農家web防除暦サービスのバナーです。
雑草別対策

木を枯らす除草剤 おすすめの除草剤と使い方 

当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています。

小さな切り株 雑草別対策

除草剤は雑草を駆除するものと思っているかもしれませんが、実は木も枯らすことのできる除草剤もあります。草も木も枯らせるので、庭の木だけでなく、最初は小さな雑草が気が付いたら木のようになっている雑草も、枯らせることができます。

この記事では木を枯らす除草剤について、おすすめの除草剤と使い方について初心者の人にもわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

除草剤の種類

除草剤は大きくわけて、葉や茎に直接散布して雑草を枯らす「茎葉処理剤」と雑草の発生初期や発芽直後に土に散布して、雑草の抑制を押さえる「土壌処理剤」があります。葉茎処理剤の中には、散布した部分のみ枯れる除草剤と、葉や茎に散布することで薬剤が根まで移行し、草や木の根まで枯らすことができる除草剤があります。

木を枯らす除草剤は、一番メジャーなのはこの散布するだけで根まで枯らすことができるグリホサート系除草剤と呼ばれる除草剤です。グリホサート系の除草剤とは成分にグリホサートが入っている除草剤のことで、ホームセンターなど除草剤が販売されているところであれば、簡単に手に入れることができます。その他、トリクロピル液剤、イマザピル液剤、塩素酸塩粒剤などの除草剤が使われます。

除草剤には、農薬に登録されている除草剤と登録されていない「登録外除草剤」があります。農薬登録をされている除草剤は、国が人の健康や環境への影響を評価し、問題がないと判断したものが登録されているので、ラベルに書いた使い方をすれば安全性が確保されています。

農耕地(農作物や樹⽊・芝・花きなどが栽培されている場所)に散布できる除草剤は、農薬取締法に基づき国に農薬登録をされている除草剤でなければなりません。農薬として登録された除草剤のパッケージには[農林水産省登録第○○号]と表記されています。

スポンサーリンク

木に使える除草剤について

農薬登録されている除草剤には、適用雑草名がラベルに記載されています。木に使える除草剤は、適用雑草名に「雑かん木」,「落葉雑かん木」,「木本性つる類」,「間伐するすぎ、ひのき」などがあるもので、枯らしたい木に合わせて使います。

スギやヒノキのような大きく太くなった木などは特に、葉や木に散布するだけでは枯らすことは難しいので、立木注入処理や、切株塗布処理ができる除草剤を選ぶとよいでしょう。

スポンサーリンク

おすすめの除草剤

ラウンドアップマックスロード

世界で一番売れているグリホサート系除草剤です。ホームセンターやドラックストアなど除草剤を販売しているところなら、どこでも買える大変メジャーな除草剤です。

「雑かん木」「間伐するすぎ、ひのき」が適用雑草にあり、散布方法は、茎葉散布、立木注入処理、切株塗布処理することができる除草剤です。希釈タイプや原液タイプがありますが、木には原液タイプを使いましょう。農耕地でももちろん使うことができます。

ラウンドアップマックスロード 500ml【有効期限26年10月】
農家の店 みのり
¥ 2,287(2024/04/22 21:10時点)

サンフーロン・エイトアップ

サンフーロンエイトアップは、グリホサート系除草剤です。初代ラウンドアップのジェネリック製品。ジェネリックのため価格が安いのが魅力です。

適用雑草に「落葉雑かん木」があり、散布方法は、茎葉散布、立木注入処理があります。ラウンドマックスロードより、散布後の雨に弱いですが、除草の効果はほとんど変わりません。どちらも農薬登録されている除草剤ですので、農耕地でも使用が可能です。

サンフーロンエイトアップ
【単品】除草剤 サンフーロン 2L 大成農材 原液タイプ ラウンドアップ同等効果
カー用品のピックアップショップ
¥ 3,980(2024/04/22 23:31時点)
【在庫有・即納】 【送料無料】エイトアップ液剤 5L ガーデニング用除草剤 除草剤 エイトアップ 5L
ダイユーエイト楽天市場店
¥ 7,852(2024/04/23 01:10時点)

ケイピンエース

ケイピンエースは、クズ・木本性つる類」枯殺の専用除草剤です。今までの除草剤とは異なるユニークな除草剤で、除草剤イマザビルをしみ込ませた、楊枝状の木針を根株に差し込んで枯死させます。持ち運びも簡単で、差し込んだ木だけ枯らすことができるので、他の樹木や有用植物があるところでも安心して使えます。

【ネコポス可 6個まで】除草剤 クズ・木本性 つる類防除剤 ケイピンエース 50本入 (イマザピル剤)
農薬・資材・農機のおてんとさん
¥ 1,080(2024/03/25 22:50時点)

除草剤の使い方

茎葉散布

グリホサート系除草剤は、1m以下の低木には、葉や茎に直接散布します。希釈倍率はそれぞれの除草剤のラベルに書かれている倍率を使いましょう。常緑樹は枯れにくいので希釈倍率の中で、一番濃度が高くなるよう希釈して、葉や茎に散布します。グリホサート系の除草剤は非選択性の除草剤ですので、近くに有用植物がある場合には、薬液がかかると枯れてしまうので気をつけましょう。

散布後に雨が降ると、薬液が流れて効果が薄れます。ラウンドアップは散布後1時間後、サンフーロンやエイトアップは散布後6時間雨が降らない日を選んで散布しましょう。

立木注入処理

木の幹の根元部分に穴を空けて直接薬剤を注入します。地上から30㎝ぐらいの場所に、ドリルで7㎝~8㎝ほどの穴を空けます。空けた穴に直接薬液をスポイトなどで1ml入れます。穴はガムテープなどでふさぎ、落葉してきたら伐採しましょう。

切株塗布処理

大きく太い木は、伐採してから切り株に薬液を添付して使います。なるべく地面に近い部分で伐採しましょう。切り口は新鮮な方がいいので木を切ってからしばらくたっている場合には、少し下をもう一度切ってから使います。原液を切り口に刷毛などをつかって、薬液をべったりとペンキをぬるようにたっぷり塗り付けます。

雨などが降りそうな時には、ビニール袋を薬液を塗った切り株に被せておくと、薬液が流れにくくなります。

根株差し込み(ケイピンエース)

ケイピンエースは、木針のようになっており、黄色と赤色の色が付いている部分と、木の部分があります。色がついていない部分に薬液が塗ってあります。色が塗っていない部分は、全部木に打ち込んで使います。

直径3㎝以上の根株に差し込むのが効果的です。3㎝ない場合には、木針の薬液が付いている部分が全部木に入らないため、使用はしないようにしましょう。つるには差し込みせず根株に差し込んで使います。

クズには根株に1本~3本、木本性つる類は、つるの根元の直径に合わせて、使いましょう。3.0cm:1~2本、3.1~5.0cm:3~4本、5.1~6.0cm:5~6本、6.1cm以上:7本~です。根元にドリルなどで穴を空け、木針を差し込みます。薬剤の部分が全部入るように差し込みます。抜け落ちると、他の木や植物に影響が出る恐れがあるので、気をつけましょう。

まとめ

除草剤を使って、すぐに効果はでません。切り株などの大木は完全に枯れるまでは1年以上かかります。また木は枯れると倒木の危険性もありますので、常に注意をしておきましょう。

クズやなどは枯らすとなると大変です。それぞれ除草剤の使い方や枯らし方の記事がありますのでそちらも参考にしてください。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

農薬販売届 受付番号:210-0099

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました