防草シートの敷き方、貼り方 徹底解説!

斜面に貼られている大規模な防草シート一般
一般知りたい買いたい防草シート除草・防草除草・防草方法

雑草や草を生えないようにするため、土面に設置する防草シート。一般的には、雑草を生えないようにするシートを、防草シートや除草シートと呼んでいます。ここでは、買った防草シートの効果を最大限にするための、防草シートの敷き方、貼り方の解説、またシートの押えに必要となる防草シートピンなどを紹介します。

スポンサーリンク

防草シート 敷き方ひとつで大きな差が出ます!

雑草には様々な種類があります。一年で枯れる一年草から、土中に根や地下茎を張り巡らして、刈っても刈っても何度も生えてくる多年草まで、種類もイネ科雑草広葉雑草など様々です。どんな雑草が生えているかで防草シートを敷く前の準備も変わってきます。

また、防草シートは、下から雑草が生えてくることを防ぎますが、防草シート同士の間に隙間ができると、もちろんその隙間から雑草は繁殖してしまいます。このため、隙間を作ることなく、強風や豪雨でシートが動かないよう、しっかり地面にシートを固定し、敷き詰める必要があります。このように、防草シートの敷く前の準備や敷き方で、どれくらいの期間効果を持続させる事ができるか、大きく変わってきます。それでは、防草シートの敷き方手順を見ていきましょう。

除草

防草シートを敷くときは、できるだけ雑草を取り除き、地面に雑草がない状態にする必要があります。既に雑草が繁茂している場合は、必ず草取りや草刈り、草むしりを行って、地面を雑草がない状態にしてください。

また、草刈りをしても、雑草が多年生雑草の場合は、根が残っているため、またすぐに生えてきます。このような場合、使用が可能であれば、草刈り後に グリホサート系(ラウンドアップ 、サンフーロン) などの 除草剤 を散布し、土中の根や地下茎まで枯らしてしまうことが有効です。
雑草の根や地下茎が残ったままだとすぐに雑草が生えようとし、チガヤやハマスゲ、、セイタカアワダチソウなどの突抜け性の強い多年生の雑草は尚更、 ドクダミスギナ 、ナズナなど非常に強い雑草が生えている場合は、 除草剤 を使用して、根や地下茎まで除草、駆除できるとベストです。雑草突き抜けの憂いを取り払いましょう。

また、冬から春にかけて防草シートを敷く場合は、草刈りする必要はないかと思いますが、夏場にスギナドクダミ、チガヤ、ハマスゲ、セイタカアワダチソウ、ヤブガラシ、ススキが目立っていた場合は、土壌処理剤を撒いた後に防草シートを敷くことをおすすめします。

除草については、下記に全ての情報をまとめています。

踏み固め

もしその場所が、水平でもともと地盤が緩い場合は、踏み固めや重石を使って地面を固めて、できるだけ表面を平らに整地してならしてください。透水性が高い防草シートを使っても、豪雨で水たまり、ぬかるみが出来る可能性はあるので、それを避けるためにも大事な作業になります。また、プロの造園業者は整地の際に端に傾斜、勾配を付けて、雨水を透すようにデザインしたりします。

敷設 (施工)

いよいよ、防草シートを広げて敷いていきます。敷き方のポイントは2点です。

防草シートと防草シートは、10cm程重ねるようにして敷いてください。

防草シート同士の間に隙間ができると、その僅かな隙間から種子が入り込み、雑草は繁殖してしまいます。豪雨や強風、雨風でめくれる、ずれることも考えて、10cm程の幅を重ねる事が大事です。

必ずピンを使って、シートとシートを固定しましょう。

風でずれることを想定して、粘着テープのみではなく、尖った専用の防草シートピン(鉄製など)をシートを重ねた部分にハンマーなどで釘の穴を開けて打ち込み、しっかりピンを埋没させ、シート同士を固定してください。
ピンの間隔は、むき出しで使用する場合は、50cmおきの箇所に、シートを下敷きに砂利やバークチップ・ウッドチップを載せる場合は1mおきの箇所に打込むのが良いでしょう。
出来れば、ピンで固定した後、上から粘着、養生テープを貼り、接着できるとベストです。

作業をするときは、ピン等を使い、土をならす作業があるので、軍手を身に付けるようにしましょう。縁石や花壇、壁際がある時は、シートにカッターやハサミで切込みを入れて、加工していきます。苗を植える際のマルチングに穴を開けるために切るのと同じ要領です。シートをはさみで短く切り分けるよりも、長めにとって、丁寧に設置していきましょう。

敷設後

敷設後は、定期的に、シートが捲れていないかどうか、破れたり破損したりしていないか確認し、固定ピンを増やしたり、補修する事が重要です。また、周りに耕作放棄地や空き地が多い場合は、雑草の種子が飛来し、防草シートの周辺に突き抜け力の強い多年草(例えば、チガヤ、ハマスゲ、メヒシバ)が生えてくる可能性があります。

防草シートの周辺に生えてきている場合は、根や地下茎が防草シートの下に張り巡る可能性があるため、早めに抜いたり、グリホサート系(ラウンドアップ 、サンフーロン)除草剤で除草、駆除することをおすすめします。

スポンサーリンク

防草シートの上に砂利を敷くと、よりおすすめです!

