農家web防除暦サービスのバナーです。
果樹

イチジク栽培 品種や育て方で変わる摘芯・芽かき・剪定の方法

当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています。

果樹

イチジクは家庭でも育てやすく、地植えだけでなく鉢やプランターでも栽培が可能です。良質な果実を収穫するには、摘芯(摘心)・芽かき・剪定が重要です。

ここでは、イチジク栽培にとって大切な摘芯(摘心)・芽かき・剪定の方法について、品種や仕立て方や育て方別にわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

イチジクの栽培について

イチジクの基礎知識

イチジクは、落葉性のクワ科イチジク属の植物で、学名はFicus caricaと言います。野菜などと異なり樹木なので多年生ですが、耐寒性がやや弱く、関東より北の露地では地植えでは越冬できないとされています。

イチジクは漢字で「無花果」と書く通り、果実の中に花をもつため、外から花を見ることができません(単為結果により、受粉することなく果実ができます)。品種にもよりますが、長いものでは6月下旬から10月中旬くらいの秋まで収穫できる点も特徴です。

日照時間が長い方が好ましいので、日陰ではなく日当たりのよいところをイチジクの置き場として設定しましょう。樹高は1m〜5m程度になりますが、鉢植えでの栽培の場合は剪定をしっかりと行えば、1.5m程度で育てることが可能です。

学名Ficus carica
属名クワ科イチジク属
原産地アラビア南部、南西アジア
樹高・草丈1〜5m
耐寒性等耐寒性はやや弱く、温暖湿潤な土地で育ちやすい
イチジクの基本情報

品種について

イチジクの品種は日本では30種類以上が流通していますが、果実のなる時期により、「夏果専用種」「夏秋果兼用種」「秋果専用種」の大きく3つに分類されます。夏果は梅雨の時期に収穫が重なるので生産が不安定になる、また秋果の方が収穫量が多い品種が多いため、秋果の方が収穫が容易です。夏秋果兼用品種も秋果だけ収穫する農家も多くいます。

品種により剪定方法が違うので、必ず品種名がはっきりした苗木を購入しましょう。

品種名タイプ特徴
桝井ドーフィン夏秋果兼用種日本のイチジクの代表品種。大果で、育てやすい。
スーパーで売られているのは大半がこの品種。
蓬莱柿(ほうらいし)
(早生日本種)
秋果専用種小果で果肉がやわらかく、酸味が強く独特な風味で人気がある。
耐寒性が強い。日本でも流通が多い品種です。
ホワイト・プロリフィック夏秋果兼用種コンパクトに育ち鉢植えに向いている品種。
豊産で日持ちがよく、非常に味がよい。
ビオレ・ドーフィン夏果専用品種大果で裂果しにくい品種。多汁で甘味が強く濃厚な味。
樹勢は強く、枝が横に広がって伸びている開帳型になる。

仕立て方

仕立て方はいくつかありますが、果樹の仕立て方でよく使われる「開心自然形仕立」」や、収穫や剪定の作業が楽な「一文字仕立て」がよく使われます。仕立て方により剪定や整枝方法も変わります。

開心自然形仕立て

開心自然形仕立ては、主枝を3本決め、斜め上に枝を放射線状に伸ばして仕立てます。果樹の仕立て方の基本で、イチジクの仕立て方としてもよく使われます、樹高が高くなりにくく、管理しやすい樹形で品種を選びません。

一文字仕立て

一文字仕立ては、主枝を2本の残し、その主枝を水平に伸ばして誘引して仕立てます。漢数字の一のように仕立てるので、一文字仕立てと呼ばれます。秋果に向いている仕立て方で、樹勢の強いビオレ・ドーフィンなどには向きません。剪定も容易で、収穫が安定する仕立て方です。

イチジクの剪定・整枝について

イチジクは枝を整枝することで、枝や葉に養分が分散しないようにし、果実に栄養がいき良質な果実を収穫することができます。

芽かきとは、不要な芽をかきとることで、イチジク栽培の場合は果実がなる枝を間引くために行います。芽かきを行わないと、多数の果実がつきますがひとつひとつに栄養がいかなくなり、小果になったり日当たりがわるくなり、味が落ちてしまいます。

摘芯(てきしん)とは、茎や枝の最先端の芽を摘む作業で、ピンチとも呼ばれます。摘芯をすることでわき芽を増やしたり、生長を止めたりすることができます。イチジクの場合は樹高が高くなりすぎないようにしたり、伸びすぎた枝に栄養が分散し、果実に栄養がいかなくなることを防ぐために行います。

剪定は、休眠期の冬に行う作業で翌年により良い果実を収穫するために、不要な枝を整理する重要な作業です。品種や仕立て方により方法がかわるので注意が必要です。

スポンサーリンク

植え付け1年目の管理

イチジクは、植えつけた年には収穫はせず翌年のために、樹木を仕立て株を充実させましょう。果実のついた苗を購入した場合は、すでにこの処理が終わっているので冬に通常の剪定を行いましょう。

植え付け時の剪定

休眠期に棒苗を植え付けした後に剪定します。鉢植えなら地際から30cm、地植えなら40㎝~50cmのところで切り戻します。

春の剪定

5月頃になると新しい枝が伸びてきます。仕立て方により主枝を剪定します。開心自然形の場合は主枝を3本、一文字仕立ての場合は主枝を2本残します。勢いのある枝を残して、あとは根元から剪定します。

一文字仕立ての場合は、そのままでは一文字にはならないので地植えなら支柱を立て、誘引する必要があります。プランタ―の場合は、プランタ―と紐で結んで誘引するのが簡単です。

冬の剪定

休眠期の12月~2月の間に、冬の摘心をしておきましょう。

秋果を収穫するのであれば、伸ばした主枝を20cm~30cmの長さに剪定します。芽が2~3芽残すように剪定しましょう。

夏果を収穫する場合は、伸びた主枝の先端を切り落としましょう。花芽が先端付近に多くついているので、すべて切り落としてしまわないように気をつけましょう。夏秋果兼用種は秋からの収穫がおすすめです。

スポンサーリンク

イチジクの芽かき・摘芯の方法

植え付け2年目からは収穫のための芽かき、摘芯が必要です。芽かきや摘芯は、植えつける場所や仕立て方により方法が変わるため、それぞれ栽培方法の芽かき・摘芯のやり方について説明します。

地植え(開心自然形仕立て)の場合

開心自然形は、どんな品種にでも使える仕立て方で樹高が高くならずに、管理しやすい形です。

芽かき

冬に剪定した枝から新梢が伸びてきます。新梢に果実がつくので栄養が分散しないように、長くなる前に切り取ります。時期は各枝に葉が3~4枚付いたころ、地域にもよりますが5月下旬~6月初旬です。

まず最初に、新芽が垂直に立っている枝は実がつきにくいため取り除きます。横に元気に伸びているものを残しましょう。樹勢の弱い枝を取り除き、混みあっている枝も取り除きます。枝が伸びる方向をイメージして葉がかさならないように芽かきをしましょう。枝と枝の間隔は30cm~50cmほどあけます。

遅れてでてくる新芽もあるため、その後もこまめに摘みとりましょう。根元にでてくるひこばえなども、整理しましょう。

摘芯

新梢が伸びすぎると、果実が多くつきすぎます。15節ほど残して先端を手で摘みとるか、剪定ハサミで切り取ります。

先端を摘芯すると、わき芽が伸びてくるので伸びてきたらそれも取り除きます。

地植え(一文字仕立て)の場合

芽かき

冬に剪定した枝から新梢が伸びてきます。新梢に果実がつくので栄養が分散しないように、長くなる前に切り取ります。時期は各枝に葉が3~4枚付いたころが適期です。

まず最初に、新芽が垂直に立っている枝は実がつきにくいため取り除きます。横に元気に伸びているものを残しましょう。樹勢の弱い枝を取り除き、混みあっている枝も取り除きます。枝と枝の間は40cm程度間隔を空けます。一文字仕立ての場合は、風などで折れないように上に枝がのびるように支柱を立てて誘引しましょう。

遅れてでてくる新芽もあるため、その後もこまめに摘みとりましょう。根元にでてくるひこばえなども、整理しましょう。

摘芯

新梢が伸びすぎると、果実が多くつきすぎます。枝が1.5m~2mほどになったら先端を摘芯します。手で摘みとるか、剪定ハサミで切り取ります。

先端を摘芯すると、わき芽が伸びてくるので伸びてきたらそれも取り除きます。

鉢・プランター(開心自然形仕立て)の場合

芽かき

冬に剪定した枝から新梢が伸びてきます。新梢に果実がつくので栄養が分散しないように、長くなる前に切り取ります。時期は各枝に葉が3~4枚付いたころが適期です。

横に伸びている勢いのある新梢を残して後は根元から取り除きます。主枝1本につき新梢2~3本程度にします。

摘芯

プランターや鉢で育てる場合は、ある程度果実の数を制限したほうがよい果実がつきます。新梢を伸ばし続けると果実がどんどんつきますので、一定の部分で新梢の先端を手で摘みとるか、剪定ハサミで切り取ります。

品種や生育の状況によって摘芯の時期はかわるのですが、おおよその目安は収穫の1ヵ月ほど前が適期です。秋の収穫であれば7月後半から8月初旬に摘芯しましょう。同時に、ひこばえや、実がついていない新梢が枝についている場合は取り除きます。

摘芯すると、わき芽が伸びるので伸びてきたらそれも取り除きます。

鉢・プランター(一文字仕立て)の場合

芽かき

冬に剪定した枝から新梢が伸びてきます。新梢に果実がつくので栄養が分散しないように、長くなる前に切り取ります。時期は各枝に葉が3~4枚付いたころが適期です。

横に伸びた勢いのある新梢を残して後は根元から取り除きます。片側の主枝1本につき3~4本程度がよいでしょう。株が大きくなってきたら40㎝間隔で新梢を芽かきするとよいでしょう。

摘芯

プランターや鉢で育てる場合は、ある程度果実の数を制限したほうがよい果実がつきます。新梢を伸ばし続けると果実がどんどんつきますので、一定の部分で新梢の先端を手で摘みとるか、剪定ハサミで切り取ります。

品種や生育の状況によって摘芯の時期はかわるのですが、おおよその目安は収穫の1ヵ月ほど前が適期です。秋の収穫であれば7月後半から8月初旬に摘芯しましょう。同時に、ひこばえや、実がついていない新梢が枝についている場合は取り除きます。

摘芯すると、わき芽が伸びるので伸びてきたらそれも取り除きます。

イチジクの剪定方法

剪定は、冬の休眠期に行います。適期は12月~2月です。冬の剪定は果実を収穫するには大切な作業です。必ず行いましょう。剪定はおおよそ半分程度の枝を切り取るのが目安です。

夏果専用品種

夏果は、前年に伸びた茶色の枝に果実がなります。枝を短く切り詰めると収穫ができないので注意しましょう。

夏果の花芽は枝の先端に集中してつきます。短い枝は切らずにそのまま果実を結実させましょう。30cm程度の長い枝は先端から1/2か1/3程度に切り詰めます。長い枝を切り詰めることで来年に結実させる若い枝が発生します。

樹高を高くしたくない場合は、枝を分岐点で切り取りましょう。また徒長した枝や、混みあった枝、根元からでるひこばえなどの不要な枝は根元から、間引きましょう。

秋果専用品種

秋果は、春から夏にかけて発生する緑色の枝(新梢)に果実がなります。剪定時に前年の茶色い枝を短く切り詰めても結実するので強剪定をしましょう。

前年に果実が付いた枝1~2芽ほど残して切り詰めます。切り落としたところから新梢がでて秋果を収穫することができます。また徒長した枝や混みあった枝、根元からでるひこばえなどの不要な枝は根元から間引きましょう。

木の広がりを防ぐため、長い枝の先端は1/2程度の切り詰めておきます。樹高を高くしたくない場合は、枝を分岐点で切り取りとります。一文字仕立ての場合は、大きくしたくない場合は先端を1~2芽残して切り落とし、枝を広げたい場合は、両端の枝を横に誘引して拡大させましょう。

夏秋果兼用品種

夏秋果兼用品種の場合は、夏果を収穫するのに一文字仕立ては向かないので、開心自然形仕立てなどにしましょう。

夏果は前年に伸びた茶色の枝につき、秋果は、今年新しく発生する緑の枝(新梢)に果実がなります。前年についてた枝をすべて短く剪定してしまうと、夏果がつかないので前年に伸びた枝のうち半分程度の短い枝をそのまま伸ばして、夏果を育てましょう。長い枝は、1~2芽ほど残して切り取ります。残した芽から新梢がでて、秋に果実を実らせます。

剪定の注意点

新梢は手で摘みとることが可能ですが、枝を切るときは剪定ハサミやノコギリなどが必要になります。なるべく背丈を高くしないようにし、収穫や剪定の手間を省きましょう。葉や果実に日光があたらないとよい実がならないので、冬の剪定は思い切って行いましょう。

またイチジクは、枝をきると白い液がでてきます。直接触ると手がかぶれることがありますので、かならず手袋をして作業をしましょう。切り口には、トップジンMなどの癒合促進剤を必ず塗りましょう。木工用ボンドでも代用可能です。

【メール便可】トップジンM水和剤 500g
農家の店 みのり
¥ 2,060(2024/06/24 19:47時点)
果樹剪定鋏 はさみ ステンレス 日本製 女性にも 切りやすい 切り花 剪定ばさみ 剪定はさみ 枝切ばさみ 花はさみ 生花 生け花 ガーデニング 園芸 プロ仕様 束ね切り 片手で使える 福善刃物工業 送料無料 39ショップ
シェアみのかも オンラインストア
¥ 3,980(2024/07/04 14:26時点)
果樹(のこぎり・ノコギリ・鋸)【刃長:300mm】
剪定鋸のSAMURAIサムライ
¥ 3,597(2024/07/05 19:29時点)

イチジクの栽培方法について

果樹の中には、育てている木の他に受粉樹が必要な場合もありますが、イチジクは1本で果樹ができるので地植えだでなくプランター栽培が可能なので、剪定をきちんと行えばコンパクトに育てることもできます。

農家webには、イチジクのプランター栽培の他、イチジクの肥料についても詳しい記事があります。イチジクの栽培はこちらの記事も参考にしてください。

編集さん
編集さん

農家webはイチジクの栽培以外にも果樹や野菜などの栽培方法や肥料の与え方、除草剤の使い方などの詳しい記事があります。検索バーからキーワード検索も可能です。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

農薬販売届 受付番号:210-0099

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
タイトルとURLをコピーしました