電動草刈機(刈払機)の種類と違い、価格、性能を徹底解説!

草刈機・刈払機
草刈機・刈払機草刈機・刈払機買いたい除草・防草除草道具
スポンサーリンク

鎌や手での草刈り、草むしり作業は大変疲れる作業です。これを解消するために、様々な草刈機(刈払機)があります。

この記事では、特に草刈り機の中でも、「刈払機」と呼ばれる、肩掛けの電動草刈り機のおすすめの機種を徹底比較するとともに、その他の手押し自走式電動草刈り機なども紹介します。更に、購入方法や中古の入手方法、そしてレンタル方法やメンテナンス、修理方法も解説します。

電動草刈機(刈払機)とは?

電動草刈機(刈払機)とは、電気の力で草刈り機エンジンを起動させ草を刈る機械です。コンセントの電源を使用するタイプと、リチウムイオンバッテリーを使用した充電式のコードレスタイプのものがあります。

電動の良さはなんと言っても静かなことです。周りに住宅がある場合、エンジン式の草刈機を使用するのは騒音が気になるところ。電動式であれば、その心配は格段に減るでしょう。

雑草を刈る部分にはブレード(刃)がついていて、刃は、チップソー、金属刃、ナイロンコード樹脂刃と様々な種類があり、またアタッチメントもあります。ブレードやアタッチメントを展開するメーカーは、アイデック、ツムラ、セフティなど様々です。

刈払機以外に、電動草刈機は、どんな種類があるの?

刈払機以外に、電動草刈り機は、ハンドルに力を入れることなく前に自走して草を刈ることができる手押しの「自走式草刈機」があります。

自走式草刈機」は主に、畦畔、畔、法面などの斜面や傾斜地の草刈りを行う「斜面草刈機」、広範囲で雑草を粉砕する「ハンマーナイフモア」、広範囲をバーナイフ等でスタンダードに刈る「オートモア(ロータリーモア)」、刈払機に似たタイプで際刈りに向く「歩行モア(ウォーキングモア)」の4種類があります。エンジン式がメインで、電動の自走式草刈機は数種類しかありません。

おすすめ電動草刈機(刈払機)10選!

コンセント型の電動草刈機(刈払機)

リョービ(RYOBI) AK-3000

ループハンドルで軽量な、コンセント電動式草刈機です。家の庭など、コードが届く限られた範囲では、この草刈機がおすすめです。

ブレード(刃)は、金属8枚刃の刈刃と「あんぜんロータ」という名のナイロンコードカッターの2種類が付属で付いている点がポイントです。ナイロンカッタは、キックバックを防ぎ、刃が欠けて飛ぶなどがない為、金属刃、チップソーより安全です。

通常は金属刃を使用し、生垣やコンクリート、花壇の際刈りにはあんぜんロータを使うといった用途分けが可能です。

キックバックとは、回転中の刈刃が障害物や地面に当たって、回転方向と反対側に刈刃が跳ねてしまうことを言います。キックバックが起こると、作業者自身だけでなく、周りの人にも刈刃が跳ね返り当たる危険性があり、事故の原因になります。

よりパワフルなのAK-6000もあります。草丈が30cmを超え、密集した雑草を刈込む場合は、こちらがおすすめです。

製品名AK-3000
タイプコンセント
パワー320W
ブレード(刃)ナイロン / 金属刃
質量(kg)2.2〜2.5
作業面積目安(坪)~20
1連続運転時間
目安市場価格約14,000円
dz,ldz,sdst,muh

山善(YAMAZEN) YBC-160A

金属8枚刃を採用し、切れ味鋭く刈り取る力が強いコンセント電動式草刈機です。太い雑草もガンガン刈り込むことができます。

製品名YBC-160A
タイプコンセント
パワー220W
ブレード(刃)金属刃
質量(kg)2.0
作業面積目安(坪)~20
1連続運転時間
目安市場価格約7,000円
電気草刈機 YBC-160A 電気草刈り機 電動草刈り機 電動草刈機 電動刈払い機 電動刈払機 山善 YAMAZEN【送料無料】
くらしのeショップ

コードレス型の充電式 電動草刈機(刈払機)

工進(koshin) スマートコーシン ライントリマー SLT-1820

ループハンドルの、リチウムイオンバッテリーの電動式草刈機のエントリーモデル(通称グラストリマー)です。家の庭など、20坪程度の広さを想定した家庭向け製品です。

ブレード(刃)は、ナイロンコードなので、キックバックの心配も少なく、縁石などの際刈り、ちょっとした芝刈、ガーデニングなど、庭の草を刈るのにぴったり、値段もリーズナブルな商品です。