市販されている防草シートは、最大手のプランテックス(旧名称  ザバーン )はじめ、全ての防草シートは、むき出しで使用していると、紫外線で徐々に劣化していきます。そもそも安価な防草シートは、日光に露出(曝露)して数年も放置できるように作られていません。また、非常に性能が高いザバーンのような防草シートでも、むき出しで使用すると、最もグレードが高いザバーン350Gで、約10〜15年の耐用年数になります。後々後悔しないためにも、防草シートを下地にして、玉砂利や砕石、バークチップ、ウッドチップや人工芝を敷いて紫外線を防ぐことが重要になってきます。

しっかりと砂利や砕石、バークチップで紫外線を防ぐことが出来ると、高機能な防草シートだと、半永久的に雑草の繁茂を防ぐことができますし、庭などの景観も良くなりますので、是非下の記事を参照ください。

おすすめの防草シート 4選!

ホームセンターの園芸コーナーに行くと、防草シートはたくさんありますが、効果は様々です。敷設して長く効果を持続させたい場合は、是非、防草シートの質に拘ってみて下さい。防草シート(除草シート)は、第一に光を遮光することで、植物に光合成を行えないように抑制します。この結果、植物は炭水化物を生成できなくなり、生長しなくなります。このため、どれだけ光を遮ることができるか、遮光率のレベルが極めて重要です。また、シートの中でも、不織布の材質のシートの方がそうでないものより、遥かに貫通を防ぎやすく、また高密度で厚みと強度があるほうが、当然防御力は増します。

防草シート(除草シート)は野外で使用するため、日光による劣化のほかに、水にさらされ続けることで加水分解する材質は劣化も早く、透水性が低いと水はけが悪く、雨水でぬかるみを作ってしまいます。また酸性、アルカリ性に弱い材質も、そうでない材質のものより長持ちしません。このため、ポリエチレン(ビニール袋などによく使われます)よりも、透水性が高く、酸性、アルカリ性に強い材質のポリプロピレンを使用しているものがおすすめです。

またポリプロピレン製は、切断、裁断しやすく、ほつれにくいため、縁石や花壇、樹木を植える場所、壁際の周りなどを、ハサミ、カッターで切ってカットしやすく、敷ける範囲も広がります。

まとめると、「遮光率」「不織布かどうか」「透水性」「耐久力」の4つの要素が防草シートにとって大きな要素になります。下記のおすすめ防草シートは、上記全ての要素を満たしている丈夫なシートです。

商品名
ポイント2倍★【30平米】【厚0.8mm】 耐用年数:半永久(砂利下) 高級防草シート ザバーン 350G 1m×30m グリーンフィールド デュポン社 グリーンビスタ 砂利下シート 雑草対策 法面 農業 公共 公共工事 1m幅 防草シート 強力タイプ 350グリーン グリーン /A
石材・防草シート・人工芝のGA
1㎡(平方メートル)
当たり単価
約400円約600円約200円弱約330円
遮光率99.7%99.7%96.7%99.9%
不織布かどうか不織布不織布不織布不織布
透水性
性質ポリプロピレンポリプロピレンポリプロピレンポリプロピレン
耐久性
(この他、ダイオ化成の防草シートや、エコナル防草シート、ヨンアツのものもおすすめです)
(面積ごとにたくさんの種類があります)

まとめ

防草シートはホームセンターの資材、ガーデニング(園芸)コーナーにたくさんの種類が置かれていますが、敷き方、貼り方で、雑草をしっかり抑えて草防効果を長持ちさせれるか、大きく差が出ます。折角購入した防草シートなのですから、シートの効果を発揮させるために、ピンを打ち、しっかりと固定させるようにしましょう。防草シートを貼ることで、雑草の繁殖を防ぎ、雑草の発芽、病害虫の発生、害を防ぐことができます。

また、防草シートの他に、防草砂という製品もあり、その中でも固まることで物理的に下から雑草を生えてこないようにする「固まる防草砂」という硬いものもあります。「固まる防草砂」はセメントが混ぜられたもので、コンクリートに近しく、主にアスファルトの代わりに駐車場、通路などで使われます。その土地を固めてしまっても大丈夫な場合は、こちらもご検討ください。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました