クボタ(KUBOTA)耕運機の知りたかったこと総ざらい

耕うん機
耕うん機道具
スポンサーリンク

クボタ(KUBOTA)は、国内首位の農業機械メーカーです。トラクター、コンバイン、バインダー、田植機、育苗施設、精米施設、米麦乾燥調製施設といったよく知られた農作業に直接関わる機械はもちろん、除雪機、パワーアシストスーツ、電動車いすといった意外な機械も手掛けています。

この記事では、クボタ(KUBOTA)耕運機について俯瞰して紹介します。

クボタ耕運機の種類(特長・価格・使い方)

クボタ耕運機のラインナップとして大きくは、「ミニ耕運機」、「耕運機」、「管理機」、「テーラー」の4つに分類されています。この中には電動式のほか、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンのモデルも含まれています。

「耕運」、「耕耘」、「耕うん」の違い

「耕運」は、正しくは「耕耘」と表記します。「耘」が常用漢字ではないため、「耕うん」と表記されることが多いです。ただし、新聞上では「耕運」と表記することが定められているため、一般には「耕運」と表記されることが普通となっています。

ミニ耕運機(家庭用耕運機・小型耕運機など)

家庭菜園から中規模圃場くらいまでの使用を想定した耕運機です。クボタは早い段階から園芸やそれにともなったミニ耕運機の需要拡大を予想しており、製品群を「菜園倶楽部」と名付けて充実させてきました。ヒット商品であったTMAシリーズやTMBシリーズで馴染みのある人もいるかもしれません。現在のラインナップは次の通りです。

ニューミディ 菜レント

電動式の耕運機(電動耕運機)です。充電バッテリーを用いるので、使用時に電源コードにつないでおく必要がありません(充電は家庭用電源でOKです)。騒音が少なく静かなので、早朝や住宅街であっても気兼ねなく使えます。軽量でコンパクトなので、持ち運びや収納に優れます。とにかく手軽に使えるのが魅力です。

使用燃料電気(充電バッテリー)
馬力(PS)0.4~0.8
重量(kg)21~30
タイプ車軸タイプ
対応面積~30坪程度
希望小売価格(税込)109,780~164,780円
クボタミニ耕うん機 ニューミディ菜レント<サイレント>TME13/TME20

ニューミディ カチット

燃料にガスを利用するガス耕運機です。カセットボンベには、鍋やバーベキューにも利用する岩谷産業の「イワタニカセットガス」が指定されています。同じく使用燃料にガスを使うモデルに「NEW 菜ビ」シリーズの「ニューフロント菜ビ カチット」もあります。

使用燃料ガス(カセットボンベ)
馬力(PS)1.9
重量(kg)27
タイプ車軸タイプ
対応面積~20坪程度
希望小売価格(税込)109,780円
カセットガス耕運機 ニューミディ [ Midy ] カチット TMC200 [ 耕耘機 耕うん機 管理機 送料無料 ] 受注生産品
プラウ 楽天市場店
岩谷産業 イワタニ カセットガス ボンベ 3本組 | ボンベ ガスボンベ カセットボンベ カセットコンロ 岩谷 卓上コンロ アウトドア 災害用 燃料 バーナー 鍋
オンラインショップ びーんず

Midy Smile-mini

Midy(ミディ)が冠された新型モデルです。コンパクトながらパワフルな耕運が可能です。使用燃料にガソリンを利用するものでコンパクトな耕運機を探している場合におすすめです。

使用燃料ガソリン
馬力(PS)2.2
重量(kg)16~22
タイプ車軸タイプ
対応面積~30坪程度
希望小売価格(税込)92,180~98,780円
クボタミニ耕うん機 Midy Smile-mini (TMS200)

ミディStyle

ミディもしくはMidyを冠しているシリーズの中で、もっとも高出力のエンジンを搭載しています。追加アタッチメントなしで、簡易畝立てができたり、移動車輪が装備されていたりと機能面でも充実しています。現行モデルは、TMS30です。

使用燃料ガソリン
馬力(PS)2.7
重量(kg)42~43.5
タイプ車軸タイプ
対応面積~30坪程度
希望小売価格(税込)99,000~134,750円

NEW 菜ビ

フロントロータリ仕様の耕運機です。耕運爪が前方にあるので、足元を気にせず安心して作業できます。ロータリには一軸正逆転が採用されており、ムラなく耕運できます。使用燃料がガソリンのFTR3500、使用燃料がガスのFTR3500-Cの2モデルあります(馬力等性能が異なるので注意が必要です)。

使用燃料ガソリンもしくはガス
馬力(PS)1.9~3.0
重量(kg)52~53
タイプフロントロータリタイプ
対応面積~120坪程度
希望小売価格(税込)162,030~163,900円

菜ビStyle

リアロータリタイプのエントリー機として位置づけられます。リアロータリのため、よりパワフルに耕すことができます。ロータリの逆回転や後進(バック)機能もついているため、本格的な耕運が実現できます。現行モデルは、TRS30です(楽ラク旋回機能の備わったTRS30-Dモデル、開閉式ロータリカバーの備わったTRS30-USDモデルなどがあります)。

使用燃料ガソリン
馬力(PS)3.0
重量(kg)52~55
タイプリアロータリタイプ
対応面積~120坪程度
希望小売価格(税込)157,080~187,000円
クボタミニ耕うん機 菜ビStyle<ナビスタイル>TRS30

陽菜Smile

プロ農家まで使えるミニ耕運機の人気シリーズです。現行モデルは、TRS500、TRS600、TRS700です(かつては、TRS60、TR60、TR6000というモデルもありました)。細かいニーズに合わせて、複数の型式があります。たとえば、大径タイヤかつセルスタータを備えた型式であればTRS600-JESといった具合です(リコイルスタータのものはTRS600-JUSといった具合です)。

使用燃料ガソリン
馬力(PS)4.2~6.3
重量(kg)87~99
タイプリヤロータリタイプ
対応面積~270坪程度
希望小売価格(税込)186,230~291,500円
クボタミニ耕うん機 陽菜Smile (TRS500/TRS600/TRS700)

陽菜Smile-Pro

陽菜Smileの上位機種です。エンジン能力が向上し、7.0馬力となっています。大径タイヤにより、けん引力も向上しています。サイズや重量は拡大していますが、リコイルを引くだけのらくらくスタート(始動)など使い勝手はそのままなので安心です。

使用燃料ガソリン
馬力(PS)7.0
重量(kg)158~163
タイプリヤロータリタイプ
対応面積~600坪程度
希望小売価格(税込)375,430~403,810円

フロント陽菜

フロントロータリタイプの陽菜です。耕運爪が前方にあるので、足元を気にせず安心して作業できます。ミニ耕運機のうち最高の9.0馬力を誇ります。ウェイトヒッチの標準採用により、低重心で安定した作業が行えます。

使用燃料ガソリン
馬力(PS)6.3~9.0
重量(kg)123~140
タイプフロントロータリタイプ
対応面積~600坪程度
希望小売価格(税込)298,430~407,440円

耕運機

ミニ耕運機と比べ、馬力や重量が増加していて、歩行用トラクタという呼称もしっくりきます。中規模圃場以上での使用を想定しています。クボタの耕運機シリーズはシンプルに1つのみで(現行モデルとしては、KRA750、KRA850、K75Rがあります)、使用燃料は軽油です。

使用燃料軽油
馬力(PS)7.5~8.5
重量(kg)283~334
希望小売価格(税込)590,480~881,980円

管理機

「ミニ耕運機」や「耕運機」よりも、さらに高度で多彩な管理作業を実現できます。アタッチメントの装着により、同じ管理作業を行える場合も多いですが、シリーズごとに特に得意とする作業があります。

ベジLite

耕運作業を得意とする管理機です。Liteの名前にふさわしく、コンパクトなサイズとなっています。アタッチメントの装着で、深耕(ミラクルロータ)、中耕培土(ニューイエロー培土機 尾輪付き)、整地(スーパー整地レーキ90)、草削り(草削りカゴロータ2形アッシ、T2フリー抵抗棒2形)といった管理作業が可能です。

使用燃料ガソリン
馬力(PS)4.2
重量(kg)56~57
希望小売価格(税込)136,180~240,790円

ニューベジマスター

耕運、畝づくり、マルチ、播種に適しています。野菜づくりに必要な作業を一通りこなすプロ向けの1台です。

使用燃料ガソリン
馬力(PS)4.3~7.1
重量(kg)71~77
希望小売価格(税込)250,360~544,830円
クボタ管理機 <ニューベジマスター><ニュースーパーベジマスター><ニューウネマスター>

ニュースーパーベジマスター

耕運、畝づくり、マルチ、播種に適しています。ニューベジマスターと比べ、馬力や重量が向上しています。フロントヒッチの最大ウエイトも向上していて、より大型のアタッチメントも装着できるようになっています。

使用燃料ガソリン
馬力(PS)7.0~12
重量(kg)102~121
希望小売価格(税込)322,300~654,170円
クボタ管理機 ニュースーパーベジマスタ― TA951N・TA1051N【ダイジェスト版】

ニューウネマスターJr.

畝づくり、畝間作業、土入れ、土揚げ、ベッドづくりに適しています。ハンドルを250°回転でき、ワンタッチでハンドル正位置と逆位置の切換えができます。主に中耕・培土を行うハンドル正位置の作業と土揚げを行うハンドル逆位置の作業が1台で行えます。

使用燃料ガソリン
馬力(PS)3.0~4.2
重量(kg)56~61
希望小売価格(税込)230,230~255,200円

ニューウネマスター

畝づくり、畝間作業、土入れ、土揚げ、ベッドづくりに適しています。ニューウネマスターJr.と比べ、馬力や重量が向上しています。小回りのきく1輪仕様、バランスのとりやすい2輪仕様があります。

使用燃料ガソリン
馬力(PS)4.2~6.3
重量(kg)74.5~87.5
希望小売価格(税込)239,030~342,540円

クボタねぎ管理機

白ねぎ栽培に適しています。開閉式ロータリカバーにより高く土揚げができ、また、ロータリ回転3段変速により植付け溝作りや埋め戻しといった白ねぎ栽培には欠かせない作業で実力を発揮します。

使用燃料ガソリン
馬力(PS)7.0
重量(kg)104~105
希望小売価格(税込)337,480~342,100円

テーラー

テーラーは、ロータリーを装着することで強力な耕運機になります。一方、後部に荷台(トレーラー)を装着すると、乗用の運搬機としても利用できるのが最大の特長です。クボタのテーラーシリーズはシンプルに1つのみです(現行モデルとしては、TG7000、TG9000、TG7000N、TG9000Nがあります)。

使用燃料ガソリン
馬力(PS)6.2~8.5
重量(kg)107~217
希望小売価格(税込)333,000~617,650円

クボタ耕運機の部品や交換修理

部品の入手や交換修理については、次の方法を参考にしてください。自力での対応が難しそうな場合は、お近くのクボタ農業製品取扱店に連絡してみましょう。クボタ耕運機をショッピングサイトで購入した場合、中古で購入した場合、他人から譲渡された場合のいずれであっても相談に乗ってもらえることが多いです。

部品(爪など)

よく使われる耕運爪やVベルトのような部品、培土器畝立て器のようなアタッチメントであればショッピングサイト(Amazon、楽天、yahoo、モノタロウ等)で入手できるものがあります。気軽に確認できますので、のぞいてみるとよいでしょう。

メンテナンスの手順~耕うん爪~

交換修理(エンジンオイル・ミッションオイルなど)

エンジンオイルやミッションオイルは、ご自身で補給もしくは交換することができます。説明動画が公開されているほか、取扱説明書やカタログで方法を確認できます(純正品を用いるよう案内があります)。

キャブレターなどの交換修理もご自身で行うことができますが、こちらは慣れている人以外はお近くのクボタ農業製品取扱店に連絡して相談してみた方が無難かもしれません。

クボタミニ耕うん機<陽菜Smile>~点検ポイント・各種オイルの交換~TRS500/TRS600/TRS700

クボタ耕運機を中古で買いたいときは

クボタ耕運機は、その性能に比して安価を実現していますので、新品でも手の届きやすい価格になっています。しかしながら、中古でもいいからもっと安く入手したいという人もいるでしょう。その場合におすすめなのが、大手オークションサイトである「ヤフオク!」を利用する方法です。

オークションというと価格を随時確認しなくてはいけないなど煩わしいイメージがあるかもしれませんが、実は現在の「ヤフオク!」には「定額」で出品されている商品が多くあります。「定額」で出品されている商品は、オークション形式とは異なり、表示されている価格に対し購入ボタンを押すだけで即時取引完了となります。このように煩わしさもなくなっているばかりか、農機商品の取扱い数も急拡大しており、非常に使い勝手のよいサービスに進化しています。

以下にリンクを用意しましたので、ぜひ一度のぞいてみるとよいでしょう。

=>ヤフオク!で検索してみる

まとめ

日本におけるクボタは、稲作関連機器(播種機・育苗機・ほ場水管理システム・ポンプ・色彩選別機・精米機・玄米保冷庫)、野菜関連機器(移植機・野菜収穫機・調整選別機・包装機・管理機用アタッチメント)、果樹関連機器(噴霧機散布機)などの農業のイメージが強い会社かもしれません。

しかし実は、「食料」、「水」、「環境」をキーワードに幅広い領域で事業を展開しているグローバルカンパニーでもあります。2019年度の海外売上高比率は69%、ビジネス展開は120ヶ国以上となっています。アジア(カンボジア・バングラデシュ・ラオス)、中東(アラブ首長国連邦・オマーン・カタール・サウジアラビア・ヨルダン)、アフリカ(エジプト・タンザニア・チュニジア・南アフリカ)、中南米(ドミニカ共和国)、オセアニア(パプアニューギニア)といった国々で事業を通じた国際貢献を行っています。

クボタ製品を利用することが、回り回って国際貢献につながっていることを想像するとなんとも嬉しいものです。あなたもクボタの耕運機を手に取って、世界とつながってみませんか。

この記事を書いた人
農家web編集部

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。
皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web