多肉植物の鉢 難易度別おすすめの鉢と水やりのコツ!

栽培

園芸店や、インテリアショップなどでおしゃれで、かわいらしい寄せ植えを見かけることも多い多肉植物ですが、100均やホームセンターで買ってきた多肉植物をおしゃれな器で自分の好みに飾りたいという方もおおいのではないでしょうか。

この記事では、多肉植物鉢について、難易度別におすすめの植木鉢やその鉢に合った水やりのコツなどをわかりやすく説明します。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

そもそも多肉植物におすすめの鉢って?

そもそも多肉植物は、 雨が少ない場所や岩場などに生育するものが多い植物で、乾燥した過酷な環境を生き抜くために、根や茎、葉などを肉厚にして水分を蓄える性質をもつ植物です。

このことから多肉植物は、過湿が苦手。高温多湿で、季節の気温差が大きな日本で多肉植物を育てるのは、鉢植えが基本です。通気性がよく、水はけのよい鉢が一番おすすめですが、土や水やりをうまく調整すれば、どんな鉢でも育てることができます。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

鉢のいろいろ

難易度:編集部の主観となりますので、あくまで目安としてお考え下さい。

難易度 ★☆☆  初めて多肉植物を育てる方向け。一番基本

難易度 ★★☆  初中級 初めてでも、水やりや土に注意してチャレンジ。

難易度 ★★★  中級 初めての人は乾燥に強い品種で1種から始めてみましょう。

素焼き鉢

難易度 ★☆☆

テラコッタとも呼ばれる一番オーソドックスな栽培用の鉢。鉢内が蒸れにくく通気性がよいので、多肉植物には一番おすすめの鉢。大きさもさまざまあり、劣化していくことで、味がでてくるのも魅力。

木製容器

難易度 ★☆☆

ナチュラルな雰囲気を出したいなら、木の箱もおすすめです。庭をイメージしていろいろな種類のサボテンや多肉植物を植えてみるのもいいですね。ただ自然のものなので、環境が悪いと木は腐る可能性もあります。大きなものは、鉢カバーとして使って鉢を別にすれば、異なる品種も育てることができます。

ブリキ

難易度 ★★☆

金属なので、通気性や排出性は素焼き鉢より悪くなりますが、底に水抜き用の穴をあけることで水やりの工夫はいらなくなります。釘などで簡単に開けることができるので、色を塗ったりDIYするにもうってつけ。さび入りのものはアンティーク調でワイルドな雰囲気をだすこともできます。

陶器

難易度 ★★☆~★★★

テラコッタ鉢も陶器ですが、表面に薬を塗って焼いた鉢で塗り鉢(化粧鉢)は、保温性・保湿性が高く通気性はよくありません。鉢は底に穴が開いているので難易度は★★☆ですが、コーヒーカップやお皿など鉢穴がない容器は、難易度★★★になります。

鉢穴がない容器の場合は、器の下に大粒の鉢底石をいれましょう。水はけがよくなります。また水やりをした後には、下からもれでないため余った水は上から横にして出してあげてください。

プラスチック鉢

難易度 ★★☆

軽くて持ち運びやすく、吊り下げて飾るハンギングにもおすすめのプラスチック鉢。通気性がよくないので、スリット鉢など水はけのよいものを選びましょう。また黒いプラスチック鉢は保温性があるため、多肉植物の栽培にむいているといわれています。

購入したときに、植木鉢と2重になっている中のポリポットは、一時的なものなので買ったらすぐ外しましょう。

ガラス容器

難易度 ★★★

ガラス瓶や器に、観葉植物を入れて栽培をすることをテラニウムといいますが、多肉植物もテラニウムは可能です。ガラスの器は直射日光が当たると鉢内が高温になったり、底穴がないので水やりにも注意が必要です。

浅くて、口が広いものがおすすめです。蓋つきのものは通気性が悪くなるのでおすすめしません。またハイドロカルチャーでも多肉植物は育てられますが、初心者の人はまず土から、寄せ植えせず単種類で始めてみましょう。

多肉植物のテラニウムについては、詳しい記事がありますので興味のある方はお読みください。

【補足】黒いプラスチック鉢について

多肉植物の栽培家の人たちが、黒いプラ鉢をよく使っているのをご存じでしょうか。プラスチック鉢より素焼きの鉢のほうが、多肉植物にメリットが多いのになぜよく使われているのでしょうか。

プラスチック鉢は素焼き鉢に比べ安価で、軽量なこともメリットですが、プラ鉢のデメリットである鉢内の温度が上がりやすいという特徴が、まだ根のよく張っていない若い株に好都合だからです。

鉢が温まると、根の発育が促されて発根が早くなり、健康な鉢に育ちます。特に黒い鉢は温度が上がりやすいので、増やして販売している栽培家の方たちが愛用しているのです。

栽培家の方たちは、そのメリットとデメリットをしっかり理解して、水やりや置き場所を管理して使っています。だれでも最初は初心者です。育てながらいろいろ植物に教えてもらいましょう。

その他鉢植えの選び方のポイント

小さな鉢に、ギュギュと詰めて植えたい

小さな鉢に花束のような多肉植物の鉢植えは、とてもかわいいですよね。小さな鉢に植えるなら、セダム属がおすすめ。セダム属は、根が細く暑さ寒さにも強い品種が多いのが特徴です。難易度が低いものを選んで挑戦してみましょう。セダム属の虹の花は育てやすく、紅葉するので初心者でも安心して育てられます。

おしゃれに飾りたい

どんな鉢でも、育てられる多肉植物。インターネットにもおしゃれな多肉植物の写真がたくさんあります。でも多肉植物は、植物だということを忘れないでください。

残念ながら、見栄えだけのために接着剤で固めた土に植えたり、生育環境の違う多肉植物を寄せ植えしたりしているものも見かけます。

難易度の低い、素焼き鉢でもおしゃれな鉢もありますし、自分でペイントしたり、マスキングテープで飾ったりすれば自分好みに代えることもできるので、いろいろチャレンジしてみてください。

室内で育てたい

もともと、多肉植物は日当たりの良いところが大好き。ですが室内でももちろん育てられます。そんな人には直射日光を当ててはいけないテラニウムや、土を使わないハイドロカルチャーがおすすめ。

どちらも少し難易度は高いので、初心者の人は育てやすい品種を選んでまずは、一種類から始めてみましょう。一種類だけだとさびしい・・と思ったら、フェイクグリーンやフィギュア・ミニチュア・エアプランツなどを使えば、多肉を枯らす危険も少なく、かわいく飾ることができます。

初心者には穴のない鉢は無理?

多肉植物の水やりの方法は、鉢穴から水がでるまで与えると書いてあることが多いので、初心者の人にはそれが水やりの目安になります。

でももちろん、方法を工夫すれば底穴のない鉢でも育てることができます。

  • 根腐れ防止に、底には根腐れ防止剤のゼオライトをいれる。もしくは鉢底石として軽石や小石などをいれること。
  • 用土は排出性のよい配合で(赤玉土2・鹿沼土2・腐葉土2・川砂2・ピートモス1・くん灰1など)
  • 生育期にはたっぷり与える水ですが、鉢の中に水がたまってしまったら、鉢を傾けて水を出しましょう。ガラスなどで水が溜まっている場所がみえるなら、ティッシュなどをピンセットで挟んで吸いとる方法もあります。
  • 鉢を2重にする。植えている鉢と周りの鉢を変えるという方法です。多肉植物自体は、穴の開いていない容器より小さな鉢に植え、周りを土やハイドロボールなどで埋めます。

100均でもおしゃれな鉢はある?

100均にも、多肉植物の鉢にできるものはたくさんあります。ダイソーやセリアなどには植木鉢はもちろん、ガラスの器やブリキ缶も。サビ加工などもされていて、おしゃれです。このほか、ワイングラスやマグカップなどを使っても。

100均には、多肉植物の苗も販売されていますし、土やハイドロカルチャー・肥料などが置いてあります。多肉植物はあまり状態のよくないものも、置いてありますので葉っぱにハリがあって、根がグラグラしていないものを選びましょう。

鉢植え用の土

多肉植物の鉢植えの土は、通気性や水はけがよくある程度の保水性があるものを使います。市販のサボテン・多肉植物用の培養土が便利です。自分で配合する場合は下記がおすすめです。このほかをつかったりヤシの実チップなども寄せ植えには便利です。

  • 水はけのよい配合:赤玉土4・軽石4・腐葉土1・くん炭1
  • やや保水性を高めた配合:鹿沼土4・軽石2.5・腐葉土2.5・くん炭1

多肉植物の土については、詳しい記事がありますので興味があればお読みください

肥料はどうする?

植木鉢などで栽培する場合は、元肥をしっかりと施し、適期に追肥を行っていきます。植え替え、植え付け時の元肥のやり方としては、粒状の緩効性肥料を他の観葉植物の2/3程度の量を目安に与えるようにします。元肥をしっかり施しておけば、しばらくは追肥はいらないかもしれません。肥料の容器もしくは袋に記載されている、通常の草花の使用目安量の1/2~2/3程度を施しましょう。追肥はタイプによって生育期が異なりますので、注意してください。

元肥の緩効性肥料は、ハイポネックスのマグアンプKの中粒や花ごころなどがおすすめです。

ハイポネックス マグァンプK 中粒 600g 元肥 化成肥料 緩効性肥料 草花 野菜 関東当日便
charm 楽天市場店
¥ 782(2022/02/02 10:00時点)
緩効性化成肥料 グリーンそだちEX 1.4kg 緩効性肥料 ゆっくり長く効く肥料 肥料 野菜 家庭菜園 ベランダ菜園 初心者向け IB肥料 園芸 ガーデニング雑貨
Nicoco プランター菜園を楽しむ会
¥ 1,320(2022/02/02 10:23時点)

ハイドロカルチャーで育てるときには土から栄養をとれないため正しく肥料を与える必要があります。ハイドロカルチャーの肥料・多肉植物の肥料については詳しい記事がありますので、肥料について興味のあるかたはお読みください。

その他 多肉植物の栽培で気をつけたいポイント

多肉植物の生育サイクル 3タイプ

春秋型

春と秋に盛んに生育するタイプです。多くは生育適温が10〜25°Cの範囲にあり、夏は暑さのせいが生育が悪く、根腐れや蒸れを避けるために、休眠させる必要があり、冬は寒さのために自然に休眠します。茎や葉が柔らかく、色鮮やかで草花のような雰囲気を持つ多肉タイプです。

代表的な植物
  • ハオルチア
  • ベンケイソウ科のエケベリア
  • セダム

夏型

夏に盛んに生育するタイプです。多くは生育適温が20〜30°Cの範囲にあり、春と秋はゆっくり生育し、冬は休眠します。このため、春と秋は、水やり、肥料を少な目にする必要があります。
シャープなフォルムの多肉植物はこの多肉タイプです。

代表的な植物
  • サボテン
  • アガべ
  • ユーフォルビア
  • クラッスラ
  • カランコエ

冬型

冬に盛んに生育するタイプです。多くは生育適温が5〜20°Cの範囲にあり、気温が一定以下になると生育を始めます。高温多湿が苦手で、冬であっても高温多湿な室内などでは生育を止めてしまうことがあります。春と秋はゆっくりと生育するため、水と肥料を少量施します。個性的な多肉植物はこのタイプが多いです。

代表的な植物
  • アエオニウム
  • コノフィツム
  • リトープス

栽培環境

多肉植物は、日光が大好きです。1年を通して日当たりがよく風通しの良い場所で管理しましょう。夏の直射日光は、葉焼けの可能性もあるので危険です。半日陰にするか、遮光ネットなどで遮光してあげましょう。日に当てないとひょろひょろともやしのように徒長してしまう恐れがあります。

多肉植物は耐寒性はあまり強くないものが多いので、基本的には鉢植えで育てて、霜が降りる前には室内に取り込みましょう。多肉植物には気温が下がると紅葉する種類もありますので、その場合は日に当たる軒下などで、水やりを控えめにしてあげるとよいでしょう。気温が5℃以下になったら室内で管理します。

室内で育てる場合も、置き場所が大切。窓辺など日当たりの良い場所に置いてあげましょう。できれば冬でも昼間はベランダや屋外に出して日に当てると元気に育ちます。

水やり

多肉植物は、雨が少ない場所や岩場などに生育するものが多い植物で、乾燥した過酷な環境を生き抜くために、根や茎、葉などを肉厚にして水分を蓄えるようになっています。だからといって、水やりが必要ではないわけではありません。

多肉植物の水やりのポイントは、生育期と休眠期で水やりの方法を変えることです。

生育期

鉢土が乾いてから、ジョウロで底から水が流れ出るまで与えます。受け皿は必ず捨てて、水がたまらないように気をつけましょう。生育期から休眠期に移る時期は、徐々に水やりの量を少なくします。

休眠期

休眠期は水やりをやめて乾燥させる必要があります。休眠期から生育期に移る時期は、徐々に水やりの量を増やしていきます。


生育期、休眠期の判別は、多肉植物の場合、先述したとおり春秋型、夏型、冬型の3タイプに分けられます。肥料をやる時期・頻度も、水と同じく生育期と休眠期で分ける必要があります。

サボテンの水のやり方についての記事もありますので、水やりに興味のある方は読んでみてください。

植え替え・寄せ植え

園芸店やホームセンターで購入した株は、インテリアに合わせて、素焼き鉢や、陶器やグラスなどにも植え替えすることもできます。最近は、寄せ植えも人気ですが、それも植え替えの一種です。

多肉植物は生長に合わせて、1年~3年に一度、植え替えをしましょう。根が張りすぎると、水を吸い上げられずに、しぼんでしまいます。時期は春秋型は3月~6月・9月~10月、夏型は4月から9月(梅雨と真夏は避けます)、冬型は10月から3月に、一回り大きな鉢に移し替えます。

根から土を落とし、傷んだ根っこや根腐れを起こしているものは切り取ります。根は3分の1程度カットし新しい乾いた用土に植え替えます。植え替え後は、明るい半日陰で管理して1週間ほどしたら水を与えます。土をほぐさないで植え替える「鉢増し」は時期を選ばずいつでも行えます。

まとめ

多肉植物は、他の観葉植物に比べて育てやすく、また100円ショップなどでも手に入れやすいことから人気があります。ぷくぷくした葉や、花のようにロゼッタ状に育つはエケベリア、太く膨らんだ茎や根が特徴の塊根植物(コーデックス)、テキーラの原料であるアガベなど多様な種類があります。

難易度も多肉植物によってさまざまです。できればガーデンセンターや花屋さんで買う場合は品種や生育タイプや育て方も聞いてみましょう。

観賞用としてガーデニング・インテリアの中でも非常に人気のある植物です。ぜひお気に入りの鉢を見つけて、寄せ植えやテラニウムなどを楽しんでみてください。

編集さん
編集さん

『農家web』では、この他、球根系から播種(は種)系、水生、宿根草、アサガオシクラメン、ヒヤシンス、紫陽花クレマチス、ベゴニア、ひまわり、チューリップ、ハーブ、アリウム、ポインセチアシャクヤクポトスペチュニアまたサボテンなどの多肉植物、常緑のガジュマルパキラ、クラピア、ビカクシダなど様々な観葉植物、ツツジなどの庭木、果樹、イチゴトマトなどの野菜のおすすめ記事があります。

また、雑草もイネ科雑草広葉雑草など一年草から多年草、また茎葉処理剤、土壌処理剤等の薬剤も幅広く解説しています。

検索欄は、「右のサイドバー」もしくは「サイドバーメニュー」にありますよ!

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

栽培花菜類
スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました