亜リン酸肥料の基本と特徴について

リン酸肥料

リン酸肥料は、一般的なリン酸肥料とは異なります。溶解性が高く、作物体内の移行性(移動のしやすさ)も高いため、作物への吸収性が優れていると言われています。また、病害発生の予防にもつながると言われています。

この記事では、亜リン酸肥料の基本と特徴、おすすめ商品を紹介します。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

亜リン酸肥料とは

亜リン酸肥料は、一般的なリン酸肥料とは異なります。

リン酸肥料には、過リン酸石灰(過石)、重過リン酸石灰(重過石)、熔成リン肥(ようりん)、重焼リン、燐安などがありますが、これらはすべて「正リン酸塩」が含まれています。正リン酸塩は、化学式で「H3PO4」と表されます。

一方、亜リン酸は正リン酸に比べて酸素が一つ少ない「H3PO3」と表されます。この差異は、大きな違いを生みます。亜リン酸は、正リン酸と比較して主に下記の違いがあります。

  • 溶解性が高い
  • 作物体内での移行性(移動のしやすさ)が高い
  • 土壌に吸着されにくい

亜リン酸はリン酸質肥料の中でも即効性の高い肥料と言えるでしょう。これらのことから、亜リン酸肥料は注目されています。

リン酸はなぜ重要なのか

リン酸(P)は、肥料の三要素の一つで植物の遺伝情報の伝達やタンパク質の合成などを担う核酸の重要な構成成分となります。施肥を考える上では、「実肥」と呼ばれ、開花・結実を促すためにリン酸が必要となります。また、植物全体の生育や分げつ、枝分かれ、根の伸長など様々な要素に関わっています。

リン酸が欠乏すると芽や根の生育阻害や葉の黄化などがみられます。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

亜リン酸肥料の特長

亜リン酸肥料には、以下のような特長があります。

  • 亜りん酸は従来のりん酸よりも葉面からの吸収が速く、吸収効率が良いです。液体肥料は葉面散布に使用できるものもあります。
    →亜リン酸肥料の効果についてはこちら
  • リン酸とカリウムを補給できるため、果実肥大期や生殖生長期に特に有効です。
  • 育苗時、植え付け時に使用すると、根張りの向上や健苗育成に役立ちます。
  • 花芽の充実、着果・結実の促進、果実の品質向上が期待できます。
  • 植物の病気への抵抗力を強くし、病気にかかりにくくします。
    →亜リン酸肥料の病害への抵抗性についてはこちら

亜リン酸肥料の効果

亜リン酸肥料は吸収が早く、効果が現れやすいということはわかりました。それでは、どのような効果が期待できるのでしょうか。以下に具体的な効果の一例を示します。

  • 温州みかんの収量、糖度の増加
  • ネギのセル成形苗の根張り向上
  • アスパラガスの収量増加
  • 小麦の収量増加
  • シンビジウムの花数の増加
  • はくさい、レタス、キャベツなどの苗質改善、収量増加
  • 水稲の苗質改善

亜リン酸を使用した栽培試験では、みかんやねぎ、アスパラガス、小麦など幅広い作物に対して収量増加や品質向上などの効果があったとされています。しかしこれは、あくまでリン酸肥料の一部を亜リン酸肥料で代替して散布したときのものです。亜リン酸がリン酸肥料のすべての栄養分を代替できるわけではありませんので注意してください。

出典:JA全農グリーンレポートNo.504

また、亜リン酸には病害に対しての治療効果を示すこともわかっています。疫病やべと病、根腐れ病などの病害に対しての防除効果があります。これは亜リン酸が病気の抵抗性のもとになるファイトアレキシンの生成を誘導し、その結果、作物が病害にかかりにくくなるとされています。あくまで亜リン酸肥料自体が農薬登録されているわけではないので、被害軽減など補助的な目的としての使用を検討しましょう。

出典:タキイ最前線 2011 冬春号

上記のほかにも活着促進や樹勢強化などの効果が見込めます。亜リン酸肥料に含まれているリン酸やカリウムが、根張りの向上や果実の品質の向上に寄与していると言えるでしょう。

亜リン酸肥料は病害発生を防ぐ

亜リン酸肥料には、副次的な効果として疫病、べと病、根腐れ病などの病害発生を抑制する効果があるとされています。

海外ではこれらの病原菌以外に、炭そ病、萎凋病、青枯病など多種の病原菌に対して発病抑制効果があると報告されています(出典:病害発生を防ぐ亜リン酸肥料)。

亜リン酸肥料の施用方法

亜リン酸肥料は、その形状によっても使用方法が異なります。下記に基本的なことをまとめておきますが、使用する場合には必ず商品のラベルを読んで正しく施用しましょう。

粒状の場合

粒状の場合は、土壌に散布したり、土壌に混和して使用します。植え付け時に植え穴に混和することもできます(植穴土壌混和)。液体肥料よりも効果期間が長いので、散布作業が軽減されます。