キックバックとは

キックバックとは、回転中の刈刃が障害物や地面に当たって、回転方向と反対側に刈刃が跳ねてしまうことを言います。キックバックが起こると、作業者自身だけでなく、周りの人にも刈刃が向かって当たる危険性があります。

製品名SLT-1820
タイプ電動バッテリー
パワー18V
ブレード(刃)ナイロンコード カッター
質量(kg)2.4
作業面積目安(坪)~20
1連続運転時間約40分
目安市場価格約10,000円

マキタ MUR189DSF(P)

ループハンドルで、ワンタッチで伸縮でき、雑草の密度で回転数を自動で変速する楽らくモードを搭載し省エネを実現しています。また絡みついた雑草を除去できるボタン「カラミトリ機能」が付いていて大変便利です。防じん・防滴機能の「アプト」搭載です。

使用感は、広い庭や平地、空き地、駐車場などには申し分なく、草丈が50cmほどでもバシバシ樹脂刃が刈り取ってくれます。予備のリチウム イオンバッテリーが2つあれば、5a程度だと、畑地、果樹園でもこれ一台で大丈夫です。マキタ電動式草刈機のスタンダードモデルと言えます。

製品名MUR189DSF(P)
タイプ電動バッテリー
パワー18V(22mL同等)
ブレード(刃)3枚樹脂刃
質量(kg)2.8
作業面積目安(坪)~39
1連続運転時間1時間10〜30分
目安市場価格約29,000円
mux,ldrg,gte,dpg,mem
【マキタの充電工具】マキタ 充電式草刈機(樹脂刃) MUR189DSF
ホームプラザナフコ楽天市場店

また、同じ18VのU字型ハンドルモデル、「MUR185」シリーズ、チップソーから樹脂刃に簡単にチェンジできる機能を持った、「MUR190」シリーズもあります。こちらは、付属ブレード(刃)がチップソーで、キックバックが起こった時に刃物がストップするアクティブフィードバックセンシングテクノロジー(AFT)が付いています。

キックバックとは、回転中の刈刃が障害物や地面に当たって、回転方向と反対側に刈刃が跳ねてしまうことを言います。キックバックが起こると、作業者自身だけでなく、周りの人にも刈刃が跳ね返り当たる危険性があり、事故の原因になります。

草刈機(刈払機)のグリップの違い

草刈機(刈払機)のグリップは主に3タイプあります。

  • 両手(U字)ハンドル ・・・平地、広範囲で安定して長時間の作業をするのに向く
  • ループハンドル ・・・斜面などでの作業にも向くオールラウンダー
  • ツーグリップ ・・・斜面や際刈りなど、細かい作業に向くが腕の負担大

ホームセンターや販売代理店で実際に手に持ってみて、確認するのがベストです。

マキタ MUR368UDシリーズ

電動式なのに、ガソリン式の25mLと同等のパワー。U字ハンドルで、雑草の密度で回転数を自動で変速する楽らくモードを搭載し省エネを実現しています。また、からみつく雑草を除去できるボタン「カラミトリ機能」、キックバックが起こった時に刃物がストップするアクティブフィードバックセンシングテクノロジー(AFT)、防じん・防滴機能の「アプト」もしっかり付いています。

1秒(min)6,500の高速回転、ギアを使用せずにロータで刃物を直接回転させる「アウタロータ ブラシレスモータ」を搭載していて、もはやプロ用の草刈機(刈払機)と言えます。

製品名MUR368UDシリーズ
タイプ電動バッテリー2個
パワー36V(25mL同等)
ブレード(刃)チップソー
質量(kg)4.5
作業面積目安(坪)~108
1連続運転時間約2時間前後
目安市場価格約63,000円
18V + 18V = 36V
マキタ(makita) MUR368UDG2 充電式草刈機 Uハンドル 18V6Ahバッテリ2本・充電器付
ヤマタカナモノ楽天市場店

その他、36Vのパワーのものでは、1秒(min)7,000回転の30mLと同等のパワーを持つMUR369シリーズ(UD,LD,WD)、またバッテリ4本を背負う、背負式のMUR201CZがあります。

リョービ(RYOBI) BK-2300A

肩掛けU字ハンドルで、雑草の密度で回転数を2段階に変速できる機能を搭載した、エンジン式と同等のパワーを持つ充電式刈払機です。チップソーが付属していますが、別売のあんぜんロータがあれば、ナイロンコードカッタに替えることもできます。

また色違いのプロ用の類似製品として、BK-4000があります。

製品名BK-2300A・BK-4000
タイプ電動バッテリー
パワー25.2V
ブレード(刃)チップソー
質量(kg)5.5
作業面積目安(坪)~39
1連続運転時間45分
目安市場価格約43,000円

手押し 電動自走式草刈機

 工進(koshin) SBC-3625C

36Vとよりパワフルになったブラシレスモーター搭載のリチウムイオンバッテリー電動式のSBC-3625の手押し式タイプです。草刈り機にタイヤがついているので、押すだけで簡単に雑草を刈ることができます。

【プレミア保証付き】工進 充電式手押し刈払機 SBC-3625C
アグリズ楽天市場店

クボタ スイング式電動草刈機 しずかる GC-E300

クボタ スイング式電動草刈機しずかるは、電動式の自走草刈機です。電動式の自走草刈機は種類が少なく貴重で、特徴はエンジン式に比べて何よりも静かなこと。ある程度除草したい範囲が決まっていて静かな自走草刈機を探している方にはぴったりの製品です。

製品名しずかる GC-E300
タイプ電動バッテリー式
パワー36V
(DCブラシレスモータ)
ブレード(刃)フリー刃4枚
質量(kg)34.8
作業面積目安(坪)
1連続運転時間約60分
目安市場価格約240,000円

その他

ムサシ 除草バイブレーター (ムサシ)

ムサシ 除草バイブレーターは、電動のバイブレーションを利用して、振動を与えて草を抜く除草機械です。バイブレーター機能で力をかけずに土、泥を削いで草抜きができ、草刈機や鎌(カマ)に比べて、根こそぎきれいに抜けるため、土の表面の草刈りよりも雑草の再生を遅らせ、草を生えにくくします。また、様々なアタッチメントがあり、いろんな用途に使用が可能です。

電動草刈機(刈払機)のメンテナンス・修理

メンテナンス・修理について

お使いの草刈機(刈払機)が故障した場合は、メーカー別に下記コンテンツに修理方法について記載していますので、ご参考にしてください。

電動草刈機(刈払機)を中古で買いたいとき

中古でもいいからもっと安く入手したい場合におすすめなのが、大手オークションサイトである「ヤフオク!」を利用する方法です。

オークションというと価格を随時確認しなくてはいけないなど煩わしいイメージがあるかもしれませんが、実は現在の「ヤフオク!」には「定額」で出品されている商品が多くあります。「定額」で出品されている商品は、オークション形式とは異なり、表示されている価格に対し購入ボタンを押すだけで即時取引完了となります。このように煩わしさもなくなっているばかりか、農機(農機具、部品)の取扱い数も急拡大しており、非常に使い勝手のよいサービスに進化しています。

以下にリンクを用意しましたので、ぜひ一度のぞいてみるとよいでしょう。

=>ヤフオク!で検索してみる

電動草刈機(刈払機)をレンタルしたいとき

また、最近では、農機具のレンタル業者も増えてきています。その中でも、特に下記の会社はメンテナンスもしっかりしていて情報も豊富でおすすめです。

農機具レンタルのagriz(アグリズ)

まとめ

電動草刈機(刈払機)は草刈機の中でも多くの製品があります。刈払機はコメリやカインズ、ダイユーエイトなどのホームセンターのガーデニング・園芸、資材コーナーにデモ品が置かれていることが多いので、実物を確認することが可能です。電動式はここで紹介したものの他、ハイコーキ(hikoki)や高儀、アイリスオーヤマのものもあります。

また、電動草刈り機以外にもガソリン燃料を使うエンジン式草刈機もあります。

エンジン式、電動式に限らずこれらを展開しているメーカーは、その他、庭木を刈るヘッジトリマー(ヘッジトリマ)、生垣バリカン、動力噴霧器、剪定の為のチェンソー(チェーンソー)、ブロア(ブロワ)、散布機、ポンプなども展開しています。ご興味ある方は確認してみてください。

草刈機と芝刈機の違いって?

草刈機は雑草をスピーディに刈ることを目的としており、草丈のある雑草を素早く刈るために刃が丈夫なものが使用されます。芝刈機は芝の高さが均一になるように芝生、草を刈る必要があるため、草刈機よりも薄い刃が使われる傾向にあります。このように目的が異なるため、用途に合わせて選択するのがポイントです。

乗用芝刈機は、ホンダやハイガー産業(HAIGE)、クボタ 、筑水キャニコム、手押しはミナト電機工業など多くのメーカーが販売しています。

この記事を書いた人
農家web編集部

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。
皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web