耕運機のエンジン、オイル交換の基礎知識

耕うん機
耕うん機道具
スポンサーリンク

耕運機の動力の主役はエンジンです。モーターを搭載した電動耕運機もありますが、水田や畑など本格的な耕作にはエンジン耕運機が欠かせません。エンジンは自動車やバイクでも使われていて身近であるはずなのに、基本的な仕組みやメンテナンス方法は意外と知られていないかもしれません。

この記事では、耕運機のエンジン、オイル交換について知っておきたい基本的な知識を紹介します。

エンジンの種類

エンジンとは、燃料を燃焼させることで発生する熱エネルギーを機械エネルギーに変換し、動力として利用する装置のことです。より具体的には、燃焼室とよばれる密閉管の中で爆発(急速な燃焼)を起こし、その圧力でピストンを往復運動させることによって機械エネルギーに変換しています。耕運機のエンジンは、その機構に違いにより、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンに大別されます。

「耕運」、「耕耘」、「耕うん」の違い

「耕運」は、正しくは「耕耘」と表記します。「耘」が常用漢字ではないため、「耕うん」と表記されることが多いです。ただし、新聞上では「耕運」と表記することが定められているため、一般には「耕運」と表記されることが普通となっています。

ガソリンエンジン

着火に電気火花を利用するエンジンです。燃料にガソリンを使用します。耕運機をはじめとする農業機械においては、さらに4サイクル(4ストローク)および2サイクル(2ストローク)のガソリンエンジンが存在します。

4サイクル(4ストローク)

4サイクルエンジンでは、吸気→圧縮→爆発→排気の4つの行程で一周期が完了します。これを周期的に動かして動力を発生させています。吸気バルブが燃焼室の上についているものをOHV(オーバーヘッドバルブ)といい、他に吸気バルブが燃焼室の横についているSV(サイドバルブ)もあります。現行の大部分の耕運機では、4サイクルが採用されています。2サイクルと比べた場合の特長は、以下の通りです。

  • 燃費がよい
  • 振動が少なく振動障害が起こりにくい
  • 排気ガスに含まれる有害成分が少ない
  • 混合燃料を使用する必要がない

2サイクル(2ストローク)

2サイクルエンジンでは、4サイクルエンジンでも行われていた4つの行程が重複して同時に行われます。具体的には、吸気および圧縮→爆発および排気の2つの行程で一周期が完了します。これを周期的に動かして動力を発生させています。構造が簡単なため小型化や軽量化しやすく、刈払機、チェンソー、動力噴霧機、動力散布機などで広く採用されています。耕運機ではあまり多くはありませんが、リョービ国華園の耕運機などで採用されています。4サイクルと比べた場合の特長は、以下の通りです。

  • 同サイズでは出力で優る
  • 小型化や軽量化しやすい
  • 安価であることが多い
  • メンテナンスが簡単

ディーゼルエンジン

着火に圧縮熱を利用するエンジンです。燃料に軽油を使用します。ドイツ人のルドルフ・ディーゼル氏によって発明され、その名にちなんでディーゼルエンジンとよばれています。ディーゼルエンジンには、熱効率が高く、トルクが大きく、耐久性に優れるといった特長があります。これらの特長から、大型耕運機やトラクターなど大きめの農業機械に採用されていることが多いです。

実はディーゼルエンジンにも、4サイクルと2サイクルのタイプがそれぞれあります。しかしながら、農業機械のディーゼルエンジンではすべて4サイクルが採用されているので、区別することなく単にディーゼルエンジンとよばれます(2サイクルのディーゼルエンジンは、船舶などで採用されています)。したがって、4サイクルや2サイクルという話が出た場合には、ガソリンエンジンを指していることになります。

エンジンの息継ぎが起きる原因は?

エンジン耕運機を使っていると、エンジンの動作が安定せず、強くなったり弱くなったりを繰り返す「息継ぎ」症状が発生することがあります。一口に息継ぎと言っても、発生状況や原因はさまざまですが、はじめに疑いたいのはキャブレターの不良です。キャブレターとは気化器のことで、燃料を霧状にし空気との混合気をつくる部品です。このキャブレターに汚れがたまることで不良となるケースが多いです。まずは汚れを溶かしてきれいにする「キャブレタークリーナー」を吹きかけることで様子をみるとよいでしょう。改善が見られなければ、キャブレターを分解して、別の原因を探る必要があります。