また、セルトレイ育苗時にも土壌混和、散布ができるので健苗の育成にも活用できます。

液体肥料の場合

液体肥料の場合は、潅注処理(灌注処理)・浸漬処理、もしくは葉面散布の方法で施用します。葉面散布は、使用が認められていない資材もありますので、必ずラベルを確認してください。

潅注処理(灌注処理)の場合は、希釈して株元等に散布します。散布に適した時期は、それぞれの作物によって異なるので注意してください。浸漬処理も同様に希釈して、苗を浸します。

葉面散布の場合は、希釈して葉面にかかるように散布します。

葉面散布を効果的に行うには
  1. 葉面散布に最も良い時間帯は早朝です。湿度が高く、葉の細胞が水で満たされた完全な膨圧状態にあるときが最適です。涼しくなった夕方でも良いでしょう。
  2. 日中の暑い時間帯は散布を避けましょう。温度が高い時の吸収率は非常に低く、ストレスにさらされ薬害の原因となります。
  3. よく晴れた日の日中帯も避けましょう。散布した溶液が高濃度となり、葉焼けなどの原因となります。
  4. 土壌水分が十分であるときに葉面散布をすることが効果的です。可能であれば、散布する前日に水を撒くこともおすすめです。
  5. 雨や水撒きの直前、風が強い日に葉面散布をするのは避けましょう。
  6. 養分吸収は、葉の表面よりも裏面のほうが盛んに行われますので、裏面を重点的に散布してください。
  7. 二重散布や農薬との混合などは基本的にやめましょう。農薬との混合は専門的な知識が必要です。

亜リン酸肥料のおすすめ商品

ホスプラス(OATアグリオ)

葉面からすばやく吸収される亜りん酸を原料とした液体肥料(液肥)で、従来の亜りん酸に比べて効果が早く現れます。基本的な使用方法は、潅注処理・浸漬処理、葉面散布です。

リン酸とカリウムをすぐに補給できるため、果実肥大期や生殖生長期に特に有効です。花芽の充実、着花・結実数の増加、果実の品質向上が期待できます。

ホスプラス1L( ガーデニンググッズ 液肥 液体肥料 肥料 園芸用品 農業資材 家庭菜園 農業用品 園芸 農業 資材 ガーデニング用品 ガーデニング 農業用 農業道具 園芸用 園芸用具 園芸道具 日本農業システム楽天市場店 園芸資材 農作業 農業用資材 グッズ)
日本農業システム楽天市場店
¥ 3,550(2022/08/02 06:27時点)

ホストップ(サカタのタネ)

吸水性の高い亜リン酸とカリウムを主成分にし、植物の生長に必須で生育や発根を促進する肥料成分を含んだ液体肥料です。灌水チューブからの施用や葉面散布で使用します。

効果としては株張り、分けつ、着花、着果、品質の向上、抵抗力増進などがあります。また、一時的な窒素中断効果がありますので、日照不足や窒素過剰によって徒長気味になった植物をしめる効果も期待できます。

ホストップ 1L(園芸用品 農業資材 家庭菜園 農業用品 園芸 農業 資材 ガーデニング用品 ガーデニング 農業用 農業道具 園芸用 園芸用具 園芸道具 液体肥料 液肥 液体 肥料 亜リン酸液肥 日本農業システム楽天市場店 園芸資材 農作業 農業用資材 グッズ)
日本農業システム楽天市場店
¥ 3,670(2022/08/02 06:27時点)

亜リン酸粒状肥料(OATアグリオ)

亜りん酸をもっと手軽に散布でき、りん酸を効率よく吸収させるための手段として開発された肥料です。基本的な使用方法は、土壌混和及び株元散布です。

粒状になったことで、土壌散布や植え穴に対する施用が容易になっただけではなく、液体肥料よりも効果の期間が長くなりました。

亜リン酸肥料の購入場所

家庭菜園等で使用する肥料は、ホームセンター、100均、インターネットなどで購入可能です。肥料を購入できる主な場所・方法は以下のとおりです。プロ農家の方は、JAや資材店等に相談すると良いでしょう。

肥料を購入できる場所
  • JAなどの農業資材店
  • 100均、100円ショップ
    • ダイソー(DAISO)
    • キャンドゥ(CanDo)
    • セリア(Seria)
    • etc
  • ホームセンター
    • コメリ
    • カインズ
    • コーナン
    • etc
  • インターネット
    • Amazon
    • 楽天市場
    • ヤフーショッピング
    • etc
執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

リン酸肥料肥料肥料の三要素肥料の成分
スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました