農家web防除暦サービスのバナーです。
プランター栽培果菜類

プランターで始める 万願寺とうがらし栽培  

当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています。

万願寺とうがらし プランター栽培

京野菜の万願寺とうがらしは、病気や害虫に強く初心者の人でもプランターで簡単に栽培することができます。

ここでは、万願寺とうがらしののプランター栽培について、タネや苗から始める手順から収穫までの栽培方法を、家庭菜園が初めての人にもわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

万願寺とうがらし栽培について

万願寺とうがらしの基礎知識

唐辛子には、鷹の爪やハバネロなどの辛い「トウガラシ」と、辛みのない「甘とうがらし」があり、ししとうやピーマンは甘トウガラシです。万願寺とうがらしは、ししとうの品種ですが、一般的なシシトウより大型で甘みが強いので「甘長とうがらし」に分類されています。

京都の舞鶴生まれのブランド京野菜で、以前は限られた地域でしか流通していませんでしたが、現在は甘長トウガラシの代表的品種として、全国に広がっています。

病気や害虫に強いので初心者の人でも作りやすい野菜です。しかし種から育てると育苗の時期が2ヵ月ほどかかるので、初心者の人は市販の苗から始めるとよいでしょう。

暖かい気候を好み、暑さには強いですが寒さに弱いので、遅霜の心配がなくなった春に植え付けをし、夏から秋まで収穫が楽しめます。肥料と水が不足すると、果実が辛くなるので注意して育てましょう。

作物名マンガンジトウガラシ
科目ナス科トウガラシ属
原産地日本
発芽適温(地温)25℃〜30℃
生育適温28℃~30℃
土壌酸度(pH)6.0〜6.5
育てやすさ簡単

栽培時期

万願寺唐辛子の栽培時期は、暖かくなってきた春にタネまきや植え付けをし、初夏から秋まで長く収穫することができます。寒さに弱いため、遅霜の心配がなくなってから植えつけしましょう。

地域播種(タネまき)時期植え付け時期収穫時期
寒冷地4月下旬~6月中旬5月下旬~7月中旬6月下旬~9月中旬
中間地3月下旬~6月5月~7月6月中旬~10月
暖地3月~6月4月下旬~7月6月~10月
スポンサーリンク

万願寺とうがらしの育苗(種まき)

万願寺とうがらしは、タネから育苗するのは、保温できる環境がある場合に限ります。育苗期間は2ヵ月以上かかります。

トウガラシの苗

用意するもの

  • 万願寺とうがらしの種
  • ポリポット(4号 12cm)
  • タネまき用培養土
京野菜 種 『万願寺とうがらし』 タカヤマシード/小袋(1ml)
種兵ネットショッピング
¥ 385(2024/03/29 20:19時点)

手順

  1. ポットに培養土をいれ、直径3cm、深さ1cmほどの穴を空けます。
  2. 穴に2粒~3粒種をまき、5㎜ほど土をかぶせて手でかるく押さえます。
  3. タネをまいたら、たっぷり水やりをします。
  4. 本葉1枚~2枚の頃が開いたら、生育の良い、1本をハサミで切って間引きます
  5. 本葉が8枚~9枚、最初の花が咲く直前まで大苗に育ててから植えつけます。

育苗のポイント

  • 発芽温度は高め、25℃~30℃が目標温度です。最低15℃以下にはならないように、室内で管理するか、保温マットや寒冷紗、ホットキャップなどをつかって、低温から守ります。
  • 発芽までは、タネが乾燥しないように気をつけましょう。水やりは午前中の暖かくなってきてからあげるとよいでしょう。
  • 芽がでたら、すぐに日に当てて徒長しないように育てましょう。
  • 種まきから発芽まで7日~10日、育苗期間は60日~90日ほどかかります。
  • 育苗中は、生育温度が28℃~30℃と高めなので保温し、水やりは表面の土が乾いたら与えます。
  • 植えつけ時に育苗用の培養土であれば肥料がはいっているので、特に必要ありません。
スポンサーリンク

万願寺とうがらしのプランター栽培の手順(苗の植えつけ)

万願寺とうがらしの苗は、植え付け時期になるとホームセンターなどでも販売されます。プランターで育てるなら1株で十分なので、市販の苗が簡単でおすすめです。

市販の苗の選び方

  • 本葉8枚~10枚程度(一番花のつぼみがあるとより良い)
  • 葉がきれいで、病気などにかかっていないもの。
  • 茎の節と節の間が詰まっており、徒長(ひょろひょと間延び)していないもの
  • 全体的に、茎が太くがっちりしているもの

本葉5枚~6枚程度の苗が良く売られています。そのまま植え付けしても大丈夫ですが、9cmのポリポットで販売されているものは、12cmのポリポットに植え替えして、本葉8枚~9枚まで育ててから植えつけるとより良いでしょう。