エンジンオイル

エンジンオイルには多くの役割があります。潤滑、清浄、衝撃吸収、密封、冷却、防錆などです。これらの役割を果たすためには、エンジンオイルが劣化していない新鮮なものであることが必要です。エンジンを動かしていなくても、エンジンオイルは自然に劣化していきますので、定期的に交換しなくてはいけません。交換を怠ると機械の寿命を縮めてしまうばかりか、ひどい場合にはエンジンの焼きつきにより新しいものに載せ換えるほかないということにもなりかねません。

エンジンオイルには規格があり、「API分類」と「SAE分類」の2つによって示されることが多いです。API分類は性能やグレードを示し、SAE分類は粘度を示しており、たとえば以下のように表記されます。

CD/SF 10W-30
API分類 SAE分類

耕運機をはじめとする農業機械では、使用するエンジンオイルが取扱説明書に記載されていますので、指定のものを使うようにしましょう。一般的にはガソリンエンジンでは「SF 10W-30」、ディーゼルエンジンでは「CD 10W-30」のものが使われることが多いです。

クボタ耕運機のエンジンオイル交換

クボタ耕運機のエンジンオイルやミッションオイルは、ご自身で補給もしくは交換することができます(説明動画が公開されているほか、取扱説明書やカタログで方法を確認できます)。

クボタミニ耕うん機<陽菜Smile>~点検ポイント・各種オイルの交換~TRS500/TRS600/TRS700

ヤンマー耕運機のエンジンオイル交換

ヤンマー耕運機のエンジンオイルやミッションオイルは、ご自身で補給もしくは交換することができます(説明動画が公開されているほか、取扱説明書やカタログで方法を確認できます)。

ミニ耕うん機 YK-MRシリーズ オイルの点検、補給、交換のしかた

主なエンジン耕運機

エンジンを搭載しているエンジン耕運機は、さまざまなメーカーが製造販売しています。ここでは、その中からいくつかピックアップして紹介します。

マキタ

マキタ(makita)は言わずと知れた電動工具のトップメーカーです。マキタでは「アタッチメントを使用する事で、耕うんだけでなくうね立て等の作業も可能なモデルを管理機と呼びます」と明示しています。したがって、一般的には耕運機とよばれるようなものも、マキタ製品においては管理機とよばれていることも特筆点といえます。

ナカトミ

ナカトミ(NAKATOMI)は、長野県に本社を構える産業機械メーカーです。派手さはありませんが、安全性・使いやすさ・品質にこだわった製品を展開しています。「ドリームパワー ERC-15D」も同様に、過不足なく必要な機能が詰め込まれています。レッドとブラックで彩られたクラシックスタイルの機体がおしゃれです。

その他

他にも多くのガソリン耕運機があります。大手農業機械メーカーが販売する現行のガソリン耕運機を一覧表にまとめました(ガソリンだけでなく、電気やガスを動力源とする耕運機も含めています)。なお比較がしやすいように、一部の数値については、メーカー公表値から農家web編集部にて当該単位に換算したものを記載しています。

製品
カセットガス耕運機 ニューミディ [ Midy ] カチット TMC200 [ 耕耘機 耕うん機 管理機 送料無料 ] 受注生産品
プラウ 楽天市場店
クボタ
TMS200
クボタ
TRS90
ヤンマー
QT17
ヤンマー
YK750SP,Z
イセキ
KCR605HXW
小型管理機(耕運機) VAC2450 4サイクルエンジン式 耕運幅480/225(分割式) ISEKI(イセキ)【取寄商品】
グラントマト 楽天市場店
小型管理機(耕運機) VAC3600 4サイクルエンジン式 ISEKI(イセキ)【取寄商品】
グラントマト 楽天市場店
三菱 ガスミニ耕耘機 ELR20
ノウキナビ新品ショップ タガヤス
三菱 管理機 MFR30A
ノウキナビ新品ショップ タガヤス
三菱 管理機 MM2
ノウキナビ新品ショップ タガヤス
三菱 管理機 MMR300A
ノウキナビ新品ショップ タガヤス
【直送品】 ホンダ (HONDA) 耕うん機 FFV300 《耕うん機 カセットボンベ仕様 デフ付》 【特大・送料別】
道具屋さん楽天市場店
【購入特典あり】ホンダ ミニ耕うん機 【プチな FG201 JT】 ガソリン式 [耕運機 耕耘機 農業機械 小型 家庭 耕うん機]
【菜園くらぶ】家庭菜園の専門店
ホンダ ミニ耕運機 【 こまめ F220 JT 】 ガソリン式 [耕耘機 耕うん機 小型 家庭]
【菜園くらぶ】家庭菜園の専門店
【ポイント10倍】 【直送品】 ホンダ (HONDA) 耕うん機 FF300 《耕うん機 デフ付》 【特大・送料別】
道具屋さん楽天市場店
動力源電気ガスガソリンガソリンガソリンガソリンガソリンガソリンガソリンガソリンガソリンガソリンガソリンガソリンガソリンガソリンガソリンガソリンガソリンガソリンガスガソリンガソリンガソリンガスガスガソリンガソリンガソリンガソリンガソリンガソリン電気ガソリンガソリンガソリンガソリンガソリンガソリン電気50(ガソリン):1(2サイクル専用オイル)
タイプ車軸ローター車軸ローター車軸ローター車軸ローターフロントロータリリアロータリリアロータリリアロータリフロントロータリ車軸ローター車軸ローターリアロータリリアロータリフロントロータリフロントロータリリアロータリリアロータリリアロータリ車軸ローター車軸ローターリアロータリフロントロータリ車軸ローターリアロータリ車軸ローターフロントロータリ車軸ローター車軸ローター車軸ローターフロントロータリリアロータリリアロータリ車軸ローター車軸ローター車軸ローターリアロータリフロントロータリリアロータリリアロータリ車軸ローター車軸ローター
全長×全幅×全高(mm)1137×485×8911125×480×10651100×575×9801200×650×10801370×550×10901285×490×10501520×620×10351850×720×11701630×680×10701060×540×9601265×620×10301470×610×11301565×710×11251225×555×10501235×540×10951320×580×10301440×580×11501525×600×10351060×540×9601085×550×9651375×575×10901370×550×10901100×575×9801355×575×10901055×485×9901465×465×10151060×475×9901115×585×9751340×655×10801465×465×10151385×560×10501480×570×10251119×488×9251,075×480×9771140×660×10601355×575×10901370×550×10901340×600×11301340×600×11301040×480×9651040×480×965
重量(kg)2127224253528715812520378013955627791101203560542261205418275251719323.218376153868718.519
最大出力(馬力)0.41.92.22.73.03.04.27.06.31.63.04.27.03.02.73.84.15.41.62.72.23.02.23.01.51.62.22.04.92.03.34.90.981.43.03.03.06.36.31.7
耕運幅(mm)400420575650500450550600600480550500600500500500500550480550500500575500350450450545630410460510350430600500500550550360360
対応面積目安(坪)~30~20~30~30~120~120~270~600~600~30~5060~60~~120~30~120~270~270~50~80~30~30~100~30~100~300~100~100~300~20~30~150~150~150~300~300~30
希望小売価格(税込)109,780円109,780円89,800円106,480円162,030円157,080円186,230円385,000円308,440円82,500円98,780円183,700363,000円167,200円190,300円187,000円242,000円274,320円72,600円100,100円163,900円160,600円91,300円159,500円109,780円209,000円75,900円109,780円149,380円177,980円175,780円250,800円102,960円94,050円161,700円218,900円220,000円295,900円326,700円61,000円91,000円

エンジン耕運機を中古で買いたいときは

新品でなくてもいいからエンジン耕運機をもっと安く入手したいという人もいるでしょう。その場合におすすめなのが、大手オークションサイトである「ヤフオク!」を利用する方法です。

オークションというと落札するために価格を随時確認しなくてはいけないなど煩わしいイメージがあるかもしれませんが、実は現在の「ヤフオク!」には「定額」で出品されている商品が多くあります。「定額」で出品されている商品は、オークション形式とは異なり、表示されている価格に対し購入ボタンを押すだけで即時取引完了となります。このように煩わしさもなくなっているばかりか、農機商品の取扱い数も急拡大しており、非常に使い勝手のよいサービスに進化しています。

以下にリンクを用意しましたので、ぜひ一度のぞいてみるとよいでしょう。

=>ヤフオク!で検索してみる

まとめ

この記事では、耕運機のエンジン、オイル交換について知っておきたい基本的な知識を紹介しました。耕運機以外でもエンジンを搭載している農業機械は実に多く、刈払機、芝刈機、チェンソー、ポンプ、動力噴霧機、動力散布機、集塵機、発電機などがあります。製造販売するメーカーも多く、今回紹介したところ以外ではイセキ(イセキアグリ)やまびこ(共立)オーレックオカネツ工業みのる産業高儀キンボシパオックヤードフォースなどがあります。それだけにエンジンについて基本的な知識をもっておくと、役に立つ場面も多いはずです。

近年の技術進歩により、エンジンではない動力も広まりはじめています。しかしながら、農業機械が利用される環境や場面を考えると、動力の主役がエンジンである状況はしばらく変わりそうもありません。ぜひともエンジンの扱いにも慣れておきましょう。

この記事を書いた人
農家web編集部

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。
皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web