ペットボトル栽培キットの商品について解説します。
この記事を書いた人
農家web編集部

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。
皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web