準備するもの

  • 万願寺とうがらしの苗(種から育苗したもの or 市販の苗)
  • 丸形プランター(直径30cm、深さ30cm以上)
  • 野菜用の培養土
  • 鉢底石
  • 肥料
  • 支柱(80cm程度)、麻紐

手順

万願寺とうがらしのプランター栽培の手順
  • 手順1

    プランターの準備

    プランターに、底が隠れる程度に鉢底石を入れます。
    その上から、野菜専用培養土をプランターの上部2〜3cm程度のところまで敷き詰めます。側面を軽くたたいて土を落ち着かせます。

  • 手順2
    苗の植えつけ

    プランターの中央に苗を植えつけます。
    根鉢よりも大きめの植穴を掘り、水を穴に注ぎます。
    水が引いたら、ポットから根鉢をこわさないように苗を抜き、穴に苗を植えつけます。株元を軽く押さえ、たっぷり水やりをします。

  • 手順3
    支柱立て

    植えつけ後すぐに支柱をたてておきましょう。
    支柱は直立式で立てます。株から3cmほど離れたところに、80cmほどの支柱を立て、茎と支柱を紐で結んで誘引します。

  • 手順4
    わき芽かき

    一番花が咲く頃、一番花から下のわき芽(葉と茎から伸びる芽)はすべて摘み取ります。生長するとまたわき芽がでてくるので、都度摘み取ります。

  • 手順5

    実が付いたら、2週間に1度追肥をします。化成肥料10g程度を株の周りにばらまいておきます。葉色が濃いときには、追肥は控えます。

  • 手順6
    収穫

    果実が10cmほどになったら、収穫のタイミングです。
    つけ根の部分をハサミで切って収穫しましょう。

万願寺とうがらしのプランター栽培 育て方

容器・用土

容器は、深さ30cm以上の大型プランターを使います。丸形のプランターであれば直径30cm以上に1株、横幅55cm~60cm程度の大型プランタ―なら2株植えることができます。株間は30cm程度開けるとよいでしょう。

25リットル鉢【NPポット】直径38cm/25L(12号鉢相当) 大型 植木鉢 プラ鉢 #25
花実樹(はなみき)
¥ 980(2024/04/20 18:47時点)
深型 プランター 55型ブラウン再生プラでエコ家庭菜園 野菜 深型プランター 屋外 大型 プラスチック 長方型
ガーデニング用品テラコッター
¥ 880(2024/04/20 15:51時点)

用土は市販の元肥入りの野菜の培養土が適しています。自分で配合する場合は、赤玉土6腐葉土3、バーミキュライト1の割合に苦土石灰を1ℓあたり1g、緩効性肥料を10g程度配合します。

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用14L 〜 元肥マグァンプK入り培養土 3,300円以上送料無料
ガーデニングどっとコム
¥ 1,188(2024/03/26 14:41時点)
有機にこだわった野菜の培養土 約14L[g7]【クーポン配布店舗】
Gardening園芸と土 刀川平和
¥ 850(2024/04/18 15:05時点)
タキイ 花と野菜の土 20L 1~3袋セット 最高級園芸培養土 野菜の土 培養土 タキイ種苗 野菜 土 軽い 園芸 倍土 野菜 家庭菜園 ベランダ菜園 タキイの土 園芸用土 高級培養土 ガーデニング 送料込
Nicoco プランター菜園を楽しむ会
¥ 2,480(2024/03/29 13:59時点)

栽培環境・水やり

万願寺とうがらしは日当たりが良く、風通しの良い場所を好みます。寒さに弱いので、気温が低い日は室内に取り込む、育苗時は、ホットキャップや苗カバーなどをすると発芽率や生育がよくなります。わき芽かきは、日照と風通しを良くするため、都度行ってください。実の付きもよくします。

苗カバー 苗ドーム(大)5枚入りセット 直径35cm×高さ24cm
イケダグリーンセンター
¥ 1,210(2024/04/19 16:36時点)

育苗時期の水やりは、発芽までは、タネが乾燥しないように気をつけましょう。水やりは午前中の暖かくなってきてからあげます。植えつけ直後はたっぷり水を与え、その後は土の表面が乾いたら鉢底から水がでるまでたっぷり与えます。水切れすると果実が辛くなる可能性があります。特に夏は朝と夕方に水やりをして、水切れに注意しましょう。                                                                                                                                                                               

肥料

プランター栽培の場合肥料は、元肥と追肥を行います。元肥とは植え付け時に施す肥料で、プランターなどでは、元肥入りの野菜の培養土などが便利です。肥料がはいっていない土や、自分で配合した場合は、緩効性肥料を土に混ぜて使います。

唐辛子類は、肥料が足りないとストレスで果実が辛くなることがあります。収穫期間が長いので肥料を切らさず育てましょう。

肥料は化成肥料8-8-8や、有機肥料液肥も使えます。ハイポネックスの「今日から野菜 野菜の肥料」や住友化学園芸「マイガーデンベジフル」などの肥料も使えます。これらの肥料はゆっくり効き成分も入っているので今日から野菜は、1.5ヵ月ごとに1回、マイガーデンベジフルは2.5ヵ月~3か月ごとに1回を目安に、苗の様子を見て与えましょう。

ハイポネックス 今日から野菜 野菜の肥料 300g
姫路流通センター
¥ 318(2024/04/18 17:37時点)
住友化学園芸 マイガーデン ベジフル 700g(N7・P7・K10・Mg1.5)【HLS_DU】 関東当日便
charm 楽天市場店
¥ 680(2024/04/23 02:07時点)
化成肥料8-8-8 5kg
ガーデニングどっとコム
¥ 1,399(2024/04/23 21:21時点)

支柱立て

万願寺とうがらしは草丈が高くなり、実がなり始めるとその重さに耐えられなくなります。栽培当初から支柱を立てて育てましょう。

支柱は、一番簡単な直立式と呼ばれる方法で立てます。

  1. 株から3cmほど離れたところに、1m~1.2m程度の支柱を10㎝ほど土に差し込みます。
  2. 株元から10㎝程度の主枝の茎と、支柱を麻紐で縛ります。
  3. 草丈が伸びてきたら、適時紐で結んで誘引します。1本で支えられなくなったらもう1本支柱を立てましょう。
ピーマンを園芸支柱に誘引している様子の画像です。ピーマンの植え付け時にはまず仮支柱をして誘引し、その後に本支柱を立てて3本仕立て、もしくは4本仕立てにしていきます。

わき芽かき

万願寺とうがらしの茎は、一番花の上で2本に分かれて、その後も花の咲くところで分岐しながら大きくなります。一番花が咲いたら、それより下のわき芽はすべて取り除きましょう。手でひねっても簡単に取れます。

芽かきは、株元を風通し良くし、病気の予防にも役立ちます。また実つきもよくなるので、最初に取り除いた後も、随時わき芽がでてきたら取っておきましょう。

収穫

万願寺とうがらしは、緑色の未熟果を収穫します。果実は、長さ15cmほどになりますがあまり大きく育てると、株が疲れてしまうので、10cmほどの長さになったら収穫しましょう。特に株の生長のために、一番最初に付いた実(一番果)は、早めに摘み取りましょう。

収穫が進むと、成り疲れが起きて「曲がり果」などが増えます。曲がり果はストレスがかかっているので辛味が出る可能性もあります。収穫量も減ってくるので、小さなうちに摘果するとよいでしょう。

収穫したものが辛い場合には、肥料不足の可能性もあるので液体肥料を水やり代わりに与えるとよいでしょう。唐辛子と同様に、熟すと赤くなります。赤くなると実が固くなり、株も疲れてしまうので未成熟のうちに収穫をしましょう。

果実が黒くなるのは、「黒あざ果」と呼ばれる現象で、紫外線の影響で、植物色素のアントシアニンの発生したためです。病気ではないので、見た目は悪いですが食味はかわらないので食べられます。(お尻の方が黒くなるのはカリウムが不足するとおきる尻腐病です。)

病害虫

万願寺とうがらしは、病害虫が少ない野菜の一つですが、害虫はアブラムシハダニコナジラミミカンキロアザウマ、ミナミキイロアザミウマオオタバコガなどの害虫が発生することがあります。これらの虫が発生した時は、粘着テープで除去する、また殺虫剤などの薬剤で駆除、防虫する方法があります。どちらにせよ、早く対応するに越したことはないので、発見した時はすぐに駆除し、防除を心掛けるようにしましょう。

病気は、うどんこ病、疫病、斑点病などにかかることがあります。葉に斑点がでたり、茶色く枯れたりしてきたら病気を疑いましょう。対策は梅雨に高温多湿によるカビの被害が多いので、梅雨は軒下で雨があたらないようにし、風通しがよく日当たりの良い場所で育てましょう。枯れ葉をとったり、枝葉を剪定して、株元が混まないようにするのも効果的です。

また古い土を使う場合、連作障害が起きやすいので、ナス科を育てた土での栽培は行わないようにしましょう。

まとめ

万願寺唐辛子は、「とうがらしの王様」と呼ばれ、煮物や焼き物、揚げ物など幅広い料理につかえる栄養価の高い夏野菜です。他にも甘長とうがらしには「伏見甘長とうがらし」や「甘とう美人」などがあります。

上手く栽培すれば1株で100個以上できるので、プランター栽培でも十分収穫を楽しめます。人気の野菜ですので、時期になれば苗が多く売られているのを見かけます。ぜひ家庭菜園で、万願寺とうがらしを育ててみてください。

編集さん
編集さん

この他にも、農家webには野菜のプランター栽培の記事がたくさんあります。
野菜の名前から、プランター栽培の記事が探せます

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

農薬販売届 受付番号:210-0099

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました