イセキ(ISEKI)の草刈機(刈払機)の種類、価格、性能を徹底解説!

草刈機・刈払機草刈機・刈払機買いたい除草・防草除草道具

イセキ(ISEKI)(井関農機)は、日本を代表する農業機械メーカーです。「農家を過酷な労働から解放したい」という想いから創業され、ヰセキ式籾すり機および自動選別機を皮切りに数々の農機具を世に送り出しています。トラクター、コンバイン、田植機など、多くの代表的な農機を展開しています。

この記事では、イセキ(ISEKI)草刈機(刈払機)について、どんな種類、特徴があるのか、徹底解説していきます。

スポンサーリンク

イセキ(ISEKI) 草刈機(刈払機)の種類(特長・価格・使い方)

イセキ(ISEKI)の草刈り機(刈払機)は、大きく分けて

  • エンジン式の「肩掛け、背負式」(ハクスバーナ・ゼノアのOEM製品)
  • 電動・エンジン式の「手押し、自走式」(スパイダーモア、ハンマーナイフモア)

があります。電動式は、充電バッテリーを動力にしたもので、エンジン式はガソリンを動力源とします。

選び方のポイントですが、エンジン式はガリソンを使うため、普段ガソリンを使わない一般の家庭では、自宅の庭や駐車場での草刈りには電動式をおすすめします。クボタの肩掛け草刈機は全てエンジン式なので、電動式を購入したい方は、マキタ(makita)リョービ(RYOBI)の草刈機を選んでください。

農業者の方には、エンジン式をおすすめします。やはり、充電の手間がかからず、ガソリンがあればいくらでも一度に作業ためです。20a超えてくると、電動式の場合、たくさんの予備バッテリーが必要となり、コスト面でも厳しくなります。

クボタは、肩掛けタイプ以外の、手押し、スイング式の自走草刈機が充実しています。大規模な範囲での除草を考えられている方は、自走草刈機がおすすめです。

エンジン式の「肩掛け式」草刈機(刈払機)

イセキのエンジン式の「肩掛け、背負式」草刈機(刈払機)は、ハクスバーナ・ゼノア(zenoah)のOEM製品になるイセキアグリブランドの製品と、AGRIP(アグリップ)ブランドの製品があります。

ここでは、代表的なイセキ草刈機を紹介します。勿論、セフティー(セフティ)、アイウッドなどの替刃(チップソーナイロンコードカッター)も使えます。

 CZ221H 

肩掛のゼノア2サイクルエンジン搭載の環境に対応した燃費向上が素晴らしい草刈機(刈払機)です。

ハンドルは、両手(U字)。サイズ、重さ的にも大変使い勝手がいい、雑草刈り、下草刈りにスタンダードな草刈機(刈払機)です。

(両手ハンドル、ループハンドル、ツーグリップハンドル)
製品名CZ221H
タイプエンジン式・2ストローク
パワー21.7mL(cc)
ブレード(刃)チップソー
質量(kg)3.9
作業面積目安(坪)
1連続運転時間
目安市場価格約54,000円
czx,lav,sre,hrh,rmey

CZ261H

肩掛両手(U字)ハンドルで、排ガス規制をクリアした低燃費なエコエンジン、新型キャブレタを搭載したゼノア「ストラト・チャージドエンジン」を搭載した刈払機です。排気量25.4mL(cc)でCZ261Hよりもハイパワーなため、ナイロンカッターも使用できる万能モデルです。

またEZスタート機能付きで始動時のロープを軽く引けるため、エンジンの始動がラクに行える点もポイントで、回転も安定しています。通常規模の草刈りならこの1台で十分な、非常におすすめの草刈り機です。

製品名CZ261H
タイプエンジン式・2ストローク
パワー25.4mL(cc)
ブレード(刃)チップソー
質量(kg)4.3
作業面積目安(坪)
1連続運転時間(タンク容量 0.68L)
目安市場価格約73,500円
fw,tk,gt,gw,sgc

30cm長くなったロングパイプを採用し、アルミからジュラルミンにパイプの素材を変えることで強度をパワーアップさせたCZ261LLもあります。

エンジン式の背負式 草刈機(刈払機)

背負式草刈機の最大のメリットは、背中に重量がかかるので腕の負担がかなり軽減されることと、燃料を入れるタンクの容量が格段にアップするため、長時間連続して作業できることです。

腕に負担が軽くなると、斜面で使いやすいループハンドルも選択できます。広範囲を一気に草刈りしたい農業者の方には背負式がおすすめです。

SZ265L

背負式ループハンドルで、排ガス規制をクリアした低燃費なエコエンジン、新型キャブレタ使用の「ストラト・チャージドエンジン」を搭載した刈払機です。排気量25.4mL(cc)のため、ナイロンカッターも使用できる万能モデルです。すぐにワンタッチで始動できるHBスタートシステムを採用、背負式のため、腕に負担なく長時間の草刈り作業ができます。

そして、ゼノアの背負式刈払機最大の特徴である、スイベルギアケースとエンジン部がくるくる自由自在に回転する独自のマウント方式「くるくるカッター」で作業竿も自在に動き持ち替えることも楽になります。

製品名SZ265L
タイプエンジン式・2ストローク
パワー25.4mL(cc)
ブレード(刃)チップソー
質量(kg)7.8
作業面積目安(坪)
1連続運転時間(タンク容量 1.1L)
目安市場価格約108,000円

広範囲の草刈りを行う自走式

ISEKI畦草草刈機 たすかる RK515LK/RK517LK

イセキの軽量の自走式斜面草刈機です。手押しタイプの草刈り機なので、傾斜地での長時間の草刈り作業に適しています。

何よりも、本製品の特徴は、軽量なため急斜面でも扱いやすく、広い斜面の草刈りに適している斜面草刈機という点です。ハンドル伸縮が450mm可能で、傾斜面に合わせてスライド固定式ハンドルなので簡単にしっかりハンドルの角度調整が出来ます。

製品名ISEKI畦草草刈機 たすかる RK515LK
タイプエンジン式
パワー
ブレード(刃)フリー刃
質量(kg)32.3
作業面積目安(坪)
1連続運転時間
目安市場価格約211,050円

スパイダーモア SP850A

スパイダーモアー SP850Aは、オーレック(OREC)のOEM製品で刈幅500mmと広い自走式の草刈り機です。オーレックはウイングモア、ハンマーナイフモアー(ブルモア)、ラビットモア、ロータリーモア、歩行モアなど、自走、乗用含め、モア(モアー)シリーズの開発に大変定評がある会社です。ハンドル伸縮が450mm可能で、傾斜面に合わせてスライド固定式ハンドルなので簡単にしっかりハンドルの角度調整が出来ます。

パワフルなため、高い草丈の雑草刈りや密集地帯におすすめです。

製品名スパイダーモア SP850A
タイプエンジン式
パワー79.4mL
ブレード(刃)フリー刃
質量(kg)49.5
作業面積目安(坪)
1連続運転時間
目安市場価格約249,900円

オートモアー AMシリーズ

イセキのオートモアーは、オーレックのOEM製品で、広範囲の草刈りを効率的に行うことができる自走式草刈機です。果樹園などでよく使用されます。刈幅が600mmから800mmまで、出力が6.0(PS)から8.2(PS)まで計4種類のラインナップが展開されています。

製品名AM61AK
タイプエンジン式
パワー
ブレード(刃)バーナイフ
質量(kg)94
作業面積目安(坪)
1連続運転時間
目安市場価格約260,000円
(AM61BK,AM71BK,AM80AKもあります。また芝刈機(芝刈り用モアーもあります))
スポンサーリンク

イセキ 草刈機の修理

イセキ の製品が故障した時は、購入した販売店に問い合わせをしましょう。下記HPから販売店の検索をしてみてください。

商品の問い合わせ窓口

イセキの草刈機(刈払機)を中古で買いたいときは

イセキ草刈機(刈払機)は、その性能に比して安価を実現していますので、新品でも手の届きやすい価格になっています。しかしながら、中古でもいいからもっと安く入手したいという人もいるでしょう。その場合におすすめなのが、大手オークションサイトである「ヤフオク!」を利用する方法です。

オークションというと価格を随時確認しなくてはいけないなど煩わしいイメージがあるかもしれませんが、実は現在の「ヤフオク!」には「定額」で出品されている商品が多くあります。「定額」で出品されている商品は、オークション形式とは異なり、表示されている価格に対し購入ボタンを押すだけで即時取引完了となります。このように煩わしさもなくなっているばかりか、農機(農機具、部品)の取扱い数も急拡大しており、非常に使い勝手のよいサービスに進化しています。

以下にリンクを用意しましたので、ぜひ一度のぞいてみるとよいでしょう。

=>ヤフオク!で検索してみる

まとめ

イセキ(井関)グループ(ヰセキ アグリ)は、「農家を過酷な労働から解放したい」という創業時の想いそのままに、田植機やコンバインといった優れた農業機械を通じて、日本の営農に貢献してきました。2020年3月には、日本政策投資銀行(DBJ)による環境格付け融資を受け、格付結果として「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」との評価も得ています。

草刈り機、刈払機はコメリやカインズ、ダイユーエイトなどのホームセンターのガーデニング・園芸、資材コーナーにデモ品が置かれていることが多いので、実物を確認することが可能です。草刈機は他に、マキタ(makita)リョービ(RYOBI)、ハイコーキ(hikoki 旧日立工機)、ボッシュ(bosch)、高儀、工進(koshin)丸山製作所ハスクバーナ・ゼノア共立(やまびこ)ホンダなどもあります。是非手にとって、重さなどを確かめてください。

執筆者・監修者情報
執筆者・監修者

農家web編集部のメンバーが「農業者による農業者のための情報サイト」をコンセプトに、農業に関するあらゆる情報を丁寧にまとめてお届けしていきます。
編集部のメンバーは皆、実際に農業に携わりながら情報をまとめています。農学を極め樹木医の資格を持つ者、法人の経営・財務管理に長けている者、大規模農場の営農経験者などバラエティに富んだメンバーで構成されています。他にも農機具やスマート農業機器、ITなどのスキルも兼ね備えています。

皆さまに本当に有益な情報をお伝えできるよう、心を込めて運営しています。
執筆者・監修者の詳細についてはこちら

\SNSはじめました!フォローお願いします!/

掲載内容については、調査のうえ、情報の正当性、公平性に万全を期して執筆しておりますが、誤記や誤りなどが見受けられる場合には「お問い合わせ」よりご連絡お願い申し上げます。

スポンサーリンク
\良い!と思ったらシェアお願いします/
\SNSはじめました!フォローお願いします!/
農家web
タイトルとURLをコピーしました